グルディア

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

ゾリメック国将軍。
武勇の誉れが高く、19才にして国内の武術大会で優勝し、国主サリーアから国に伝わる宝剣エルライザーを授かり、親衛隊長に任命され、サリーア護衛のためその側を離れずに常につきそう。

686年、アゾル国の暗殺者からサリーアを守るが、この暗殺者は実際はゲーリー国の手の者であり、両国の間を裂こうとするリディアニーグの姦計であった。これにはまったグルディアは、サリーアが命を奪われそうになったことに激怒し、策とも知らずゲーリー国と共にアゾル国へと攻め込む。
自らも部隊を率いて出陣し、全ての戦いはサリーアの為と豪語してアゾル国領土を蹂躙し、滅亡にまで追い込むが、その後ロードレア国の将軍となったラディアによってネモリアの戦いが勃発、ラディアに挑むが、敵討ちに燃える彼女の前に返り討ちにあった。

人物


関連項目