※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

昭和60年代までの車
昭和60年代までの車を資料として残して置きたいと思い立ち上げました。
このスタイルを見ていると 昔の思い出が甦ります。されど「老兵は消え行くのみ」それは車とて同じ事それが心残りでもあり 残念です。スカG初めセリカLBやGTO等懐かしき存在です。
此処には60年代までの車種掲載

幻の名車 トヨタ・2000GT

トヨタ・2000GTは、ヤマハ発動機が開発及び生産、トヨタ自動車が販売した1967年から1970年までハンドメイド生産した高級自動車である。
2000GTは、1967年5月から1970年8月までの3年3ヶ月で337台が生産された。

生産終了後、希少価値もあり、2000GTの存在は日本国内外で後年まで伝説的に語られるようになった。熱心な愛好者によるクラブも日本国内外に存在する。日本車における絶版車の人気車種として筆頭に上げられる車種の一つになり、中古車市場では多くの場合プレミア価格が付いて、良好な状態の2000GTは1,000万円を下らない価格で取引される事も多い。また近年では、新車時に日本国外に輸出された2000GTを日本に逆輸入する例も多数生じている。

日産の名車・スカイラインGT-R

スカイラインの中でも特別な存在。その歴史を紐解けば分かるように、乗用車ベースでありながらレースで勝つことを使命としている。国産最強最速の名を欲しいままにし、他の国産スポーツカーにも影響を与えるほどの車である。それゆえに熱狂的なファンが多い。エンジンの構造等にもエンジニアのこだわりがある。そのため、GT-Rを冠することの出来ない世代もあり、それがGT-Rの存在そのものに箔をつけている。スカイラインの中のスカイラインとでも言えよう。

マツダの名車・コスモスポーツ

コスモスポーツとは、昭和42年(1967年)に東洋工業が製造した世界初の実用・量産ロータリーエンジンを搭載した2シーター・クーペである。世界初の2ローター搭載車でもある。

マツダ・コスモスポーツは世界初の実用ロータリーエンジン搭載車というべきであり、またマツダは世界で初めてロータリーエンジンの実用化に成功したメーカーということができる。またヴァンケルスパイダーは1ローターであったため、コスモスポーツは世界初の2ローター搭載車でもある。

昭和47年(1972年)までに前期型(L10A)が343台、後期型(L10B)1176台が生産されて絶版となったが、後進のロータリーエンジン搭載車の礎となった、まさに記念すべきモデルである。
Wikipediaより

このWikiに載せている画像、文章等の著作権はそれぞれの著作権者に帰属します。当Wikiに載せている画像、文章等はあくまでデーターベース資料目的の引用であり、著作権・複製権その他権利を侵害するものではありません。
もし、添付写真に著作権上、問題等を生じる場合は、大変御手数ですが、下記コメント欄より御一報を頂けますと幸いです。何卒宜しく御願い申し上げます。直ちに削除致します。 敬具
  
添付ファイル