AC3/RANKER LIST 1



  • 上位ランカーや追加ランカーの一部はスロット数を無視してOPを付けている。主にOP-INTENSIFYとその他のオプションを併用している。

レイヴン

エース / アルカディア

(撃破前)
最強と呼ばれたBBを破り、アリーナデビュー以来無敗のままついに頂点を極めた。
戦うことは理想を追うことだと語り己の夢想する、真の理想の境地を求めて、新たな強者を待つ。
彼と共に、更なる高みへその足を踏み入れる者は、果たして現れるのだろうか。
(撃破後)
初めての敗北を喫し、その不敗神話についにピリオドが打たれたが、意気消沈した様子は見られない。
現王者との死闘の中に、追い求めつづけた理想の片鱗を見たと語り、その確信を得るべく、再戦に向けて始動する。
どこまでも高みを求めるその姿に、一切の迷いは無い。
  • 珍しくスナイパーライフルを装備したトップランカー。
    主人公が現れるまで完全無敗を誇っていた。戦いを通じて高みを目指す求道者。
  • 常に敵機の真上を取ろうとするため、天井のないステージでは簡単にエリアオーバーしてしまう。
    これを利用してダムステージでブーストジャンプして、エリアギリギリにある足場で待機しているとそれだけで勝てる。
  • 真上取りのせいでオービットキャノンを出しておくだけで勝てる。
  • 正攻法で行く場合サイプレス同様チェインに注意。↓の人と違ってこっちはチャージングしたり重量過多じゃなかったりで速いので死角に回られないように。
  • こいつを含め一部のランカーはロックオン時に何故かサイトをふらふらと左右に揺らしている。
    NDサイトで接近する上に、この仕様があるためよくロックオンを外す。さらに一次ロックのまま撃つので弾が当たらない。この上位ランカーの謎ロジックはSLまで続くことに…
  • ただし、遺跡等一部のステージではこのサイトの揺らしが無くなり鬼ロックと化し、一気に難敵となる。SLで一部ランカーを砂漠等に連れて行くと強くなるのと同じ理屈かと思われる。
  • OP-INTENSIFYを装備して倒すとブーストEN消費半減-EN回復量1.5倍の機能が追加される。
  • 上半身のフレームはほとんど最軽量のパーツを使い、余った分を武器に廻している。そのため中二としてはかなりの重武装。
  • どっすん着地の直後にOBで突っ込んできて月光斬りしてくる様は、かなり格好いい。
  • アルカディアカラーリング。これで君も理想郷(アルカディア)を目指せ。
 0/0/0
 40/47/55
 104/59/24
 115/117/0
 75/75/75

BB / タイラント

Aランクランカーの中でも特に攻撃に秀で、相手を完膚無きまでに破壊することを信条とする。
その行為は、二度と彼に挑む気を起こさせないための策略でもある。
勝利のためにはいかなる卑劣な手段も厭わない。
ある意味で、最もレイヴンらしい男とも言える。
  • アリーナの番長的存在らしい。それにしてはお粗末な実力。
  • はっきり言って逆詐称。ロイヤルミストの方が強い。
  • ただ、弱いと言っても初心者では話にならない。とりあえず大グレはよけよう。
  • 開始直後にOBしてチャージングしたりする。このスキに攻撃できれば簡単に倒せるだろう。
  • 軽コア・軽腕を採用するなど軽量化はしているものの、重逆関節なのに重武装過ぎて重量過多。
  • お陰で機動力も装甲も武装も中途半端。悪いアセンのお手本みたいな。
  • 一応、一度こっちを斬ると距離を離すか死ぬまで執拗に切り刻んでくる。説明文に偽りは無い。

ロイヤルミスト / カイザー

依頼を受けることはほとんど無く、ひたすらアリーナの上位に上ることを求め続ける。
対AC戦を前提に組み上げられたその機体は、あらゆる状況に柔軟に対応できる。
ハイレベルなオールラウンダー型に仕上げられており
対戦相手に一瞬たりとも気を抜くことを許さない。
  • 遠距離のミサイル弾幕と近距離での拡散投擲+ショットガン+EO弾幕が強い。トラファルガー同様投擲の分裂レンジ把握が上手い。
  • 旋回は低いのでいかに近づいて横に張り付くかが鍵。張り付けると割とあっさり倒せる。
  • どうやったらこの実力でBBに負けるんだ…BBに弱みでも握られたのか、完全に子分にされてしまっている。
  • 彼に勝った後のメールでは、文面から新入りを勝ち上がらせたツケを喰らうのをガクブルしているようにも感じられる。やっぱり弱みか。
  • VSモードでアップルボーイと戦わせるとたまに負けたりする。ミサイルが弱点なようだ。
  • 紹介文とは裏腹に、ストーリー中で二回ミッションに登場する。登場するのがいずれも重要ミッションなので、彼なりに地下世界の趨勢に興味があるのだろう。
  • 大仏迎撃ミッションでは駆けつけてくれる。評価に響くので雇うかどうかは人それぞれだが。
  • また僚機時はブースターが違う。装備OPも強化のみになっていて、敵として戦う時よりも軟らかいので、過度の期待は禁物。
  • メールで受ける印象に反して、大仏ミッション中の台詞は良識あるものとなっている。実はいい人?
  • メールから感じる高慢さがミッション中は綺麗に失せ、イイ声で僚機を気遣えるナイスガイに変貌している。ミッションとアリーナは別物なのか?
  • もしかしたらコーテックス内ではBBが目を光らせてるから主人公への嫌がらせメールを強要されてるのかも。
  • ミッション中では大型兵器相手なので拡散武器の全弾命中が期待出来る。
  • EXアリーナにおける最強の僚機。プレイヤーが何もしなくても勝っていることが多い。

グランドチーフ / ヘルハンマー

高火力な武装で固めた一撃重視型。
相手の攻撃にじっと耐え、ワンチャンスに全てを賭ける。
好機を逃さぬ研ぎ澄まされた集中力と、そこから繰り出される猛攻撃が、彼の最大の特徴である。
そのラッシュを受けて、生き延びたものは未だ誰一人おらず、あらゆるレイヴンに畏怖されている。
  • 超滞空&ミサオンと高ランクタンクの定石を覆した機体構成。
  • ミサ回避練習その2。たまーにノロノロ飛んでくる核に注意。
  • おそらく、ネタ武器である肩核を歴代で最もまともに使いこなしたレイヴンだろう。
  • ミサイルを回避し続けるとお空を飛ぶ鉄の棺桶と化す。
  • 強ランカーの一人だが、デコイや駐車場ステージで悲しいぐらい弱くなってしまう。正面から戦ってあげよう。
  • 強化人間の能力を滞空時間に使っている。

ファンファーレ / インターピッド

守りは時に最大の攻めたり得る、と信じ、防御を最大限に重視した、鉄壁の機体を操る。
攻めあぐねた相手の焦りに乗じ、確実に勝利を手にしてきた。
機体に似て忍耐強く寡黙な性格で、特に自分自身について語ることは少ないが、
その戦いぶりは、千の言葉よりも雄弁にその信念を語る。
  • 主人公をイレギュラー要素と判断したミラージュが主人公に放った刺客。
  • 登場シーンがやたらかっこいい。「管理者を破壊する…馬鹿げたことを」
  • アンテナ頭と中量腕のせいで説明文ほど硬くないが、その分動きが良い。
  • 下手にブレードを狙うとロケットで鉄屑にされる。特に閉所での戦闘となるミッションでは命中率が上がり脅威。距離を置いて戦うべし。
  • 過去にトラファルガーと因縁があったようだが本編では語られず。
  • 「その信念を…」と書かれつつ騙して悪いがとかトラファルガーから報酬横取りとか…
  • よく見ると魚雷ミサ以外は全てノーロックの漢機体。動き続ければ避けきれるだろう。足場の悪いミッションでは両肩オービットが有効。
  • 3系ランカーは対戦場所によってサイトを左右に揺らす奇妙なロジックになるのだが、彼の場合その不規則なサイティングのせいで逆にロケットが当たりまくったりする。

コルレット / アルルカン

華麗に、かつ劇的に勝利することを無上の喜びとし、自らの戦いをアートと呼ぶ。
互いが最高の技術を発揮してこそ、至高の芸術が誕生すると語り、
己の「作品」を汚されることを異常に嫌う。
そのため、実力の伴わない対戦相手には、一切情け容赦ない攻撃を浴びせる。
  • 芸術を理解するのはかくも難しきかな。
  • 連射しまくるレーザーキャノンは痛いんだが、腕マシがいかん。
  • 3系の腕マシはなぜか1次ロックしかしないため、移動していれば当たらない。
  • 両肩にレーザーキャノン装備。腕マシがアレなので、実質主力兵器である。

ワルキューレ / グナー

スナイパーライフルを用いた狙撃を得意とし、遠距離からの正確無比な攻撃は、驚異的な命中率を誇る。
どんな局面でも常に冷静さを失わず、一度ロックした標的は、絶対に逃すことは無い。
平素は温和な性格と言われるが、ことアリーナでの戦いぶりからはその印象は微塵も感じられない。
  • 女性レイヴン。ロイヤルミストの知り合いらしい。
  • 強化人間なので滞空時間が長い上ステルスも使ってくるのでアリーナでは対戦が長くなりがち。
  • 初代のロスヴァイセのオマージュ。重量過多無視禁止-凶スラッグ禁止で大幅に弱体化しているが。
  • 速度調整用の重りなのか、ロケットを大量に積んでいる。
  • EXアリーナで雇うとステルスのせいで敵がプレイヤーに向かってくるため注意。
  • そのままライフル撃っていればいいのにご丁寧にロケットも使おうとする。その隙に叩き込もう。
  • CPUなのでロケットの狙いが正確。スナイパーライフルより脅威。
  • 空中戦の弱点をステルスで補っている。ステルスが切れてから反撃開始。適当にサイティングしてステルスを浪費させよう。
  • サイティングが苦手な人は両肩ミサイルなどワンロックで一気にAPを減らせるミサイルを用意するといい。
  • 両肩に小型ロケット装備。

ノクターン / ザイン

近距離での戦いに長けており、中でもブレードの扱いに関しては、絶対の自信を持つ。
オーバードブーストを効果的に用い一瞬で相手との間合いを詰める、奇襲戦法を最も得意とする。
非常にプライドが高く、特に相手からブレードで攻撃を受けると、激昂する悪いクセがある。
  • 初心者のうちはOB斬りにパニックを起こすかも。
  • 引き撃ちの練習台にどうぞ。コイツを振り切れれば中級者の仲間入り。
  • アリーナをガチタンでごり押ししてきた初心者は、ロケット→光波→地上斬りの即死コンボを喰らった人も多いだろう。
  • 動き自体はそれほど速くないが、ブレードの扱いが非常に上手いCPU。コイツをブレオンで倒せばあなたもブレーダーの仲間入り。
  • ミッションでも遭遇する。閉所なので機動力は死ぬがショットガンと月光が更にヤバくなる。両肩オービットで炙るべし。
  • 機体名はドイツ語のbe動詞「sein(ザイン)」の原形から。
  • 両肩にトリプルロケット装備。牽制で頻繁にばら撒いてくる。

フライングフィックス / フラッグ

女性であることを理由に、周囲からなめられていることを嫌い、あえて重武装の機体を選択した。
特に拡散型の銃器を愛用し、防御力の高さを生かした、近~中距離での乱射戦を好む。
敵の攻撃を真っ向から受けながらも、決してひるまない戦闘スタイルは、
勝利への意志の強さの現れである。
  • 女性レイヴン。
  • 弾切れで帰還する人。
  • スラッグ+火炎放射+拡散バズの特攻タンク。閉所に呼び出すとひどい目にあう。
  • 非常に男らしいAC。
  • 強化なので旋回が高い上ターンブースタ装備。タンクだからと言って接近戦を挑むと痛い目にあう。レーザーであぶるのが吉。
  • とにかく距離を詰めようと突っ込んでくるタンク。付き合わないで遠距離から弄ればあっさり倒せる。
  • リロード激長スラッグを両肩載せなのに弾切れって、どれだけの長期戦を凌いだんだ…
  • ミッションで放置して眺めていると、天井砲台にレーザーで嬲られつつスラッグで必死に応戦するを和やかな光景が見られる。弾が切れるんじゃなかったのか?
  • そりゃあ高いとこにある砲台にスラッグで遠距離狙撃し続けてたら弾も切れるわな…
  • どこかの弟と違いAPが高いので、通常プレイではまず死なないが、プレイヤーが手を下すと「ここまでなのか・・・」と言って果て、アリーナから消滅。合掌。
  • 地上移動がメインで空中に浮かぶことはほとんどない。接近されたら飛んで逃げよう。
  • 両肩にスラッグガン装備。加えて拡散バズーカ装備なので、機体重量がとんでもないことになっている。

サイプレス / テン・コマンドメンツ

管理者を人一倍信奉している。
人生までも管理者によって規定されているとの自説を説き、試合の前には必ず管理者へ祈りを捧げる。
機体構成はクレスト社のものが中心でバランスの取れた全距離適応型。
相手との間合いに応じて、巧みに戦法を切り替えてくる。
  • 強化人間。それを最大限生かした無限飛行+高旋回+構え無しチェインガンが鬼畜。
  • AC3における初心者の登竜門となる。
  • 出張でSLのミッション「機密データ先取」に登場する。
  • 長らくプレイヤーをCランクにとどめる強豪。チェインの有効射程距離を見切れるかが勝負。有効射程に入った瞬間ものすごい勢いでAP減少+熱暴走確定。
  • 頭から蜂の巣にされないよう、とにかく距離をとり続けるとかする事。バズや唐沢での引き撃ちが有効。
  • ライフル等だと射程外から攻撃できるが、近づかれると撃ち負ける。慣れないうちはある程度の火力も確保する事。
  • 3における強ランカーの一人。近距離(しかも頭上の死角)で飛び回られると初心者にはロックサイトに捉えづらいのできつい。
  • ここでプライドを捨てたレイヴンも少なくないだろう。最大の弱点は閉所。
  • 他にもダム呼び出しが非常に有効。最上部足場に乗ると何故か飛んでこない。後は適当に肩ミサイル+連動なりで迎撃ミサを突破。
  • 正攻法なら骨足の投入も有効。OP無しでも奴の旋回力に追いつける。500マシでチェーンに競り勝て!
  • ブレード側から張り付く腕があれば苛めることができる。
  • 機体名は「十戒」を意味する。理由は不明だか、前々作の同じ順位のランカーと同じ。
  • 両肩にチェインガン装備。当然だが弾切れを期待するのは無駄。

ファウスト / メーガス

魔術師の名を持ち空中を自在に駆け巡りながら相手を射抜く。
その静かな風貌の奥に想像できない程の狂気を忍ばせており、
過去彼を倒したランカーの幾人かが謎の死を遂げている。
時折、彼が試合後に行方をくらませるという事実は、あまり知られていない。
  • ホバーブースターで飛びまくる。
  • カクカクした動きに振り回されるが、落ち着いて距離を置けば十分ロックできる。まずは落ち着く事。
  • 上空を飛びながらバズーカを撃ちまくる。相手のペースに飲まれないよう注意。
  • リプレイで彼の視点にしてみると中々面白いホバーブースターの動きをしていることがわかる。

インパルス / スタリオン

アリーナの陣風と呼ばれる青年。
彼と同じようにレイヴンだった父親の形見である白金のバックルを身につけ、戦いに挑んでいる。
接近戦を主体とした戦闘スタイルは、赤き獅子と呼ばれた父親ゆずりのもので、
アリーナのベテランファンから、絶大な人気を集めている。
  • とっつきACその2。
  • この武装で良くココまで……実は良い腕かも。
  • ターンブースターを結構上手く利用している。近接時は90度旋回と同時にとっつきをかますこともあるので注意。
  • ミサイルは突っ込めば避けれるが、前進すると投擲銃などを撃ってくる。意外と計算された機体かもしれない。
  • 攻撃の命中率は低いが、威力があるので要注意。ここまで来れた腕なら、油断しなければまず倒せる。

ブレーメン / マルチボックス

垂直発射型、多弾頭型、地上魚雷型と、多彩なミサイル攻撃を持つ。
臆病な性格のためか、相手を近づけまいと遠距離から無数のミサイルを放ちつつ、
フィールド内を逃げ回る。
パニックに陥ると我を忘れて乱射を始め、試合中で弾薬が切れてしまう事も少なくない。
  • ミサイル回避の練習に最適。
  • 一作に必ず一人はいるミサイラー。デコイの巻き方を覚えよう。
  • 回避が不得意な場合はデコイ必須。
  • 最終的に弾切れになってただの的と化すこともしばしばある。
  • 説明文通り特殊な弾道のミサイルを複数装備しているので、慣れないうちは嫌というほどやられるかも。

ファナティック / レッドアイ

右目に赤い眼帯をはめた女性。
言葉の端々に冷たさを漂わせるが、寂しそうな眼差しに惚れたファンは数知れない。
依頼を受ける際には、必ず僚機を伴い、決して一人では戦わないという。
戦闘スタイルはスタンダードながらも、あらゆる点で平均を上回る腕を見せている。
  • キレ易い性格らしい。ミッションでは僅かな誤射でいきなり寝返るほど。
  • 主武装は500マシにスラッグガン。近距離主体のようなので距離を取ると被弾が減る。
  • 何故かプレイヤーが手を下さなくても、都市侵攻部隊排除を成功させるとアリーナから居なくなっている。
  • エネルギー消費が激しい四脚にENシールドと追加装甲を付けた無茶苦茶な機体。さらにミサイル対策が一切無い。

ミダス / セミラチス

触れるだけであらゆる物を瞬時に黄金に変えたという、神話の王の名を持つランカー。
至近距離から放つキャノン攻撃は、王の右腕と呼ばれ、相手を黄金ならぬ鉄クズへと変えてゆく。
バーチェッタとは恋人同士だったが、ランカーとして急成長していく中、すっかり疎遠になった。
  • バーチェッタの元彼女。
  • 元彼同様うまく回避運動を取れるようになるまで、嫌になるほどやられるはず。
  • プラズマは弾速が遅く、ハングレは当たり判定が小さいので、その点に関してはバーチェッタより楽。
  • 問題は接近してきたときの肩パルス。CPU特有の鬼ロックにより近距離ではモリモリAPを持っていかれる。
  • 彼氏共々重火器+タンクが大好きらしい。高機動機でパルスを振り切りつつ、中距離戦を意識すべし。
  • 実は装甲が若干低め。EN防御を重視したガチタンで遠距離から大グレなりでごり押せば勝てる。
  • 機動力の低いタンクでミサイル対策無しという致命的な弱点を持つ。遠距離からのミサイル攻撃で逆に鉄クズに変えてやろう。

ストリートエネミー / スタティックマン

自らの貧しい境遇を嫌い、成り上がることを夢見て、無数の悪事に身を染めて生きてきた。
レイヴンとなった後も、依頼を選ぶ基準はただ報酬のみである。
幼い頃のたった一人の友人が、自分と同じレイヴンになっていることを知り、
その日から悪夢を見るようになったという。
  • キサラギ掃討で僚機として来る。説明文の割に人当たり良し。多分やむを得ず悪事に身を染めてて、根までは腐ってない模様。
  • クライゼンとはお知り合いらしい。対クライゼン時ムービーでの対ACライフル超連射は必見。フロムマジック。
  • 空中戦を積極的に仕掛けてくるが着地がドッスンなので隙だらけ。これでは閉所じゃなくてもきのこれない。
  • 空中からの射撃が厄介で、相手を捕らえられないとかなりの強敵となる。サイティングが苦手なら、相手の着地際に合わせてキャノンを叩き込もう。
  • ミッションでは撃破されても死亡することはないので安心して囮にしよう。僚機撃破時の台詞でも無事脱出したことがわかる。

トルーパー / ヴァイパー

騎兵の名に恥じない機動力を持ってアリーナ内を駆け巡りながら相手を翻弄し、
機を見て一気に突撃する。
かつては一人娘と共に暮らしていたが、数年前に家を飛び出したきり、消息不明に。
傭兵になったという噂もあるが、確かではなく、心配の日々が続いている。
  • レジーナの父ちゃん。EXアリーナではコンビを組んでる。
  • 堅実な武装の四脚機体。
  • EN消費が激しい機体で走り回るので、必ず息切れをおこす。緩急をつけて揺さぶろう。
  • 地味にECMロケットを搭載している。初見で食らうと焦るかも。

ホスタイル / アトミックポッド

短気な性格で、先手必勝を旨とするスタイル。
速射性に優れた武器を好んで使用し、一気に決着をつけようとする。
待たされる事と、じっとしている事を極端に嫌う。
性格が災いしてか、実生活では、後先考えずに行動し、たびたび軽犯罪を引き起こしている。
  • 典型的なネタアセン。戦艦レイヴン。
  • 武器腕ミサイルはそれほど痛くない。撃ち合えば勝てる。
  • 紹介どおり止まらない。振り回されなければ大して強くない。

トラファルガー / ダブルトリガー

かつて自分を裏切り、報酬を横取りしたレイヴンを探している。
名と姿を変え、アリーナに参加しているという噂を聞き、自らも参加を決意した。
アリーナに挑戦して以来、欠かさず使用している左腕の銃は、
そのレイヴンが最後に装備していたものである。
  • 侵入者挟撃の強制のほか、移送部隊護衛で任意に雇える。それなりに活躍してくれる。
  • 侵入者挟撃でいい成果を修めると「にゃかにゃかいい腕だ」と褒めてくれる。
  • ファンファーレとの因縁は語られず終い。
  • 脚は重二だが、軽装なので動きがいい。
  • 両腕とも拡散系なので距離を取れば被害は減る。拡散系の有効範囲を維持するのが上手いので注意。W鳥の語源に恥じない両銃の使いぶり。
  • ちなみにミッションで撃破すると「うわっ!」と言って爆散するがアリーナから消えない。ゲドといい彼といい続編のカロンブライブといい、主人公を褒めてくれるレイヴンは不死身なんだろうか。
  • アリーナではEOを使わないが、共闘する際はちゃんと使用する。

ミルキーウェイ / ネージュ

純白にペイントされた機体が特徴。
女性であるためか周囲からアイドル扱いされる事も少なくないが、その実力は確か。
観客の声援だけが生き甲斐だと語り、誰もが引きつけられるほどの美貌の持ち主だが、
その過去を知るものは誰もいない。
そして彼女の年齢を知る者もいない。
  • 彼女の秘密を探ろうとする者は例外無くミルキーウェイ(天の川)のお星様にされます。
  • アリーナのアイドルらしいが・・・?
  • 芸能人にも居るよなこういうの。
  • 歌って踊れるレイヴンヴン。
  • 遠距離ならミサイル、近距離ならハンドガンで撃ちあいに応じてくる。多方面への対処もばっちりという事か。
  • いかんせん火力が低すぎる。連動に注意しつつ撃ち合えば楽勝。

バッド・ブレイン / ブラッディーホルン

ナパームや火炎放射器などの、熱ダメージを与える武器を好んで使用し相手を火ダルマにする。
自ら愚者を演じてはいるが、実は非常に頭の切れる男。
その事実は戦闘スタイルにも現れ、
一見隙だらけの動きから的確な攻撃を見せ、対戦相手を煙に巻く戦法を得意とする。
  • 攻撃力偏重タイプ。機動力を活かしたかく乱攻撃が有効でしょう。
  • 頭は切れるのかもしれないが弾速がビンミョーな物ばかりの機体では当りません。
  • 甘い動きを演じながら、接近した相手に強力な一撃を加える。だが、機動が追いつかない為狙いが悪い。

シャドーエッジ / クラッシュボーン

接近戦を主体としたファイター。
迫り来る弾幕をものともせず、シールドを構えながら突進し、相手を斬るスタイル。
ジリジリと相手に詰め寄るその姿は、相手に強烈なプレッシャーを与え、
彼との戦闘を嫌がるレイヴンは数多い。
座右の銘はもちろん「肉を切らせて骨を絶つ」。
  • ミッションでの登場シーンが素敵。
  • とっつきACその1。
  • とっつき、ロケ、盾とロマンの塊。
  • 文字通りシールド構えて突撃して、零距離でとっつきを撃つ。紹介文がこれほど的確な奴も少ない。
  • ロケット撃ちながら突っ込んでくるので左右に引きつつマシンガンなり何なりで料理出来る。
  • ロケットの弾数が無駄に多い。

OX / パルテノン

鉄の闘牛の異名を持つアリーナの暴れん坊。
弾薬を全て使い切るのが信条で、高威力の武器腕を装備し、辺り構わず乱射する。
その為、瞬時に弾薬が尽きてしまうのが悩み。
最近両肩に追加弾倉を載せ弾薬の増加を図るも、彼の信条は変わっておらず焼け石に水の状態である。
  • 武器腕バズに両肩追加弾倉。放っておけば弾切れを起こす。
  • 十分な火力を持つはずなのだが、狙いが甘すぎて弾切れを起こす。
  • 上空に飛んで相手に無茶苦茶に撃たせればあっという間に弾切れ。こいつは閉所なら強いかもしれない。
  • まるでFFの四脚機体。
  • EO搭載のコアなのにEOを全く使ってこない。彼の頭にEOの存在は無いのだろうか。
  • Cランクでは最弱クラス。ブースト移動を禁止にでもしていなければまず負けない。

バーチェッタ / カルマ

スマートな身のこなしから、多くの女性ファンを持つが、
その戦いぶりはイメージに反し完全なごり押しタイプ。
ミダスとは元恋人同士であり、共にアリーナに参戦した過去を持つが、
徐々に開く順位の差が二人の間に壁を生んだ。
彼女の活躍を聞くたびに、昔を思い出している。
  • ミダスの元彼氏。
  • 大グレ*2に武器腕グレと彼女と同じく火力バカ。武器腕なので耐久力は劣る。
  • ランクが完全に詐称。お前のようなCランク下位のレイヴンがいるかと言える程強い。下手をしたらミダスはおろか、その上のレイヴンよりも強いと感じてしまう事になる。
  • 初心者最初の壁といえる。こいつを撃破できたら、中級者の仲間入り。
  • 大グレの恐ろしさをじっくり教えてくれる。しっかり回避を練習しよう。
  • 大グレはとにかく当たり判定がでかい。ある程度速度を確保した機体でまっすぐ、気持ち長めに横ブーストをふかすのがコツ。
  • どこにいても問答無用でグレをぶっ放す。超遠距離でもぶっ放す。
  • fAに出て来たら社長といい酒が飲めたかも。

サンダーハウス / バトルフィールド

圧倒的な破壊力を持つエネルギーキャノンで相手を捻じ伏せるスタイルを得意とする。
肩部から繰り出されるその攻撃は、雷撃の如く相手に降り注ぎ、轟音がアリーナ内にこだまする。
豪快な戦法で目下ランキング急上昇中であるが、その実力を疑問視する声も多い。
  • この順位で強化人間・主砲装備の2脚という恐ろしいランカー。
  • OP-INTENSIFYを装備して倒すとグリッドタイプのレーダー機能が追加される。この機能は他のレーダーに優先して機能するのでグリッドが苦手なら取らないように。
  • この時期の主砲はまだおとなしい方。それでも痛い武器なので回避回避。
  • 歩き回りながら撃ってくる主砲は脅威の一言。肩辺りに帯電が見えたら要注意。
  • 主砲でAPを減らされている場合、右手武器のライフルでさえかなりの脅威になる。なにがなんでも主砲は回避すること。

パーティプレイ / ジョーカー

序盤はいつも本来の力を発揮できない、典型的なスロースターター。
実力を発揮できずズルズルと破れることも多いが、
時折見せる脅威の逆転劇は、多くのファンを引きつけてやまない。
浪費癖があり、アリーナで得た賞金の大半は、その日のうちに消えてなくなるという。
  • アリーナの報酬はすさまじい額のはずだが何を買っているのやら。
  • 対ザリガニ戦では僚機になってくれる。いい度胸だ。
  • そんな機体で逆転劇が出るのでしょうか。確かに急に空を飛び始めたりするが…
  • 途中から空中戦と軸としたスタイルに切り替わる。初心者には脅威だが、ロケの命中率がますます下がる。
  • ザリガニ戦ではザリガニの出すオービットをロケで撃ち抜くことがある。
  • 声から台詞から、珍しい陽性気質のレイヴン。

クライゼン / インソムニア

スラム街の出身で幼い頃に区画の強制閉鎖のため、帰る場所を失った。
地下世界の騒乱が生み出した典型的な下層市民。
かつては同郷のレイヴンとコンビを組み、多くの依頼をこなしていたが、
突如としてアリーナに参戦した後は、一切の依頼を受けていない。
  • キサラギ掃討で敵として登場。典型的なマシンガン機。
  • ストリートエネミーとは友人だったらしい。
  • ミッションに出てくると、マップもあいまってやたら強くなる。
  • 近距離ではこれでもかとマシンガンを撃ちまくる。ガンナーには厄介な相手。
  • マシンガンの避け方はこいつから教わりましょう。左に小ジャンプ→右に小ジャンプを繰り返して予測射撃を散らすとか言った具合。

パイソン / ガントレット

オーバードブーストでの突進を多用し、左右二種類の銃を乱射する。
乱戦の最中、両肩の特殊ミサイルを至近距離で放ち、その直撃によって勝ちを得ることが多い。
まぐれ当たりで順位を上げたと評されるのが常だが、
猪突猛進の形で、その眼差しは冷ややかに獲物を狙っている。
  • エンブレムがバイソンになっているのは内緒だ。
  • 海外版だとバイソン(Bison)になっている。しかし、P版ではパイソンのまま。
  • 開始早々にコンテナをぶっ放すことも。まずは落ち着いて回避から。
  • AC3で最高クラスの装甲を持つ。ただし、防御系のOPをつけていない。
  • 攻略本では、頭部パーツがCRUSTの画像が掲載されているが、実際はSKYEYEを装備している。

スウィートスウィーパー / ヴァルナー

搭乗者は常に物憂げな表情を浮かべた青年。
線の細いその姿に似た、軽量化ACを操り、フットワークを重視した、軽妙な戦いを得意とする。
軽量機体に武器腕という、防御面に問題を抱えた機体のため、
無残な敗北を喫することも多いが、その哀れな姿が女性ファンをつかんでいるという。
  • 武器腕機は不足した防御力を補うために機動力を重視する傾向が強いが、コレはやりすぎ。最低限のラインと言うものがある。
  • APと装甲はアレだが腕のレーザーは痛い。しっかり避けるように。

フラジャイル / ナイトフライヤー

徹底した軽量化を図り、避けることを優先した機体。
操作技術には自信を持っているらしく、縦横に地を駆け、相手を翻弄する戦いを得意とする。
しかし、ただでさえエネルギー消費に難のある四脚に、エネルギー型のキャノンを合わせるなど、
アセンブルに矛盾を抱えている。
  • ミッション「中央研究所防衛」での僚機。
  • コイツを実働部隊から守るのには苦労する。500マシ50投擲のW鳥なんかで兎に角速攻。
  • 動き回りながらパルスを乱射できません。
  • ミッション中では実働部隊にAPを約1/3まで削られている為、グレ数発で死亡する。しかも実働部隊は優先的にこいつを狙う。
  • 相手が相手な為、はっきり言ってミッション中では役立たず。一応、生き残れば僚機に出来るようになる。
  • 空中からのライフル射撃は脅威的だが、パルスを構えると急に動きが悪くなる。

ハードエッジ / リバイバル

テクニックは確かだが、いつもあと一歩で勝利を逃す悲運の男。
なかなか賞金が貯まらず機体の強化がままならないため、
さらに勝利から遠ざかるという悪循環に陥りながら、なんとかここまで順位をあげてきた。
未だに機体は安価だが、苦戦を体験したことで、実力はさらに磨かれている。
  • 金欠レイヴン。優良だが安価な頭部と腕部、初期コアに350マシ+初期ブレと、初心者時代の金欠を思い出さざるを得ない。
  • EXアリーナでは成金レイヴンと組むハメに。合掌。
  • 巧みなOBさばき+積極的なトップアタック+ミサとマシの的確な使い分けなど、説明文どおりかなり動きはいい。内装が死んでるのでたまにチャージングするが…
  • 骨足にして500マシでも載せたら強敵になれたかもしれない。

フレア / ダイナモ

シンプルな戦闘スタイルを指向し、基本的に単一の武装しか、装備しない。
特に武器腕を好んで用い、序盤から相手を自分のペースに巻き込んで、
一気に押し切る戦法を得意とする。
行動がパターン化しやすくもろい面もあるが、重武装に頼らず戦うその姿に好感を持つものは多い。
  • ミサ腕+両肩弾倉。男らしい女レイヴン。
  • ミッションの悲鳴が心をえぐる……
  • 百式並にゴールドだぜ。
  • OPのロック解除にとことん弱い。付けるだけで撃ってくるミサイルが目に見えて減るが、出が減る分長期戦にも耐えれるようになる。
  • 接近するか、あるいは武器腕ミサの弾が尽きた場合、必死にインサイドの機雷を当てようとしてくる。
  • こいつのほうがランクは上なのに、ミッション、EXアリーナともにバックブレイカーのお供のような扱いになっている。

ドロール / ブラッククロス

自ら攻撃を仕掛けず、機体の機動力を生かして巧みに攻撃をかわすスタイル。
地雷などを用いたトラップ的な戦い方を得意とする。
結果として、逃げ中心の消極的な戦いが目立ち、周囲の反感を買うこともしばしばだが、
わざわざリスクを犯す必要は無いと、当人はいたって涼しい顔である。
  • 恐らく3でプレイヤーが初めてミッション中で戦うランカー
  • ミッション「封鎖地区侵入者排除」OP-INTENSIFYを装備して倒すと各種センサー機能が追加される。アリーナでは不可。
  • 紹介文と実態が乖離してる。
  • エレベーターに乗って登場。
  • 一応地雷はまく。が、わざわざ見えるところにばら撒くし飛べば踏むことも無い。
  • ブレードは無くシールド装備なものの、マシンガンとロケットを撃ちつつ突撃してくる。

サバーバンキング / ガスト

フロート型の特性を最大限に生かした、一撃離脱の戦法を得意とする。
至近距離から放たれるショットガンでの攻撃力は見かけ以上のダメージを与えられる。
直線的な動きになりがちなところにまだ未熟さを感じさせるが、
経験不足な対戦相手には十分な脅威となりうる存在である。
  • OB、ENショットガン、投擲銃の凄まじい爆音を響かせながら突撃を繰り返す熱き漢。
  • 地味に強い。説明文どおり、初心者やアセンブルが不十分な機体は結構苦戦するかもしれない。
  • ミッション「大型兵器撃破」では僚機として使用でき、その勇姿を堪能できる。
  • 囮としてならこれ以上ないほど優秀。すぐ撃破されないよう強力なサポートが必要だが。

イエローボート / アパシー

生来の楽天家で、あまり物事を深く考えない性格。
機体構成も、性格より見た目や派手さで選択されている。
奇跡的な幸運に何度も味方され、現在の位置にまでランクを上げた。
コンセプトの感じられないデタラメな機体だがそれだけに戦い方が読めない不気味さはある。
  • 貴重な月光を装備しているが飾り。
  • 重量過多でまともに動けない。
  • 火力だけは本物なので、油断はしないように。
  • 遠距離では構えキャノン。近距離ではバズーカを撃つが、動きの鈍さの所為で月光がまったく生きていない。
  • 稀にバズーカの反動で固まったところに月光斬りが炸裂することはあるが、そんな奇跡は中々起きないものである。
  • 女性レイヴン。

アスター / メガラオ

近~中距離での戦闘を得意とし、
フロート型ならではの機動力で、対戦相手をかく乱する戦法をとる。
スナイパーライフルは、射程よりも弾速を意識した選択で、必中の距離からしか使用しない。
一方で攻撃力の高いロケットを装備し、堅実さと大胆さを両立させた機体に仕上げている。
  • ミッション「水精製施設防衛」でOP-INTENSIFYを装備して倒すとコアのミサイル迎撃性能が10%アップする機能が追加される。アリーナでは不可。
  • こいつの真価はミッションで発揮される。水上からスナイパーライフル連射とステキにウザイ。というかヘリ撃墜に茶々入れんな。
  • 声がイケメン。

チェーンインパクト / ヴァリアント

武器は信頼性を優先すべきとの信条を持ち、
武装は全て実弾タイプしかも高速連射型のみという、こだわりを見せる。
派手さは無いが、確実に対戦相手にダメージを与えていく、あくまでも堅実なスタイル。
全てが計算されたかのような如才ない戦いぶりは、確かな才能を感じさせる。
  • 腕マシの仕様がまともだったら強敵になりえたかも?
  • マシンガンは動いてれば当たりません。
  • AC世界の武器はジャムらない。
  • 装甲薄杉。EOだけで勝てる。
  • ミッション中では戦闘狂のような台詞を吐く。

フィクサー / アインハンダー

同ランクの他のランカーとは、明らかに一線を画すセンスの持ち主だが驚くほど成績にムラがある。
一時は八百長疑惑すら流れたが、なかなか本気になれないだけだと本人は語る。
機体にも隙が無く、実力を十分に発揮さえすれば、上位ランカーとも肩を並べられるといわれている。
  • 敗北すると「残念だったな。だが、それでいい。お前は、しばらくその順位のままでいろ。それ以上は望まないほうが、身のためだ。」というメールが来る。
  • 月光は飾り。
  • マルチミサイルと地上魚雷をばら撒き、近づくとハンドガンで固めて逃げる。長射程武器を使うか上手く張り付くかしないと非常にもどかしい戦いをするハメになる。
  • ロイヤルミストも一目置いているらしい。というか絶対こいつ八百長している。
  • BBの手下だったんだろうか。
  • Dランクにおける初心者キラー。これまでのランカーとは比べ物にならない動きの良さでプレイヤーを翻弄する。

バックブレイカー / カストール

非常に慎重な性格で、常に対戦相手の背後に回り、自分の優位を確保しようとする。
ダメージを恐れてタンク型の機体を選択しているが、
戦術の要となる機動力が殺されており、ミスマッチに悩んでいる。
それなりに技術はあるが、機体を乗り換える勇気は持てないらしい。
  • AAの後方機銃があれば装備していただろうに。
  • こいつの視点で見るとパルス使用時のサイトの幅の小ささに脱帽する。全てにおいてミスマッチをしている。
  • 不用意に近づくとブレードで貫かれるので注意。

パイロン / タワーオブウインド

本当は高所恐怖症らしいのだが、ACに乗っているときだけは、なぜかそれを忘れられるらしい。
マルチブースターを巧みに操り、空中戦を得意とする。
軽量機体共通の弱点といえる攻撃力-防御力の低さを、
巧みな間合いの取り方で補う玄人好みのテクニシャン。
  • とにかく飛び跳ねるのでロックしづらい。火力は低いので落ち着いて距離をとろう。
  • 空中でいきなり前方へカックンと移動する。エクステンションを確かに巧に使っているようだ。

ツインヘッドW / スクリーミングアニマル

同じくランカーである「ツインヘッドB」の弟。
通常の依頼では、姉と共闘することが多く、攻撃力を生かしたとどめ役を受け持つ。
本来は明確な役割分担がなされている二人だが、
アリーナでの戦いの面白さに目覚め、成績に差のついた姉との間に、壁を感じ始めている。
  • プレイヤーが倒さないのに死に際を見ることができる数少ないレイヴン。
  • 両肩ミサイルが最初のうちは怖いかも。良い機会なので練習しよう。
  • 一番難しいのはこいつを「助ける」こと。おそらくAP設定がたったの「1」らしく、部屋に入った瞬間死ぬことも多々なので大変。
  • 簡単に助ける場合、ミッション開始後放置して「中枢には別の…」という旨の通信が入ったら最初の部屋を掃除すればおk。Sもラクラクさ。
  • 姉と一緒にいれば、助かったろうに・・・
  • 一応プレイヤーが助ける事も可能だが、アセンから考えて意識して動かないと難しい。
  • 機体名を直訳すると悲鳴をあげる獣。しゃれにならない(´・ω・`)

ヴァイス / ファイアフライ

機体-戦闘スタイル共に、これといった特徴も持たないが、
反面クセが無く、場所や相手を選ばないバランスの良さが最大の武器。
地味な戦いになりがちだが相手にしてみれば、いつの間にか劣勢に立たされているという、
ある意味最も厄介なタイプ。
将来の上位進出は確実と言われる。
  • 特徴が無いとコメント書けねーよ。
  • ショットガンとブレードをつかった接近戦指向のAC。距離をとるか装甲を厚くするか。
  • オールラウンドタイプなのでどんな場所でも平均した強さがある。特化で行くかこいつより+1な装備で行くか、選択肢は多々ある。

ゲド / ゲルニカ

武器腕の攻撃力を頼りに、相手を一方的に叩きのめし緒戦を突破。
派手な戦いぶりで観客を沸かせるが
所詮は低レベルな相手にしか通用しない戦法と、酷論する者も多い。
更なる上位を目指す者にとっては、彼との対戦は自らの資質を試される、重要な試金石とも言える。
  • アリーナ防衛で破壊すると「貴様・・・!」という。が、何事も無かったようにアリーナから消えていない。不死身?
  • 2のヴァッハフントと同じ、初心者キラー。操作になれて間合いを保持できるようにならないと武器腕で粉砕される。こいつを倒せるようになると面白くなってくる。
  • 遠距離ではミサイルを単発でちまちま垂れ流す。近距離と違って思い切りがまるで無い
  • 某弱王と同じく、頭部パーツを漢字一文字で表すことが出来る。干<手こずているようだな
  • 中の人は気のいいおっさん。彼の現れるときの台詞「手こずってるようだな、手を貸そう」からはベテランらしさを感じるが、実力は・・・
  • 他モノレール防衛でも雇える。武器腕のお陰で大活躍してくれるので、難しければ気軽に尻を借りよう。
  • 機体名はピカソの作品名。エンブレムはピカソの絵画(見れば分かるが)。アニメーションも存在していて羨ましい。

カスケード / シグナル

レーサーから転進した過去を持つ、生粋のスピードマニア。
オーバードブーストの加速感とスリルを味わうためにACに乗っていると語る。
対戦中もひっきりなしに突撃を繰り返し、めまぐるしく動き回る。
勝ち負けは二の次なのか、劣勢になるとあっさり試合を諦めることもある。
  • スピード狂にしては珍しくフロートを装備していない。
  • なぜか重コア。OB持続時間が重要だったのだろうか?
  • 試合よりもOBが大事。熱暴走しててもOBを使おうとする。
  • 元レーサーだけどエンジンの事はあんまり考えない。それが原因で転職したか。
  • 斬りかかってくると、投擲銃をぶっぱなしてくる。初心者は近づきすぎないよう注意。
  • そこそこの機動力を持ちつつ防御力も高め。加えてWトリガーなので初期機体で挑むのは結構つらい相手。

スネークウッド /ゲートウェイ

リスクの大きい近距離での戦闘を嫌い、もっぱら遠距離からの攻撃を中心とする。
機体も決定力を欠く構成のため、長期戦に陥りやすい。
飽き飽きするような泥仕合が多いが、本人は何の苦痛も感じていない様子で、
持続力だけは賞賛に値する。
自ら彼と対戦を望むものは皆無。
  • ハンミサだけではいかんとも・・・
  • ひたすら引きながらミサイルを垂れ流してくる。動きは遅いので距離を詰めよう。
  • 一応EOも撃ってくるが、垂れ流しミサイルがうざくて気にしていられない。
  • 初心者は、ブレードはまず当たらないので、マシンガンでの銃撃がオススメ。

ツインヘッドB / パトリオット

同じくランカーである「ツインヘッドW」の姉。
通常の依頼では、弟と共闘することが多く、機動力を生かしたかく乱役を受け持つ。
本来は明確な役割分担がなされている二人だが、
アリーナでの成績の開きに、焦り始め密かなコンプレックスを感じているという。
  • 弟に先を越された姉。ミッションでも敵として出てくるが、すでに弟は死んだ後なので姉弟コンビネーションは見られず。
  • 弟は生きている事も有るが、それでも結局弟は出てこない。死亡していても選べるミッションだからか?
  • ミッションでは状況も相まって削り攻撃が非常に邪魔。アリーナではどうしようもない。
  • 機体名は「愛国者」の意味。地下世界に国はないのだが…もしかしたら「Phased Array Tracking Radar Intercept On Target」(ミサイル迎撃用ミサイル、略称PATRIOT)の意味かもしれない。

ストラスボルグ / ボルケイノ

好戦的かつ単純な性格の持ち主で、敵を捉えると攻撃する以外、脳に無い。
結果として、ただひたすら足を止めて乱射するだけになることも多い。
攻撃を避けないことが、己の強さの証だと勘違いしている節があり、
回避する相手を卑怯者呼ばわりするが所詮は負け犬の遠吠えである。
  • ミッション「溶解炉破壊阻止」でOP-INTENSIFYを装備して倒すと旋回速度が1.2倍になる機能が追加される。アリーナでは不可。
  • 装甲は甘い。撃ち合いに付き合ってあげれば勝てる。
  • 折角の1000マシをわざわざ3発ごとに区切って撃ってくる。三点バーストごっこだろうか。
  • 引き金引きっぱなしだったら評価も大分変わっただろうに。
  • 説明文と実態が正反対。

ウェイクアップ / エコーヘッド

かつてはそれなりの順位を守る、腕利きのランカーであったが、
ある対戦での経験がトラウマとなり、以降敗北を続ける。
本人はすでに過去を乗り越えたと語り、巻き返しを図っているが、
今も時折恐怖にさいなまれるらしく、攻められると動きが鈍る傾向がある。
  • ハンドガンを撃ってくるのでガクガクするが、距離をとれば問題無し。
  • 序盤ランカーという事で火力が異様に低い。その上装甲も薄いと来たもんだ。
  • 当時とアセンブルが違うんだろうが、このアセンでどうやって順位を守っていたのか謎。

アデュー / スカイダンサー

経験が浅く、あらゆる面で未熟さが目立つ。
機体も貧弱で、未だ勝利への道程は遠いが、
腐らずに戦い続けるその実直な姿と、レイヴンとしては不釣合いなほどの美男子ぶりが、
多くのファンの心をつかみ、人気だけはすでに一人前と言える。
戦いの厳しさを知るのは、これからである。
  • 強さ的にはPPの地雷伍長といい勝負である。
  • 主に新ブレホ具合の検証やとっつきの練習で幾多のレイヴンにズタズタにされる。
  • 開始直後に何故か何歩か後退する。ビビッタか?
  • 機体構成は初期構成からミサイルを取っ払って脚部を変えただけ。何故初期より弱体化させた…


コメント

  • 僚機はロジックがかわる。アップルボーイはバーサスで戦うと空中戦からOBまで使う。レジーナはブレードが非常にうまくなり、グナーは鬼ロックとなる -- 名無しさん (2010-12-18 18:47:24)
  • PSP版って僚機の台詞って少なくなってますか?おしえて下さい。 -- XA-26483 (2011-08-23 18:00:45)
  • 偶然にもシャドーエッジに真上に乗られると行動しなくなることがわかった。他のACもそうなんだろうか。 -- クレスト白兵戦型 (2012-05-26 17:59:57)
  • ↑空中戦を好む機体は基本的に真上に加えて死角(背後)を取るみたい -- 名無しさん (2012-07-17 12:03:27)
  • ノクターンを柱越しに月光で斬り捨ててやったW -- 名無しさん (2012-08-26 21:29:44)
  • どのランカーもグレネードタンクで勝てる! -- アリばり (2013-01-31 16:47:59)
  • いいや!主砲かマシンガンだ! -- 名無しさん (2013-03-16 16:26:42)
  • どう考えてもマシンガンサテライトフロートが一番。淫天使付けてグルグルしよーぜ -- ナナーシ (2013-05-14 11:55:05)
  • 骨に月光付けて切り刻めばいい -- 名無しさん (2013-06-09 02:52:49)
  • ストリートエネミーは動き自体はかなり良いから、弾速の遅い武器で挑むと意外と苦戦する -- 名無しさん (2013-12-24 10:55:49)
  • ランカーACのカラーリングってどうやったら分かる? -- 名無しさん (2014-07-05 13:16:01)
  • ランカーACの紹介文のところでLRを同時押しすると、そのACのエンブレムを自分の物にする事ができる -- 名無しさん (2014-08-12 11:48:46)
  • どの機体も両肩ビット蒔いてれば撃破(少なくとも瀕死)になる。駐車場への呼び出しに抵抗を感じる、そんな貴方に -- 名無しさん (2014-08-12 11:50:48)
  • 両肩ビットって・・・ 使い辛い。 -- 私 (2014-11-10 18:12:50)
  • 上位ランカー達は重2で駐車場に呼んで、キャンプファイアーすればいける! -- AMIDA3級研究員 (2014-12-06 14:09:41)
  • 骨脚に500マシと30発投擲持たせればほとんどのランカーは楽勝。ポリハン+月光でも -- 名無しさん (2014-12-20 21:17:50)
  • BB流石に弱すぎませんかね………? -- 名無しさん (2015-01-06 19:03:38)
  • LRのトップランカーよりマシ -- 名無しさん (2015-03-18 00:19:50)
  • ストリートエネミーの幼馴染がクライゼンだとするとお互いのプロフィールが矛盾しているような……クライゼンは同郷のレイヴンと組んでいたとのことだけどストリートエネミーは幼馴染がレイヴンやってるって知らなかったらしいし -- 名無しさん (2015-07-20 15:17:38)
  • ↑レイヴンになってからはメールで話す程度で、直接の面識はなかったんじゃない?名前も通り名っぽいし、お互い本名は名乗らなかったんだろう。で、ある日顔合わせて正体知っちゃって疎遠になったんじゃないか? -- 名無しさん (2015-08-03 01:30:54)
  • EXアリーナで何故か僚機にできる、イエローボートはやけに活躍する。たまに -- 名無しさん (2015-08-25 20:11:20)
  • ↑たまに、バズで月光固め切りとかしてロイヤルミストを瞬殺したりする・・・ -- 名無しさん (2015-08-25 20:35:13)
  • ファウストのエンブレムが女性と悪魔?の横顔であることに初めて気づいた -- 名無しさん (2016-04-03 20:20:26)
  • exアリーナで残り一人でAP3桁になった敵がよくリタイアするんだけどなんなんだろうな -- 名無しさん (2017-02-13 14:19:04)
名前:
コメント:

|