学校のPC 個人IDと団体ID


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大体の学校には個人に与えられたIDと、それとは別の団体IDがあるはずです

北海道だけかも知れませんが共通して使える、いわゆる《ゲスト》的なIDが存在するはずです

 

共通IDというだけあって、1つのPCで何かしらのソフトをインストールすれば、tempを使うPCは何かしらのソフトがインストールされているという訳です

これを利用しない訳にはいきません。

 

 

という訳で無線LANと有線LANを両方使う学校だという設定でこれからの説明をごらんになってください。

 

 

まず、自分のPCを学校の無線LANに繋げます。※放課後に侵入してくださいw

そこからTeamViewerを起動させて置きます

 

生徒用PCで自分のIDでログインし、TeamViewerをインストールして、起動させておきます。

別のPCで共通IDでログインし、TeamViewerをインストールして、起動させておきます。

自分のスマホ、ipodなどでTeamViewerをインストールして、起動させておきます。

 

 

 

これで全ての準備が整いました

まず、自分のIDでログインしている生徒用PCで自分のPCを遠隔操作します

 

そして遠隔操作している生徒用PCで、tempでログインしているPCを支配下におきます

支配したら適当にシャットダウンさせましょうwww

 

ここからが本番ですよ

特定のIDを支配下に置きましょう誰でもいいです

支配下の置き方はTeamViewerをインストールするだけです

 

なぜ、特定のIDを支配下に置かなければならないのか?

答えは、バレても人のせいにするためです

 

特定のIDでログインした生徒用PCで自分のIDでログインした生徒用PCを支配下に置きます

 

最後に特定のIDでログインしたPCで自分のPCと自分のIDでログインした生徒用PCをシャットダウンさせます

最後に一言先生に向かって、『遠隔操作できるソフト開いていますッ!!』なんて言いましょう

そいつは二度とPCを使わせてもらえなくなるでしょう

 

しかし、失敗は厳禁です

ていうか、実行も厳禁です

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。