ルディック

エンブレム


正式名称 / 統治体制

ルディック帝国(451~684) / 帝政
ルディック国(684~693) / 君主制

特徴

アルファ451年、ロンドーナ大陸東部を統一した一大帝国。(ロッド国、アル国の地は、この頃まだ未開の地だった)
広大な領土をいくつかに別け、それぞれを「区」として領主に大きな権限を与えて統治させていた。しかし、時の流れとともに、領主たちは自分達の区を国として、国主を名乗り始める。
既に求心力を失っていたルディック帝国は、これを黙らせることはできず、事実上の独立を容認していた。
684年、バルディゴス討伐連合軍とカルディスによって、皇帝バルディゴスが討たれると、ルディック国はロードレアをはじめとする他国を正式に国として認めることを明文化させ、ルディックも帝国からそれら諸国と並ぶ一国になることを宣言する。
しかし、693年、ロー・レアルス国によって滅ぼされた。

歴史

  • 451年 小規模な国が乱立していた当時の地域を統一、ルディック帝国として建国される。
  • 600年代 ルディック国の求心力が失われ、各区は既に独立国として振舞う。
  • 684年 バルディゴス討伐連合軍とカルディスによって、皇帝バルディゴスが討たれる、ルディック国は、ロードレアをはじめとする他国を正式に国として認めることを明文化させ、ルディックも帝国からそれら諸国と並ぶ一国になることを宣言する。
  • 691年 1月、ルディック国、ロー・レアルス国の間でソルドレイカの戦いが起きる。
  • 693年 ロー・レアルス国によって攻め滅ぼされる。

主な出身者


この国を舞台とした物語