※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あんどろいどかいげんれい


“マホロバ”にて独自に仕組まれたシステム。かつてアンドロイドへの差別が公然と行われた時代の名残が“裁き手”対策の一環として応用されている。要は素性の構成が生命体以外のモノが侵入することを容易に許さないシステムで、対象者が乗り物に乗り込もうが判別が可能らしい。999で出てきた機械生命体検査みたいなものですかね?



LIR補足


アンドロイドのと人間の判別方法であるがこれは生体内に流れる微弱な電流であると思われる。有機的に作られたアンドロイドではあるが、細胞レベルにMMを多用しておりアンドロイドに流れる電流は明らかに人間のそれとは違うのでこの点をついてアンドロイドと人間を判別する。ただ、アンドロイド特に“裁き手”には偽装する事も可能であり、完璧なシステムとは言えないであろう。