シャラダン


基本情報


略歴

三魔王の一人。
ガルゾーマジルダーと共に、無からはじめてリヴォル帝国を手に入れるまで登りつめた実力者だが、二人が華々しい戦果に囲まれるのに対して、シャラダンは汚れ役を進んで引き受けていた。やがて手に入れたリヴォル帝国皇帝の地位に就くが、自らの半生を振り返った時、そこがあまりにも穢れていた事に絶望し、新たな人生を迎える事を機に、影武者のシャラダンを仕立て上げ、自らはリヴォル帝国四方将ボルドとして第二の人生を送る。

リヴォル帝国は、アディス国、シーフィールド国、バーン国と常に戦いを続けてきたが、それまでの均衡状態は突如崩れ、アディス国をリオネティアの戦いにて半壊させ、更に援軍としてノアルスの戦いに出陣し、ラ・ディアス帝国軍をガルゾーマとの共同戦線で完膚なきまでに叩き伏せた。

しかし、ヴァン・フレイ国の策によりガルゾーマが討たれると、同胞であるジルダーがその敵討ちのため出奔。シャラダンは密かに息子のシュラを使ってジルダーに情報を与えた。

その後、アルビス国に対抗する為、バーン国が提唱したリヴォルフェングランドバーンによる三国同盟が結ばれると、彼は「シャラダンからの全権代理人ボルド」として、自ら各国の代表と同盟の杯を交わす。
更にアディス国が降伏の証として第三王子リフィティを人質として送り込まれ、隣接国のほとんどを同盟国、または従属国とするほどの力を見せ付けた。

こうして、磐石な体制を完成させたかにみえたシャラダンだが、戦闘に関しては比類なき強さを誇る魔王も、勝利した後の相手国に対する人心掌握や、外交関係、内政には関心を示さなかった為、勝利と引き換えに恨みを蓄積させていった。
バーン国の三国同盟と、アルビス国の三国連合による最大の決戦カオスギアの戦いには、四方将イズグスタルを派遣するが、この戦いで三国同盟側は敗北、グスタルを戦死させ、他国の戦いで優秀な人材と兵力を失う事となる。
この戦いの後、ボルドと偽っていた自分こそがシャラダンだったことを明かして玉座に就き、軍の再編成を行う。
バーン国がカオスギアの敗戦により内部より瓦解した為、アルビス国と直接対峙することとなったリヴォル帝国だが、その強さは健在であり、長年対峙してきたシーフィールド国と決着をつけるティファーナの戦いで苦戦しながらも勝利をおさめ、降伏同然の和議を結ばせる。
しかしこの戦いで受けた損害は大きく、更にその隙をつかれて城塞都市ミリアスアルビス国に奪われる。
追い討ちをかけるように、アディス国から人質として送り込まれなていたリフィティが、潜入部隊を手引きして、シャラダンの愛娘であるミリィを誘拐する。
これは、偶然の一致などではなく、三国連合として連鎖した行動であったが、具体的に作戦を打ち合わせたのではなく、あくまでも「アルビス国が動いたならわれわれも」くらいの連鎖であったが、シャラダンに与えた心理的ダメージは想像以上に大きかった。

シャラダンは、自ら軍勢を率いてアディス国への出陣を決意。アルビス国は、フェングランド国を牽制で動かしたが、既にフェングランド国が、アルビス国と裏で繋がり、裏切るまではいかないものの、サボタージュを取ることまでは気付いていなかった。
そして、アディス国へと進軍したシャラダンの元に、怨恨によって殺害されたミリィの亡骸がリフィティの手で届けられる。シャラダンは、アスタルベルンハルトに軍を任せ、自らは愛娘の亡骸と共に帰国した。

アディス国には主力部隊を残したが、存亡の危機ということもありアディス国の抵抗は凄まじく、リヴォル帝国軍は勝利を重ねながらも疲弊していった。
そして、帝国の疲労が限界に達したことを見透かして、アルビス国が出兵、スカルオーネの戦いにおいて、リヴォル帝国は建国以来はじめての大敗を喫する。更に主力部隊がアディス国攻めで釘付けにされている間に、アルビス国軍は電光石火の進軍によって帝都に到着、シャラダンは一人これを迎え撃つが、アルビス国の総攻撃によって城は陥落、自らは人魔融合の力を手に入れた、ジルダーの子飼いであったベルバットの乱入を受け、討ち果たされる。

人物

  • シャラダンは決して智謀の人ではなく、どちらかといえば猪突の趣を持つ武人であったが、ガルゾーマジルダーといった他の魔王と唯一違う点は、「現実的」であるということであった。その生き様や言動の全てが伝説になるかの様に、レッドカーペットの上を歩き続けたガルゾーマ、翼の魔王として畏怖を与え続けたジルダー、彼らの生き方は、自分達の生死すら演出し、どこか芝居染みた部分があった。しかし、シャラダンはそういった伝説的な生き方を選ばず、二人には到底届かないという自らの身の程をよく知り、現実的で確実な方法を取り続けていた。
  • 彼は決して人望がなかったわけではない。しかし、戦い以外の政略に興味を持たないその姿勢から、数々の火種を消さずに残していた。それらが数年の時を経て、自らの身に災いとなって復讐してきたのである。

関連項目