第2次ディースの戦い

概要

第2次ディースの戦いとは、蜉蝣時代の戦乱の中で、アルファ702年8月、ロードレア国と、ベルザフィリス国軍の間に起きた戦いである。
ディースの戦いと同じ場所で、攻守入れ替えて行われた戦いである。

戦闘に至るまでの背景


▲700年6月における勢力図

ガイヴェルドが国主となったベルザフィリス国は、更なる富国強兵に務め、702年8月、ロードレア国に対して二度目の決戦を挑んだ。
前回のディースの戦いは、ベルザフィリス国がとりあえずの勝利を収めていたが、ロードレア国の防衛により、それ以上領内へ侵入できなかった為、ディース高原は放置されていた。
全く同じ地を決戦の舞台として選んだ両国は、前回よりも多くの兵力を動員してこの地へと戻ってきた。

両軍の戦力

攻撃側 守備側

ロードレア国軍
軍勢
ベルザフィリス国軍
総兵力81000 兵力 総兵力74000
ヴェリア 総指揮 ディルセア
アレス 軍師 レニィラ
主要参戦者

ヴェリア

アレス

バイアラス

ファルザス

レイアス

ディルセア

レニィラ

ラゴベザス

ディグド


リディ

リューズ

戦闘経緯


第2次ディースの戦いは、前回の戦いより多くの兵士を動員しつつも、ガイヴェルドは、ロー・レアルス国を警戒し、総大将をディルセアに任せて自身は出陣しなかった。それでも、レニィララゴベザスディグドを初めとした主力を送り込んでいる。対するロードレア国軍は、アレスバイアラスファルザスを引き連れての出陣であった。

両軍は約一ヶ月においてにらみ合うが、9月13日、先にヴェリアが動き出す。
ファルザスバイアラスアレス部隊が攻撃を開始、これに対してディルセアは、レニィララゴベザスディグド部隊をもって防戦、やがてヴェリアは、アレスリューズ部隊に攻撃命令を送り、これに対応してベルザフィリス国軍も動き始める。
だが、全てはヴェリアの策であった。
最初に攻撃を仕掛けたファルザスバイアラスアレス部隊のうち、本物はバイアラス部隊のみであり、ファルザス部隊の旗を持っていたのはレイアス部隊、アレス部隊の旗をもっていたのはリューズ部隊であった。
真のファルザス部隊、アレス部隊、更に隠密で結成されたリディの伏兵部隊が、大きく左右から迂回してディルセア本陣へ同時攻撃を仕掛ける。
ディルセアは、ここでヴェリアの策を更に読もうとする。
ここで退けば、そこに別の罠があり本陣が襲われるのか、それを見越して逆にこちらから突撃を仕掛けヴェリア本陣を狙うか、いや、それこそがヴェリアの真の目的で、突撃した瞬間真の罠が発動するのか……
ディルセアは、完全にヴェリアの手のひらの上で疑心暗鬼となり、結局どう転んでも、最も被害のでない状況を作り、全軍に撤退命令を下した。

その撤退劇は、前回の戦いをそのまま攻守交替したようなものであり、ベルザフィリス国軍の完璧な撤退に、ヴェリアも追撃を諦めざるを得なかった。
こうして国境決戦は終わり、ベルザフィリス国軍はロードレア国軍に……というより、ディルセアヴェリアに対して完全に苦手意識を植え付けられ、ベルザフィリス国軍の矛先はロードレア国ではなく、ロッド国、ロー・レアルス国へと向けられる様になる。

戦いの結末

ベルザフィリス国軍を撃退したロードレア国軍だが、ヴェリアの真の目的は、最初からロー・レアルス国であった。
一度、ディルセアに対して、自分への苦手意識を持たせ、ベルザフィリス国の目線を一旦ロードレア国からはずさせヴェリアは、続いてロッド国へ攻め込むと見せかけて、一気にロー・レアルス国へ侵攻する予定であった。
それも、並大抵の遠征ではない、ロー・レアルス国の首都を落とすまでの年単位の遠征である。
この時代、既に遠征という軍事行為は存在していたが、出陣・戦・占領までを一連の行動と区切り本国へ帰還するのが主であり、長くても数ヶ月単位が限界であった。しかし、ヴェリアが考えた遠征(ヴェリアの大遠征)は、まさに巨大なロー・レアルス国を併合するまで終わらないものであり、動員される将、兵、食料、武器、それらを繋げる補給、補充の確保、占領後の統治、全てがこの時代の常識を覆す大遠征であった。
しかし、その準備には膨大な準備期間を必要とし、アレスが遠征計画案作成中に過労で倒れたこと、ロッド国との小競り合いが始まったことから、最終的に1年の準備期間を必要とした。