ACPP/ENEMY DATA



有人兵器

ドラゴン

  • ACでは珍しい戦車以外の戦闘車両。自走ロケット砲。
  • 所謂MLRSの形態をとる。ゲーム中では弾をばら撒くタイプではなく、直接撃ちこむタイプのロケットを搭載。
  • 使えないEN武器とは関係ありません。

トーラス

  • 装甲車。戦闘能力は持たず、移動するターゲットとして登場する事が多い。
  • 所謂APCの形態をとる。NBC防御完備の重装甲車両だが、さすがにAC相手には無意味か。歩兵にとっては頼りになる存在。
  • スティンガーが「罠を仕掛けておいて~」の台詞の後に撃破するシーンが有名。名前は知らなくても知ってる筈。
  • コジマ兵器大好きな企業では無い。

セントーア

  • 戦車。最初のミッションから登場するが、その割には長射程・高火力。初心者にとっては手痛い歓迎だろう。
  • いわゆるMBTの形態をとるが、車上機銃の位置に対空機関砲を搭載しており、ACや航空機によるトップアタックを防ぐ事が出来る。
  • ゲーム中防がれた覚えが無いのは秘密。

レプラコーン

  • 戦闘ヘリ。「物資搬入阻止」から登場。黒い塗装と夜間ミッションの組み合わせにより発見が困難。
  • ステルス性を重視した対地攻撃ヘリ。全体にシームレスなデザインになっており、ランチャーも格納式。テールローターもノーターに代えられている。

無人兵器

ファイアフライ

  • ガードメカの一種で、外見的には「空飛ぶ花」といったところ。基本的には雑魚メカだが、安価・無人という特長を生かしてワラワラ湧いて出る。
  • 武装は機銃のみなのでそれほど痛くないのだが、数が集まると回避が難しくAPもガリガリ削られる。ある意味もっとも厄介なタイプ。
  • 花弁の部分が回転しているが、さすがにコレがプロペラという事は無いだろう。他のガードメカと同じく、原理不明の浮遊システム搭載。
  • 初心者時代、コイツのあまりのウザったさにくじけそうになった経験あり。

リグ

  • MTに代わる新カテゴリとして開発されたホバータイプのメカ。車両と航空機の中間的な性能を持つ。

パペガイ

  • 純戦闘用として開発された「コンバットリグ」の一種。MTに対するACのようなもの。
  • レーザーとロケット砲で武装。フワフワと捉え所のない動きをするのでブレードは狙いづらい。十分な弾薬を持っていくか、腕を磨くかしよう。
  • リグはPP以降普及した筈なのだが、その時代はゲーム化されていない・・・合掌。

エスコートリグ

  • 単体では出現しない、武装扱いのリグ。ファンタズマに搭載されている。位置的にはオービットキャノンのようなもの。

MT

ジャベリン

  • 2作目でも登場の武器腕逆関節。今回もまたヤラレメカだが、それでもビショップとは比べ物にならない。
  • 機体正面に装備した大型の防盾が特徴的。横から見ると「く」の字に見える。
  • 武装も対空機関砲とグレネードランチャーを装備。重ねて言うがビショップとは違う。
  • 安価でありながら強力で硬い、兵器の鑑のようなMT。

イーゲル

  • 4脚型MT。ネスト系ACパーツを複数組み込んだ高性能なタイプ。マシンガンを撃ちまくるので、足を止めると瞬く間に蜂の巣にされる。
  • レーダー頭・初期コア・腕マシ・腕ガト・2連小ミサ・・・・AC組んだ方が早くね?
  • 初期コアから迎撃機銃を取り外してフェイズド・アレイ・レーダーを組み込んでいる。頭のレーダーは警戒用、コアのレーダーは火器用と使い分けている模様。
  • 純粋なMTとしての部位はコアの下にあるメインユニットと脚だけ。要するにこいつは特殊な脚部を装備したACと同義。
  • コアにガンナーが搭乗し、メインユニットにパイロットが搭乗する二人乗りMT。
  • オープニングに上半身がこいつと全く同じ構成のタンク型ACが登場する。
  • どうみてもタチコマです本当にありがとうございました

オーガー

  • クローム製の2脚MT。ヘソの辺りにメインカメラを持ってきたり、腕が妙に長かったり、2脚なのに逆関節っぽかったり、クロームの精神を形にしたようなMT。
  • ロケットランチャーとペレットボムで武装。爆弾パンチ(;´Д`)ハァハァ
  • ブースターも装備しているようで、下手なACよりジャンプできたりする。高級MTということか。

サガルマタ

  • 4脚型MT。大型のMTでデザインは牛型というか象型というか・・・・スターウォーズとかに出てくるようなデザイン。
  • これまたACパーツ組み込み済み。今回は正面の防盾に腕レーザーを搭載。いいのかそんな高級品を?
  • 正面にレーザーキャノン・背中に垂直ミサイル・尻にマシンガンと全身これ火器の塊といったMT。ACをも凌ぐ火力と防御力を持つ。
  • 機体表面にレーダー素子を張りめぐらしたコンフォーマルレーダーの形態をとる。にしてもデザイナーの設定は細かいな・・・。
  • 尻に近づくとマシンガンがこっち向いて、ちょっと可愛い。
  • 『サガルマタ』とは、ネパールにおけるエベレストの呼称。大層な名前である。


シミター

  • クローム製の2脚型MT。腕と頭が無い奇妙なデザインがクローム的というか。
  • ライフル砲一門のみという軽武装だが拡張性は非常に高い。ゲーム中ではバックウェポンにミサイルを搭載したタイプが登場。
  • 機動性が高くピョンピョン飛び回ってはプレイヤーを翻弄する。PPが初めてのACならキツイ相手となるだろう。
  • 本来の意味での「MT」と言える機体。

スーパーシミター

  • シミターに大量のオプションを装備させたタイプ。なんと空まで飛べるようになりました。
  • バックウェポンの位置に固定翼とブースターを追加、空中からの急襲が可能に。プラズマキャノンやミサイルも地味に痛い。
  • 河森氏らしいメカの一つ…っていうかバルキリーのガウォークに見えた香具師は俺だけじゃ無いハズ。

ナースホルン

  • 4脚MT。ACから見れば小さな機体だが、それでも戦車並みのサイズ。
  • 脚+ボールローラーでスイスイ動く。主に市街地や平地で運用されるとか
  • 多脚戦車といったデザイン。主砲位置にはガトリングガンを装備しており、対MTや対ACに向く。
  • こいつがいると、キュンキュンといった音がする。
  • 主砲の口径はたったの7.62mm。これでMTやACとやりあうとは、よほど強烈な弾薬を使用しているに違いない。

ブランドAC

コーラルスター

  • ムラクモブランドのACファミリー「有明」をスミカが独自に改造したもの。見た目通りの軽量高機動機で、ゲーム中でもよく跳び回る。
  • 武装はマシンガンのみな様子。そのダメージも「1」と貧弱極まりないが、そこはガードたるプレイヤーの腕の見せ所。
  • ゲーム中ではいくら攻撃されても撃破されない。安心して放っておこう。
  • 「本部施設襲撃」でプレイヤーがエリアオーバーすると念願の(?)撃破シーンが見られる。合掌。
  • 設定では「装甲厚がそれほどなく、軽量に仕上がっている。」と書かれている・・嘘つけ!

陽炎(かげろう)

  • ムラクモミレニアムの代表的ACファミリー『有明(ありあけ)』のバリエーション。いわゆる忍者形態(?)をとる。
  • 非正規戦闘への投入が前提で、所属を示す情報となりうるものは一切表記されていない。まさしく忍者。手に持つロケットランチャーもなんだか古風。凝ってるぜムラクモ。
  • アーマードコアでは珍しい手に握るタイプのブレードを持つ。ビームサーベル的な。
  • 「本部施設襲撃」ではタンクの爆発で部隊はほぼ壊滅する。というか自滅する事も。

ヴィクセン

  • クローム社のエリート部隊向けに開発されたAC「ヴェノム」をスティンガーのためにカスタマイズしたのが本機。
  • 本来ムラクモ系の組織であるウェンズデイ機関がなぜクローム系ACを入手できたかについては、機関とクロームの秘密取引に由来するらしい。
  • ゲーム中ではレーザーライフルと連装レーザーブレードで武装。シナリオが進むにしたがって攻撃力が上がっていく。
  • 独特のデザインが好評で、AAやNXでリメイクされている。
  • 設定ではコアにプラズマキャノン、レーザーライフルにグレネードランチャーが装備されている。ACPPとNXでは使用しない。

機動兵器

プロトタイプファンタズマ

  • その名のとおりファンタズマの試作品。武装はほとんど装備されておらず、ボディのみ試作と言う事らしい。
  • 武装は機首部のレーザーキャノンとクローアームのみ。それでも並のACやMTとは比べられないが。
  • NXレボディスクにてリメイクを果たし、2体同時出撃という荒業まで披露。大型ブースターでぶっ飛ぶファンタズマはカコイイぜ。
  • エ○ァの初期設定資料の中にコイツそっくりなデザイン(脚付き)がある。インスパイアか?
  • 我が戦友曰く某可変ガンダムに登場する「MA形態アッシ○ー」もしくは空飛ぶフライパン。

ファンタズマ

  • ウェンズデイ機関が開発した巨大兵器。赤い塗装・デザイン・対のクローと実にエビっぽい兵器となっている。一応リグの一種となるのだろうか?
  • 内部には機械と同化したスティンガーが収まってます。プラスの行き着く先は機械の体と。
  • 豊富な武装と極厚の装甲・巨体を感じさせない機動力を持つ筈だった。
  • 超大型ミサイル・垂直ミサイル・エスコートリグ・プラズマキャノン・全方位レーザー&バリアを搭載。調整が完全ならACなど物の数ではない!!
  • 強力なEN耐性を持つ一方で実弾には弱い。指か核があれば瞬殺可能。合掌
  • ウェンズデイ機関が潰れた後、どうやって完成されたのか気になる。スティンガーはただのパイロットだよな?
  • 接近戦用にクローアームが付いているが「掴む」のではなく「殴りつける・突進する」というような使い方をするつもりだったとか。
  • カラフルビームを出してる間は無敵なので注意。
  • AAにてリメイクされる。ボスキャラなところは相変わらず。
  • SLでコイツそっくりのエグゾゼが登場。フィーンドNBといい( ´佃`)は冗談が好きだなオイ。


コメント

  • そっかレプラコーンか。誰だか知らないけどサンクス! -- 名無しさん (2006-05-11 19:06:35)
  • 昔友人が、「実はスティンガーがファンタズマだと思っていたものは偽者で、実はスミカの搭乗するコーラルスターがファンタズマである」というとんでもない仮説を出した。ゲーム中でのスミカの無敵さやラスボスの貧弱さから察するに、俺は友人の仮説を強く信じている。 -- &new{2007-04-08 (日) 21:15:48};
  • イーゲルの火力はおかしい。もし、天井穴から落下して周囲をイーゲルに囲まれるミッションがあればトラウマになってた...初見ファンタズマ戦は、全方位レーザーばっかり使ってたから余裕で撃破。オーガーも固くて結構厄介だったな。「俺は面倒が嫌いなんだ」それはこっちが言いたい台詞です(笑) -- 鎧蜘蛛 (2014-02-07 15:21:41)
名前:
コメント:

|