ヴェリア

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


基本情報


略歴

エザリアンの孤児院で育ち、メファイザスと共に悪ガキコンビを組んでいた。同僚の評判は悪かったが、妹弟子アレス、そして師であるエザリアンは、この二人の才能を見抜き、二人を理解していた。
独り立ちする年齢になると、まずは放浪の旅を始め、諸国を回った結果、自らの手で天下の兵馬を動かすことこそが自分の居場所だと思い始め、アレスの招きに応じてレイディックが治めるロードレア国へ仕官する。
初陣にあたるレザベリアスの戦い(692)では、自分が無名なことを逆手に取った策でカルディスを討ち取るという鮮烈のデビューを飾る。
その後も政策、軍事ともに卓越した才能を見せ、フィードの戦い(693)の頃から、ロードレア四天王の筆頭として、国内外にその名を馳せる。

しかし、ラディアの死(舞姫散華)によって、取れたはずの天下をレイディックが捨てたと、かねてから立案していた「5年天下取りの策」を自ら焼き捨てた。(この策の存在に関しては、後世の創作と言う説もある)
それでも彼の采配は健在で、エスデリアの戦い(696)では、ロッド国の謀将ギザイアを難なく破っている。
698年、レイディックが突然の死を迎えると、ロードレアの内乱(698)が勃発。
ヴェリアはアレスバイアラスリディと言った知勇兼備の将軍を従えて、謀反人アルヴァドスを打ち破り、ロードレア国主となる。

ディースの戦い(701)ではディルセアを怯えさせ、702年の第2次ディースの戦いガイヴェルドディルセアを破る。
こうしてベルザフィリス国を抑えると、かねてよりの計画であった、歴史上かつて無い大遠征(ヴェリアの大遠征)を計画。
1年の準備を要して実行され、ロー・レアルス国に侵攻、序盤は計画通りにことが進むが、やがて彼の前に思わぬ壁が立ちはだかる。
兵士を「駒」として、すべて計算通りに自由自在に操る天才であった彼だが、その駒も人間であるという根本的なことを忘れていた。長期戦による士気の低下そのものは彼の計算の内にあったが、あまりにも長引く遠征が与えた精神的不安にまでは考えが及ばず、追い詰められた兵士達は略奪と謀略に走り始める。
更に、彼の前にはもう一人の天才メファイザスが立ちはだかり、リアーズ冬の陣(704)で戦局は逆転、撤退を余儀なくされる。そしてアレスを失ったヴェリアの人生は、この時点で終幕したと言っていい。

その後の彼は、歴史的悪女のルフィに惑わされ衰退の一途をたどり、酒量が過ぎて陣中で没する。
そのため後世の小説家は、アレスと共にリアーズ冬の陣で戦死させたりするが、ルフィに出逢う前のヴェリアに知謀で勝利を収めた者は一人としていなかったことだけは忘れてはならない。

人物

  • 最も得意としていたのは「心理戦」であり、これはカルディスディルセアといった、深読みするタイプほど、ヴェリアの術中にはめることができた。特にディルセアは、ヴェリアに対して苦手意識をもち続けていたことを後に回想している。
  • その一方で、将の心は読めても、兵士は道具としてしか見ておらず、彼らの心理を読みきれなかったことが自らを滅亡へと導くこととなる。
  • ヴェリアの大遠征に対しては、その戦略構想の巨大さなどを理由に称賛する声が多い。だが、後世の歴史学者・軍事専門家の一部からは、陸路1ルートに補給を依存せざるを得ない侵攻ルートを選んだ点や、ロー・レアルス国に接しているベルザフィリスフェルスデッド両国を戦略的に活用できていない点など、ヴェリアやアレスの掲げた構想には「机上の段階で」軽視しえぬ問題点が存在していたのではないかと指摘する声も上がっている。

関連項目