※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

873 : 名無し募集中。。。 :2010/02/06(土) 23:10:30.17 0
>>847
第341回

「ひょっとして怒ってる?」
「え?」
「私、今日初めて熊井ちゃんって呼んだから」
「そうだっけ?いや、別に怒ってないよ」
「でも、先輩でしょ?」
「なら、まず敬語でしょ」

そんなことを梨沙子が言うからプっとふき出してまった。

「そっか、確かにね。そっちのほうがいい?」
「いや、いいよ別に。」
「ごめん、私、中学もまともに行ってなくて先輩ってのが
いまいちわかんないんだよね」

梨沙子はそう言って、もう一回小さな声で「ごめんなさい」って言った。
気弱で病弱な子とばかり思っていたけどそうでもないみたいだ。
言うことはかなりハッキリしてるしハキハキしてる。
愛理と親友っていうのはなんだかあっさり納得できちゃう。

「みやとかももにもこんな感じなんだけど、ダメかな?」
「2人が何も言わないってことはそれでいいってことだよ。多分ね」
「そっか、よかった・・・・あ、そこ右に曲がったとこだよ」

梨沙子は少し先にある曲がり角をさした。
うん、知ってる。ここを曲がると愛理の家の門扉が見えるはずだ。

「じゃあ、ここで・・・」
「え、行っちゃうの?」
「いてほしいの?」

874 : 名無し募集中。。。 :2010/02/06(土) 23:11:12.18 0
>>873
第342回

「・・・いや、なんていうか・・・気まずい・・かなと」
「あ、そっか。わかったよ。もう、たこ焼き冷めちゃう」
「あとで好きなだけ買ってあげるから」
「ほんと!?いひぃ~♪じゃあ、付き合ってあげるもーん♪」

ちょっとそっけない感じだったくせに、買ってあげるなんて言うと
一気にテンションが上がって面白い。
全く変ていうか・・・なんていうか可愛い子だ。
みやが妹みたいと言うのもわかるような気がした。

梨沙子は躊躇することもなく(いや当たり前か)愛理の家のチャイムを押した。
うちは胸がドキドキしてくるのがわかる。
ちゃんと謝らないと、一方的なこと言ってごめんって言わなきゃ。
ちゃんと、ちゃんと・・・。

「はぁーい」と愛理の声が聞こえてきた。
「りーだもん。」
「あれ、りーちゃん?どうしたの?」
「話があるから出てきて欲しいのー」
「うん、わかった」

インターホン越しにそんな会話をしている2人。
愛理の返事があって、しばらくするとガチャリとドアは開いた。
緊張がMAXだ・・・うぅ、どうしよう・・・いや、どうしようじゃなくって・・・

「りーちゃん、話って・・・・・」
梨沙子に声をかけた愛理と目が合った。
やっぱり可愛いなぁ、愛理・・・いつもは制服姿しか知らないから部屋着の愛理は新鮮だ。
いやいや、そういうことじゃなくて・・・

875 : 名無し募集中。。。 :2010/02/06(土) 23:11:52.59 0
>>874
第343回

「こ、こんばんは・・・・愛理」
「・・・何してるんですか」
「愛理、熊井ちゃん愛理にお話があるって」
「・・・・・りーちゃんがなんで」
「つ、ついさっき会ったんだよ。駅で」

愛理が低い声で言うから、慌てて返事をした。
愛理は膨れた顔をして私の顔を見る。

「じゃあ、りーは愛理のお家の中にいるからー」
「え、ちょっと梨沙子」
「熊井ちゃん頑張ってー」
「りーちゃんちょっと!」

私と愛理の引きとめも虚しく、梨沙子は勝手に愛理の家に上がり込んでいった。
・・・愛理の家の前、私と愛理は2人きりになって向き合った。

「・・・愛理、今日はゴメン」
必死に、なんて言おうってずっと考えてたのに結局出てくるのは平凡な言葉。

「なんていうか・・・言いすぎたって反省してる。ももちにも、いろいろ怒られた。
確かに私は村上のことなんも知らなかった。噂とか評判だけで判断してたかもしれない。
・・・なのに近づいちゃだめ、なんて愛理の意思を無視したこと言って・・・
一方的に怒って、その・・・ごめん」

愛理は何も言わず、黙って聞いている。

「・・・多分妬いてたんだ。愛理とあいつが仲良くなるのが面白くなかったのかもしんない。
愛理のこと好き過ぎて、なんだかよく周りが見えてなかった。・・・・本当にゴメン。」

876 : 名無し募集中。。。 :2010/02/06(土) 23:12:38.13 0
>>875
第344回

「・・・許して、くれる?」

伺うようにそう聞いた。
愛理は何も言わず、じっと考え込むように唇をかんでいた。

「許して欲しいですか?」
「うん」
「じゃあ、抱きしめてキスしてください」
「え?」
「ん?」
「ここで?」
「じゃあどこで?」
「えっ・・・・」

この感じ、許してくれているはずなんだけど、でも、顔は相変わらずちょっと怖いし・・・
や、やっぱりしなきゃ・・・だめだよねぇ?
うわぁ、恥ずかしい。異常に恥ずかしい・・・。

だけど、

「んっ・・・・」

意を決して愛理を抱き寄せて、唇を奪った。
優しく、でもちょっと強引に。今まで、してこなかったようなキス。
柔らかいなぁ・・・。
唇が離れるときそんなことを考えていた。

「・・・・これからは、もう怒鳴ったりしないで下さい。」
唇が離れて目が合うと、愛理はそう言った。

877 : 名無し募集中。。。 :2010/02/06(土) 23:13:20.48 0
>>876
第345回

「うん、約束する。ごめん」
「えへへ・・・ちょっと見直しました」
「え?」

愛理はいつものようにふわっとした笑顔を見せてくれた。
緊張でガチガチだった胸がやんわりと解けていくような感触・・・。

「今日、舞美ちゃんに泣きついたんです」
「え?」
「舞美ちゃん包容力あって優しくて、大人だなぁって思いました。
逆に、先輩は子供っぽいって思いました」
「・・・・・・」
「でも、今先輩に抱きしめられて思ったんです。子どもっぽいなんて、そんなことないって。
そんなこと考えた私のほうが子どもっぽいです・・・やっぱり私の居場所はここだなぁって思います」
「・・・そんなこと言われると、嬉しい。でも、舞美ちゃんには妬く」
「ごめんなさい・・・舞美ちゃんに、また好きになっちゃうよとか」
「言われたの?」
「はい・・・」
「愛理は気が多いなぁ~」
って笑うと、

「でも、そのたびに妬いてくれますよね」
なんて可愛いこと言うから、「当たり前じゃん」って言ってまた抱きしめてあげた。

仲直りできてよかった・・・ほっとした。やっぱり私はこの子が好きでこの子がいなきゃだめなんだ。
愛理もそう思っていてくれたら嬉しい。いや、そう信じてる。

その帰り、梨沙子と愛理と一緒に駅前のたこ焼き屋へ行った。
・・・・5皿も買わされた・・・・。・・・梨沙子って、病弱の設定は?・・・と口に出すのは止めておいた。


937 : 名無し募集中。。。 投稿日:2010/02/10(水) 23:15:57.84 0
>>877
第346回

部員を集める期限まで、今日を入れて2日間。
土曜日、学校は休みだけど集まって生徒会に報告しなきゃいけないらしい。
熊井ちゃんが教えてくれた。

だから、私は部員候補の元へ向かっていた。
こうなったらもう時間がない。さっさと、自分の気持ちを認めてもらわないと。
昨日一緒に帰るところは見たし、関係は良好になっているような気はするんだけどな・・・。

「佐紀ちゃん、おはよ。」
「・・・なんだ、茉麻」
「なんだ、じゃなくて」
「おはよ、なんか用?」

玄関から出てきた佐紀ちゃんに声をかける。相変わらず、冷たい。

「あのさ、ホント時間ないの。」
「はぁ?」
「文芸部。入るでしょ?もういいよね?もも先輩に報告でいい?」
「い、いや意味わかんないし。時間ないとか知らないから。ていうか、私はあんたらの敵」
「敵とかどうでもいいの。いいでしょ、もう」
「は、入るわけないじゃん!」
「たこ焼き」
「へ?」
「食べたんでしょ、もも先輩と。見たよ。」
「そ、それはその、嗣永が無理やり・・・」
「でも食べたんでしょ?」
「・・・食べた、けど」

よし、ここが押しどころ。一気に攻める!

938 : 名無し募集中。。。 投稿日:2010/02/10(水) 23:16:40.72 0
>>937
第347回

「じゃあ、もう入部でいいでしょ」
「いやいや、なんでそうなるの」

佐紀ちゃんが学校へ向かって歩き出す。私はその横に張り付いていく。

「もも先輩のこと気になってんでしょ?好きなんでしょ?見てればわかるから」
「・・・もしそうだとしても、入部の理由にはならない」

お・・・おぉ!!??
さ、佐紀ちゃんが・・・・認めたぁぁ!?
ちょ、ちょっと顔赤いんですけど・・・・す、素直なのかね?これは?

…照れっぷりが逆に怖い。いや口に出すと怒られるから言わないけど・・・。

「な、なるよ!好きな人困ってんなら助けなきゃ!アピールだよ、アピール!」
「・・・・ふぅー」
佐紀ちゃんは深い溜息をついた。

「あいつにとって私がどういう存在か、私が一番わかってる。下手に私から近づくのはアピールじゃない。
自分から嫌われようとしてるようなものなの。だから、入部はしない。ごめん・・・
…なんて、私なに言ってんだろう・・・・バッカみたい」

佐紀ちゃんはそう言ったきり黙ってしまって、下を向いた。
押さなきゃ、言葉を続けなきゃと思うけどなんて言えばいいか・・・どうしよう、どうしたら。

「佐紀ちゃん、・・・いい顔してる。なんで、認めたの。意地はってたくせに」
「なんでかな・・・わからない、でも、その方が楽だから、かなぁ」

佐紀ちゃんは顔を上げて、ちょっとだけ笑った。

939 : 名無し募集中。。。 投稿日:2010/02/10(水) 23:18:11.70 0
>>938
第348回

「じゃ、じゃあさ!そこ素直に認めるならさ、もも先輩に謝ろ!」
「何を?」
「昔のこと!」
「・・・そんなことしても意味ない」
「そんなことないよ、もも先輩は理由を知りたがってる、なんであんなことされたのか。
それを知りたがってる。言ってあげればいいじゃん、そうしよう?」

佐紀ちゃんは明らかに嫌がってる。怖いのも不安もいろんなことが顔に出てる。
勇気がいるかもしれない、でも、認めることに成功した佐紀ちゃんにならできる・・・はずだと思うんだ。

「・・・いや、絶対にいや」
「佐紀ちゃん!」
「できない」
「なんで!?」
「あいつ、私のこと嫌いなんだよ。ニコニコ近づいてくることもあるかもしれないけど、
でも嫌いなんだよ。そんな理由を知ったくらいじゃ許してくれない。なら言わない」
「・・・許して欲しいの?」
「わからない」
「なんで?何を怖がってるの?」
「・・・・これもう以上、嫌われたくないんだよ!そりゃ理由を言えばいいのかもしれない、わかってるよ!
あいつ知りたいって言ってたし。私また泣かせちゃったし。
でも、でも、・・・今のままでもいいじゃん!私は別にそれでいい!茉麻は何なの!?
何がしたいの!?私に文芸部に入って欲しいの、それだけ!?」
「佐紀ちゃん・・・・」

佐紀ちゃんは私に怒った。でも、泣いてた。佐紀ちゃんだって苦しいんだ。
それでいい、なんてホントは思ってないことくらいわかるよ。泣いてりゃ、事実じゃないことくらいすぐにわかっちゃうよ。
なに強がってるのさ。好きなら、素直になろうよ。
文芸部も大切、でも、一番は佐紀ちゃんに素直になって欲しい。・・・ただ、それだけだよ。


9 : 名無し募集中。。。 投稿日:2010/02/14(日) 14:03:35.48 0
第349回

「んっー!!」

あぁ、緊張するなぁ。学校来るの2年ぶりだ。
病院って退屈なところだよねぇ。
梨沙子ちゃんが退院してからもっと退屈だった。
だから、退院の知らせはすっごく嬉しくて。
本当はしばらく家にいろとか言われたけど、でも、早く行きたい。
もうすぐ学校は、テストらしくてちょっとだけピリピリしてるから
終わってからの方がいいぞーなんて担任の先生は言ってた。
でも、我慢できないじゃん。誰かと、誰とでもいいからいっぱいお喋りしたいんだよっ。
それに、会いたい人もいるから。

と、いうわけで今日登校してきたわけです。
本当は3年生なんだけど、当然テストも受けてないし進級してないから
1年生なんだよね。そこちょっとあれだけど、梨沙子ちゃんも1年生だし
まぁ、そこは結果オーライだよね?
先生に聞いたら梨沙子ちゃんと同じクラスだって、聞いてテンション上がっちゃったもん。

「おーい、入っていいぞー」

なんて、転校生みたいに紹介されて私は教室へと入った。
あ、もちろん梨沙子ちゃんには内緒だよ?だって驚く方が楽しいでしょ?

「え、ま、真野ちゃん!!!?」

と、梨沙子ちゃんは早速反応してくれて、楽しい。
変わらないなぁ。当たり前か、ほんのちょっと会ってないだけだもんね。

「転校生、じゃなくて、しばらく休んでた真野だ。ほら、挨拶しろ」
「真野恵里菜です、18歳なんですけど、1年生です。よろしくです」

10 : 名無し募集中。。。 投稿日:2010/02/14(日) 14:05:12.61 0
第350回

ペコリと頭を下げるとみんなが拍手してくれた。
うん、素直な子たちだ。やっぱりこう、見てみると私よりはちょっと幼い感じがする。
…・年食ったなぁ。と軽く凹む。

そんなこんなで、すぐに授業は始まった。先生の言ってることはなんとなくわかるけど
でも、別にテストなんて眼中にないし、と私の斜め前に座ってる梨沙子ちゃんの顔を見てた。
相変わらず綺麗な子、可愛い子。頬に赤みが差してて病院にいた頃より可愛い。

そして、授業が終わると梨沙子ちゃんはすぐに私のほうへ寄ってきた。

「なんでいるの!」
「うーん、退院したから」
「で、でも!聞いてないし!」
「言ってないもん、だめ?」
「そ、そんなことないけど・・・ビックリしたから。同じクラスなんて知らなかった」
「私も、昨日聞いたよ。嬉しい、梨沙子ちゃんと一緒で」
「・・・りーちゃん?お友達?」

と、梨沙子ちゃんの後ろにやってきたのはこれまた可愛らしい女の子。

「うん、病院でずっと隣の病室だったの。」
「そうなんだ、あ、私鈴木愛理です。愛理って呼んでください。
…なんか、でも、病院で会ったような気もします。」
「そうだっけ・・・?まぁ、愛理ちゃん、よろしく。年上だけど、敬語とかいいから、気にしないで」
「はい、、、、いや、うん、わかった」

愛理ちゃんは言い直してニコっと笑ってくれた。うん、可愛い子だ。
私は愛理ちゃんやクラスメイトといろいろ話をした。
想像してたより楽しくて、やっぱり賑やかな方が好きだなぁと思った。
病院は退屈なとこだから。