ロイアの戦い

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

ロイアの戦いとは、蜉蝣時代の戦乱の中で、アルファ693年2月、ベルザフィリス国軍とアル国軍の間に起きた戦いである。
艦隊が戦いに大きく絡んでいるが、戦いの主役が陸上戦だった為、「ロイア海戦」とは呼ばれない。

戦闘に至るまでの背景


▲693年2月における勢力図

3月10日、ベルザフィリス国が最も恐れていた、アル国の新造艦隊「ルッダリザ艦隊」がついに完成。指揮官として水軍指揮においては右に出るものはいないと言われた名将フェザリアードがその地位についた。
最強の艦隊と最強の水軍指揮官、まさしくベルザフィリス国撃破の切り札であった。しかし、フェザリアードは、ルドリアの政変時に反対の意思を見せて中央から地方へと自ら異動した経歴があり、ルドリアは彼を心底信用してはいなかった。
これに対して艦隊の数でも火力でも明らかに劣っているベルザフィリス国軍は、かつてディアル時代に一度行った艦隊奪取作戦(ベルザフィリス建国記におけるザガ初登場の戦い)に全てを賭けるしかなかった。

両軍の戦力

攻撃側 守備側

アル国軍
軍勢
ベルザフィリス国軍
総兵力8500 兵力 総兵力5300
フェザリアード 総指揮 ザガ
軍師
主要参戦者

フェザリアード

ゼス

ザーブ

セルシア


ザガ

イェーガ




戦闘経緯


3月35日深夜、海岸線をムーン艦隊が北上する傍ら、ザガが指揮する隠密部隊がロイア港に停泊していたルッダリザ艦隊に迫っていた。
ザガが闇夜に乗じて艦隊を乗っ取り、逃した船は待ち伏せしたムーン艦隊の一斉放火により沈めるというのが作戦であった。
ルーディアは、この作戦に乗り気ではなかったが、現実問題として迫り来る艦隊をなんとかしなければならず、ザガの説得に負けて承認した。

しかし、名将フェザリアードは、過去の戦いから、停泊中の艦を乗っ取りに来る可能性を既に考慮していたため、ザガの隠密行動はすぐに発見される。
ザガは、奇襲を仕掛けようとした瞬間に逆に強襲を受け、討ち取られた。
更に、フェザリアードは、ルッダリザ艦隊を出航させ、待ち構えたムーン艦隊に主砲の嵐を浴びせる。この最初の砲撃で完全に戦いの支配権を握られ、ムーン艦隊は損害を最小限にとどめて撤退するのが精一杯な状況となり、奇襲部隊は壊滅した。

戦いの結末

こうして、ルーディア包囲網によって徐々に追い詰められてきたベルザフィリス国だが、光明もあった。
前年、メスローベルザフィリス国の矢面に立たせるため、ボルゾックに領土移動を命じた(バルドの国替え)、かつてはバルディゴス討伐連合軍の総大将すら勤めた彼にとって、これは耐えがたい屈辱であった。しかし当時と今では立場は完全に逆転、メスローに逆らう力は今のボルゾックにはなく、この領土交換を呑まざるを得なかった。
怒り狂ったボルゾックは、アル国、シャリアル国、バルド国によるベルザフィリス国包囲網が完成されつつあるこの時期に、極秘裏にベルザフィリス国へ友好の使者を送った。
その使者は、かつてルーディアの命を狙ったレニィラであった。しかしレニィラは、ルーディアに逆に懐柔されて、今度は埋伏ではなく、心底からベルザフィリス国の将となってしまう。

また、4月14日にアル国との国境で、ガイヴェルドアル国のシレンと壮絶な一騎討ちを繰り広げ、その後説得によりこのシレンを引き抜く事に成功する。
ここに、ラゴベザスデイロードヴィルガスガイヴェルドシレンの「ベルザフィリス国五舞将」が生まれる事となる。

更に5月1日には、ルーディア自身が流浪の軍師ディルセアを見出し、配下として迎る。
こうして、アル国、バルド国、シャリアル国によるルーディア包囲網に対して、ルーディアは人材という城を築きつつあった。