エンパイアコスモス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

エンパイアコスモスとは、アル国が建造した海上要塞。
アル国は、海に面した国であるが、この時点で海を挟んだ遠国と海戦をする可能性はなく、本来海上要塞を必要とする局面ではなかった。
しかし、国主であるザグルスの個人的趣向により、海上要塞の建造が命令され、694年に海上要塞エンパイアコスモスが完成する。このとき、要塞建設に反対を述べた文官、技術者が20名処刑されたという。
結果的に、先年完成したルッダリザ艦隊と並んで、既に搾取と強制労働で苦しめられていたアル国の民衆を、更に圧迫させることとなった。(ただし、ルッダリザ艦隊は戦果を出している為、決して無駄ではなかった)

要塞は、当初はそれ自体が巨大な船ともとれる移動式要塞を提案していたが、技術的な問題から結局不動のものとなってしまった。
しかし、莫大な資金と労働力を費やして完成した要塞は、完成直後のエンパイアコスモスの戦いにより、炎上して崩壊、海に沈んだ。

関連項目