ルミア


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



略歴

フェローラ国の機織職人。
彼女の織ったものは繊細で美しく、時には他国から名指しで製作を指名されるほどの職人であった。

本人没後の後年になって彼女の日記が発見され、そこに残された手記からルミアの正体がバーン国から亡命したかつての王女リルルだったことが判明する。
当初は本人の日記しか証拠は存在せず、発表されたときは妄想の類と一笑されていたが、その後歴史学者によってさまざまな調査が行われ、これが真実だったことが判明する。

王女時代に大臣たちに利用され続けた人生だったこともあり、フェローラ国にわたってからの彼女は自分の出生を知られることを極端に恐れて少数の人としか交流をもたなかった為、当時は彼女の正体を知る者はいなかった。
なお、彼女の姓は、ガミランと同じであり、親族のもとに預けられた時に正式に養子になったと思われる。

関連項目