アル国四天王

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

アル国四天王とは、アルファにおける蜉蝣時代アル国に存在した将軍職である。
ただし、先祖の勇名により生まれ、その後本人の資質に関係ない「世襲制」で受けついだ名前だったため、ロードレア四天王に比べると数段劣る。

主要メンバー

ザグルス レディナス メネシス フェルド

ベルザフィリス国のディアルが病死した直後に、国主ルドリアの召集により四人が久しぶりに一堂に会す。主力部隊を集結させて、ベルザフィリス国に進軍したルドリアだったが、ルーディアの伏兵作戦によって国主であるルドリアが戦死する。
この直後、自分にチャンスが来たと悟ったザグルスは本国に帰還し、政変を起こして権力を手に入れる。これに怒ったメネシスフェルドだったが、ザグルスによって斬られる。

レディナスは、ザグルスとの摩擦を避けて辺境へ篭るが、後にベルザフィリス国に追い詰められたル・ヴァラヴァ・ザードの戦いで戦線に復帰、国に殉じて戦死。この戦いでザグルスも討ち取られた。

関連項目