第2次グルファ城の戦い

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

第2次グルファ城の戦いとは、蜉蝣時代の戦乱の中で、アルファ696年10月、ロードレア国軍とロッド国軍の間に起きた戦いである。

戦闘に至るまでの背景


▲696年10月における勢力図

ロードレア四天王の一人ラディアは毒矢に倒れ、同じく四天王の一人アリガルは寝首をかかれた。
この2度の事件を裏で操っていたのがロッド国軍師ギザイアである。698年10月28日、ついにロッド国を真正面から討つことを決めたレイディックは、各地の将に集結命令を下し、総兵力12万という大軍を動員させた。
総大将にレイディック、軍師にヴェリア、副軍師にアレス、先陣にバイアラスという磐石の陣営であった。
ラディアの敵討ちというこの戦いに、彼女の愛弟子だったバイアラスの戦意はこれまでになく高揚していた。彼は自軍の旗に「翼」の絵柄を用い、その全てに「舞風の仇討ちを」と書かせた。
バイアラスは、レザベリアスの戦いの中、ラディアに「お守り」と称されたリボンを渡された事があり、そのとき自分がラディアの運を吸ってしまったのではないかという迷信めいた負い目を感じていたという。
グルファ城アリガルから奪ったロッド国は、ここを国境最前線基地とするため、2万8千の軍勢を駐屯させていた。
しかし、ロードレア国の反撃が想像を上回る速度と兵力を擁していたことに加えて、アル国が停戦条約を破って侵攻を開始したこともあり、ギザイアは後方で兵を集結させると、ミルナスを引き連れてグルファ城より撤退、城をシーヴァスに任せた。
後継者争いに敗れたシーヴァスを捨て駒にしたのは誰の目にも明白だが、シーヴァス自身は、この戦いでロードレア国を撃退すれば逆に自分の地位を一気に向上させれると野望に燃えていた。

両軍の戦力

攻撃側 守備側

ロードレア国軍
軍勢
ロッド国軍
総兵力120000 兵力 総兵力28000
レイディック 総指揮 シーヴァス
ヴェリア 軍師
主要参戦者

レイディック

ヴェリア

アレス

バイアラス

レイバード

シーヴァス




※実際は、かなりの兵数をギザイアが引き連れていった為、ロッド国軍の正確な兵数は不明。

戦闘経緯


グルファ城への攻撃は、バイアラスアレスに委ねられた。まずはバイアラスグルファ城へ総攻撃を仕掛ける。これは、アレスが別働隊を率いて城攻めの策を発動するまでの時間稼ぎではあったが、バイアラス部隊の士気は高く、策の発動までに城を落とす覚悟での攻撃であった。
バイアラスが真正面からグルファ城を攻めている間に、アレスの別働隊が動き始めていた。
アレスは、この城がロードレア国領土の時代から、「山を利用して背後を守る要塞」であることを熟知していた。
だからこそ、この城は背後の守りは常に手薄である。実際、崖に守られた城の背後から軍勢を派遣することは不可能であった。
だが、突如としてグルファ城の背後は崩壊する。
アレス部隊が、山頂から巨大な岩石を次々と落とし、これが勢いをつけて崖の上から城に落下してきたのだ。
一瞬にして城の背後は崩壊するが、元々手薄だった城門を破壊されても、グルファ城そのものの崩壊には繋がらない。
にも関わらずこの手に打って出たということは、城攻めをする切り札となるべき策がもう一つある。
シーヴァスはそれを予期し、ロードレア国軍がその第二の策の準備に取り掛かっている間に先手を打つべく、城を捨てて全軍バイアラス部隊へと打って出た。
それこそがアレスの第二の策であった。
シーヴァスの智謀を決して侮ってはいないアレスは、シーヴァスならばそこまで考えて行動するだろうと予期し、バイアラス部隊に真の布陣を指示した。
城を力攻めしていたバイアラス部隊は、一旦後退すると素早く陣形を建て直し、城から出てきたシーヴァス部隊を包囲する形をとった。
シーヴァスは完全に包囲されるが、獅子奮迅の戦いぶりを見せて数十騎に討ち減らされながらもかろうじて生き延びた。
そして、シーヴァスは軍勢を立て直すと称して、ギザイアとは合流せず、一旦本国へと退いていく。
いまの彼が望む最後の頼みは、ギザイアミルナスが、ロードレア国軍に敗れる事であった。

戦いの結末

グルファ城を奪還したロードレア国軍は、リヴァイルシアとの直接対決となるエスデリアの戦いへ駒を進めることとなる。