※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

606 : 名無し募集中。。。 :2009/10/06(火) 23:50:28.86 0
>>605
第222回


今日も、放課後にはえりを誘って屋上へ繰り出していた。
私が勧誘するってわかってるのに、来てくれるのは・・・
・・・・やっぱりえりが私のことを好きだからなのかな・・・・。


「舞美」
「ん?」
「勧誘の最終日になって人が足りなかったら入ってもいいよ」
「ほ、ほんと?えりそれほんと!?」
「うん、でも、」
「でも?」
「条件として、私とデートしてよ」


えりはそう言って、可愛らしく微笑んだ。



607 : 名無し募集中。。。 :2009/10/06(火) 23:51:30.01 0
>>606
第223回


「え?」
「いやなの?」
「い、いやなことはないけど・・・でも」
「いやなんじゃん」
「あの、生徒会長とか友達なんでしょ?いいの?ももだっているよ?」
「なんだそんなこと」


私が勧誘しながらもずっと心配だったことを言うと、
えりはつまらないっていう顔をして口を尖らせた。


「ま、そういうことは入ったら考える。そう決めたんだよね。
それに入るって決まったわけでもないしさ。入部が決まったら、でいいし」
「どういう心境の変化?」
「ん~・・・・内緒」
「なにそれ」
「まぁ、いいじゃん。それでいい?」
「・・・うん。わかった。」
「よし、契約成立ってことでカンパーイ」


えりは紙パックの紅茶を持ち上げて、私のペットボトルにくっつけた。
えらく、上機嫌である。
どうしたんだろう?えりには悪いけどちょっと心配になるほど。


何か裏があるような・・・いやでも・・・疑っちゃ申し訳ないしなぁ。
と、部員を増やせたのに、なのにどこか釈然としない気持ちの私は素直に喜べなかった。


それでも上機嫌なえりはそんな私には気付かずに、赤く染まり始めた空を見上げていた。