ゴル

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

アゾル国主。
善政を敷き、ラディアリヴァといった名将、そして民衆に慕われていた。
蜉蝣時代以前から、既に各国は国境付近で小競り合いや不穏な空気が渦巻いていたが、アゾル国においては、隣国ロードレア国、ゾリメック国との間に外交問題もなく、レイディックとの親交も深かった。

バルディゴス討伐連合軍(684)が結成されると、偽帝を討つためこれに参加し、盟主ボルゾックを補佐する参謀に推薦される。
ドルリア砦の戦いでは、ラディアを派遣して窮地に立たされていたイージル国軍を救援するも、決戦となったルーズの戦いでは、カルディスの猛攻を受け、主力の精鋭騎馬部隊を失う。
その為、連合解散後は兵役の任を解き、兵士の多くを本来の農民に戻した。
更に税率を下げ、国力の回復に専念。彼の人柄も重なって民衆の支持は更に増加していく。

しかし、世の中は彼の望む姿とは全く違う、群雄割拠の戦国乱世を迎える。
自らは、このまま治世に務めるつもりであったが、時代の流れがそれを許さず、ゲーリー国、そしてリディアニーグの策略に乗せられたゾリメック国の連合軍に攻め込まれ、否応なく再び戦場に立つこととなる。
先述の通り主力の騎馬隊をなくしてはいたものの、兵士、民衆は一丸となって団結、志願兵が後を絶たず、士気は高まる一方となり、一度はゲーリー国をも撃退するものの、兵力の差もあり徐々に追いつめられ、アゾル城の戦い(686)に敗れると、燃え落ちる城と運命を共にした。

彼の意志は、ラディアに託され、その精神はロードレア国が受け継ぐ形となる。

関連項目