シルヴァス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

ロードレア国譜代の将軍、父の引退によって683年に将軍となる。
翌年のバルディゴス討伐連合軍結成時は、国に残って西のロッド国に備えた。
ロッド国との同盟が成り立った後は、バルド国、シャリアル国、ベルザフィリス国との国境激戦区へ転戦配置される。
これら強国を相手に一歩も退かず、697年にはベルザフィリス五舞将デイロードとの国境遭遇戦で大勝利をおさめたこともある。

レイディック横死後のヴェリア新政権では、西伐総指揮官に就任。ロッド国との国境戦線を全て一任される。
この頃からバイアラスリディと親交を深め始めた。
703年、ヴェリアの大遠征に伴う軍団再編成によって駐屯地から本国へ帰還、残留軍を統括する留守部隊の最高司令官となり、1年にも及ぶヴェリアアレスの不在期間の間、ロッド国、ベルザフィリス国、フェルスデッド国の動きに備え、時には自ら出陣して国境を伺う敵軍を撃退した。
しかし、大遠征の失敗後、本国では彼ら実戦派の派閥と文官派の派閥の闘争が水面下で始まり、ヴェリアの妻となった悪女ルフィが、文官派と結んで実戦派の追い落としを計ったため、706年「一月の別離酒」においてバイアラスリディ達と共にベルザフィリス国へ投降する。
彼らは実戦を潜り抜けた勇将であり、忠義においても信頼のおける人材だった。にも関わらず、祖国を捨てなければならないのは、そこまで派閥争いにより追い詰められ、堕落したヴェリアに失望したためである。
シルヴァスは、ガイヴェルドにその人柄と武勇を見込まれ、ロッド国遠征(707)の時も本国の留守部隊を任された。
まだ仕官1年足らずの投降してきた将軍に本国の留守を任せるなど危険すぎると諸将は反対したが、ガイヴェルドは、「自分もヴェリアと同じだけ彼の人柄と実績を信認している」と言い、シルヴァスも見事に任務を達成させた。
ルディックの陣(711)でおいては留守部隊ではなく、遠征軍として参戦し、ベルザフィリス国の天下統一に貢献した。

乱世終決後、新領地を託されてその地を統治、疑心暗鬼に陥ったガイヴェルドによって同僚が次々と処刑される中、彼には猜疑は向けられなかった。
天変地異によって将軍も民もあらゆる人々が南方へ移民する中、シルヴァスはこの地を捨てずに残留、その数年後、わずか2人の付き人に看取られて病により静かに息を引き取った。

関連項目