※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

闇 / やみ
5つある属性?のひとつ。

メリットと引き換えにデメリットを持つカードが多い。プレイヤー?HP?を要求するカードの数がひときわ目を引く。

クリーチャーに作用する呪文?が多く、ほとんどが除去単体?から複数、全体?まで幅広い。
ほとんどの呪文が、クリーチャーをHPに関係なく除去できる。その代わり、属性?耐性?、使用できるタイミングなどに制限があり、1種類のカードであらゆる状況に対応することは出来ない。デッキや戦術に応じて、適切なカードを選択する必要がある。
クリーチャーのAtk?/HPを強化するカードも多い。とは違い永続的に効果のあるカードがほとんど。

クリーチャー以外では、手札?墓地?ゾーン?を扱うことに長ける。

手札は主に手札破壊?を行う。相手の手札にある脅威を、詠唱?すらさせずに墓地へと送り込んでしまう。非常に妨害効果が高く、コンボ?や特定のキーカード?に頼ったデッキに強い。

墓地からは、主にクリーチャーの再利用を行う。
墓地から手札へ、もしくはそのまま場?へクリーチャーを移動させる。特に直接場に出す場合、本来のコスト?を踏み倒して出せるので、普通ではありえないタイミングで強力なクリーチャーを使うことが可能。

しかし、カードごとのデメリットの多さは、そのまま弱点の多さにもつながる。下手をすると、一方的に攻めているつもりでもダメージレース?で負けている、という事態もしばしば。
クリーチャーのHP全体的に低め。軽い?呪文一発で除去されてしまうことも少なくなく、デメリットと相まってリスクが高い。
手札から直接捨てさせない限り、ランドスペルに対してもほぼ無力。

基本的な属性ごとの強弱設定はされていないが、伝統的にに強くに弱い。

属性の役割

  • クリーチャー除去
  • 手札破壊
  • 墓地再利用
  • デメリット持ちカード

クリーチャーの特徴・付与特性


関連リンク