エルド


基本情報


略歴

もとはルディック国の将であったが、カルディスバルディゴスを討ち、ロー・レアルス国を建国すると、すぐさまこれに同調する。
統治者としての能力は低く、強者に媚びる性格だった為、カルディスは彼を好まなかったが、急速に領土が広がるロー・レアルス国は人材が追いつかず、国境と接していない後方のガイア城の城主として派遣された。
しかし、カルディスの目が届かないことをいいことに、好き勝手に振る舞った。
ある日狩りに行ったエルドは、獲物がいないことに怒ると、従者を獲物として狩り場を追いかけ回して射殺し、また配下の将に美しい娘がいると知ると、その将に反乱罪の濡れ衣を着せて処刑、娘を手に入れたりと、その暴挙は枚挙にいとまがなかった。
これらの暴挙をカルディスに伝えようとした者もいたが、密告を推奨したためそれらは捕らえられ、本国に届くことはなく消された。更に手柄欲しさの冤罪事件も数多く発生したという。

レイディックの東征(692)でアリガル隊が迫ると、これを迎え撃つべく出陣するが、城内の留守部隊ノイアロードレア国に内応し、城の前で挟み撃ちにあって討ち取られる。
彼が討ち取られた時、城内からは喝采の声が上がったという。

関連項目