※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

編集中です。




セヴン・ストレータル・ヘヴン(通称SSH)はIconoclasmに登場する組織の名称である。


概要

非能力者(=一般人)によって虐げられてきた能力者(=ハンドラー?)たちが作り上げた反乱軍が現在のSSHの前身である。

Iconoclasmにおける現在では世界を支配する組織となるまでの成長を遂げた。しかしながらその支配とは力に頼り切った独裁的なものであり、決して和平的なものではなく、非能力者は常に不安の中に生活しているのが現状である。
SSHを構成しているのは4割程の能力者と、残りは6割の非能力者である。能力に開眼し、ハンドルが僅かでも発現された場合強制的にSSHに入隊させられ、逆らう者は死刑の対象となる。とは言え、能力者となり支配階級となることを拒む者はごく稀であり、殆どは能力者となった時点で喜んでSSHに入隊するのが現実である(しかしながらSSH内でも支配・被支配といった階級は存在し、能力が低い者は非能力者時代と何ら変わりない生活を余儀なくされ、脱走というケースならば往々にして存在するようだ)。
非能力者が入隊する場合、右手の甲にマイクロチップの埋め込みと赤い印の刺青が行われる。この二つによりSSHに従順を誓ったことになり、


歴史

ハンドラー発生初期に、非能力者たちは彼らの能力を恐れ、ハンドラーであると知るやいなや人として扱わず、