トレイン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

基本情報


略歴

開戦決定時に兵力がクリートに劣る事を懸念した参謀本部の発案で、山賊であった彼をその腕を買われた山賊団ごと国軍に引き入れた。性格はともかく腕に覚えのある者ばかりだったので従来からの正規軍と演習を行っても引けを取らなかったので、兵力増強と言う意味合いでは参謀本部の狙いはズバリと当たった。
しかし彼らは「女神の信託」を合言葉に占領先で略奪を繰り返し為、アークナイン占領時には駐屯軍から外されてしまう。その割にアークナイン奪回作戦の時には野戦軍として呼び戻された事になったので、腹を立ててロクに戦わずにさっさと撤退してしまい、敵中に取り残されたことにしてしばらくクリート領内で山賊まがいの生活をして過ごした。ある時独断(?)でコダン神殿を襲撃。マオ率いるコダン神殿騎士団を降伏させ、腹いせにコダン神殿の者のみならず城下町の住人を彼女の目の前で一人ずつ殺害していった。
彼らはその後本国に戻ったものの正規軍から本格的に疎まれ、常に最前線に立たされたが、それでも部隊は壊滅することなく停戦まで生き残った。しかし、問題を起こしそうな性格であった為、シャクティアナ軍の策略により暗殺された。

人物

  • 絵に描いたような山賊で、正規軍になっても自分のスタイルは変えなかった。命令に従わないことも度々あったが、ジュノーが軍師を務めた作戦では掌の上で転がされるように上手く使われた(本人は使われたとは思っていない)。
  • 問題を起こす人物として有名であったが、その責任を問われる事を恐れた参謀本部が、彼の存在をアインベフに伝えなかった為に最後まで彼に存在を知られることが無かった。万一彼の耳に入っていたら間違いなく死刑になっていた筈である。