ル・マンティス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


正式名称 / 統治体制

共和国ル・マンティス / 議会共和制

エンブレム


基本情報

特徴

女神ルカが光臨した地は自分達の領土だと主張し、同じ宗派のクリートと長年に及び争い、女神戦争を引き起こしていた。
ラスブロスシャクティアナ帝国の実権を握り、コルト国へ侵攻をはじめ、陥落させたというのに、彼らはそれらの声が聞こえず、戦局も見えず、とり憑かれたかの様に南への侵攻だけを続け、結局北から進入してきたシャクティアナ帝国軍に難なく侵略されてしまう。
シャクティアナ付近の国は帝王ラスブロスの威厳が行き届き、占領下においても表向きはそれほど酷い扱いは受けなかった。だが、ル・マンティスだけは例外であり、彼らの「女神の神託」と語ってに行われた蛮行は数多く、それがそのまま彼ら自身に返ってくるかの様に、民衆は激しい虐待を受けた。これは、女神戦争で争ったクリート国が、シャクティアナ帝国から派遣された将を買収して、ル・マンティス国を締め付ける様に裏で操った為、とも言われているが、その真偽は定かではない。

歴史


主な出身者



この国を舞台とした物語