※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

そうびせってい


“裁き手”は任務をこなす前に使用する装備を“委員会”及び(まれではあるが)依頼主より指示される場合がある。その場合“裁き手”は指示された装備設定に基づいた装備を揃えて赴かなければならない。何故このような必要があるかというと任務の危険度に応じての推薦的意味合い、或いは現場の状況により過度の損壊を防ぐ為の措置、装備品が新作だった場合の実験的意味合いなどである。元々装備設定の必要があるのは特殊なケースである為、それが為された場合“裁き手”はそれなりの覚悟を必要とする。



LIR補足


装備設定をされると言うことは“裁き手”にとって枷を填められるのと同義であり、ほとんどの場合ネガティブな要素となり“裁き手”達にとって装備設定は不評。