シレン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

アル国将軍、戦闘においては天才的な才能をもっていたが、行く先々の現場で上官と問題を起こし、シャリアル国、ロッド国、バルド国国境へと次々と転属、一ヶ所に留まることの無かったことから同僚から「流れ者将軍」と噂されていた。
シレン自身、アル国に何の未練も関心もなく、同僚に対してなんら感情を持つこともなく、ただ与えられた作戦をやり遂げるだけだった。
しかし、693年にベルザフィリス国境でガイヴェルドと壮絶な一騎打ちを繰り広げると、初めて己の居所を見つけたのか、ガイヴェルドの呼びかけにあっさりと応じて投降。以後はベルザフィリス将軍となる。
ルーディアは彼を高く評価して、五舞将の一人として任命。新参の、しかも敵国から寝返ったばかりの者に対してあまりにも寛大な評価であったが、シレンはすぐさま戦場でルーディアの期待に応え、諸将は彼女の炯眼に誤りはなかったことを知らされることとなる。

ル・ヴァラヴァ・ザードの戦い(697)では、故郷アル国を滅ぼす戦いになる事から、ルーディアはシレンを後方待機にするよう配慮した。しかし、シレンは「手柄の機会を失うつもりはない」と、進んで最前線に出て、かつての同僚も自らの故郷さえも残さず灰燼とする戦いぶりを見せた。

後に五舞将の間に僅かな亀裂が生じ、シレン、デイロードの好戦派、ガイヴェルドヴィルガスの忠義派、そしてどちらとも親交の取れたラゴベザスの中和といった図式が出来上がるが、この亀裂は、ルーディア引退に端を発した「血の16日間」で、現実のものとなる。
シレン、デイロードは、独眼竜ルーディアにならついていくが、昨日までの同輩ガイヴェルドを今日から主と仰ぐことなどできないと、反乱を起こす。
シレンは、この反乱である程度の戦果を挙げた後は、ロードレア国なりロー・レアルス国なり、自分を高く評価するところへ投降するつもりだったが、レニィララゴベザスが、彼の想像を遥かに上回る疾風の行軍によって反乱軍を包囲、シレンは混戦の中、額に矢を受けて戦死した。

関連項目