ディースの戦い


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ディースの戦いとは、蜉蝣時代の戦乱の中で、アルファ701年1月、ロードレア国と、ベルザフィリス国軍の間に起きた戦いである。
両国が、はじめて真正面から激突した戦いである。

戦闘に至るまでの背景


▲700年6月における勢力図

ヴェリアロードレアの新たなる国主となってからも、戦いはそれまでと同じく、いやそれまで以上に激しく続いていた。
ロードレア国、ロッド国、フェルスデッド国、ロー・レアルス国、ベルザフィリス国、時には結び、時には戦う5国の乱戦は各地で一進一退の攻防を続け、701年を迎えていた。
シャリアル国が滅亡し、ロッド国も大きな脅威とはならなくなった為、ベルザフィリス国とロードレア国が、ついに国境を挟んで直接対峙することとなる。
ルーディア包囲網が敷かれていた時代には、ルーディアロードレア国は、共通の敵の前に協力体制を結んでいたが、それも既に過去のものとなり、両国の対決は必至と思われていた。
だが、ルーディアロードレア国と戦う事に積極的ではなかった。ディルセアガイヴェルドの説得にも首を縦に振らず、決断を後延ばしにしていた。ガイヴェルドに「弱気になった」と指摘され、ルーディアは将兵の士気も考え、結局翌日に出陣を決意することとなる。
ここに、ロードレア国とベルザフィリス国が始めて戦場で合間見えることとなる。

両軍の戦力

攻撃側 守備側

ベルザフィリス国軍
軍勢
ロードレア国軍
総兵力68000 兵力 総兵力64000
ルーディア 総指揮 ヴェリア
ディルセア 軍師 アレス
主要参戦者

ルーディア

ディルセア

レニィラ

ガイヴェルド

ラゴベザス

ヴェリア

アレス

バイアラス

ナッシュ

グローリヴァス

デイロード

ヴィルガス

シレン

レイバード

リューズ

戦闘経緯


2月16日
ベルザフィリス国軍と対峙したロードレア国軍。その総大将ヴェリアには大きな悩みがあった。
領土の拡大により、ロードレア国は、この時唯一他4国全てと国境を接している国であった。
ベルザフィリス国の他にもロッド国、ロー・レアルス国、フェルスデッド国の全てに、指揮官として信頼できる将を派遣しなければならなくなった為、この戦いに動員できた将が、彼のかつての構想より小粒となっていたのである。
彼はこの陣営で五舞将と互角に戦えるのはアレスバイアラスグローリヴァスくらいしかいない事を自覚した上で作戦を立てなければなたなかった。
おそらく、ヴェリアの脳裏には、ラディアアリガル、そして総大将にレイディックがここに布陣していたら……という夢想が交錯していたであろう。
しかし、現実には既にいない将をどんなに想像しても無駄である。
与えられた将兵の中で最大限の努力をするしかなかった。


2月18日
両軍は障害物のない見晴らしのよいディース高原にて激突。
ヴェリアの予測通り、五舞将と互角に戦える将はロードレア軍にはもはや限られていた。
デイロードガイヴェルドの突撃により、レイバードナッシュ部隊はおされ、ロードレア軍は大きく後退、それでも戦線を維持できたのは、バイアラスグローリヴァス部隊が、逆にシレンラゴベザスと互角以上に奮戦し、別の局面ではベルザフィリス国軍を押していた為である。
そして、普段冷静なアレスが、この時誰も想像しない行動にでた。
自ら騎馬に跨ると、部隊を率いて最前線へと突撃を仕掛けたのである。


この予期せぬ突撃により、アレスガイヴェルドデイロード部隊の間を突破し、その先に立ちはだかるディルセア部隊、レニィラ部隊を抜き、ついにルーディア本陣へと辿り着く。
知略に生きるアレスが、何故このような蛮勇ともとれる行動に走ったのか……
彼女自身、この決戦において勝ち目が少ないということが見えていた。
そして、その来るべき敗北の結末を覆すには、誰もが想像しない行動をとり、そこに活路を見出すしかないと悟っていたのである。
アレスの鬼神に憑かれた突撃によりルーディア本陣の旗は倒れ、激しい乱戦の末ルーディア自身までもが流れ矢で負傷する。
だが、一時の混乱から立ち直った本陣に加え、レニィラヴィルガス部隊がアレス部隊を包囲し、今度はアレス自身が左肩を斬られる。
もはやこれ以上の突撃は不可能と悟ったアレスの副将たちが、自らの命を犠牲にして彼女を後退させ、両軍共に一旦陣を退き、再び対峙することとなる。
しかし、2月20日、突如ヴェリアが陣を引き払って本国へ撤退。
殿軍にバイアラスを配備、追撃に出ようとするベルザフィリス国軍を牽制し、本隊の後退を成功させた。
その撤退の素早さと正確さにベルザフィリス国軍師ディルセアは、罠の危険性を考慮してそれ以上の追撃は命じなかった。
そして、ディルセア自身も、もしラディアアリガルが存命していれば、この地を放棄したのは自分たちであっただろうと洩らしたという。

戦いの結末

ディースの戦いは、ベルザフィリス国軍が一応の勝利を飾ったが、ロードレア国軍は戦線を維持したままであり、どちらかというと「守るに適していないディース高地を放棄した」という状況であり、ベルザフィリス国は、勝利の実感を一切もてなかった。
そして、アレス部隊の特攻により負傷したルーディア。この一本の流れ矢がベルザフィリス国の運命を大きく揺さぶった。
ルーディアは、2月24日に突如国主の座から引退することを発表。その地位を養子のガイヴェルドへ譲ると宣言した。
周囲の者は当然反対したが、ルーディアの決意は固かった。彼女は元々好戦的な人物ではなかったが、先王ディアルの遺志を継ぐ為にあえて自らを修羅と化して戦っていた。強靭な精神力で支えてきたその仮初の姿も、1本の矢によって簡単に断ち切られ、自らの精神力の限界を感じたのである。
ルーディアの説得を諦めた諸将は、彼女の決意を尊重し、2月26日、ベルザフィリス国国主はガイヴェルドへと受け継がれた。
だが、ベルザフィリス国ではなく、ルーディア個人にほれ込み、独眼竜だからこそ忠誠を誓ったと豪語する五舞将デイロードシレン。彼らは昨日まで同格であったガイヴェルドに頭を下げるつもりはないと、この後継に反対。反乱罪をかけられた為、3月1日に2人は挙兵する。
ここに五舞将は真っ二つに分かれ、一枚岩を誇っていたベルザフィリス国で始めての大規模な内乱「血の16日間」がはじまった。