デイロード

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

ラゴベザスの幼なじみ、村を襲ってきた山賊と戦う為、ラゴベザスと共に砦を築いて抵抗を続けていた。そこを、エィディスの戦い(692)に勝利して凱旋の為行軍中のルーディアが通りかかり、山賊を蹴散らす。
しかし、デイロードは早とちりの誤認からヴィルガスに喧嘩を売る。ここで猛将ヴィルガスを相手に全くの互角の戦いぶりを見せ、ルーディアによってラゴベザスと一緒にベルザフィリス国の将軍として招かる。

後にベルザフィリス国五舞将の一人となり、リッヅの戦い(695)では、ディルセアの策によって勝利、以後もラゴベザスと共にベルザフィリス国の大きな戦いにはほとんど出陣している。
決して自ら機転を利かせる事のできる将ではなかったが、その猪突は多少の小細工をものともしない破壊力があった為、ルーディア、ディルセア共に彼の突撃力を高く評価していた。

ディースの戦い(701)ではロードレア国のバイアラスと戦い、その敵ながら見事な采配にラゴベザスと共に感嘆する。

ルーディア引退によってガイヴェルドが国主となるが、彼はルーディアだから従っていたが、ガイヴェルドには従えないと、シレンと共に反乱、「血の16日間」を引き起こす。
シレンがこの反乱を自分を高く売りつけるデモンストレーションとして位置付けていたのに対して、デイロードは個人的な感情のみで加担し、その後の事は一切考えていなかった。

反乱軍は、討伐隊の総攻撃を受け、最後は討伐隊を指揮した幼なじみラゴベザスの槍によって落命する。

人物

  • 血の16日間における決戦前夜に、ラゴベザスが敵陣にも関わらず単身彼の元を訪れ、親友として最期の杯を交わした。このときラゴベザスはデイロードに降伏を促す様な事は一切口にしなかった。幼馴染みである彼には、今更デイロードが考えを改める筈がないと理解し、ここで下手に勧告することは寧ろ彼の名誉を傷つけると思った為である。この前夜の別れ酒は、後に物語上で創作された話と思われがちだが、正史として記録が残っている。

関連項目