エスデリアの戦い

概要

エスデリアの戦いとは、蜉蝣時代の戦乱の中で、アルファ696年12月、ロードレア国軍とロッド国軍の間に起きた戦いである。

戦闘に至るまでの背景


▲696年10月における勢力図

グルファ城を奪還したロードレア国軍は、そのまま勢いにのりロッド国領土へ侵攻した。
後方から更に部隊が合流したロードレア国軍は、戦史上稀に見る大進撃により、6つの城と13の砦を占領。
ロッド国は全軍をエスデリア平原に集結させ、国主リヴァイルシア自ら出陣、アル国を撃退したギザイアミルナスもこれに合流、国家の命運をかけた最後の戦いを挑むこととなった。
季節は冬を迎え、元々雪原地帯であったこの地方は雪に覆われていた。

両軍の戦力

攻撃側 守備側

ロードレア国軍
軍勢
ロッド国軍
総兵力112000 兵力 総兵力98000
レイディック 総指揮 リヴァイルシア
ヴェリア 軍師 ギザイア
主要参戦者

レイディック

ヴェリア

アレス

バイアラス

レイバード

リヴァイルシア

ギザイア

ミルナス

ロミ

ボルド

アルヴァドス

グロライド

レア

戦闘経緯


戦いは、まずロッド国の攻撃から始まった。兵力でも士気でも負けているロッド国は、あえて攻撃側を得て勢いに乗ろうとした為である。
当初はボルドの猛攻もあり、ロードレア国軍を押したかに見えたロッド国だが、バイアラスの前ではボルドは敵ではなく、アレス部隊と挟撃する様に誘い込まれ、バイアラスの前に討ち取られる。
ボルド部隊を壊滅させ、一旦は勢いにのるバイアラスだったが、第二陣のギザイアミルナス部隊によって、今度はバイアラス部隊が窮地に陥っていた。


しかし、その間に密かに移動したヴェリア部隊が用意していた策に入る。
グルファ城では岩石を使ったが、今度は雪玉であった。
坂道を利用して次々と転がり落ちてくる人の大きさくらいもある雪玉。だが、それが軍勢に降り注いだ所で、一瞬混乱するにすぎない。ギザイアは、この様な児戯で本気で軍勢を潰そうと思っているのかと一瞬ヴェリアを嘲笑するが、すぐさま冷徹な判断力を取り戻すと、雪玉を自らの剣で真っ二つに割った。
そこで彼が見たのは、雪玉の中に木箱で覆われた火薬であった。
彼がヴェリアの真に目的に気付き、全軍撤退命令を出すよりも早く、雪玉は一斉に爆発。雪原を溶かし、兵士達を炎に飲み込んでいった。
リヴァイルシアは素早く軍勢を撤退させ、ギザイアの指揮もあり、それほどの被害は出なかったものの、前線に取り残されたボルド部隊の敗残兵はそのままロードレア国に降伏した。

だが、この時レイディックは、「ロッド国にかける情けはない、将兵共々皆殺しにしろ」と命じた。
これまでのレイディックからは想像も出来ないこの言葉に、アレスバイアラスアルヴァドスレイディックを諌めた。中でもアレスは、恐怖で相手国を制する事は結果的に仲間を失うことになるとレイディックを強く説得するが、彼は我を忘れ、アレスを殴りつけて命令を徹底させた。
アルヴァドスは、その姿を見てこれ以上逆らうことをせず、速やかにロッド国の将兵を処刑した。

戦いの結末

こうしてロードレア国軍は、ロッド国との決戦にも勝利し、更にその侵攻を進めようとしていた。
だが、それを遥か彼方から見つめるベルザフィリス国。独眼竜ルーディアは、この時宿敵であるアル国との決着をつけるべく、開国以来最大規模となる北伐を計画していた。アル国の先に存在するロッド国が、ここでロードレア国に併合されるのは、ベルザフィリス国にとっても好ましいことではなかった。
ロードレア国との決着をつける力はまだないと自覚しているルーディアは、間にロッド国という緩衝材を挟んでおきたかった。
そのため、軍師ディルセアは、ロッド国のためではなく、ベルザフィリス国のために密かに動き始めていた。

そして、ルバークの乱が勃発することとなる。