ヴィルガス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

シーザルス国将軍として、バルディゴス討伐連合軍(684)に参加。ディアルが砦を占領するまで猛将ゼノスをひきつけるという大役を見事に果たす。
その後、アニスの戦いディアルルーディア両名が行方不明となると、空席となったシーザルス国主の地位についたオルリアを補佐する。
しかし、ディアルたちが放浪の末にベルザフィリス国を建国したと聞くと、自分の忠誠の対象は彼しかないと、一族を連れて危険な山越え・国越えを決行、ベルザフィリス国へと向かう。

彼がベルザフィリス国にたどり着いた時、既にディアルは病死していたが、その志を継いだルーディアに忠誠を誓い、新たな将軍位「五舞将」に任命される。
その後、戦場での勲功は枚挙にいとまがなく、エィディスの戦いル・ヴァラヴァ・ザードの戦いといった、ベルザフィリス国の国運をかけた戦いには必ず出陣し、期待に応えた。
ディースの戦い(701)ではバイアラスと激しい戦闘を繰り広げ、「血の16日間」後の新たな体制では東伐総指揮官に任命され、707年ロッド国遠征においては、本来の担当地域でない戦いにも関わらず召集される。
天下分け目のヴァイグの戦い(710)では、すでに老人というべき年齢にも関わらず、衰えを見せない武勇で、ガイアスバグゼス二隊を敗走させる活躍を見せた。

ルディックの陣(711)をもって乱世が終決すると、以後は新領地の統治に務めるが、ガイヴェルドによるルーディア暗殺を知ると、レニィラと共にガイヴェルド失脚を謀るが、寸前で発覚してしまい、一族もろとも処刑された。

人物

  • 彼とオルリアの関係がどうなっていたのかは記録がなく、両者の間に確執があって亡命同然にベルザフィリス国へ向かったという説と、了承を得て向かったという二つの説がある。なお、国外へ向かった彼ら一族に対して、オルリアが追撃を派遣したという記録は、現時点では発見されていない。

関連項目