ザルス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

ロードレア国将軍としてソフィス隊に所属、バルディゴス討伐連合軍(684)ではアゾル国救援にも参加している。
その後はソフィスと共にロー・レアルスとの国境激戦区に駐屯するが、ソフィス戦死後は軍団再編成によってエルザイア城の守備を任される。

ロー・レアルス国軍のガイアスエルザイア城を攻めてきたときに、ラディアに法外な数の援軍を要求、ラディアゼノスと戦っていた為、余力が一切なかったにも関わらず、この要求を引き受けた。
このとき派遣されたのが、この戦いで名を馳せることとなるバイアラスであり、彼が指揮する援軍によって、ガイアスは撃退されたが、ザルスはラディアバイアラスに礼の一言もいわずに再び城に篭る。
692年、一連の国境攻防戦に決着をつけるべく、カルディスが18万の軍勢を率いて自ら出陣、この地に侵攻すると、ザルスは戦わずに降伏。
その後始まったレザベリアスの戦い前哨戦の謀略戦において、ヴェリアカルディスの2人にいいように利用された挙げ句、両国の決戦時に交戦か撤退か決めかねた中途半端な采配を振るった結果、戦死する。

関連項目