カルディス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

バルディゴスに殺害された兄ロールソレアの仇を討つため、正体を隠して仕官し、その天才的なまでの軍才で軍師としてバルディゴスに接近する。
バルディゴス討伐連合軍(684)との戦いでは、ルーズの戦いにおいて最前線で自ら剣を振るい、生涯の宿敵となるレイディックラディアと戦場で出会い戦う。
そして、この戦いの最中に本性を現し、陣中でバルディゴスを討つと、単身ボルゾックに会見を申し込んだ。
当初はこの暗殺を、「目先の褒美欲しさに実行した小賢しい背信行為」として罵ろうとしたボルゾックだったが、カルディスが見せた書状により顔面蒼白となる。
それは、自分しか持っていないと思っていた「ロールソレアの密書」であった。ボルゾックは、連合軍結成に使用した名文が、他者から奪ったものだとは言えず、事実を黙ってもらう代わりに「兄であるロールソレア様の仇を討つ為、危険を承知で敵軍に潜入した、なんという美談」と、諸将にカルディスの戦果を説明しなければならなかった。

その後、カルディスは戦後処理の混乱に乗じて、「ルディック国内での反乱を防ぐため、自分に同調する者を集めて勢力をつくりたい」と提案、戦後処理に謀殺されていたボルゾックは、適当な相槌でそれを承認した。
すると、カルディスは急ぎ本国に戻り、ゼノスゾイといったあらかじめ用意していた人材を一斉蜂起させ、あっという間にロー・レアルス国を作り上げてしまった。この建国劇はあまりにも用意周到で迅速だったため、かなり以前から根回しがされていたと思われる。
すなわち、カルディスにとってこの建国こそが目的であり、兄の仇をとることは己の野望を達成させるためのついでにすぎなかった。

新興国でありながら、周辺の国と鎬を削り、687年には偽帝討伐連合軍に参加してレイディックと共に戦うが、この戦いでゲーリー国を滅亡させたことによりロードレア国と国境は接触、その後ゼイレアンの戦い(690)でレイディックと初めて国主として戦い、以後幾度となく戦火を交えることとなる。
その間にもルディック国のテレサ軍をソルドレイカの戦い(691)完膚無きまでに叩き、ルディック国を急激に衰退させると、その隙を伺っていた後方のリューグ国軍キルレイツ隊を敗走させる。

ヴァーグリア国に敗れたリファードの戦いを除いては、負け戦を知らなかったが、レザベリアスの戦い(692)において、ヴェリアの策、そして国主の座を狙う為密かにカルディスの死を望んでいた軍師メファイザスの策により、戦場深くにまで誘い出されて突然の戦死を遂げた。
偶然の一致とはいえ、蜉蝣時代三大軍師のうち二人がかりで挑んでようやく倒せたという形になった。彼が蜉蝣時代の序盤において歴史に与えた影響は大きく、まさに炎の様に燃え盛った激しい生き様から、炎の化身と謳われた。

人物

  • 乱世の炎を身に纏い全てを焼き尽くして新たな秩序を作るような戦人だったと称されるが、時々見せる人間らしい表情が人々の心をつかみ、レイディックルーディアとはまた違った魅力で配下の将、民をひきつけた。

生存説

瀕死の状態でレザベリアスの戦いから生還したという説は当時から存在していたが、主に流布されている話としては、この土地に住んでいた娘に救われ、山小屋で治療を受けていた、彼が目を覚ましたとき、既にメファイザスの政変が行われていたが、それまで燃え続けていた炎が燃え尽きたせいか、目をさましたカルディスから一切の野望は消えてしまい、歴史の表舞台に立つことを避け、アルディアの従者になった。その際、彼女についてロードレア国を訪問したこともあり、レイディックと会話を交わす。この時、相手の正体に気付いていながらも、アルディアの「あくまでも私の従者です」という言葉から、レイディックラディアはそれ以上何も問わなかった。
この話は、アルディア本人が書き残したものには一切記されていないが、世捨て人になったカルディスが「自分のことは記録に残さないでくれ」と依頼したためだという。

また、ベルザフィリス国の内政官にフレアという変わり者の男がいたが、彼が仕官する際、ガイヴェルドは「お前は何ができる」と聞くが、その男はフードを外さず、不敵な笑みを浮かべ「ただ、治世のみ」と答えた。その無礼さに怒ったガイヴェルドがフレアに詰め寄るが、フードの下から見えた男の鋭い眼光に動けなくなる、フレアは小さな声で「母上(ルーディア)の頼みで力を貸しに来た、ただし、治世のみだがな」と言い残して地方都市へ向かい、そこで内政を担当したという。
これが、アルディアの元から独り立ちしたカルディスだという話もあるが、全ては伝説の域であり、それが真実かどうかは定かではない。

関連項目