レディナス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

アル国四天王の一人、主に南方に配置され、ベルザフィリス国が建国されてからは、国境をめぐって戦い続けていた。
しかし、智謀に関してはディアルに及ばず、ベヌロゥズの山賊隊の奇襲により城を奪われ撤退。(記録には残っていないが、おそらくメヌズロゥ城のことだと思われる)この時、国主ルドリアはレディナスに処刑を命じるが、ザグルスがこれを諌めた。その為、ザグルスに借りができてしまい、逆らうことができず、ルドリアの南征後に起きたザグルスの国主簒奪にも、あえて反抗はしなかった。

その後、ザグルスとの摩擦を避けるように辺境の小城へ自ら移動する。
ここでは、アル国の治安悪化により、好き勝手に暴れていた盗賊団を手勢を率いて壊滅させたため、民衆の間では英雄として扱われていた。

しかし、ル・ヴァラヴァ・ザードの戦い(697)に参陣するように命じられたレディナスは、すでに勝ち目はないと判っていながらもこれに従って出陣、デイロードヴィルガスの猛攻をよく食い止めるも、戦局は決し部隊は壊滅、レディナスも戦死する。
戦後、彼女の話を聞きつけたルーディアによって忠魂碑が建てられた。

関連項目