ベルザフィリス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

エンブレム


正式名称 / 統治体制

ベルザフィリス国(691~712) / 君主制
ベルザフィリス帝国(712~735) / 帝政

特徴

蜉蝣時代到来後、突如として現れた新興国。
シーザルス国の国主であったディアルは、ヴァーグリア国へ遠征を仕掛けるも、大敗して行方不明となる。シーザルス国と敵対していた周辺諸国が国境を固めてしまった為、彼は本国に戻ることができなくなり、北へと逃れていく。ディアルはしばらく潜伏して人材を集めた後、691年にアル国の最南端ベルス城を乗っ取り、ベルザフィリス国の建国を宣言する。既に話が通っていた周囲の諸城もこれに続き、一夜にして国が興された。
これは、当時のアル国は、暴君ルドリアの圧制で、民衆が虐げられていたこともあり、ディアルの存在が民衆には救世主に見えたという側面もある。

歴史


この国を舞台とした物語