黒衣将軍


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

黒衣将軍とは、ラ・ディアス帝国の将軍にして、後に皇帝となったスレイナの愛称。
彼は服装へのこだわりが強く、普段は様々な服を着用していたが、馬で移動するときのみ、黒いマントを着用し、漆黒の鎧をつけた馬を颯爽と駆っていた。
その姿からついた名前が「黒衣将軍」である。

ただし、彼が皇帝になってからは、この名で呼ばれることはなくなり、特に代わりの愛称がつくこともなかった。

関連項目