六界

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

六界とは、六界戦争の舞台となった、アルファルーイガルドザールックレイトンラドリザンガーマスの総称である。
帝王ラスブロスが、独自の研究により発見した転移ゲートによって行き来を可能とした。
しかし、そのことは長きに渡って伏せられ、ラスブロスと一部の側近しか知らされていなかった。
ラスブロスは、六界を支配するつもりはなく、あくまでも歴史を見守る者として、水面に小石を投げ込むつもりで、自らの腹心を他の星へ派遣、その推移を見守っていたが、ザールックにおいて六界の存在を知られてしまい、そこから六界連合軍が結成され、逆にルーイガルドへの侵攻を許してしまい、六界戦争は終焉を迎える。

起源

六界は、異なる歴史を歩んできたにも関わらず、同じ言語を使用し、エルフ翼在りし者といった少数民族すら共通している。
その為、「元は1つの世界だったのが6つに別れた」、「1つの世界にしかいなかった人が残り5つの世界に何らかの方法で移民した」、等の説が出ているが、いまだに謎は明らかにされていない。