ACNX/RANKER LIST



レイヴン

ジノーヴィー/デュアルフェイス

機体構成 &Ns00070000w000w000k0100800NPkWsa8UfWwA#
あらゆる局面に対応するべく、万全の整備を施された中量級機体。
腕部にはライフルとブレード、肩部にはグレネード砲を装備し、多彩で強力な攻撃を可能にする。
  • アリーナのトップに君臨する王者。全距離に対応した武装を施し、如何なる局面においても確実に相手を撃破する実力を持つ。
  • レイヴンとしての有り様を常に模索し、強者を捜し求めて戦い続けている。彼を越える程のレイヴンは果たして現れるのか。
  • アレスやエースに代表される孤高タイプのトップランカー。きっと彼らがミッションに登場したら似たような台詞回しで喋るのだろう。
  • ストーリーに関わってくる数少ないトップランカーでもある。「私を超えてみろ…!!」が格好良すぎる。歴代でもっとも印象的なトップランカー。
  • 更に「特殊工作部隊排除」では助けてくれることも。(ただ依頼を遂行しただけかもしれないけど。)ビル屋上から颯爽と現れ、敵をブレードで斬りつけ、怯んだところにライフルでヘッドショット、倒すと風のように去っていく…と最高にカッコイイムービープレイを披露してくれる。
  • 機体ビジュアルも最高。角張った機体構成(クローム-エムロード-クレスト系)及びヴィジュアル機を愛する者達にとっては神々しい存在。教祖とでも言うべきか。
  • ムービーや攻略本でも、ライフルを横に倒して構えてる姿が多い。意味があるのかどうかはさておき、カッコ良さだけは異常。
  • と、ここまでは最高だが、その実歴代最弱のトップランカー。弱王に次ぐほどのネタ機で頑張るトップランカー。
  • (NXではより優れた軽グレや両肩グレがあるのに)大グレを何故か2つも載せて重量過多で機動と旋回死亡、大グレのリロード(3秒↑)で時間火力死亡、全身クレストフレームによりE防死亡、全く成功しないEXミサ迎撃を装備したせいで強化特有のコア迎撃強化が死亡、左手ダガー(あんまり振らない上NXではブレードがイマイチ)でW鳥不可、NXでは「カテゴリ丸ごと産廃」と言われるライフル(その中でも特にイマイチな奴)を「S鳥」で装備というネタ具合。
  • SLのメビウスリングのように「機体は貧弱だけどAIは強い」なら救いはあったが、ロジックはふわふわ浮いて大グレを撃つだけの動きが悪くイマイチなもの。
  • ネクサスACの速度上、大グレの命中率だけは高いので「大グレだ!ヤバい逃げろ!」みたいに半端に逃げ回ると強く感じる。EN武器か瞬間火力の高い実弾武器で正面から撃ちあうとあっさり勝てる。
  • 正直言って、ミッション中に登場するトップランカー勢はACエネミー扱いではなく、⑨やクラインACのように一般エネミー扱いするべきだったと思う。(例えばAP20000、武装や機動性諸々が敵専用の特別版とする等)彼然り、ジャック然り。
  • フレーム武装内装、これ全て全身クレスト製。ついでにクレスト依頼80%over、ミラージュ0%。もしこの時点でジナイーダがいたら間違いなく彼に「すっかりクレストに組しているようだな。」という旨のメールでも送っていただろう。
  • 「クレストAC排除」での彼は、独りになっても最後まで抵抗し続けていた為激しく消耗してたから、「対AC演習」では調整前だったから弱かったとジノーヴィー信者は思いたい。
  • なお、アレすると彼専用と思われる強化コードが出てくるらしい。もしかしてヴァルキュリアの改造スラッグようにグレ連射で強敵にする予定だったから機体やAIはダメダメだったのかも。
  • 後にモリに機体をパクられる人。
  • 彼との決戦では、新資源の正体を知っているかのような口ぶり…なぜ?どこで?
  • 彼が出てくる「クレストAC排除」は報酬が破格な上に、ジノは上記の通り弱く短時間で終わるので、ミッション成功率バグを気にしないなら絶好の金稼ぎミッションとなる。今作ピーピーピーボボボボポジションは彼かもしれない。
  • 印象的な名前の持ち主だが、実は普通のロシア系男性名。ロシア語表記だと「Зиновий」
  • VIやワンコインシリーズで立体化。デュアルフェイスと明記されているのに時々ピンチベックと呼ばれるのはしょうがないか。
  • アグラーヤ用の支援機体だったのかもしれない。

MxS7HGS/アイアンL-OW75

機体構成 &No000d0004w0034000002g0a00tHAEUlk0fWsC#
強力な武装を多数装備し、タンクの長所である高火力を実現する重量級の機体。
相手の動きを見極めながら自らの得意とする間合いを保持し、常に戦いを優位に展開する。
  • 強化ガチタン。高熱-高火力の流派爆熱不敗でNXと倉庫の恐ろしさを教えてくれるネクサスの名物レイヴン。
  • その高い装甲と左唐沢、レールガン、トリミサの高熱量武器3種で多くのレイヴンを焼死させる。アイアン先生の名で親しまれるNX仕様の体現者。
  • 強化人間の超旋回と、CPU特有の鬼ロックにより、倉庫に呼び出されると「燃える…燃えてしまう…」と悲惨な目に遭う。
  • リプレイを先生視点で見ると下半身が横を向く→上半身がそれに伴いゴリッと回る、てな感じで超旋回してる。やり方を教わりたいものです。
  • 普通の中二より旋回の速いタンクってどうなのよ?
  • 距離を離すと健気にOBで追ってくる姿は愛らしいが、のんびり眺めていると焼き殺される。
  • 強さに惹かれる肯定派と、戦法が姑息極まりないという否定派によって評価が分かれる。
  • 使用パーツは右リニアや迎撃等微妙なものがちらほら。強化人間の能力が厄介。
  • ちなみに「アイアンL-OW75」は、「アイアンロウ-セブンティーファイブ」と読む。
  • LRに登場出来なかった事を疑問視する声も多い。が、EGの設定によると特攻兵器は優秀なレイヴンを優先的に攻撃する習性があるらしく、おまけにタンク脚部では格好の的。どのような散り際だったかは、各人の脳内で暖めておくべし。
  • 閉所では鬼の様に強いが、距離を取ってミサイル攻めするとあっけなく倒せてしまう事も。
  • NXは高火力武器が多いので、両手マガスナや両手ガトマシ、左唐沢+主砲などだと倉庫でもそこまで苦戦しなかったりする。EOもあれば尚更。
  • いまのところ唯一立体化されているタンクAC。ワンコインフィギュアだが。V.I.はまだですか?

Dr.?/ブレインウォッシュ

機体構成 &Ni000900020001U000o01M0800xZQx0Cu0fW0z#
機動力の高い逆関節型の機体。
スナイパーライフルによる空中からの狙撃を攻撃の軸としながら、相手との間合いに応じ、高機動ミサイルとマシンガンを使い分ける。
  • ぁゃιぃ名前のランカー。結局正体不明。
  • アリーナではそれなりの実力。EG3巻の解説通り、距離に応じた武器の使い分けは中々上手い。が、どの武器も小出しに使用する悪癖があるらしく各武装の連射性能を台無しにしてしまっている。ミッションでは高レベルのECMの所為もあって、やはりそれなりに強い。
  • ちゃっかりフィギュア化されている。何気にカラーリングも非常に爽やか。

セレスチャル卿/アストロフィジック

機体構成 &Ne00050001g003w000001M0300VqNOIYi0fW0C#
フロートの長所を生かした高速での戦闘を得意とする機体。
ミサイル、レーザー砲、ブレードと多彩な武装を持つが、バズーカでの高火力攻撃を最も得意とする。
  • 貴族?
  • 激しく重量過多でキャノン持ちの強化、このフロートであるメリットが何一つない。2に似たような人がいた。
  • 過去に何かありそうな名前だが、結局正体不明。

ジャック・O/フォックスアイ

機体構成 &Nu00050001w001I000A02g0a00xEiFlP23g006#
重量級機体でありながらも、OBとターンブースタの搭載により機動力のある戦闘を実現する。
大型ミサイルを始め、多彩な武装を搭載し、驚異的な攻撃力を持つ。
  • 核*2、重量過多、腕部重量過多、出力不足、更に孔雀+GULL+OBと言うシリーズ屈指の凶悪ネタACを操るレイヴン。
  • この装備で機動力のある戦闘を実現できるわけがない。
  • その弱さから「弱王」と呼ばれる。
  • 開幕直後に核のパージ音が…。少しすると残りの核もパージ。…一体何のために積んだんだ?
  • 残りAPが3割程度になるか、相手が軽量級とかだと即座に核をパージするみたい。とっつくと同時に核を落とすこともありびっくりする。
  • 低い旋回を補う為に、後ろを取らせないロジックを持つ。だがいざ後ろ取られるとそのロジックのせいで尻を振って逃げ出すだけに。尻を向けたらとっつき(特に仁王)で掘ってあげましょう。
  • ミラージュ補給基地では普通に強い。そっくりさん?
  • ミッションで倒してもランカーから消えない。一部でジャック=⑨説が流れたとか流れないとか。
  • LRでリム顔負けの声変わりを遂げる。ブン!ヤグダダズメ!→遅かったじゃないか…
  • このアセンでミッション成功率80%超え。凄いっちゃ凄い。

烏大老/エイミングホーク

機体構成 &NA000a0003w001c000w02g0900BHPooFe0fWkD#
高機動力を誇る軽量級機体で戦場を飛び回り、相手に狙いを絞らせない戦法を得意とする。
さらにデコイ弾や迎撃装置を使用することで、回避性能を一層向上させている。
  • 頭上からのガトマシが凶悪。どらごん?なんですかそれは。
  • 右手用のガトマシを左手に装備するうっかりレイヴン。装甲は薄いのでダメージ勝ちを狙いたい。
  • NXではいまいち出番に恵まれなかったが、後に強さもかつてのままLRで渋いレイヴンとして返り咲く。
  • ピンの存在が彼のNXでの出番を奪ったような気がする。
  • アリーナでなめてかかって瞬殺されたのもいい思い出。ガトマシいてぇ。

ライウン/ストラックサンダー

機体構成 &Nk00010001M0028000o02g09009s841Ci0dGYC#
両腕部と両肩部にエネルギー兵器を搭載する偏った武装の逆関節機体。
中距離からのライフル射撃と近距離からのキャノン砲撃によって、隙のない攻撃を繰り返す。
  • ミッションには出てこないが、アリーナで一度でも戦えば大口径キャノンの凶悪さが忘れられなくなる。
  • この頃はまだ光波ブレをつけていた。雷雲つながり。
  • LRで更にパワーうp。もとより高い火力が冗談にならない火力に。
  • おまけにLRでは選択次第でファーストミッションから戦う羽目に。データコンバート無しでは苦戦を強いられる。

轟/ワイリータンク

機体構成 &Ng000f000500038000002g0800prC0NmA0dioD#
その名の通りの中装甲タンク機体。
武装のバランスがよく、敵の突進を容易には許さない。
万が一接近された場合にも、自律兵器とマシンガンを駆使して、巧みに相手を退ける。
  • クレスト本社から送り込まれてくる人。あれは…轟の--!
  • かなりの強さを誇るタンク。
  • NXのミッションに登場するACの中では中々の強敵。何気にACなりきりスレで変なキャラが立っている。
  • タンクにオービットキャノンという独特のアセン。一見弱そうで、実は強い。
  • ビットであぶりだしたところにガトマシ+重EO+ハングレのフルバーストが最高に痛い。
  • ミッションだと崖にひっかかりがち。しかし楽に倒せるわけでもない。
  • バランスが取れており、総合的に見れば確実にアイアンより強い。
  • だが真人間が使うと旋回とエネルギー関係もあり使いづらい。強化人間でなければ大した強さではなかったろう。

ピン・ファイアー/バレットライフ

機体構成 &N600050001M002w000A01M0800ppMNYGCifG0C#
4脚の機動力を生かして近距離内に敵を捕らえ、マシンガンやミサイル、チェインガンの銃弾をばらまくように放つ。
格納武装も搭載しており、携行する弾数は多い。
  • 元祖Wフィンガー。この頃はかなり凶悪な威力であった。
  • ゲームバランスの関係から片指しか撃たない。ちなみにLRの息子は両指撃つ。
  • 「 若造が--調子付くなよ… 」
  • 4脚ACの地位を一気に引き上げる。
  • 障害物に引っかかると一瞬で蜂の巣にされます。
  • 上の足場にいるとほぼ確実に引っかかる為、一方的に垂直ミサ当て放題。
  • 熱管理の甘い機体で接近を許すとフィンガーで暖められた後エネルギーが無くなり酷い目に会うので念の為対策を。

プリンシバル/サンダイルフェザー

機体構成 &Ny000a0000w003E000001003009Gn3wmo0dW0B#
遠距離武装を中心に、バランスよく構成されたフロート機体。
ミサイル攻撃により相手をけん制、ひるんだところに狙撃中で追い討ちをかける戦法を得意とする。
  • 物凄い影が薄かった彼女が何故LRに再登場できたかは謎である。
  • 装甲も機動力も火力も控えめ。
  • 何気に強化人間。
  • 気高いお嬢様。

TATARA/ZANBA

機体構成 &NC00090002M0018000k01g0200Fpw0wYe0fgEC#
強力なブレードを装備した軽量級の機体。
高い機動力を生かし、相手に張り付くようにして攻撃を行う。
たとえ相手に引き離されても、OBを使い、一気に間合いを詰める。
  • 何気に月光を装備している。
  • 軽バズで固めて一気に接近、月光で切りつけてくる。N系では珍しい剣豪機。
  • 敵の接近パターンを考慮すると熱ハメが有効か。
  • 設定的にも剣豪として有名だったらしい。似たようなアセンで斬りあってみると結構楽しい。

サバス/スカルスカーレット

機体構成 &Bc00080003g000A000o01w0800yrizM8Q0fy04#
肩部に多機能型レーダーを搭載するバランスのとれた構成の機体。
精度の高いライフル射撃とECMを使用したかく乱を特徴とする戦闘を繰り広げる。
  • ECMでかく乱してくる。
  • 見た目や戦法、エンブレムなどがコープスフールと似ている。

ガク・キリシマ/御神火

機体構成 &B2000c0002g000I000w0100800dboAhqM0fG2B#
火炎放射器やナパーム兵器といった熱ダメージの大きな武装を複数搭載する偏った構成の機体。
接近戦を基本としながら、相手との間合いに応じて、武装を選択する。
  • 放火魔。スネチャマの子孫みたいな。
  • 接近戦は危険!

ムニール/ダズルバルブ

機体構成 &Bk000e00090001Y000w02g0800w70140001GsC#
拡散型のレーザー砲の武器腕を装備した逆関節脚部を持つ機体。
戦闘中は無駄な攻撃を行わず、またエネルギー低下時には、回復装置を使用し、エネルギー不足を防ぐ。
  • 真上を取って鬼ロックし、モード2を全段命中させてくる。食らえば熱暴走するが、非強化な為電池が切れれば弱い。
  • 倉庫で出会ってしまうと悲惨。エネルギーを切らす前に撃破されかねない。
  • 見た目や戦法的にNXというよりはNBにいそうな短期決戦型AC。

ゴールディ・ゴードン/レイジングトレント(I~III)

機体構成(I) &BA000f00030001E000w01w0800Is2Ptyg0dg0C#
機体構成(II) &BA000800010003s000001g0900s02M$fQ0dW0E#
機体構成(III) &BA000c0003M000k000c01M0400M$FkEwg0dGkx#
積載量の大きさを生かし、多種類の武装を搭載した重量2脚型の機体。
武装の携行弾数こそ少ないが、攻撃の精度は高く、一撃ごとの破壊力も非常に大きい。(I)

以前の機体の問題点は脚部にあると判断し、フロートパーツを採用した軽量級機体。
爆雷投下型ミサイルや多弾頭ミサイル、射突ブレードなどの珍しい武装で敵の意表をつく。(II)

過去2度にわたる機体構成の失敗の原因は脚部にあると判断し、新たに中量2脚パーツを採用する。
設置型地雷やエネルギー狙撃銃などの珍しい武装で敵の意表をつく。(III)
  • 次々に乗り換えるヤツ。
  • LRで原点回帰。期待してたのに。
  • 主人公以外でいろいろなアセンの機体を乗りこなせるのはこいつくらいだろう。ある意味いいセンス。
  • 悪く言えば器用貧乏。
  • 一体何を考えてIIを組んだのだろうか
  • 懸命に迫り来るトッツキフロート。タンク相手だったら爆雷ミサと相まって実は強いのかもしれない。
  • 意表をつくのが好き。

ラートシカ武威/クラーケンアズール

機体構成(普通) &Bi00010003w002s000w0200800U002tn60fGkB#
機体構成(金欠) &Bi000c0003w000U00080200400o0001n60900x#
4脚型機体の機動力を駆使し、相手にまとわりつく戦法を得意とする。
近距離では両腕部のショットガン、中距離ではスラッグガンから拡散弾を放ち攻撃する。(普通)

前回のアリーナ参戦の後、所持するパーツの多くを売却。手元に残った少ない資金で
機体を構成し直すも、脚部は4脚から軽量2脚に、武装もショットガンのみに弱体化する。(金欠)
  • 後に資金不足の為に軽2に乗り換える
  • 特に説明が無いので、乗り換えた事に気付き難い。パーツを売らなかったら『何かされていた』かもしれない。
  • 説明文には弱体化とあるが、スラッグを外した軽2の方が強い。
  • エンブレムではマシンガン達が捕食されている。クラーケンはショットガンを例えているのだろうか。

トラッシャー/フェルムスレイヴ

機体構成 &BG000g0005g001s000c0200900pqnEW4c0dwky#
実弾ミサイル、レーザーライフルにブレードと、属性および射程距離の違う武装を搭載した
バランスのよい重量2脚機体。跳ね回るように移動しながら戦闘を行う。
  • 浄水場2人組みその1。重い方。
  • 通路の斜面になっている部分まで誘い込んで自機の上に乗ってくるのを待ち、斜面に向かって動くと通路の天井を突き抜けてポリゴンの裏側へ領域離脱、クリア不可に。
  • 何気にPSP版ACFFのスタッフロールにも登場。撤退の仕方が印象深いってかテラカッコヨス。
  • 嘗てこれ程レーザーの撃ち方がかっこよかったレイヴンは居ないだろう。
  • すぐENを切らして距離関係なくミサイルを撃つお茶目さん
  • ビジュアルは相当良い。と思う。

ヴェルンハント/グレートデン

機体構成 &By00050002w0008000g0200800hqMjBOI5d0kS#
戦場で生き残ることを最優先の目的として、多彩な武装でバランスよく組まれた中量2脚型の機体。
高い機動力を生かして相手に接近、正確な射撃で相手を倒す。
  • 浄水場2人組その2。軽い方。
  • トラッシャーを先に撃墜すると撤退、マシンガンを掃射しながら飛び去っていく。この時左手武器が盾のままだと、挙動不審気味に腕をブルブル震わせながら逃げていく。アル中?
  • 近距離で背後を取ろうとするロジックだが、それを逆手に取られて穴に落ちたり通路に入り込んだり。よく動く分ハメやすい。
  • トラッシャーとは浄水施設でのミッション以前から組んでいたのか、対象企業傾向がかなり似通っている。

クイン・クラフティー/ウォッチャー

機体構成 &Bc000900030003I00000200900Vq18BJq0d0cD#
遠距離戦に適した武装を主体として構成されたフロート機体。
両腕部のパルスライフルと両肩部のミサイルをエネルギー残量に応じて使い分け、常時移動して戦う。
  • 分岐によっては「駐屯地攻撃部隊排除」で僚機になる。条件はかなり面倒。
  • 「 まったく…足手まといだ… 」のお姉さん。

フラージル/ダ・ルーイン

機体構成 &Bo000e0008w001A000c01M0a00o5UYs000d803#
リニアガンの武器腕を装備した重量2脚機体。両肩部のグレネード砲も合せた総火力は非常に高い。
その反面、機体重量が大きいために機動力は低く、動きも遅い。
  • クレスト残党に愛機を奪われた上、破壊されてしまった哀れな人
  • ジャイアンにラジコン貸したスネ夫の様な人。
  • 非強化なのに両肩グレネード。何故これに目をつけたクレスト残党?
  • 場合によっては全く戦う事無く輸送機ごと乗機を破壊される哀れな人。
  • 倉庫で戦うと腕リニアとグレの熱&反動でイライラする。実弾ガチタンで吹き飛ばそう。
  • 機体を奪われたダ・ルーインは何故か脚部やカラーリングが変わっている。

デューク・スキュータム/ブラッドブレッジ

機体構成 &B800060002g002I000c01M0800es7adQc05a8w#
正面からの射撃を得意とする4脚型機体。レーザー銃を主体として攻撃を組み立てるが、
エネルギー残量が減少すると、相手に接近しながらのチェインガン射撃に移行する。
  • 駐屯地攻撃部隊排除に登場。
  • 四脚の長所を活かせていない。
  • 雄々しい名前や不気味なエンブレムが特徴的だが、機体は非常に地味で弱い。

H/O/Z/インフェルノ

機体構成 &BG000100080000s000c01g0a00U3Uc40002c0B#
中量級機体にグレネード砲の武器腕を装備し、良好な性能を獲得する。
跳ねるように戦場を移動し、相手を射程距離内に収めると、直ちに砲弾を撃ちこむ戦法をとる。
  • 武器腕グレネードに当たらなければ、どうとでもなるレベル。旋回も遅い。
  • 射程距離内に収めて撃ってくるのでは無く、図々しくも後ろを取ろうとしてくる。旋回遅いのに。

パーシガー888/キャットフィッシュ

機体構成 &Ba00060002M0024000c01g0800g00jV4$05a00#
ジャンプとブースタを使った上下動によって相手をかく乱する逆関節型の脚部を搭載した機体。
両腕部それぞれにバズーカを装備し火力の高さを生かした戦闘を好む。
  • バズーカを2丁持ってるが、まず当たらない。
  • 旋回が終わってるので滅多切りにも出来る。

ピウ・モッソ/ff

機体構成 &Bc0009000200010000k0200800yo03Aug0dc2C#
相手との距離を保ちながら高速戦闘を仕掛けるフロート機体。
右肩部の高機動ミサイルと左腕部のハンドミサイルを織り交ぜた攻撃で相手の逃げ道を奪う。
  • ただ動きが速いだけ。
  • 実は女性(出典、EG3)。

コープス・フール/ダークチャーム

機体構成 &Bc0009000200010000k0200800yo03Aug0dc2C#
火力よりも回避性能を重視して構成された高機動の軽量2脚機体。
ECMを使用して相手のロックオンを妨害、その隙を狙い確実に相手を追いつめていく。
  • キサラギ派。
  • 普通にブーストするだけでものすごい熱。さらにOB迄する爆熱野郎。
  • ジェネ(KONGOH)を変えれば普通に戦えるアセン。後は腕が重い位。

ローナー・コーナー/サッドスマイル

機体構成 &BC00080002M003c000001M0600o653orS0200A#
狙撃銃やパルス砲といった遠距離戦用の武装を搭載することで、機動力の低さを補うタンク型機体。
相手に接近された場合には、EOやリニアガンで相手をけん制する。
  • 研究施設破壊に登場する
  • 何気に武装はそこそこ強力。
  • タンクとしては装甲が甘い。地形を利用すれば十分撃ち合える。
  • 生存を第一に考えた機体構成と戦法を持つ。基本的には遠距離からの狙撃によって敵を近寄らせず、接近された場合はEOとリニアガンを用いて相手を狙い撃つ。姑息な戦法と否定される事が多いが、彼の出場する試合は不思議と盛り上がっている。
  • 説明文どおり倒してもアリーナから消えない気が。培養施設から上手く脱出出来た様だ。
  • 最初に戦闘せずに無視して培養施設を破壊しに行くと、後々戦闘になる。最初の時のほうが何かと戦いやすいので早めに倒しておこう。巧くいけば無傷で倒すことも充分可能なレベル。

トロット・S・スパー/バリオス・クサントス

機体構成 &Bg00030008M002E000c0200300c0CzU000104A#
バックブースタを搭載し、機動力が一層高められた4脚の中量級機体。
武器腕のレーザー砲と肩部パルス砲を連携させて強力な攻撃を行うが、エネルギーが不足しやすい。
  • 武器腕レーザー以外は大したこと無い。
  • エネ切れで何も出来なくなる。
  • この頃はテロリストに加担していた。
  • NXでは滅多に戦えない。
  • 四脚&非強化に関わらず、EN兵器オンリー+電池を持たないある意味漢の機体。LRでかなりマシなアセンに変化。
  • 何故きのこれたのか謎。
  • 後、エヴァンジェに惚れる人。

ミズ・ウィリング/タリズマン

機体構成 &Bk00030000M001M000g01g0800wh01E440380x#
ホバーブースタによる空中戦を得意とする逆関節機体。敵の頭上をとるように動き、
高精度のライフル射撃を行うが、エネルギー減少時には、地上でその回復に専念する。
  • ホバブで浮いたまま攻撃してくるけど、速さが無い上に反動の強い武器で墜落する。
  • ランク外に落ちやすく、普通にプレイしていると戦うのは困難。

アモー/バースボム(エンドボム)

機体構成(バースボム) &B800030001g000o000400w0100403jNw20140w#
機体構成(エンドボム) &B800070001g000E000o01M06009dQ29xk0dy0A#
腕部と肩部のそれぞれにロケットを装備した中量級機体。肩部に多機能レーダーを持つが、
パイロットの実力不足のために攻撃の命中精度は決して高くない。(バースボム)

全身にロケット兵器を搭載し、良好な攻撃性能を獲得した中量級機体。パイロットの成長も著しく、
非常に優れた機動力と正確無比な砲撃で、驚異的な強さを発揮する。(エンドボム)
  • ロケットに執着する男。後にエンドボムに乗り換える。
  • 確実に乗り換えの際なにかされている
  • エンドボムは驚異的なサイティング能力を持つ。リプレイで彼の視点に切り替えてみよう、感動するぞ。
  • 唯一戦死者報告のあるレイヴン。リムかピンに殺されたとの噂。
  • 分岐によっては「駐屯地攻撃部隊排除」で僚機となってくれる事もある。
  • 性格やリベンジの仕方といい、AAに出て来た「ザルトホック」を彷彿させる。
  • 心なしか機体の形も似ている。

コールリミット/ホットロッダー

機体構成 &BG00090002w003A00000200800o0000SC0160y#
機体速度の向上を優先するために、その他の性能を犠牲にしたフロート型機体。
搭載する武装はハンドガンに軽量型マシンガンのみと、非常にシンプルなもの。
  • ミッションでは機体を青く塗り替えている。
  • いくらなんでも総火力が低杉。AC一機を撃破できない。
  • クラウドブレーカーっぽい。
  • いくら速度が速くても、AC1機も落とせない火力では・・・。
  • ラジ迄軽量にした所為で普通にブースト吹かすだけで即座に危険温度に・・・。

エヴァンジェ/オラクル

機体構成 &BG00020003g000I000k01M0300Vr0GAke0dG01#
腕部のリニアライフルにブレード、肩部の小型ミサイルにリニアガンとバランスのとれた
実践向きの武装を施した中量級機体。巧みな操作技術を駆使して、相手を翻弄する。
  • 主人公と同期レイヴン。
  • レイヴンに昇格してすぐに頭角を現し始め、上位に上り続ける新星。実践向きの武装を施し巧みな操作技術で相手を翻弄する。
  • 性格に自らの実力を過信する傾向があるため、勢いは最初のうちだけという評価もある。
  • 無駄にEOをon/offする人。ガチャガチャガチャガチャ。
  • この頃も肩リニアが凶悪だった。ただ威力はNB、LRに比べて低いため、そのまま固め殺されることは少ない。
  • バリバリのミラージュ機体なのにクレストと直接契約してアークを追放された、何故?
  • しかもゲームオーバーのムービーではミラージュの旗を掲げて行進している。謎は深まるばかり。
  • LRでアライアンス戦術部隊司令官やってるあたり、暴走癖を除けば実際は企業間バランスとか考えてた奴なのかもしれない。
  • NXの彼を知っていると、LRの彼を見た時「お前も偉くなってもんだよなぁ、え?」と思うかも。
  • 距離を取るときは思い切り取るようにするのか、倉庫では棚に挟まってもがいている事も。エヴァンジェ・・・。

ンジャムジ/ウコンゴ・ワ・ペポ

機体構成 &By000600060000c000c00w010046w0g000c20B#
攻撃偏重の戦法を実現するために、パーツ構成のバランスを犠牲にした中量級機体。
マシンガンの武器腕と小型ミサイルを肩部に搭載するが、機動力にやや不安を抱える。
  • LRが初見な人多数。
  • 折角の武器腕マシを連射しない。どうもACの操作方法が分かってないのでは?
  • ミッション失敗を重ねるプレイをしているとアリーナに出現する事が。まだ操縦になれてないのかしょっちゅう停止する。
  • この腕で何故きのこれたのか不思議。

シャーリーン/リンガベル

機体構成 &B6000300020000g000c01M0400VpxHMEc0dG0C#
腕部にマシンガンとブレード、肩部にミサイルを装備し、あらゆる局面での戦闘に対応が可能な
中量2脚の万能型機体。中量級機体のお手本のようなパーツ構成。
  • 主力が1000マシ。
  • 動きはそこそこ良く、機体も弱くはない。しかし、特化した点が無いので火力で押せば簡単に倒せる。

ルー・スター/ドゥードゥルー

機体構成 &Bk00020007g002o000A01M0400BH290000dW0y#
  • ミサイラー。
  • 密かに強化人間だったりする。

ムーディムーン/千年乃白夜

機体構成 &B6000a0005M000M000k0200800VEoAg000dIx1#
ブレードの武器腕を装備し、軽量級機体の高い機動力と合せて、接近戦では驚異的な
戦闘性能を発揮する。相手が離れた場合も、肩部ロケットを使い、攻撃の手を緩めない。
  • 重2キラー。
  • 武器腕ブレードでネタ機体と思いきや、意外とお強い。
  • マーシレスや魂塊、エクレール等に連なる武器腕ブレーダー。だがN系の武器腕ブレードは空気の様な存在の為、コイツの影も非常に薄い。EGの追加設定でも「剣豪」というポジションをTATARAに奪われるという、何とも可哀想なキャラ。

王焔/弐式不動壕

機体構成 &Bo000d0004g0030000002g0a009K52NRS0fH0y#
機体全体を重装甲パーツで構成し、さらに追加装甲を装備することで、最大級のAPと
防御力を実現させたタンク型の重量級機体。その特性を生かし、長期戦で強さを発揮。
  • ガチタンだがやや火力不足。
  • 熱量の高い武器を搭載しているが手数が少ないので意味が無い。
  • 中々硬い。ブレードで切りにいくと強化人間を活かした上昇ブーストで逃げるので切りにくい。
  • 左肩にキャノンを装備しているため、レールガン使用時はシールドが解除されるという初歩的なミスを犯している。

リム・ファイアー/バレットライフ

機体構成 &B600010001M002w000A02g0800pH0GcKGi5G10#
4脚の機動力を生かして近距離内に敵を捕え、マシンガンやミサイル、チェインガンの銃弾をばらまくように放つ。
格納武装も搭載しており、携行する弾数は多い。
  • ランカーレイヴン「ピン・ファイアー」の息子。仇討ちの為、父のACを若干改修した機体で戦いを挑んでくる。
  • 登場以後、怒涛の勢いで順位を上げてくる猛者。
  • 実際強い。LRに登場できたのも納得。
  • LRでは衝撃的な声変わりを遂げた。性格もおっさんに。半年で何が起きたのか?非常に気になるところである。
  • こいつがハンガーを出す前に沈む事が多い。俺だけか。
  • 父の機体とはコアとエクステンションが変化している。OBが無くなり機動力は下がったが、代わりにミサイル迎撃装置が追加された。

パーム・パーム/リコンシルシェイク

機体構成 &BC000a0001M000A000k0200400Vzg014$1fKww#
左右腕部にバズーカを搭載、さらにブレードを格納することで高い攻撃性能を獲得した軽量級機体。
しかし対戦開始からしばらくの間は、毎回動きに堅さが目立つ。
  • ブレホ無しなのに驚異的な精度で斬りつけてくる鬼。
  • 一定ダメージを受ける、または一定時間経過まで攻撃して来ない。前者と後者で行動パターンが違う。
  • 後者の戦い方は翻弄される。
  • 左のバズーカを捨てて斬りつけてくる。右のバズーカも捨てていたら大変なことになっていたかもしれない。

Ω/ClownCrown

機体構成 &BA00080001w0020000k0100100VrmUQJg0fGsz#
逆関節型脚部が持つ機動性能の限界にまで重武装を施した機体。タイプの異なる多彩な
武装を腕部、肩部、格納の全ての部位に搭載し、圧倒的に高い総火力を実現する。
  • EOコアに格納武器を装備した謎機体。
  • ガトマシが痛い。ビットを撒くから更に痛い。
  • NXの有脚型ランカーの中では強い
  • OPパーツをバシバシつけていてEOコアに格納武器という変態機体を操る。LRではどれ程狂った奴かと楽しみにしていたが、案外普通。
  • メイトヒースやエグザイル的なポジションのランカー。ストーリーの進め方によってはランク入りしないことも。
  • 過去作の最下位ランカーと比べると、そこまで凶悪な強さはもっていない。それでも、ランキング上位陣に匹敵する実力ではあるが。

CODE:VAN/スピアーバナー

機体構成 &Ba000200040002M000001w0a00kg9sJv40100D#
  • フィーラインと並ぶ雑魚。
  • タンクにペガサス装備。何もしなくても飛び上がって熱で自滅する。
  • 一体フロムは何がしたくてこんな機体を組んだのだろう。
  • TDNコスギ?

P.パヒューム/ラブリーヴァイパー

機体構成 &Bi000c0002w002A000g01g0200c0w0BK60104A#
  • パルスライフルだけじゃダメージ取れないって。

フィーライン/ファントムシーフ

機体構成 &B200030000g001Q000c00M0100400bA220100D#
  • 殆ど初期機体
  • 旧シリーズなら伍長ポジションだろう。
  • 紫をベースに金のラインの入ったACがオシャレ。

虚空/天地人

  • 攻略本に名前のみ存在する謎機。
  • 確実に分かっているのは強化人間であるらしいという事だけ。
  • ミッションとしてアリーナでの対戦が組まれる時、対戦相手になる筈のレイヴンが何らかの理由で出場出来ない場合の代理ミッションで出現すると言われる。
  • 代理ミッションは複数パターンあるようで、出現条件はいまだ解析されていない。


レイヴン(REVOLUTION DISC)

ストリングプラー/ギミックボックス

機体構成 &Bu00020008w003I000000w0300481i0000cqg2#
  • ネスト時代にフロート-EOを装備している機体。試験型なのか。
  • クリケットにガイアという何処かでみたようなアセン。実働部隊と呼んだ奴はいるか。
  • 海上で戦おうとすると、武器腕リニアの餌食に。施設上で、飛び上がってくるのを待つとよい。
  • 動きがいいので海上ではサイティングしてる間に撃たれやすい。ザルトホックな人は施設から垂直ミサイルで。

ザーカー/コロナ

機体構成 &By00060001w0038000001M0800U05Gxtc03a0y#
  • ネスト時代にWトリガーが可能な機体。
  • ついでにEOまで装備している。
  • 熱量の高い武装を好んでを使用するガチタン。
  • 燃料貯蔵庫に両手火炎放射で現れる命知らず。
  • ステージが狭いのでおもいっきりとっつける。というか短期決戦しないと危険。
  • 物陰からあぶるという手もある。

フォッグメイカー/フリーバード

機体構成 &B8000500030000g000o02g0a00VK000Cc0fw0D#
  • テロ屋。
  • ロスヴァイセに比べるとその実力はお粗末すぎる。
  • バックウェポンを積んでいないおかげで動きが速い。時間制限のあるミッションなので逃げられると辛い。
  • たまに味方や自機に引っかかることも。
  • 一心不乱に道路沿いを行ったり来たりする。一度逃げられると追いつくのに一苦労だが待ってれば帰ってくる律儀なやつ。
  • 常にブーストを吹かしている。何だこいつは。

不明/ワイルドキャット

  • アレンジの際に大きな変貌を遂げた。月光持ちだったのね。
  • 接近するとかなりアグレッシヴにブレードを振り回してくる。
  • 実はチェーンガンの連射速度が普通より速い気がする
  • 初期ミサイルを多段発射する猛者。改造パーツホスィ。
  • 僚機の時は非常に心強いというか、最強の味方かもしれない。
  • 肩主砲の直撃に何発も耐えるACはこいつくらいじゃないだろうか。
  • まずブースト移動をしないが、ブレードをブンブン振り回して前進してくる姿は見ていて恐れを覚える。
  • バルダーに向けて初期ミサイルを3連射、二重の意味でズルい

レヒト・リンクス/ワイルドトロンベ

機体構成 &B200030002w000o000c00w0300VE3EJCc0do0B#
  • この頭を装備して、機体に「ワイルド」とつけるとなにかされてしまうようだ。
  • 今が駆け抜ける時。
  • ミサイルで狙うとデコイをばら撒き始めるのでミサイルは止めた方がいいかもしれない。

タナトス/コールホール

機体構成 &BA00010002g002s000c00w0500407jpKU05q8C#
  • ワイルドキャットに月光で斬られる為に出てきた四脚。
  • ネスト時代にW鳥(ry
  • まともに戦おうとしても、あっという間に爆散。超激甘装甲。
  • 2対1で袋叩きにされる哀れな敵機。
  • COMの機体説明もワイルドキャットに邪魔されて名称が飛ばされてしまう事も多々。扱いが酷すぎるぜ。
  • やられる為に組まれたのかと思うほど酷いアセン。
  • 名前はギリシャ神話の死の神タナトスからだろう。その壮絶な弱さから、こいつ自身がタナトスに魅入られてるとしか思えないが。

ボス・サヴェージ/スレッジハマー

機体構成 &Bm000g0004M001o000w0100300NE3gd6c09W0J#
  • 倒すと主人公に真実を教えてくれる。
  • 彼がどこでネストの手先になったのか気になる。ただの破壊魔じゃなかったのかお前は?
  • 一応初期設定では、ネストの関係者と書かれている。ナインボールがシュワルツネッガー顔だったころの設定な。
  • 登場時のブースト音がギャリギャリいう。お前のACはディーゼル式エンジンか?
  • 気を付けないとと落とし穴にはまって土遁する。もちろんクリア不可能になる。
  • ↑実は暫く放っておけばクリア出来る。ただし自分も土遁しているとシステムが通常モードになった後永遠に終わらないバグが。
  • 機動性の悪さはまさにディーゼルレベル。前座のACの方がまだ動きがいい気がするぞ?
  • REVOLUTIONディスク最後の敵とも言えるが大して強くない。真人間だし、頻繁に歩きまわる。

ロスヴァイセ/ヴァルキュリアC

  • 改造スラッグガンの持ち主、一度スラッグの射線につかまると固め殺される。
  • 連射力は初代ヴァルキュリアよりずっと低い。前のはマシンガンレベル。
  • スナイパーライフルの威力も通常より高かったり、改造武器満載。どちらも痛い。
  • 砂の威力は脅威の1500。バズーカかキャノンのレベル。さらにミサイル撃墜では2000に上昇する。
  • 追尾爆弾破壊ではほぼ無限滞空しながら爆弾を狙撃するという荒業を披露。
  • 今回は「は、ハメ殺される…」だったが、以前は「あれ?何でAP0なの?敵ACってAC?」な状態だった。

ヴォルテックス/ディスチャージャー

機体構成 &BG00020002g000w000w01M0300M03hG2E0casG#
  • NXレボディスクの「試作兵器性能テスト」に登場する強化人間試験体、
  • フレームはクイーン、ガイア、CR-A82SL、ジノ脚。武装は右ガトマシ、左カラサワ。両肩に小型30ロケ。
  • 目の前に立つと物凄い勢い攻撃ので巻き添えにされる。
  • ネスト時代に(ry
  • なんかブーストがすんごく遅い。
  • なにかされますた。
  • 撃墜競争になるので火力と機動力は欲しい。負けているようだったら射線に割り込んで倒すというのも…痛いけど。
  • EVOLUTIONディスクにて条件不明で極稀に出現する幻のアリーナ「対戦相手不在のため中止」にも登場する。


その他登場人物

アグラーヤ/ジオハーツ

機体構成 &BE000a0003w000Y000k0100800dNO1Vhg0fG0w#
  • クレスト専属のAC乗り。アーク所属レイヴンではない。
  • その割には頭部COMにきっちりデータが入っていたりする。どういう事だ。有名人なのか?
  • ↑名称は出ていないので機体を分析して独自に解析したのでは無いだろうか。
  • クレストの「赤い星」。少佐ぁ! 減速できません!!
  • 武装が重過ぎるせいでそこまで速くなく、しかもしょっちゅう地形に引っかかる。装甲も薄いので攻撃が当たりさえすればすぐに勝負はつくだろう。
  • デティール以外黒一色のデュアルフェイスと違い、ジオハーツはジョイントカラーが若干赤い配色になっている。

スティンガー/ヴィクセン

機体構成 &Bw000b0005w001g000o01w03005E001Wa0dGMI#
  • 過去ディスクを進めていると彼の使用していたヴィクセンのパーツが手に入る。
  • PP時代より弱体化が著しく、ミッション中ではやたらとデコイを撒きまくりやたらとブレードを振りまくり、レーザーライフルはもはや無視出来るレベルに。合掌。武装がしょぼ過ぎる。とにかく火力が貧弱。
  • 歴代ヴィクセンの中ではまちがいなく最弱。まぁ今まではボスキャラだったから仕方ないっちゃ仕方ないが。
  • 何気にフレームのカタログスペックはやたら高い。特に重量からすればEN防御が驚異的。脆いのはAPのせい。
  • ↑故に内装と装備積み替えて運用すると結構化ける。全てはDRAGONのせいだッ
  • 何を血迷ったのか、NX攻略本の518ページに「過去の彼を知っていると、その強化ぶりに驚くだろう」と記されている。
  • ヴィクセンブレは範囲が広くても再装填に時間がかかるので、一方的に滅多斬りにすることも可能。
  • 「過去の彼を知っているとそのネタぶりには驚くだろう」
  • ブレードを主力にしたにしてもリロードが長すぎる。

スミカ/コーラルスター

  • 今回も無敵…ではなかったがタフさは健在。さすがAC界最強の装甲。
  • ブレードの練習台に使われる事が多い。延々斬り続ければいずれは爆散する。手っ取り早く逝きたい場合は次元とっつきで。
  • コーラルスターを倒しても普通にスミカは通信してくる。
  • ミッションによっては抜け殻?が放置されている。やっぱこいつは遠隔操作なんでは。
  • やはりライフルの攻撃力は1なのだろうか。


登場勢力

ミラージュ

現在最も力を持っている最大手企業。すなわち、今、最も世界を支配するに近い形を有していることになる。
強大な軍事力を擁し、あらゆる分野において、全企業を完全な支配下に置くことを目指している。
  • アークに喧嘩を売って逆襲された企業。アークの保有戦力で本拠地を叩けたのでは?ともっぱらの噂。
  • MT技術はクレストに劣るというが、BATとかオウルとか・・・劣っているのか?

クレスト・インダストリアル

現在、ミラージュに次ぐ2番手企業。No.1のミラージュに対し、対抗はしているものの、表向きの激しい対立は行っていない。
ただし、みずからが頂点をうかがうためにと、水面下で数々の策謀を張り巡らしている。
  • ジノーヴィー然り、エヴァンジェ然り、ヘタレレイヴンの囲い込みが大好きな企業。まともなレイヴンは轟だけ。
  • ナービスを裏切って攻めたはいいが、支社に裏切られて(?)最終的に衰退の方向へ。管理者がいないと本当にダメな企業だ。
  • クレスト製コアは迎撃機銃付き。

キサラギ

企業規模としては中堅レベルの規模であるが、その高い技術力には定評がある。
現在その技術力を活かして、ナービスと提携し、共同で「新資源」の開発に着手し、一気にNo.1企業にまでのし上ろうと目論んでいる。
  • ACスレのアイドル「AMIDA」の飼育に寝食を惜しんでいる企業。
  • その所為か、ACパーツも際物が多い。羅漢とか孔雀とか。
  • 射突型ブレード生みの親。型破りなパーツの開発には定評があります。
  • 技術者に変態、曲者が多いと推測される。上層部は案外まともなのか変態企業の癖に中盤以降最もまともそうな発言をする。といっても際物パーツの販売にGOサイン出してる時点でだめかもしれんが。
  • そんな変態技術者どもが暴走し、和平を提案したまともな上層部を拘束して旧世代施設を起動。まさかこいつらが世界を破滅に導く元凶になるとは・・・
  • 内装系パーツは一部を除いて結構優秀な物が多い。際物パーツを出さなければ生きていけないのかも。
  • バグ技で出せる頭部パーツの名称は「KHD-G-MAX」と仏教用語ではない。恐らく開発時(佃NX)の名前が3系のままだったので、その名残だと思われる。

ナービス

新興のまだ規模の小さな企業だが、自社領で発掘された「新資源」によって一気に軍事市場を席巻しようと考えている。
そのために、キサラギの高度な技術を利用しようと提携を結んでいる。
  • 出る杭は打たれました。
  • 新企業が追加されると聞いてACパーツを楽しみにしていたのに。物語の中心の筈なのに印象が薄いのも、この辺りが原因ではなかろうか。
  • 企業名はラテン語で「船」を表す。

O.A.E

企業群管理機構。国家や政府に代わって、社会秩序を保つために企業間の調停機関として設立されが、いかんせん発言力が弱く、指導力不足を露呈している。
  • 何故か自分の組織の倉庫や部隊への攻撃依頼を出してくる。一枚岩じゃないのだろうか。
  • 自作自演で援助を断る理由を作っているのだと思われ。その後バレて高官が粛清される。合掌。

USE

中小企業連合。大企業に比べれば小規模のものがほとんどだが、画期的な技術を開発した場合などには、それを守るためにレイヴンの力を借りることもある。
  • 出番が少ないくせに完成品「AEW360R」はLRまで使われている程のヒット商品。連合体より長生きしたんじゃ。

レイヴンズアーク

レイヴンを統括する組織。レイヴンへの依頼は全てこの組織を通して行われる。
また、各レイヴンへのACパーツの売買などのサポートも行っている。
  • ネスト、コンコード、コーテックスに連なるレイヴン管理組織だが、シリーズでは珍しく企業と癒着して腐敗している。
  • シリーズで最も生々しい斡旋組織。今までは大体秘密組織とか正体不明ばかりだったが、組織内で権力、利権争いをしている。
  • そのせいでジャックの手によって何かされました。


特殊条件パーツ

CR-I79DD(INSIDE) アリーナ ランキング初ランクイン
CR-O83ES+(OPTIONAL PARTS) アリーナ ランキング20位到達
MF05-LIMPET(FCS) アリーナ ランキング10位到達
H09-SPIDER(HEAD) アリーナ ランキング1位到達

コメント

  • スティンガーが弱すぎる。なぜ弱レーザーライフルを装備させたのか… -- アリばり (2013-01-31 21:24:53)
  • 機体構成の横にある記号の羅列って何なんだ? -- 名無しさん (2013-03-25 18:26:11)
  • ↑とりあえず「ASMコード」でググってみよう。 -- 名無しさん (2013-03-31 19:20:18)
  • ナービスって結局何? -- 名無しさん (2013-05-01 22:52:51)
  • ナービスは沈没しました() -- 名無し (2014-01-07 17:21:25)
  • アグラーヤのエンブレムが欲しかったな…。連投すまん -- 名無し (2014-01-07 17:22:43)
  • スティンガーもレーザーライフルの威力とか変更すればよかったのに何故かそのままのパラメータなんだな -- 名無しさん (2014-05-29 20:53:32)
  • オフィシャルのギャラリーにプラズマライフルと投擲銃、チェーンガンを装備したヴィクセンの画像があるけど、あれだったらまだ強かっただろうな。投擲銃はハングレで代用すれば -- 名無しさん (2014-06-14 14:33:32)
  • 発熱で歩くジノをリプレイで見たがカッコ悪くて泣いた -- 名無しさん (2014-06-28 22:09:27)
  • 機体構成のとこ文字化けかと思ったらASMコードなのか -- 名無しさん (2014-11-23 09:39:10)
  • アグラーヤの仇とか言わないジノは多分良識人 -- 名無しさん (2014-12-15 20:09:12)
  • ファントム/ストレイタスも攻略本に名前だけ出てるとか -- 名無しさん (2016-11-06 00:55:03)
  • ジノーヴィーの歴代もっとも印象的なトップランカーの記述hあ -- 名無しさん (2016-11-06 12:02:40)
  • ミス 記述は水没王子の登場によって越えられたな。それでもセリフのかっこよさはACシリーズトップレベルだが -- 名無しさん (2016-11-06 12:04:24)
  • Generationシリーズの配布元消えてるからアセン見れんな・・・・・・ -- 名無しさん (2017-01-09 21:02:40)
  • ↑もう見れないのかな・・・? -- 名無しさん (2017-06-17 20:35:16)
名前:
コメント:

|