第二次シャロッツ包囲戦

概要

第二次シャロッツ包囲戦とは、ルーイガルド10634年9月から行われたクリートル・マンティスの首都シャロッツを包囲し、攻略しようとした戦いである。

戦闘に至るまでの背景

クリートアイスノー砦とそこに至るルートの維持に戦力を割かれる一方、ル・マンティスは国力を回復していった。事態が悪化していると見たクリートは、首都シャロッツの攻略を決意する。この時のル・マンティスの軍事力はクリートが危惧していたほどではなかったが、状況を維持するほどに不利になっていくということは間違いなかった。しかし、シャロッツを攻めるにはあまりにも戦力が不足していることも明らかだった。

両軍の戦力

攻撃側 守備側

クリート国軍
軍勢
ル・マンティス国軍
総兵力不明 兵力 総兵力不明
総指揮
軍師
主要参戦者











戦闘経緯

クリートは第一次シャロッツ包囲戦と同様に包囲網を引いて攻撃を仕掛けようとするが、不十分なままだった。そのため、首都を孤立させるどころか、ル・マンティス北部からの補給路を断とうとした部隊が返り討ちに遭うという事態が続発した。また、少しでも薄くなった部分にはル・マンティスが果敢に攻撃を仕掛けてきたため、包囲しているほうが命懸けという有り様だった。
この戦いは実に半年に及ぶ。
クリート側は9月と10月と1月に規模の大きい攻勢をかけるが、9月と10月には貴重な将兵を失い、1月の攻勢は城壁の一部を破壊する寸前までいくが、城内からの反撃に遭い、それでも侵入に固執したためにかえって被害を出すだけに終わった。

戦いの結末

徒に戦力を消耗させたクリートが、ついに包囲網を解き撤退する。ル・マンティス側の疲弊も相当なものであり、追撃戦などは積極的には行われなかった。