※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

あんどろいど


この時代の医学や科学は生命を作り出す事が可能と思われます。人間と外見的にも内面的にも全く同じ構成のクローンもあれば全て機械によって構成されているロボット?の様なものもあればその中間的なアンドロイドまで様々だと思われます。ただ、どの場合にも”心”を持たせる事が可能になってます。
 ラーズの場合、一部機械に頼り残りは生体に近い構成のアンドロイドですが、生体部分も遺伝操作によって作り替えられてます。例えば骨は通常ならカルシウムを主体とした成分で構成されますが彼女の場合、炭素繊維で構成された強靱で軽い骨でしょう。皮膚は宇宙服にも流用可能な強靱で柔軟な繊維に(とは言っても銃撃とか高度に鋭利な刃物には対応し切れませんが)。
筋組織は心筋のように疲れを知らずまた従来の数十倍は強靱に。また、五感は他の生物の遺伝子が組み込まれ人間の何万倍も鋭敏です。脳の方は柔軟な対応の出来るニューロンと正確で素早い計算が可能で忘れない新世代のコンピュータ(現実世界にあるコンピュータとは全く異質な)との組み合わせです。本来の血液は色々と都合が悪い部分があるのでほぼ全てSMMが代わりを勤めていると思われます。赤血球の様なエネルギーを運搬するものや白血球の様なウイルスなどの外敵を排除するもの等があります。細胞自体強靱に
出来ているので自然界のウイルスに冒されることはありませんが人為的に操作された強力なウイルスの為に用意されています。また、万が一にも傷ついた細胞が有り、自身の再生能力が追いつかない場合、SMMが素早く傷ついた細胞を分解し新たに構成し直します。個々の細胞は人間の細胞より強靱で寿命は長いですがやはり新陳代射は必要とし、日々分裂し取り替えられています。人間のような分裂の制限はなく基本的に老化はありえません。ただし、アンドロイド本人が望むなら老化を擬似的に作り出す事は可能ですしまた能力の低い幼児の様な若返りも可能です。
小説第一話でも触れられているように、作られた当初の目的が目的だったためか、女性型の方が割合的に多い

今や“外の世界”の実権を握っているとも言われている人造人間。元々人間の欲望のはけ口として作られたと言われ、初期型は稚拙な出来だったがヴァージョンを重ねるごとに完成度が高まり、人間そのものを脅かす存在となっていった。現在は「人権」も保障されている。ロボット?との決定的な違いはアンドロイドが独立した知性(を模したルーチン)を有してるのに対し、ロボット?の場合はあくまでも知性はオプションでしかない所であると言える。ちなみに応用型として犬などの動物型も存在する。



LIR補足


人工的に作られた生命。不都合な部分(例えば老化等)は色々と調整ができ融通が利く生命である。



関連項目