ラゴベザス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

出身を問わずに才能で人材を集める、これは蜉蝣時代の強国は必ず行っている人材法だが、ベルザフィリス国は、国自体が無から生まれた事もあり、徹底した実力主義だった。
それだけに、山賊出身、漁師出身などの将軍も数多くいたが、彼は農民出身である。
盗賊の侵略で村は壊滅し、ラゴベザスは幼なじみのデイロードと共に山へこもって、女子供老人しか残っていないこの一団をよくまとめて盗賊を食い止めた。
その時エィディスの戦い(692)で勝利を収めて帰還中のルーディアに出逢い、盗賊を共に壊滅させて、その腕を買われてデイロードと共に将軍となる。

その後、一騎打ちでバルド国の将軍を打ち破り武勇が本物であることを見せると、リッヅの戦い(695)では、寡兵を大兵に見せて敵を惑わせたりと次々と勲功を重ね、ベルザフィリス五舞将の一人となる。

ディースの戦い(701)では、バイアラスと戦い、敵ながらその見事な戦いぶりに惚れて、帰還中のバイアラスに使者を送って酒を渡している。
ルーディア引退から始まった「血の16日間」では、反乱を起こした幼なじみデイロードと対陣、決戦前夜に単身デイロード陣を訪れ、最期の杯を交わし、翌日の決戦でデイロードを討つと、その遺児を引き取り自分の子として育てた。
その後もベルザフィリス国の最前線で戦うが、天下統一後、ガイヴェルドの豹変を察知すると、デイロードの子と一族を引き連れて引退、故郷で静かな余生を送った。

人物


関連項目