ドゥバ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

ルディック国将軍、ゾイの副将を努めていた。
バルディゴス討伐連合軍(684)を迎え撃ったときは、ゾイから別働隊を託され、集結のため行軍中のゾリメック国に奇襲を仕掛けてナッシュを敗走させている。
その後、カルディスによってロー・レアルス国が建国されると、ゾイと共にカルディスの元に馳せ参じる。

レザベリアスの戦い(692)では、伏兵の可能性を考え、先発したゾイに注意を促そうと向かうが、僅かに間に合わずゾイは伏兵によって戦死、ドゥバは後任として部隊長に任命される。
副将としても優秀だったが、彼の本来の才覚が頭角を表すのはこの頃からであり、与えられた任務を忠実にこなしつつ、現場の判断と指揮にも優れていた為、国境の危険地帯を中心に、情勢に合わせて各地を転戦した。
ロードレア国軍がシャリアル国へ向かっていた際には、リューグ国のキルレイツと共に手薄となったロードレア国境強襲を発案して実現させる。
この戦い自体は、キルレイツとの作戦の食い違いから連合軍が瓦解し、戦果をあげることなくすぐに引き上げるものの、ロードレア国軍を帰国させるという当初の目的は十分に果たす。
この時軍議でキルレイツと口論となった二人は、抜刀して数太刀斬り合うが、その腕は互角であり、周囲の将軍に諫められてかろうじてその場は納まったという。

ヴェリアの大遠征迎撃では、ひたすら守りを固めて相手を疲労させるという精神をすり減らせる任務を成し遂げ、705年のメファイザスの逆遠征にも主力部隊として参加している。
メファイザス死後は、混乱するロー・レアルス国をよくまとめ、ロー・レアルス将星将軍となり、ベルザウスルー達と共同会議によって国の方針を決定するという共和制度の原形を発案して国をまとめるが、711年ルディックの陣で、燃え盛るルディック城と運命を共にした。

関連項目