34_201-400

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

201 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:20:01 ID:???
今回は維持派が無駄に噛み付いただけだろ
細かい意味も聞かずにギャアギャアと
さすが拡大解釈、レッテル貼り、過剰反応は維持派のお家芸だな


202 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:21:45 ID:???
>>198
ラク姉「それはもう後ろからまさに獣のように!」
ルナ「騎○位っていうの?見下ろしながらするのが夢だったんだよね!」
ステラ「よくわからないけど、ステラ抱っこが好き♪」


203 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:24:37 ID:???
アスラン「おい!!誰か医者呼んでくれ!!シンの鼻血が止まらない!!!」
キラ「……これ、僕でも一瞬はあの世行きの量なんだけど……」


204 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:25:19 ID:???
>>202
実際、ラク姉はヒンヌだが激美人だし正面から艶めかしい恍惚な表情を楽しめる。ルナとステラはぶるんぶるん揺れるからぐっへへへwww


205 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:26:37 ID:???
>>200,202
シン「お前らそこに直れーーー!!」フルウェポンコンビネーション
キラ「おおっ!これが俗に言うコンボ攻撃ってやつだね!」
アスラン「スパロボ自重しろ」


206 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:28:58 ID:???
ピンクの娘「事実お母様とお父様は初夜の時にわたくしを授かったそうですわ♪」


207 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:30:46 ID:???
>>206
一撃必殺とは…シン、何て恐ろしい漢!


208 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:32:00 ID:???
>>206
アスラン「それって所謂デキ婚…」
ピンクの娘「お父様直伝!生身パルマフィオキーナァァァッ!」
アスラン「ぎゃーっ!俺の髪がーっ!!」
カガリ「その前に、オーブは近親婚禁止なんだが?」


209 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:34:33 ID:???
ライル「一撃必殺とは羨ましいなぁw」
ニール「さりげなく乗ってんじゃねぇ」


210 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:36:37 ID:???
>>208
キラ「籍いれければいいじゃない」
シン「大体父さん母さんズもそうじゃん、籍いれてないんだし」
カガリ「ま、まぁ確かにな(汗)」


211 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:44:57 ID:???
>>208
ぐわしっ と掴んでブチブチブチィッ!!!とガタガタ


212 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:47:27 ID:???
>>209
ライル「シン。お前を三代目ロックオン・ストラトスに任命するぜ!」
シン「言いたい事はそれだけですか?ではお休みなさい。(ちょっと手加減した)石波!おかん天驚けぇぇぇぇぇぇん!!」
ライル「アッー!」
ニール「シン。ライルの言う事は本気にしなくていい…遅かったか」


213 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 12:51:12 ID:???
>>212
シン「また経済的に厳しい間は必中はしませんから!」
キラ「何気に凄い事言ってるよね…?」


214 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:00:31 ID:???
正直、子供ねたも自重して欲しい、また火種になりそうだから。


215 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:06:58 ID:???
>>214
そういう事をここで言うと、それこそまた火種になるからやめなよ。言いたい事あったら避難所でね


216 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:09:47 ID:???
ギル「私の話を聞いてくれないかね874。実はまた、どうでもいいくだらない品を作ってしまったのだよ。その名もHANTAIスプレーだ」
874「くだらないという自覚はお持ちだったのですね。 HENTAIスプレーですか。それはどのような」
ギル「HANTAIだよ。効能は、そうだな。たまたま今ここへ来ていたレイにかけてみよう(プシュー)さて、レイ。君は常日頃のラウの姿をどう思うかね?」
レイ「ケホケホ…ラ、ラウですか?そうですね、あの姿はラウにしか似合わないでしょう、実に素晴ら………っ!?(慌てて口を押さえる)」
ギル「このように、質問されると本来とは反対の答を返してしまうというスプレーだ」
874「なるほど。確かにまったく需要が感じられない、くだらない品ですね」
レイ「どうしてくれるのですか、ギル!こんな状態で帰宅して、もしラウを調子づかせてしまったら!!」
ギル「心配はいらないさ。このスプレーの効果は数時間で切れる。ほんのお遊び道具さ」
レイ「良かった…。そうだ、ギル。ならば、このスプレーを少し分けていただけませんか」
ギル「ああ、構わないよ。さては悪戯に使う気だね。頑張りたまえ」
874「そこは教育者として止めてください、ギルバート様」


レイ「さて、ここはまずお約束。シンにかけてみよう。刹那も一緒にいたな、ちょうどいい(プシュー)」
シン「うわ、何すんだよレイ!!」
レイ「シン、おまえはラクス嬢に常に追い回されているが、その事をどう思っているんだ?」
シン「はあ?もうウザくってたまんないね!いいかげん弟離れしろっての、いい歳して気持ち悪……ええええ!!???」
刹那「な、何が起こっているんだ」
レイ「二人とも、心配はいらない。これは(ry」
シン「つまり本来の気持ちとは正反対の答が飛び出すって事だな」
レイ「そうらしい。つまりラクス嬢をウザイと答えたシンの本音は、ラクス嬢に付き纏われて嬉しいという事だな」
シン「うあああ////」
レイ「では刹那。ニール氏の事をどう思う」
刹那「そうだな。狙い撃つしか能が無いあんな男は、さっさと駆逐してしまいたいくらいだ……なるほど、こういう事か」
シン「じゃあレイ。おまえ、ガンプラ大好き?」
レイ「あんなもの、実にくだらない。さっさと燃やしてしまいたいほどだww」
刹那「ありえない回答ばかりが飛び出すな」
シン「パーティーグッズとしては面白いかもしれないけど、確かに生活面での需要はゼロだな…あ」
ラクス「あ、あの、立ち聞きするつもりはありませんでしたのよ…(目が泳いでる)」
シン「ラ、ラク姉とニールさん!いつ、どこから」
ニール「シンと刹那がスプレーを吹き付けられたところから、かな」
シン「最初からかよ!ならわかってるよね、さっき俺達が言ったのは」
ラクス「わかってますわ!スプレー効果、冗談なのですわよね!ほほほほほ!」
ニール「ああ、わかってるって!あはははは」
ラクス「ニールさん。わたくし、事務所に忘れ物してきてしまったみたいですわ。お車を出してくださいません?」
ニール「ああ、了解だ!」
シン「い、行っちゃったよ」
刹那「遊びだとわかってるんだから大丈夫だろう。放っておけ」



ニール「んで?行き先は理事長のとこでいいんだろ」
ラクス「ええ。問いかけに真逆の答を示すスプレー、なかなか面白いではありませんか」
ニール「あの理事長も懲りねえな」
ラクス「しかし薬の効果だ冗談だとわかっていても…シンがわたくしに、う、うざいとか…エクエクエク」
ニール「俺だって駆逐したいとか言われたんだぞ!こっちだって泣きてえよ!!」


217 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:10:28 ID:???
>>214
ラクス「わかりました。では『子供ネタ』ではなく『子作りネタ』を」
フレイ「一番手はもちろんあたしよね!なんてったって種本編でキラと」
キラ「た、ただ添い寝してくれただけよ!それ以上はないんだからねねね!」
フレイ「酷いわキラ!私のはぢめてを奪っておいて!」
ミーア「へぇ…そぉなんだぁ…」
キラ「は、初めて添い寝したっていみだだだかららら!」
アビー「フレイさん。もしよければ一部始終をkwsk」
フレイ「そう、あれはお父様が、あの変態仮面に退場させられた回のこと…」
シン「ちなみにフレイさんお父さんは、大西洋連合事務次官としてバリバリ働いています」
盟主「僕も時々厄介になりますよ?いやはや、あの人は有能な方だ」
全員「「「「なぜいる!?」」」」


218 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:11:23 ID:???
>>215
また維持派がゴネるもんな


219 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:15:42 ID:???
>>218
あんたもそういう事言わないの。せっかく落ち着きかけてるんだから、少し言葉を選んで書き込みなよ


220 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:15:56 ID:???
>>218
874「でも完全に需要がないとは言えないのではありませんか?」
ギル「どういう意味だね?」
874「例のスパコディに吹きつけたらどうなるでしょうか?特に包囲網の前で」
ギル「ふむ…いかんな。キラ君が埋葬されてしまうぞ。人生の墓場に」
874「あのツンデレ幼女スキーには良い薬かと」


221 :220 [sage] :2009/11/12(木) 13:17:05 ID:???
× >>218
○ >>216
安価ミスった。すまぬ。ラク姉のひんぬー!


222 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:18:02 ID:???
>>214
だから子育てゲームネタが出たんじゃね?
あくまでもゲームですよみたいな



なんで電王ネタが長く続くかって…………そりゃ関係ないスレで自分が好きなものを他人も好きだとネタにすれば好きな奴は反応するだろ
俺だって某魔法少女ネタには喜んで反応したわ
……受けてなかったけどな


223 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:24:16 ID:???
>>221
???「では、さっそくスプレーを試してみましょうか(プシュー)わたくしを見て、どう思うか正直に感想を述べてみなさい?」


224 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:32:59 ID:???
>>216
ネーナ「せっちゃーん!フェルフェルとクッキー作ったから持ってきたよ~」
フェルト「美味しい?」
刹那「(ぱくっ)食えたものじゃないな」
ネーナ+フェルト「「!!!」」
刹那「あ、いや、実は今」
ネーナ「せっちゃん、ひどぉい~(泣)」
フェルト「い、いいの。ごめんね刹那。分量間違えたのかな。無理して食べなくてもいいから…帰ろうネーナ」
刹那「待ってくれ!俺の話を聞いてくれ!」


ステラ「シーン!」
シン「ちょ、いちいち抱きつくなよ!鬱陶しいなあ!」
ステラ「…シン?どうしたの?」
シン「どうしたじゃねー…あ、違うんだよ、ステラ。これは」
ステラ「うわああん!!!(号泣)」


レイ「まずい事になってしまった(汗)」


225 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:54:43 ID:???
>>218
流石、生粋のゴネ原理主義者は言う事が違いますな


226 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 13:56:29 ID:???
>>225
今回議論の火種を拡大したのは維持派だろ?
悪いのはなんでもゴネ派か

さすがに正義がわかってらっしゃる(笑)


227 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 14:00:51 ID:???
もともとこの村にいたのは犬好きの人と猫好きの人のはずなのに
それがなんで”猫嫌い”と”犬嫌い”に変わっちゃうんだよ!! 
どうしてお互いの欠点探して傷つけ合ってばっかいるんだよ。
百の罵声あびせるよりも好きなもん一つ胸張って言える方がずっとカッコいいだろ。

何が嫌いかより何が好きかで自分を語れよ!


228 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 14:04:46 ID:???
そんなにケンカしたいなら避難所行きなよ
ここは基本的にネタを落とすスレでケンカするスレじゃないだろ
議論したいから、でも本スレでやるのは他の人に迷惑だから避難所はあるんだろ
ここでケンカふっかけてる奴は、避難所行くのも面倒がって自分さえ良ければいいわけ?


229 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 14:05:03 ID:???
思うにゴネ派維持派と言う名称があまり宜しくないな

ゴネ派は抑制派に
維持派は推進派に

それぞれ言い変えてみよう


230 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 14:05:28 ID:???
>>227
ラク姉「私はシンが一番ですわ!」
アスラン「髪の毛だ!髪の毛が大いに越した事はない!」
カガリ「美味しいものだ!量が多ければ尚よし!」
キラ「幼女とおっぱい!」
シン「…バーゲン?」


231 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 14:07:57 ID:???
>>228
思うに、避難所がテンプレに乗ってないのが使われない理由の一つではないかと具申致す。


232 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 14:11:06 ID:???
>>231
ここには載ってなくても、まとめにあるんだから、そこまで行くのを面倒がってると言いたかったんだよ
ちゃんと避難所行ってる人もいるのにね
あなたの意見も尤もだから、貼らせてもらう

http://jbbs.m.livedoor.jp/b/i.cgi/anime/1777/1152978446/

議論は、ここでお願いします


233 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 14:16:27 ID:???
>>232
次からテンプレに入れるか


234 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 16:33:08 ID:???
とにかく気に入らないネタはスルー。
流れを変えたかったら、他のネタ考えて投下しましょう。

つまり、ネタが書けない人間に発言の権利はありません。
ネタが書けない人たちは、避難所で終わりのない議論を繰り返すか、黙ってスレの行く先を見ていてください。


235 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 16:54:42 ID:???
>>234
だから何でそう煽る様な言い方をするかな…



と言うか皆どうしちまったんだよ?
以前のトランザムバースト(保守派と改革派がお互いに『あの時はごめん』と謝りあった時)で俺たち、解り合えてたじゃないか…
双方が相手を認め、意見を尊重し、自身の非すらも認めた姿を俺は忘れていない。

あの時は本当にこのスレだけでなく2ch全体の明るい未来を垣間見た気がするんだ…少なくとも俺はそう感じた。



皆あの時の殊勝な気持ちを思い出そうぜ…


236 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 17:20:48 ID:???
明らかな過剰反応から見て、なりすましの荒らしが混ざってる気がする

以前、議論った時はもっと大人だったし


237 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 17:28:04 ID:???
>>235
だから、今回は維持派が過剰反応しただけじゃん
ただ「よく暴走するよな」って一言言っただけなのに
「お前ゴネ派だな! 黙っていろ!」みたいな反応をするから反感を買ってるんだろ?
それに対して「維持派が維持するために一言発するだけでゴネてるぜ(笑)」みたいな皮肉も出てるわけだ

前にゴネとは言っても言われるだけの理由があるって
維持派も理解したはずなんだからね

前にアーサーを言論封殺したネタのシンみたいだったぜ
「なにを言おうが答えは聞いてない。だってアーサーだし」
「なにを言おうが答えは聞いてない。だってゴネ派だし」

おなじだよな?


本来議論所で書くべきことだったけど、何人見てるかわからないからこっちに書いた。
駄文失礼。


238 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 17:59:20 ID:???
キサト「自分で作ったけど・・・・(ロウとキサトでプレイ)」

キサト「あぁ、私達の子供が胃炎と過労で長期入院にー」



239 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 19:14:00 ID:???
将来、赤娘は良い女になるよきっとw 

激しく苦労性だろうが…主に長女とピンクな母親が元でw


240 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 19:17:27 ID:???
>>239
ヴィア「それだけどラクス、貴女が本気でシンと結ばれる覚悟があるならお母さんズは応援するわ」
ラクス「とっくに本気ですわ!」
レノア「シンだって心底じゃ貴女を愛してるんだし、頑張りなさいな」
ラクス「イェス!」
カリダ「私にも貴女みたいな強さがあれば…」
シン母「孫を抱かせてね~」
ラクス「お任せ下さいなお母様方!」
キラ(たぎってる…凄まじくたぎってる!)


241 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 19:23:21 ID:???
>>240
そりゃ漲るだろラク姉は(笑)後はまだ登場してないラク姉の母(ヤンデレ)が不気味だな・・果たしてどんな怪人なんたか(笑)


242 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 19:38:12 ID:???
>>241
やっぱりラクス以上のすンごい人ざゃないかな~と。いや、なにがすンごいのかは推して知るべし!


243 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 19:42:05 ID:???
そしてラクスと同じひんぬーですね。分かります。


244 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 19:55:24 ID:???
今ヒートアップしてる奴は、維持派でもゴネ派でもない、ただの荒らしだよ
みんなが無視して本来の流れを取り戻せばいいよ


245 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 19:57:55 ID:???
>>243
キラ「ところがぎっちょん!」
アスラン「ラクスの母さんは…Dカップ(推定)だ!」
シン「そういえば昔抱っこしてもらった時のふくよかな感触が。」
キラ「信じらんない?いやー無理も無いけど事実なんだよ。つまりラクスはウチの家系の突然変異さ!」


246 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 20:00:30 ID:???
>>245
何だとぉぉぉぉぉ!!? 
いや待てよ?つまりラク姉が突然変異ならば隔世遺伝でピンク髪な娘は巨ヌーに?なぁぁんだそれなら無問題w


247 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 20:03:41 ID:???
よし、まだ希望は失われていない!!!だって胸までラク姉に似てしまったら(ネライウツゼ


248 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 20:28:15 ID:???
>>216
HANTAIを変態と読んでもうたorz


249 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 20:31:59 ID:???
>>247
死神「ほいほい、お前さんはこっちな。」


250 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 20:39:12 ID:???
シン「そういえば俺の母さんってどうだったんです(特売ウォーズで)
   正直、武勇伝しかきいてなくて本当はどんな」
カリダ「………」←凄い沈痛な面持ち
レノア「あれは…さらにマイルドにした話よ。実際のを見たら…」←なんか深刻そうな表情
ヴィア「出入り禁止になるのも頷けるわ…」


251 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 20:47:30 ID:???
>>250
おいおい、以前出ただろww


252 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 20:49:02 ID:???
>>247
00(いつぞやのガチムチ化)「さあさあ兄さんはこっちですぜ!俺がおぶって運んであげましょう!フンッ!(たくましい肉体を誇示しながら)」


253 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 21:03:11 ID:???
>>250
シン「そういえば母さんもラク姉との仲を認めるとか言ってたっけ…うぅっ」
キラ「で?シンはどうなのさ(笑)」
シン「そりゃあラク姉相手ならブツブツでも姉貴だしブツブツでもオレ以外の男となんて一緒になって欲しくない訳でブツブツ」
アスラン「激しくその気だな(汗)」
キラ「これで無自覚だから恐ろしいね。ちなみにアスラン、これ見てよ。」
アスラン「ん?」

〈ラクス、シンへ

(ピーッ)な事はシンが20になるまで駄目よ?ちゃんとシンが社会的に成人するまではそれだけは守りなさい
By母ちゃんズ〉


254 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 21:07:15 ID:???
>>252

それ見て、こんなの思い付いた

死神「はぁ~、最近こっちに来る奴が増えたなぁ」
砲衝撃「死神さん、死神さん♪」
デュナメス「私たちこんなの作っちゃいました♪」
砲衝撃、デュナメス「「名付けて!」」
コアスプレンダー「お出迎えされるのは、どっちかな?」
アリオス「幼女かな?」
00「野郎かな!?」
ケルディム「お出迎えルーレット!」
死神「なんじゃこりゃ?」
砲衝撃「あの娘たちの特徴(?)を、見て作ったの」



255 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 21:19:24 ID:???
>>253
一応その辺りの事はきちんとしてるんだな母さんズ達。


256 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 21:27:50 ID:???
ふと思う。兄弟家の父ちゃんは、よくこんな一癖も二癖もある女性達を妻にする気になったな(籍は入っていないが)
やっぱり逆レされて責任を取らされたのだろうか?


257 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 21:37:05 ID:???
>>256
そこは恐らく愛情故に………全員から迫られた故にとか………


258 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 21:49:18 ID:???
俺の妄想では

カリダが弟である父を監禁
→母達、単独では及ばないカリダから父を奪い取るために渋々協力
→激闘の末友情芽生え>>256

こんな流れな気がする


259 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 22:00:24 ID:???
>>258
そしてその晩、以前で言ってたカリダの初めてをシン父にもらってもらった話に繋がったりしてなw


260 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 22:22:15 ID:???
>>259
カリダ『ラクス、落ち着いて聞いてね?』
ラクス『どうしたのですか?カリダ伯母様』
カリダ『前に、私が一度だけ○○(兄弟家父)に抱いてもらったって話はしたわよね?』
ラクス『ええ。覚えていますわ。その時に伯母様はお父様に処○を捧げたとか』
カリダ『実は……その時の逢瀬で、私のお腹に子供が出来たの』
ラクス『へ?』
カリダ『○○との間に出来た子供よ。死ぬほど嬉しかったわ。でも、同時に死ぬほど困った。何せ、姉弟の間に出来た子供なんだもの』
ラクス『そう、ですか……あら?でも伯母様にお子様はいませんわよね?』
カリダ『ラクス、落ち着いて、落ち着いて聞いてね。実は……あなたはその時の子なの』
ラクス『は?』
カリダ『あなたは○×(ラクス母)の子ではないの。私の子なのよ!』
ラクス『な、なんですってーーーー!!!!』



カリダ「というネタはどうかしら?」
アビー「面白いですね。でもよいのですか?ここまでディープだと流石に本人達に了承をとった方が……」
カリダ「問題ないわ。今は便宜上カリダとラクスで書いてるけど、製版する時には名前を変えるもの」
アビー「それならばよろしいかと思います。しかし、こんなネタを考え付くとはさすが師匠」
カリダ「フッ!貴腐人の異名は伊達じゃないわよ!」


261 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 22:44:24 ID:???
>>260
それ同人誌でも801でも百合でもなくて昼ドラの内容じゃねえかw


262 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 22:49:22 ID:???
>>260
ちょい待った!貴腐人はカリダじゃなくてヴィアだヴィア!


263 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 22:50:26 ID:???
>>224

ラクス「理事長! 今すぐあの妙なスプレーの解除薬を作りなさい!」
ニール「あんたもつくづく懲りないよなぁ」
ギル「ふむ。内輪で遊ぶにはそこそこ楽しめるかと思ったのだが」
ラクス「事情を知らない方が突然あんな事を言われたら傷つくに決まっていますわ!!!」
ニール「刹那もシンも交友範囲は結構広いからな。いつ誰にとんでもない事を口走るかわかったもんじゃねぇ」
ラクス「その時傷つくのは言われた方だけではありません!シンも刹那も傷つくのです!!」
ニール「それがわかってて見過ごせねぇよ」
ギル「わかった。至急解除薬の製作に入ろう。…だからその爪と銃をしまってくれたまえ、二人とも」
ラクス「わたくしはここで理事長を見張っています。ニールさん、貴方はシンと刹那を連れてきて下さいまし」
ニール「了解だ、すぐに連れてくるぜ」


シン「俺は…俺はステラになんて酷いことを…orz」
刹那「俺はガンダムになれないorz」


たまにはラク姉の年長者らしいところを。


264 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 22:58:24 ID:???
>>262
しまったぁ!なんてこったい!
かくなる上は…ラク姉ミナ様ヒリ姐のひんぬー!レノアのパ○パ○!シンのシスコン!


265 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:09:45 ID:???
ひでえな>>264にあの世に行けない呪いかけた上で粉微塵にされてやがる。


266 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:11:03 ID:???
>>264
ひでぇ…ミンチより遥かにひでぇ事になってやがる。ムチャシヤガッテ 

死神「かわいそうだけどお前さんは戻れないぜ。」
00「おげんきだしてこっちにならんで~」


267 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:12:24 ID:???
>>265
266だ、すまぬかぶった俺もペナルティ受けてくる。ヒンヌヒンヌヒンヒンヌ~!


268 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:25:30 ID:???
>>267
即死だったな…かわいそうに

デュナメス(ガチムチ)「よく来たな!君はこの俺が案内しよう!さあこっちだ!フンッ!フンッ!(筋トレしつつ)」


269 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:34:39 ID:???
>>267
砲衝撃「酷いわね…頭撃ち抜かれて。さ、あっちに並びなさいな♪」
スミマセンあっちは戻れない人達の列じゃ…?


270 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:36:30 ID:???
>>269
優しく且つさりげなく戻れないコースに案内するんか砲衝撃wwww 

砲衝撃「だって、せめて笑顔で・・・・ねえ?」
死神「キラの時はアリオスにハサミ準備させとくか?」


271 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:38:05 ID:???
>>264
しかしレノアさんそのお年でツルッツルとは…。まぁアスランの母ちゃんだし、しゃあないかw









…で、何故キラはそれを知ってたんだろう?


272 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:39:26 ID:???
>>270
砲衝撃(ガチムチ)「それならこっちの方が好みかい?フン!フン!」
死神「あ、慌てて現世に帰っていくぜ」


273 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:43:28 ID:???
>>271
小さい時一緒に風呂入ってとか?


274 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:45:05 ID:???
>>270
ちなみに砲衝撃って深い緑髪の既出通りのボインお姉さんなイメージがあるな(笑)


275 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:46:07 ID:???
>>274
俺はロングヘアーで脳内再生しとる。


276 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:47:25 ID:???
>>274
え?髪型がウド鈴木のガチムチ兄貴だろ?胸板がたくましいぜ…


277 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:51:20 ID:???
>>271
キラ「パイ◎ン熟女wwそれはそれでハァハァ!!!」
シン「節操ねぇ…」


278 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/12(木) 23:55:06 ID:???
>>277
パ○パンは良い!何が良いって丸見えなのがまたマニアックで///つまりシン父はそれを独り占めちくしょう羨ましい!


279 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 00:00:32 ID:???
レノア「あらあら?うふふ♪キラ君、>>278さん、ちょっとそこに並んでくれないかしら?
    え?何をするのかって?大丈夫♪すぐ終るから♪いっくわよぉ~♪

    ひとり!石・波!究・極!天・驚・けぇぇぇぇぇぇぇぇぇん!!!!」


280 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 00:02:04 ID:???
ニコル「ア~ス~ラ~~ン……」
アスラン「どうしtぶべらっ!」
ニコル「お母様方が!」
アスラン「なんだいきなryぐぼっ!」
ニコル「来ていたならあ!」
アスラン「おまっいだだだだ」
ニコル「なんで僕にい!」
アスラン「ちょ!抜ける抜ける抜けるう」
ニコル「紹介してくれなかったんですかあっ!」
アスラン「髪はらめえっ」
ニコル「レノアさ~~~~~ん!」


イザーク「仕事がたまってるというのに」
マリー「凄いですねニコルさん(汗)」
アレルヤ「あのアスランさんがされたい放題なんて…」
ディアッカ「ニコル曰わく世界一らしいからなあの家のママさん達」
グラハム「私に負けず我慢弱いとは流石はガンダムだな」
シホ「そろそろ止めます?」A2ロール紙装備
ラウ「ふはっは……コソコソ」条件反射


281 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 00:09:26 ID:???
>>280
ディアッカ「タンマ、シホこいつでやれよ」

っ穴開けパンチ(業務用の大型) 

シホ「あらコレいいかも☆」


282 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 00:16:39 ID:???
なんだか(議論とか抜きにしても)久しぶりに見たな、ディアッカ…


283 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 00:16:55 ID:???
スティング「シン。言いたい事をはっきり言うのは悪い事じゃねぇ。だが、ステラをわざわざ泣かせるような言い方はどうなんだろうな?」
ミハエル「てっめぇぇぇぇ刹那ぁぁぁぁぁぁ!!!! ネーナを泣かせるとは何事だぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!」
クリス「話次第じゃ私も相手になるわよ、刹那」←後ろにキュリオス
シン(すいませんオクレ兄さんホントすいません…!!!!!)
刹那(事情を説明したいが…今の俺は何を言い出すか…!!)←二人して口元手で押さえてる
3人「「「さぁ、一体どういうつもり(だ)?」」」

ニール「あぁもうやっぱりややこしい事になってやがる!!」


284 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 00:18:15 ID:???
>>283
筆談でやれwww


285 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 00:20:17 ID:???
>>281
ちょと待てディアッカ!お前は男の敵になるつもりか?シホにそんな危ないもん持たせるんじゃねえ!


ラウ「私のおいなりさんが危険を感知している。平穏無事を祈りたいものだがな。」


286 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 00:26:06 ID:???
>>263
ラク姉、年長者として弟たちを救うのは素晴らしいが、その時あなたはニールと車内にいたのでは…
って愚問でしたねww


287 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 00:33:37 ID:???
>>283
アスラン「まあまあ、ちょっと待ておまえ達。こいつらにも事情がありそうだ」
シン「………」つ紙
アスラン「うんうん、また理事長か」
スティング「仕方ねえなあ。その代わり、薬が切れたらちゃんとステラの相手してやってくれよ」
シン「!!!」←無言でぶんぶん頷く
フェルト「じゃ、じゃあクッキーは」
刹那「……」←無言でOKサイン
ネーナ「よかったあ~(泣)」
ミハエル「このガキ!またネーナを泣かしやがって!!!」
アスラン「しかし問いかけに反対の答を返す、か…シン。俺の頭を見てどう思う?」
シン「(ピーン)アス兄の髪ってすごく豊かで綺麗だよね!うらやましいよ!!」
アスラン「そうかそうか、あっはっは!!!」

全員(最初から反対の事言われるとわかってるのに、嬉しいもんかなあ…)


288 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 00:59:41 ID:???
>>285
ディアッカ「んー…じゃあこいつはどうだ?」
シホ「これは…?」
ディアッカ「シュレッダーww」
シホ「OKwwww」
ラウ「私の!私のお稲荷さんの危険察知レベルがMAXだ!!!!私に向けられてもないのにMAXだ!」


289 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 01:25:11 ID:???
正直クルーゼじゃなくてもお稲荷さんが縮みあがる思いだから物騒なのはやめてほしいw


290 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 02:35:26 ID:???
>>287
ニール「ふー。助かったぜ、ありがとなアスラン」
アスラン「二人の様子がおかしかったからな。誤解が解けてなによりだ」
ニール「ホントにな。ほら二人とも、理事長んとこ行くから乗った乗った…ん?」
レイ「……。シン、刹那、それに皆さん…今回の騒動は俺の責任です。申し訳ありませんでした」←深々
アスラン「まぁ確かに、ちょっと危険性はあったが」
ニール「けどガキの頃なんて悪戯するのは当然だぜ?反省するのはいい事だが、あんま気にしなさんな」←レイの頭わしわし
レイ「…はい。ありがとうございます」←ちょっと驚いた
ニール「よし、お前さんも送ってってやるから乗っとけ♪」

シン(俺もアス兄とロックオンさんにお礼いいたいよ…)
刹那(ネーナ達に後できちんと謝らなければ…)



ラクス「まだですの?理事長」←種割れ瞳
ギル「も、もう少しで完成するから落ち着きたまえ」←なんかよれよれ


291 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 09:05:16 ID:???
貧乳
ひんぬー
シンの姉ちゃんでべそー


292 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 09:22:24 ID:???
シン「でべそで悪かったなぁ!!」ガツドカグシャ
シン「でべそがお前に何をしたよ!?」ハギドカグチャシン「でべそが何か迷惑かけたか?あぁぁぁぁ!?」


293 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 09:50:10 ID:???
ところで暴走ニコルはお母さんズの許に行けたのか?


294 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 10:28:40 ID:???
ここのスレは死亡者が多すぎひんぬー


295 :1/2 [sage] :2009/11/13(金) 10:38:00 ID:???
シン「何だか孫の顔を早く見せろ発言が多くなったな。もしもだよ。もし、誰かが俺の子供を孕んだとするよ」
ラクス「それでしたら、私が既に・・・」
キラ「はいはい、想像妊娠」
シン「その時はちゃんと責任を取るさ。でも、俺がちゃんとした父親を努められるかどうかが問題だ」
アスラン「いや、お前なら立派な父親になれると思うぞ」
カガリ「経済面なら私たちに頼れ」
シン「それはまだ良いさ。でも、父親のことをはっきり覚えていない男が父親になれるか?」
アスラン「どういうことだ?」
シン「親の背中を見て育つって言うけどさ。やっぱり父親になるのにも模範であった父親に見習うべきだと思うんだ」
キラ「あ~そうきたか。でも、父さんは色んな都合で家を留守にしたから仕方がなかったんだ」
シン「それは理解してるさ。今さら、幼児退行して父親に甘えたいとも思っていない」
ラクス「ならば今、私に甘えても・・・」
カガリ「ラクス、話が進まない」
シン「そこで・・・せめてどんな父親だったのか知りたいんだ。父さんはどんな人だったんだ?」


296 :2/2 [sage] :2009/11/13(金) 10:43:31 ID:???
キラ「シンみたいな感じだね」
アスラン「そうだな」
カガリ「良いところも悪いところも全て似ているな」
ラクス「ルックスもシンにそっくりですわ。後、悩み癖とか」
シン「?」

回想
カガリ「ねぇ、お父さん」
○○「何だ、カガリ?」
カガリ「どうして、うちはお母さんが5人もいるの?」
○○「・・・お父さんが皆のことが好きだったからだよ」
キラ「優柔不断とかじゃなくて?」
○○「こら」
ラクス「じゃあ、誰が一番好きですの?」
○○「えっ・・・・」

アスラン「お母さん、お父さんが部屋から出てこないよ」
レノア「ああっ、大丈夫。いつものことだから」

回想終了

キラ「あんなことがあったよね」
3人「そうだねぇ」
シン「???」


297 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 11:28:52 ID:???
>>292
否定しないところを見るとラクスって出臍なのか?


298 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 11:58:10 ID:???
>>296
中身までシンそっくりなのかw


299 :通常の名無しさんの3倍 :2009/11/13(金) 12:58:02 ID:6dsyvcjZ
そのころ

○○「ひっくしゅ!! 誰か、俺の噂をしているな・・・・さしずめ、ウチの子供か女房たちだろうな。一回帰ってみようかな・・・」
子供「おじちゃん、今日の飯は何?」
○○「ん? おじちゃん特製のオムライスだ、好きだろ?」
子供「大好き!!」

四馬鹿+シンの父は戦災孤児の世話とかしてそう


300 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 13:08:52 ID:???
やべ、sageるの忘れたOTL


301 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 13:09:06 ID:???
お母さんズや子供たちのことを悪く言おう物なら暴れまわるイマゲ
ラク姉筆頭に兄姉の事となるとたまにブっ飛ぶシンの父ちゃんだしw


302 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 13:25:08 ID:???
>>301
ラクス「そしてシンのことになると何もかもがブッ跳ぶのが私ですわぁぁぁぁぁぁっ!!」
キラ「自覚あったの!?」
アスラン「元々自覚はあっただろう?自重する気がないだけで」
カガリ「こんな姉を持ってどう思うシン?」
シン「うっとおしいったらありゃしないね。実弟に欲情する姉ってどうよ?」つ【すごく…嬉しいです…】
ルナ「これも一種のツンデレなのかしら?」


303 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 14:05:52 ID:???
>>290
レイ「人の手のひらと言うのは…暖かいものだな」

シン(あ、レイもほだされた?)


304 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 14:25:35 ID:???
>>297
カガリ「失礼だな。私はでべそではないし、胸も人並みにはある方だ。筋肉と贅肉で半々だが」ゆさっ
シン「ぶっ!!(鼻押えながら) カガ姉はしたないよ!」

ラクス「……(プルプル)」
キラ「落ち着きなよラクス、妹に嫉妬したらおしまいだよw それに君がでべそだったのh」(グシャア


305 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 15:03:40 ID:???
>>303
車内

レイ「刹那がニール氏にべったりになるわけだな。納得だ」
ニール「おいおい、大袈裟だぜ。なあ刹那」
刹那「俺に触れるな///」
ニール「はいはいw」
シン(触れるなの反対は…いっぱい撫でられたいのか刹那?)



ギルのラボ
ギル「そもそも、あのスプレーの効果は数時間だ。放置していても勝手に切れるのだよ」
ラクス「…………」
ギル「もう少しで完成だから爪は仕舞いたまえ」


306 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 15:14:49 ID:???
ステラ「うぇい?」
スティング「何だステラ?小さなスプレー容器だな」
クリス「これ、もしかしたら例の」
スティング「ニールの車に乗る時に落としたのか?レイらしくもないな」
クリス「珍しく、しょげてたからねー」


ミハエル「見ただろネーナ!あのガキはあんな奴なんだよ!俺の方がよっぽど」
ネーナ「せっちゃんがおかしかったのは理事長の薬のせいだもん!反対の事言ってるってわかれば、全然平気だもん」
フェルト「お兄さんもよかったらクッキー食べますか」
ミハエル「ネーナが焼いたやつなら貰うぜ」
フェルト「一緒に焼いたから、どれかわからないよ…」
スティング「……(プシュー)」
ミハエル「うお!何しやがる!それでよ、ネーナ」
ネーナ「ミハ兄はほっといていいよフェルフェル。もうミハ兄うるさい!」
ミハエル「うるさいたぁ何だ!てめえ妹のくせに!…あれ?」
ネーナ「ミハ兄、ネーナの事大好き?」
ミハエル「だいっきらいに決まってんだろ!調子こくなよ!…いやネーナ、これは」
ネーナ「ネーナも、フェルフェルに意地悪するミハ兄は大嫌いです!せっちゃんは理事長のとこ行ったし、ひとまず帰ろうよフェルフェル」
フェルフェル「う、うん」
ミハエル「ネーナ~~~!!!」

スティング「乙女の危機は救ったな。うまく使えば実用的かもしれないぜ」
クリス「そうかなあ…(汗)」


307 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 16:41:59 ID:???
>>302
シンからすれば本音隠せないなそのスプレーww


308 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 16:48:00 ID:???
>>307
ラク姉なんか大嫌いだ!だれがアンタなんか嫁にするもんか!→ラク姉大好きだからいずれちゃんと嫁にすっから 


こうだな?wwww


309 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 16:51:53 ID:???
シン「あのスプレーはヤバかった。本当にヤバかった…(汗)」
刹那「反対の言葉を言ってしまう、か…使う者が使えば戦争さえ起こせるぞ(汗)」
シン「戦争?まさかぁ。」
刹那「言葉は武器だ。その気になれば新聞の記事一つで内乱や紛争が起きてしまう。覚えておいた方がいい」
シン「あ、ああ。」


310 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 19:05:12 ID:???
キラ「騒がしいな。何の騒ぎだよ」
クリス「あら、家にいたの?」
キラ「エロゲやってたんだけど外がうるさ(プシュー)うは、何するんだよオクレ兄さん!」
スティング「よーし帰るぞー」
クリス「ちょ、ちょっと!もしこの後にフレイ達が来たらまずくない!?」
スティング「ほっとけほっとけ」
キラ「何なんだよ!説明してよー!」


311 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 19:08:47 ID:???
>>310
キラ終了のお知らせw


312 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 19:13:18 ID:???
しかしギルえもんが作る物は全てシャレにならないな
ギル製なら、どんな玩具でも兵器になっちまう


313 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 19:26:15 ID:???
しかしこのスプレーがオクレ兄さんの手に渡るとはなぁw

レイ「?!」
シン(どうしたんだ?レイ)←筆談
刹那(顔色が悪いな)←筆談
レイ「あのスプレーが…ない…」←真っ青
シン(落としたのか?一体どこに…メール?)
レイ「もしあれを誰かが使ってしまったら…(トントン)」
シン(オクレ兄さんが拾ったんだってさ!良かったなレイ!)←携帯見せながら

オクレ「ま、こんなもんか」
クリス「さっすが!気が回るわねぇw」


314 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 19:30:48 ID:???
>>313
オクレ兄さんなら悪用しないしな

キラ兄?
別にいいんじゃない?www


315 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 20:04:08 ID:???
>>314
フレイ「キラー、遊びに来たわよ」
ミーア「やっほー♪」
キラ「いらっしゃい二人とも!ずっと一緒にいようね!♪♪♪」
フレイ、ミーア「「!!?」」
キラ(僕の本心がっ!何だ何だ何だぁぁ!!?しゃべったのは突き放す言葉なはずだったのにぃぃ!!?)


316 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 20:58:13 ID:???
>>315
フレイ「ちょっとキラ、どうかしたの?」
ミーア「調子悪いんじゃないの?」
キラ「そんな事ない、二人に会えて嬉しいだけだよ!」
訳:(僕にだってなにがなんだかわからないよ!)

フレイ「キラ、こっち来なさい」←キラの部屋へずーるずーる
ミーア「あたしお水とタオル持ってくねー!」
キラ(な、なんか変な事になっちゃったなぁ…)←寝かしつけられた


317 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 21:57:08 ID:???
>>316
キラ「あのーふたり共?」
フレイ「何?」
ミーア「どうしたの?」
キラ「何故か看病してくれるのはありがたいんだけど…何で射程距離内に近藤さんとティッシュがあるのかな?かな?」
フレイ「そりゃあ勿論…ねえ?」
ミーア「ねー。」
キラ(僕ピンチ!)


318 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 22:07:13 ID:???
おとなしく頂かれとけキラ(笑)


319 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 23:02:28 ID:???
>>317
アスラン「……ま、放って置くか」←現状唯一事情を知る人


320 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 23:23:51 ID:???
あれ?
このスプレーって本来の気持ちと反対の事を言うんじゃなかったの?
もしかして時間が経って自分が言おうとした言葉と反対の事を言う
効果に変わったの?


321 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 23:47:20 ID:???
>自分が言おうとした言葉と反対の事を言う
俺は最初からそのつもりだったのだが…違ってたのか?


322 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 23:54:33 ID:???
キラはややこしいよね、本心と逆の事言おうとするからw


323 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 23:55:37 ID:???
ラク姉はキョニュー!
とか言っちゃうようになるのか…


324 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/13(金) 23:57:20 ID:???
>>323
いや、嘘は言ってないぜ。キョニューのキョは嘘偽りの嘘(ネライウツゼ!


325 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 00:35:18 ID:???
>>320-321
最初にスプレーネタ投下した>>216だが、
>問いかけられた質問に、本来とは反対の答を返してしまう
というだけで、「本来の気持ち」「本来、言おうとしたこと」どっちにも定義づけてない=どっちもアリのつもりだった
だって、ややこしいじゃんww
だから、

>このスプレーって本来の気持ちと反対の事を言うんじゃなかったの?
>自分が言おうとした言葉と反対の事を言う効果に変わったの?

どっちでも正解だと思うよ。職人さん次第かな
というか、ここまでネタが引っ張られている事に一番驚いているわけだがwwww


ステラ「(プシュー)ステラ、アイス嫌い! 本当だ、スティングすごーい!」
スティング「というわけで同じ薬のせいでシンが酷い態度を取ったんだ。おまえが嫌いになったわけじゃないぞ」
ステラ「うん。ねえ、これ、ハイブリッド達にもやってみていい?」
スティング「え」


ハイブリッド「ガウ、ガウ!」
シェルブリッド「がう~」
ステラ「わ~、ハイブリッド達も、反対の事言ってる。おもしろーい」
スティング「さ、さっぱりわからん…でもまあステラが楽しんでるならいいのか?
   でもとりあえず薬の効果が切れるまでは俺の目が届く範囲にいろよ」




326 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 05:15:02 ID:???
オーブ海軍基地
体育祭

ワーワー
ミナ「ふむ、棒倒し、か。」
ユウナ「名物だよねぇ勇猛果敢な競技でさぁ」
カガリ「よし!私も出る!」
キサカ「ダメです!」
カガリ「少しだけでも!」
キサカ「少しだけでもダメです!貴女が出たら人的被害が…ってアレ?」

ユウナ「ほりゃ♪とりゃ♪」
ボカッドカッ
隊員1「あっふぉぉっ!?」
隊員2「ぎゃふぅ?!」

ミナ「あははははは♪」
ザシュッザムッ
隊員3「はぉっ!?」
隊員4「ふぐぉ!?」
ギャーワーウギャー
キサカ「あの二人…何時の間に…」
トダカ「うわ、人がまるでゴミのようだ…」
カガリ「…私が行かなければ誰があの二人止めるんだ?」
キサカ「…お、お願いします…」


327 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 07:08:16 ID:???
>>326
こうかな?

競技終了

ユウナ「はぁすっきり♪」
ミナ「事務仕事がここんとこ多かったしな♪少しもの足りないがいい運動になった♪」
カガリ「…オマエ等なぁ」

「メディック!!メディーック!!」
「クソッなんてこった!手足がありえない方向にまがって…」
「止血、早く止血を!!」「畜生!なんであの人外の化けモンが乱入してくんだよ!」
「おいっ!死ぬな!大丈夫だからな!実家にまだ小さい娘さんと息子さんがいるんだろ!」


カガリ「あの声が聞こえないのか?ん?」
ユウナ「…やりすぎちゃったかな?てへ♪」
ミナ「こんな事ではオーブ海軍も危ういものだな。アマノミハシラ、オーブ宇宙軍はもっと強いぞ?」
トダカ「つか、もう戦場の様相ですな…」
キサカ「…(もうコイツ等この手のイベントに呼ぶのやめゆぅ…)」


328 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 07:10:43 ID:???
>>324
そんなこというから
ラク姉の巨ヌー
としか言えなくなってしまったじゃないか



329 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 07:33:28 ID:???
>>327
ちょっと無理矢理続けてみる

アナウンス《次は騎馬戦です『残存』している方々は奮って参加してください。》
カガリ「騎馬戦、だと…」
ユウナ「これは是非とも参加しなくちゃ♪」
ミナ「狩りの時間だ…」
キサカ「やめてください!本当にやめてください!つか、アンタ等馬組む気ないじゃないですか!」
ミナ「ふっ、私ら歩兵、足軽として参加する。コレはハンデだ。ガシャリ」
ユウナ「さーてもう一暴れしちゃおっかなー♪ガシャリ」
カガリ「始めようか?ガシャリ」

キサカ「鎧兜ー!!?」

カガリ「合戦だろ?当然だ!ん?馬いないな?馬肉んまいのに…」
キサカ「もういや!この人達!」


330 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 11:05:42 ID:???
ユウナとミナのターンは珍しいなwいいぞもっとやれww


331 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 11:18:07 ID:???
アナウンス《えー今回は特別ルールとして馬はオートマトン、装備は耐MS用装備実弾装填ビームは出力最大まで認めます。参加者は二階級特進のボーナス付きです。》
キサカ「諸君の命、私にくれ!!」
ミナ「命を捨ててかかってこい!!」



332 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 11:27:06 ID:???
>キサカ「諸君の命、私にくれ!!」

ブライト大佐!?


333 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 12:48:29 ID:???
結果は
ユウナ「いや~久しぶりに良い運動になったね。」
ギナ「余興としては面白いものだ。」
カガリ「腹が減ったな。飯にするぞ!」

あたりに散らばるオートマトンの残骸とオーブ海軍人の無残な姿(死んでないよ。)

トダカ「大変です。オーブ領海内に所属不明艦とMS3機が侵入して来ました。至急海軍の出動を…」
キサカ「無理だ。皆、疲弊しきっているのだぞ。」
カガリ「トダカ、所属不明艦の位置はどこだ?」
トダカ「本島の南10キロを現在北上中です。」
カガリ「そうか。え~と南は…」
ミナ「カガリ、そっちは北だ。」
カガリ「おぉ、こっちだったか。よし、行くぞ~おりゃ!」投石


トダカ「ん?なんだ。」
通信兵「所属不明艦に謎の攻撃。コントロールを失っています。」
カガリ「お~当たったか。どんどん行くぞ。えいっ!」
ユウナ「じゃ、僕も。ほいっ!」
ミナ「はぁっ!」

通信兵「MS3機撃墜。また謎の攻撃です。」
カガリ「終わったな。カレー食おう。トダカ、事後処理は任せた。」
トダカ「……平和は保たれたのか?」


334 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 13:35:48 ID:???
>>333
便乗してみる

不明艦隊指揮官「ふははは!お祭り騒ぎのオーブ海軍なぞ張り子虎同然!モビルスーツ隊発進!目にモノいわしてくれる!」
ヒルルル…ドカァンズズーン
不明艦隊指揮官「な、何事だ!」
不明艦隊官制官「三番艦、二番艦被弾!戦闘続行不能!」
不明艦隊指揮官「なにぃ!迎撃を!」
不明艦隊官制官「だめです!補足できません!…うそ、こんなのって…」
ドカーン
不明艦隊船員「うわぁぁぁ!!」
不明艦隊指揮官「ダメージコントロール!急げ!くっ!やるもんだな、奴らも平和ぼけしてないって事か!」
不明艦隊管制官「モビルスーツ隊全滅!ああ嘘だこんなの嘘だ…」
不明艦隊指揮官「ちっくしょう!今度はどんなびっくりどっきりメカをつくりやがったんだ?オーブは!」
不明艦隊管制官「…そんなんじゃないです…」
不明艦隊指揮官「あ?」
不明艦隊管制官「投石です。投石のみで我々を攻撃しています!」
不明艦隊指揮官「なんじゃそらぁぁぁぁ!!!」


335 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 14:17:18 ID:???
ユウナ「お昼が済んだら救助活動だよ~」
カガリ「人数が多い部隊には休暇を一週間。休暇中の費用は私達が持つ!」
ミナ「救助対象は壊滅してるとはいえ敵だ。心してかかれ!」

兵士たち「「「うおおおおおおお!!!」」」
トダカ「ムラサメ隊!私に続けーっ!!」


336 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 14:22:11 ID:???
オーブ兵がザムったwww


337 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 15:08:57 ID:???
カガリ「まず、どこの国の軍人か名乗ってもらうとするか。」
指揮官「………。」
カガリ「言う気は無いか。では目的はなんだ?」
指揮官「さっさと殺せ。煮るなり焼くなり好きにしろ。」
カガリ「そうか。お~いユウナ、鍋とオーブン持って来てくれ。」
ユウナ「了~解。」
指揮官「本気か!?」
ギナ「領海侵犯に武装したMSの護衛などの明らかな敵意から、この場で抹殺し首だけの曝し物にすることもできるが……
事を荒立てたくないのでな。どこの国か素直に話せば国に返してやれなくもないぞ。」
指揮官「フッ、本国にこのまま帰ったところで銃殺刑は免れぬ。ならばここで殺されて戦争の原因を作るまでよ。」
ユウナ「強情っ張りだねぇ。どうするカガリ?」
カガリ「ふ~ん、よしお前達の国に掛け合って命の保障を確約させよう。無論、こちらも外交のカードとしてたっぷり利用させて貰うけどな。」
指揮官「な!?お前達さっきまで所属を聞いていたはずでは?」
ギナ「オーブの情報網を舐めてもらっては困るな。既に調べはついているのだぞ。」
カガリ「まぁ、簡単には返さんがな。ユウナ、後はよろしく。」
ユウナ「さぁ~て始めるよ。」⊃バリカン


〇〇国大統領殿
貴殿の国の軍が先走った行動を取って領海侵犯をしたのでお返しする。彼らの命が保障される限り、
我々オーブは〇〇国への報復行動は行わない事を約束する。ただし、彼らには罰としてしかるべき行動をとらせてもらった。

〇〇国大統領「で、お前達は下の毛までバッサリ毛を切られてきたと。ふっ、さすがオーブ平和と軍事を愛する国よ。」


338 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 17:39:33 ID:???
ロックオン「へっくしゅ!!」
ティエリア「風邪ですかロックオン。顔が赤い」
アレルヤ「急に冷えてきたもんねぇ」
ロックオン「う~、そうかもなぁ…。悪いが今日は先に休ませてもらうわ、うつしたくねぇし」
刹那「了解した。後は任せておけ」
ロックオン「サンキュな、んじゃお休み~」

アレルヤ「…僕達に風邪ってうつるのかな?」←超兵
ティエリア「難しいところだな…」←イノベイター
刹那「台所の片付けに介入する」←純粋種


ロックオン「39度出てて気づかないってなんだ俺…」←体温計見て具合悪くなった


339 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 18:02:55 ID:???
>>338
アスラン「風邪引いた…(マスク+カイロ+ドテラ)」
ラクス「わたくしもですわ…(マスク+カイロ+ピンクのドテラ+シンぬいぐるみ」
キラ「僕平気♪スパコだし♪」
シン「(ボソッ)バカは風邪引かない…ゴホッ」


340 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 18:08:59 ID:???
ハロ「ロックオン ロックオン」
ロックオン「お~ハロ」
ハロ「ダイジョウブ? ダイジョウブ?」スリスリ
ロックオン「ハロ冷たくて気持ちいいな」ナデナデ
ハロ「ハヤクゲンキニナアレ♪ ゲンキナアレ♪」
ロックオン「おぅ…ありがとな…ハロ…」スウスウ
ハロ「ロックオン オヤスミ オヤスミ」


341 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 18:37:14 ID:???
>>337
マジでこのスレのカガリなら煮て食うかと思ったわ


カガリ「てな事あってな?」
盟主王「ほぅ、それは災難でしたねぇ。」
ジブ猫「まったく、A国といい○○国といい…アズ、軽くシメとくかニャ?」
カガリ「いや、そこまではすることはないよ、ジブ猫ちゃん。」
盟主王「この騒動の発端はやはり例の『経済水域』の問題ですかね?」
カガリ「うむ、彼の国との主張に食い違いがあってな。あっちの我が国に対する国民感情も芳しくないようだ。」
ジブ猫「でも、譲歩するところはしてるんニャよな?」
カガリ「うむ、お互い海洋国家だしな。『共同経済水域』という形をもうけて水産面で協力してきたのだが…」
盟主王「海底資源、天然ガスの発見によりあちらが欲しくなって態度を硬化してきた、ですね?」
カガリ「うーんまさにそれなんだよなーこっちは『仲良く分けようよ♪』姿勢なのにさ…」
ジブ猫「向こうは『オーブが独り占めする気』って思ってる、かニャ?」
カガリ「そんなところだな。」
盟主王「ふむ、まぁ何かありましたら仲裁役、しますよ?海底資源は僕らにとっても美味しいビジネスの種ですし♪」
カガリ「それは助かる。今後交渉に入るつもりだが、こじれそうになった時、力を貸してくれ!」
ジブ猫「世の中もちつもたれつなのニャ♪ところでプリンはまだかニャ?」
カガリ「そろそろ焼き上がるはずさ!シン特性焼きプリンが!」
ジブ猫「たのしみだニャ~♪」
盟主王「ですね~♪」


シン「お待たせ~(なんでうちで国家間レベルな話してんだよ?この人達は!)」
「「「わ~い♪」」」


342 :こうですか? [sage] :2009/11/14(土) 18:53:39 ID:???
>>339
キラ「アスラーン!ラクスー!シーン!!お粥作ったよー!」
アス「…うそぉケホコホ」
ラク「ケホコホ…天変地異か何かの前触れですわね、コレは」
シン「やべ、避難しないと…ケホコホ」


343 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 18:57:14 ID:???
>>342
シン「普通にお粥…だよねこれ?」
アスラン「なら何故お粥がお椀ごとに色違いなんだ?」
キラ「ロシアンお椀~!」
ラクス「なぬ!?」
キラ「この三つのお粥のどれかが………ぷぷっ」
シン、アスラン、ラクス「「「ちょっと待てぇぇぇ!!?ゴホッゴホッゴホッ」」」


344 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 19:29:57 ID:???
マユ「ただいまー……」
カナード「どうした、マユ。元気がないように見えるが」
ミーア「学校で何かあったの?」
マユ「カナお兄ちゃん、ミアお姉ちゃん……」
カナミア「「ん?」」
マユ「マユ、お父さんとお母さんが欲しい!」
カナミア「「何ーーーーっ!!!」」

~少女説明中~

カナード「なんだ、授業参観の話か……」
ミーア「パパとママよね……あれ?今どこにいるんだっけ?カナ兄」
カナード「あいつらの話はするな。これ以上設定が増えるのは面倒だ」
ミーア「そうね……それでどうしてパパとママなの?」
マユ「学校でね……」

男子「おい、マユ!お前の父ちゃんと母ちゃん見たことないけど、もしかしていないんじゃないのかぁ?」
マユ「い、いるよ!優しいお母さんとかっこいいお父さんがいるよ!」
男子「本当か~?じゃあ今度の授業参観に来るよな?」
マユ「う、うん……」

マユ「……って思わず言っちゃって」
カナード「親父とおふくろか。俺じゃあ無理があるし、顔も知られているからな」
ミーア「あたしもそうね。それにこの歳でマユを産んだって思われるのはアイドルとしてもちょっと……」
マユ「どうしよう……」
カナード「しょうがない、居候共の中から協力してもらうか。こういう時くらい役に立ってもらわないとな」
ミーア「それなら、え~っと……」


345 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 19:31:02 ID:???
>>344
劾「今日の夕食はこのメイド劾特製の手作りハンバーグだ。楽しみに待っていろ(エプロン装備)」
スメラギ「カナード~、ちょっと冷蔵庫のビール持ってきて~。私、動きたくないのよね~」

カナード「あいつらは却下だ」
ミーア「異議なし。というかマユのお母さん役ならもう決まってるじゃない」
マユ「あ、そうか」

マリナ「劾さん、私も手伝うわ。スメラギさん、はいビールよ。飲みすぎは駄目ですからね」

カナード「何という溢れる母性オーラ」
ミーア「じゃあお母さんは決定ね。後はお父さんだけど」
マユ「マリナお母さんと釣り合うくらい、かっこよくて渋い大人の男性がいいんだけどいないよね~」
カナード「ん?」
ミーア「ん?」
マユ「ん?」

アリー「おう、姫さん。晩飯用にまたうちの農園から野菜持ってきたからよ。サラダにでも使ってくれや」
マリナ「ありがとうございます。いつも新鮮なお野菜を届けてもらって助かるわ」
アリー「気にすんなよ。俺も姫さんの美味い飯が食えるんだからお相子だな。さ~て、ビールでも貰いますかね」
マリナ「はい、今出すわね。一緒におつまみも用意するから先にやってて」
アリー「おう、ありがてぇ」

カナミアマユ「「「これだ!!」」」


346 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 19:32:11 ID:???
>>345
アリー「それで何でこの俺が……髭まで剃らされてスーツも着て」
マリナ「私もよ。この歳でお母さん役なんて」
アリー「え?姫さん、2●歳だろ?別にガキがいてもおかしくねえじゃねえか」
マリナ「やめて!私の歳を言わないで!」
アリー「そうか?姫さんは似合ってると思うけどよ」
マリナ「女としては複雑だわ。貴方も身なりをちゃんとすれば男前ね」
アリー「当然だ。俺にとってはどこも戦場だからな。適当な装備じゃ行けねえよ」
マリナ「授業参観が戦場って……」

マユ「あ、来た!マユのお父さんとお母さん!」
男子「ほ、本当かよ」
女子1「すご~い!マユちゃんのお母さん美人だし、お父さんも凄いイケメン!」
女子2「むしろナイスミドルだよ!私もあんなお父さんが欲しいな~」
マユ「えへへ……」
女子1「あ、入ってくるよ」

ガラガラ……バキ!!

子供達「「「え?」」」
マリナ「あら?このドア、ちょっともろいわね」
アリー「姫さ……マリナ、この学校はカナードの家と違って普通にできてるんだから力加減に気をつけな」
マリナ「そうね、気をつけるわ。道理で靴を置いただけで下駄箱が壊れるわけだわ」
アリー「マリナといるとたまに傭兵やってるのが馬鹿らしく思える時があるぜ……」
父兄(そっ……)
アリー「待ちな(カチャ)。そこから動くんじゃねえ」
父兄「ひっ!け、拳銃……!」
アリー「お前さん、今懐から何出そうとしやがった?大人しく手ぇ上げな」
父兄「こ、これです!私はハンカチを出そうとしだけです!撃たないでください!」
アリー「何だ、紛らわしい。戦場で不用意な行動を取るんじゃねえよ」
マリナ「アリーさ……じゃなくて貴方!学校は戦場じゃないわ!」
アリー「何言ってんだよ、マリナ。受験戦争とか言うだろ?」
マリナ「それは銃を使ったりしません!拳と拳で戦うのよ!」
全員(((違うーーーー!!!!)))
マユ「……orz」


347 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 19:33:20 ID:???
>>346
その後も……。

マリナ(マユちゃんに当てて、マユちゃんに答えさせて、マユちゃんに……)
先生「マユちゃんのお母さん、子供が怖がっているので体からオーラを出すのは……」

女子2「(コソコソ)やっぱりマユちゃんのお母さんだよね、マユちゃんが怒った時と同じオーラ出してるもん……」
マユ(流派東方不敗を覚えたのはマユの方が先なのー!)

アリー「おう、先生。何でさっきからマユに当ててやんねえんだよ(カチャ)」
先生「け、拳銃をしまってください!」

男子「(コソコソ)やっぱりマユの親父だぜ。マユの奴、銃とかにすげー詳しいもんな」
マユ(それはカナお兄ちゃん影響ー!)



刹那「……それでその後どうなった?」
アリー「マユの奴に無理やり教室から追い出されちまったよ。何がいけなかったんだ?」
マリナ「まさか教室の中で超級覇王電影弾を使うなんて。マユちゃんに何があったのかしら?」
刹那「とりあえずマユのフォローは一緒に来たシンやエイミーとカナード達に任せるとして……」
アリマリ「「ん?」」
刹那「お前たちは子供の気持ちを考えたことはあるか!!」
マリナ「ひっ!せ、刹那が怒ったわー!!」
アリー「ぼ、坊主に怒られるなんて……」

シン(これも親馬鹿なのかね。まぁ、二人とも刹那に怒られたらいい薬になるだろ)

刹那「俺はあんた達のことは尊敬しているが、だからといって……(ガミガミ)」
マリナ(いつもみたいに甘えてくる刹那はどこー?うう……)
アリー(親代わりだと思ってたら……ったくガキは成長するのが早いねえ、まったく)
刹那「聞いてるか!」
アリマリ「「はい!」」


おわり


348 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 19:35:39 ID:???
>>340
ティエリア「ハロから情報が来た。大分熱が出ているようだな、冷却シートと着替えが必要だ」
刹那・アレルヤ「「了解」」
ティエリア「後は起きたらすぐに薬を飲めるよう、消化のいいものを」
アレルヤ「僕がスープ作っておくよ、ご飯入れれば雑炊になるし」

さりげなくハロさんが情報横流し中


349 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 19:42:51 ID:???
アリーとマリナwwww
常識の壁かwwwwwww


350 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 19:53:31 ID:???
>>347
お説教後… 

アリー「(ぐったり)おう姫さん」
マリナ「(ぐったり)何ですか?」
アリー「刹那は将来いい親父になるぜ、間違いねぇ。良かったな?」
マリナ「Σ!?そ、そそそそうですよね!」
アリー「まぁ頑張れや(笑)しかし――」

お説教終わってマリナの膝の上で寝る刹那 

アリー「これじゃ当分先だな。姫さんが三十路になる前がリミットか(笑)」


351 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 19:57:08 ID:???
>>350
ミーア「劇場版だと何歳なのかな?」
カナード「まず間違い無く数年後の話だからして」
劾「二期では29歳・・・つまり」
マリナ「いや‐‐‐‐つ!」
マユ「大丈夫!マリナお母さんは30過ぎでも綺麗だから!」
ロウ「おーい、それフォローじゃねえ追い討ちだ(汗)」


352 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 20:01:03 ID:???
>>351
大丈夫さマリナ様。熟女なヒロインなんて最高じゃん?マリナ様はあれだけ美人だし脱いだら凄いしきっと三十過ぎても…あれ?励まそうと思ったんだけどな?


353 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 20:23:42 ID:???
>>348
ライル「よぉ~」
アニュー「お邪魔します」
アレルヤ「いらっしゃいどうしたの?」
エイミー「ライルお兄ちゃんがね~」
ライル「なんか変な感じがするから兄さんに何かあったのかなぁって思ってな」
ティエリア「双子の神秘というものか?」


354 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 20:27:35 ID:???
そもそもの発端を考えたんだが

…マユに意地悪できるって根性座ってるな…男子…
主夫の才能があるかもしれないな


355 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 20:33:26 ID:???
さすがに何でもかんでも暴力で解決しないだろw
山ごもりする前のマユはこのスレの中でも良識派だったぞw


356 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 20:35:27 ID:???
>>343
キラ(まぁ実は、ただのトマトペーストとほうれん草細かくしたのとたまご粥なんだけどねwwwww)


357 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 20:35:35 ID:???
何でもかんでも暴力で解決しようとするのは頭と胸に栄養が足りてない奴のやることだ


358 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 20:53:14 ID:???
>>353
ライル「なんだ、ただの風邪かぁ」
エイミー「でも熱出てるんじゃつらいだろうねー…」
アニュー「念のため私が診察しましょうか?」
刹那「そうしてもらえるとありがたい(即答」
アレルヤ(冷静そうに見えたけど、やっぱり心配なんだね刹那)
ティエリア(君も人の事は言えないだろう?)

@ハロ「ロックオンオキタ! ロックオンオキタ!」

ティエリア「丁度ロックオンも起きたようだ」
アニュー「それじゃ行きましょうか」


359 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 21:19:05 ID:???
ライル「よぅ兄さん大丈夫か?」
ニール「…さん」
アニュー「う~ん、ちょっと熱が高いわね」
アレルヤ「氷足りなくなりそうだね」
ライル「じゃあ追加の氷持ってくるか…って兄さん?」←服の裾つかまれた
ニール「行かないで…父さん…」
刹那「熱で浮かされているみたいだな」
アレルヤ「じゃあ僕がとってくるね」
ティエリア「ロックオンのこんな姿初めてだ…」


360 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 22:01:36 ID:???
ルナ「シンが風邪でダウンしちゃったからアタシが家事やらないと・・」
キラ「レアだねレアww写メ撮ってブログ載せようww」
ルナ「・・・で?何でその写メ撮る角度が下からなの?」
キラ「そりゃあ勿論スカートの下のおぱんてぃを激撮する為です!(キリッ☆)」
ルナ「ふんっ!(顔面踏んずけ)」
キラ「ぎゃぁぁぁすっ!」

アンタッテヒトハーッ! 

キラ「シンの部屋から更に長射程砲がぎゃぁぁぁすっ!」


361 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 22:05:16 ID:???
>>360
キラ「あぐぐっ…だ、だけど一枚だけルナマリアのパンツ撮れたZE!どれどれ早速拝見をば―――」
キラ「―――(ブルッと悪寒)見てる!?シンがダウンしながらも見てる気配がする!?絶対見てるよある意味タフだよ!(何となく察知)ヤバい変身される前に消去を…(データ消去)あ、気配が消えた…ホッ。」


362 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 22:07:04 ID:???
>>361
シンは百目並の透視能力と千里眼とを併せ持つ…そう説明されても何も違和感無いww


363 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 22:08:01 ID:???
いつも思うが、兄弟家とソレスタ家はなんで似たような状況で
全く正反対な事態に陥るんだwww


364 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 22:12:56 ID:???
>>363
一人一人が基本的に平和なのがソレスタ家 

一人一人が色んな意味でヤバイのが兄弟家 


そしてどちらが平和かというとだなwwwww


365 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 22:27:01 ID:???
>>364
その一人一人が色んな意味でヤバイ連中の中でもダンチでヤバいお方がいてだな?いや誰とは言わないが(笑)


366 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 22:35:01 ID:???
>>365
ルナマリア「Σアタシ!?」
シン「げほっごほっ、いや多分キラ兄だよごほっ!」
キラ「僕?違うよラクスだよ?」
ラクス「げほっげほっげっへへへ、何故わたくしですの?げほっ、アスランですわ、主に抜け毛がウザイ意味で。」
シンルナキラ「「「あ、納得。」」」
アスラン「ごほっごっほっごほっゴッホはひまわり!お、お前なぁ?」


367 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 22:39:54 ID:???
最近の流れを見てると、5兄弟の中で一番ヤバイのは、実はシンなんじゃねとか思えてくる
過去スレでの(辛うじて)常識ある姿はどこへ行ってしまったんだろうか…
これが諺で言う、『ひんぬーに交わればブッ跳んでくる』ということなのか?
あれ?お客だ。こんな時間に珍s


368 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 22:41:46 ID:???
>>359
ライル「兄さんは俺達が看とくからさ、お前らは部屋に戻っておけよ」
刹那「だが…」
ライル「兄さんもお前らにこんな姿見せたくないだろうしさ。な?」
ティエリア「わかった。なにかあれば呼んでくれ」
アレルヤ「ありがとう、悪いけど頼むね」

ライル(あの時とダブって見えるの、俺だけじゃねぇだろうしな…)


369 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 22:55:43 ID:???
シン「ゲホゴホッキラ兄!!ハァハァサトーさんのトコの仕事はどうしたんだよ!?」
キラ兄「うん、さすがにお休みもらった。で、サトーさんから風邪に効きそうなのもらってきたよ!」
シン「…ネギ?コホッ」
キラ兄「うん、ネギ。これを…その、おしりの穴にいれれば熱が…」
ラク姉「その役目!わたくしがやりますわぁぁぁ!!さあシン!服を脱いで!おしりをこっちに向けなさい!!ハァハァゲホゴホ」
カガ姉「普通に喰った方が効果あるんじゃね?」
アス兄「だよなコフコフ」
シン「キラ兄、それでおじや、お願い。なんか勿体なし」
キラ兄「了解。鱈とかももらって来たから栄養満点だよ!」


370 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 23:33:53 ID:???
>>369
ルナマリア「さーあシンちゃんお尻出してね~?」ネギ用意 
シン「ちょ、やめ、やめろルナ~!」風邪で力入らない 
ラクス「ルナマリアさんズルいですわ!」風邪でよろよろ 
ルナマリア「チャンスは活かす。好機は逃すな。Byヒリング姐さんの教え第八条!」


371 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 23:42:10 ID:???
お尻ネギはシャレにならないからやめとけw


372 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/14(土) 23:43:47 ID:???
>>370
ヒリング姐さんの教え

一、狙った獲物(男)は絶対仕留めるつもりで 

二、障害は全力で排除、実力行使も必要 

三、色気は女の武器、有効に活用すべし 

四、したたかさと冷静さを失うべからず 

五、男はうつろいやすいから、がっちり逃がさない事 

六、ライバルの動向は常に把握しておく 

七、自分を磨く事を欠かしてはならない 

八、チャンスを活かす、好機は逃すな 

九、時には一歩引いて視野を変える事も必要 

十、胸の大きさか戦力の全てでは無い!


373 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 00:05:57 ID:???
>>372
ヒリングらしかぬまともな教えと感心してたら十番目にヒリングらしさを感じたw


374 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 03:47:33 ID:???
ラクス「ゲホッゲホッ、そうですわ…虎さんとニールさんに連絡しておかないと…ズズー」

ラクス「もしもし、わたくしですわゲホゲホ」
ライル『姫さんか。どうかしたかっていうか風邪でもひいたか?』
ラクス「えぇ、ちょっと…クシュン!それで明日の収録なんですが…あら?」
ライル『ん?』
ラクス「ひょっとしてライルさんですの?」
ライル『あぁ。良くわかったな、兄さんも今風邪で寝込んでてさ。こっちから連絡しようと思ってたとこだ』
ラクス「あらあら、ゲホッ、余程お悪いのですね。コンコンでは明日はお休みになりますので、ニールさんにも伝えて下さいなフェックシュ!」
ライル『了解だ、姫さんもお大事にな』
ラクス「ありがとケホッございます、それでは」←携帯切る

シン「ズズー…ラク姉、明日は休むヘクチッ!でしょ?」
ラクス「はい…わたクシュン!!わたくしもですが、ニールさんもダウンしてしまったそうですしケホケホ」
シン「え?! ならお見舞いいかなゲホゲホゲホゲホッ!!!」
キラ「病人が行ってどうするのさ。ていうかなんで皆して居間にいるの」
アスラン「確かにゲホゲホ調子は悪いがゴホッ!部屋にいても退屈で…ヘクシュン!!」
シン「ゴホッ普段からお世話になってるんだからゲホゲホこんな時くらい手伝わなゲッホゲッホゲッホ!!」
キラ「あぁもうわかったよ、僕が様子見てくればいいんでしょ!」
ルナ「あたしも手伝いまーす!」


375 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 03:53:59 ID:???
>>368
アレルヤ「大丈夫かなロックオン」
ティエリア「…もしこのままだったら」
刹那「アニュー義姉さんがついているし大丈夫だ」
ティエリア「…僕のせいでロックオンが右目をケガしたときみたいだ…」
アレルヤ「ティエリア…」
ティエリア「あの時と同じで僕は彼にしてあげられることがない…僕は無力だ…」
ムギュッ
ティエリア「な、なにほすりゅ!せつな!」←刹那に頬をつねられてる
刹那「あいつは自分のせいで誰かが苦しむのは見たくないはずだ」
ティエリア「…」
刹那「だから、いつも通りにしているのがあいつの為だ」
ティエリア「刹那…ありがとう」


376 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 13:50:23 ID:???
>>375
キラ「お見舞いに来たよ~」
ルナマリア「ウチもアタシ達以外全滅しちゃった。」
ティエリア「それは災難だったな。」
刹那「こっちはロックオンがダウンした。そちらは大丈夫か?」
キラ「えっとね~、普通の人が居間に来たら三秒で感染するねあれはw」
アレルヤ「それはまた…(汗)」
マリー(ラクスさんも風邪引くなんて、一応人類だったのね…)
ソーマ(らしいな…)


377 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 13:52:04 ID:???
>>376
ちょwwwソーマリーそれは思っても口に出してはいけないぞ?絶対だぞ?


378 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 13:54:56 ID:???
まぁ待て、よく考えてみたらなんでルナも無事なんだwww


ルナ「え…あれ……?」


379 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 14:20:31 ID:???
>>376
ソーマ(むしろラクス・クラインがひくほどの風邪だ、義兄さんがダウンするのも頷けるな)
マリー(そうね、お義兄さん肉体的には普通の人だし…)
キラ「ちょwww 聞こえてるよ二人ともwwwww」

ルナマリア「な、なんか空気悪いから入れ替えましょう!窓開けるわよ!」←自分も普通じゃない言われた気がした
ティエリア「僕もやろう」
アレルヤ「僕替えの氷持ってくね!」

キラ「にしてもなんか暗いよねぇ。ニールってばただの風邪でしょ?」
刹那「あぁ。アニュー義姉さんの診断結果もそうだった」
キラ「ならちょっと養生すればすぐに良くなるんじゃないの?」
刹那「…今まであんな風に寝込んだ事はなかった……」
キラ「そっか。大丈夫、心配ないって! 案外『特売』とか言ったら飛び起きるかもよ?」
刹那「それもそうだな。もう少し熱が下がったら試してみる」
キラ「ちょwwwwwwwww」


380 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 15:06:08 ID:???
他の学園組たちは大丈夫なのだろうか


381 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 15:34:19 ID:???
>>380
メイリン「うー・・・(38℃)」
ステラ「ですと・・ろ~い・・・(38・2℃)」

ルイス「ケホッケホッ・・・(咳のみ)」
沙慈「ほら、風邪薬。(主夫耐性)」

ネーナ「ネーナだめかも・・・(ぐったり)」

フェルト「・・・ケホッ(やや朦朧)」

レイ「ごほっ・・・まだだ、まだ終わらん・・・このMGガンタンクを完成させるまでは倒れ・・・ぐふっ!(何か色々ヤバイ)」


382 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 15:51:46 ID:???
>>381
レイ「キャタピラが、キャタピラが…砲台の仕上げが…ブツブツ」
メイド「レイ様しっかりなさって下さいまし!」
メイド「凄い熱だわ…こんなになるまでガンタンクを…?」
メイド「すぐにお部屋にお連れするのよ!」
メイド長「全メイド総員緊急体制!レイ様の危機です!」
メイド′s「「「「アイ・アイ・マム!!!!」」」」





ギル「…いつも思うのだが実に凄いメイド達だね。」
874「同感です。」
887「普通のメイドってああじゃないわよね?」


383 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 17:43:02 ID:???
>>382
ギル「君は風邪をひいていないようだね」
ラウ「寝込んでいる暇など無いさ。自宅にいて尚仕事だからね」←書類を眺めながらお稲荷さん触り
ギル「君は真冬でもその格好だな。見ている方が寒々しい」
ラウ「何を言う。いっそ薄着の方が体を鍛える事に繋がって健康に良いのだよ」
レイ「貴方は薄着なんて問題ではありません!!…うう、げほげほ」
メイド「レイ様、お気を確かに!」


384 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 17:50:27 ID:???
刹那「レイもシンも風邪でダウンか。沙慈はルイスの看病で手が塞がっているし、皆が揃ったら製作しよう。」
シェル「がう、がうがうがぁう!(訳:そう、『それ』は刹那一人じゃ厳しいもんね!)」
ハイ「ウガガゥ、ガァウガウ!(訳:だよねぇ、『それ』は一人じゃどれだけ時間かかるんだか!)」
刹那「お前達もそう思うだろう?」
ハイ、シェル「「ガウ(がう)!!」」

つHGデンドロビウム


385 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 17:55:04 ID:???
>>384
シン「デンドロビウムゴホッデンドロビウムが呼んでるゴホッデンドロビウムがオレを導いてるゲホッ」←這いずって参上
レイ「デンドロビウムに呼ばれてゲホッ俺見参ゲホッゴホッ」←ヨロヨロなくせに次元連結システムで参上 
沙慈「ルイスの風邪は一安心な状態になったからもう手伝えるよ。」←普通に参上 

刹那「…………………寝ていた方がいいのでは?(滝汗)」


386 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 17:57:38 ID:???
>>385
全快するまでやめとけシンとレイwww 
デンドロビウムはフラフラ&魂が死神の所に行きかけてる状態で組める程甘くないんだぜwww


387 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 18:01:28 ID:???
>>386
レイ「どのような状況下にあっても落ちない技術こそがTHE!ガンプラ道!げーっほげっほ!」
シン「そうだぜ!ごっほごっほごほ!」
せっちゃん「その執念を讃えるべきか、無理して来た事を怒るべきか…悩む。」
沙慈「だよねぇ…?」


388 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 18:06:25 ID:???
ルナマリア「因みにアンタよくあんな高いモン買ったわね~?お金大丈夫なの?」
刹那「心配してくれるのはありがたいがお前も経済状況は大丈夫か?」
ルナマリア「さぁ~てシン達の看病看病アッハッハコンゲツモサイフハカラッポダワw」
刹那「(汗)そ、そうか。余談だがこれ(デンドロ)は寿司屋のバイト代で買った。」
ルナマリア「そうなの。ところで運ぶの大変だったんじゃない?」
刹那「…箱を抱えていて前が見えなかった。」
ルナマリア「でしょうね~(笑)」


389 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 18:11:13 ID:???
>>388
その時の様子を再生~ 

商店街 

ザワザワ…ザワザワ… 

おばさん(ねえあれみて?)
おばさん(あらまぁ…おっきな箱?)
おじさん(箱が歩いてる!?)
お姉さん(いいえよく見て!箱を抱えた小さな男の子だわ!)
お姉さん(あー、あれソレスタさんちのせっちゃんよ。今度はあんなに大きなガンダム買ったのねw)
お兄さん(ほっほー、デンドロビウムか。あれは挑戦し甲斐があるぞ?)


刹那「あ…歩き辛い…!(フラフラ、ヨロヨロ)」


390 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 18:20:17 ID:???
>>389
力持ちのアレルヤか、ニールの車で運んでもらえばよかったのにww


391 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 18:55:43 ID:???
>>390
刹那「ロックオンはラクスの付き添い、アレルヤとマリー姉さんは会社、ティエリアは休日の部活日で学園にいた。だからたまたま買い物に来ていたマリナの手を借りた。ありがたかった。」


マリナ(実は偶然見てたメイリンちゃんに教えてもらって待ち伏せしてただなんて言えないわ…うぅ)


392 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 19:04:06 ID:???
>>388
ルナマリア「シンとレイはあんな状態だし、ねーねー、アタシにもちょっとそれやらせてくんない?w」
刹那「お前が?珍しいな」
ルナマリア「いやほら、シンってガンプラ大好きでしょ?ちょっとぐらいはどんなものか知りたいじゃないの。」
刹那「ふむ。なら少しやってみるか?本来ならもっと簡単な、それこそお前の機体のガナーザクやインパルスがいいが、さわりぐらいなら」
ルナマリア「やりぃ!」



393 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 19:09:08 ID:???
>>392
意外に手先が器用なルナでした(笑) 


刹那「思っていたよりもいい筋をしている・・・」(感心)
ルナ「ふっふ~ん♪こう見えても割と細かい作業は出来るのよ♪」(スミ入れ作業)
刹那「いずれシンとMGデスティニーEBでも一緒に作るといいだろうな。」
ルナ「あ、それいいかも。っていうかパーツ多過ぎねこれ。(汗)」
刹那「これを一人でやるなら学園を休みまくり、最低限の食事とトイレ以外の行動は出来ない。(汗)」


394 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 19:10:12 ID:???
おや珍しい鷹姉と黒猫のコンビw


395 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 19:41:01 ID:???
シン「ゼェ・・・ゼェ・・・・オ、オレ達も混ぜてく・・・・・れ・・・・(ただいまぶっちぎりで熱上昇中)」
レイ「デンドロビウム・・・・ハァ、ハァ・・・ガンプラマーの気高き挑戦・・・・!(いい感じに熱上昇中)」
ルナ、刹那「「おとなしく寝ていろ(なさい)(二人を抱えてお部屋へGo)」」
シン「薄情者ー・・・・(ルナに抱えられてゆーらゆら)」
レイ「後生だ・・・(刹那に抱えられてゆーらゆら)」


396 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 19:52:42 ID:???
ニール「お~、なんか騒がしいと思ったら、お前らが来てたのか」
刹那「ロックオン?! 起きて大丈夫なのか!」
ニール「ま、解熱剤効いてるだけだからすぐ戻るけどな。つかそいつらは…」←gdgdになってるシンとレイ
沙慈「はは…今組んでるガンプラに引き寄せられちゃったみたいで…」←苦笑い
ルナ「コイツらも大概よねぇ…」
ニール「ったくしょうがねぇなぁw」
つしょうが湯(人数分)
ニール「ほれそこの風邪っぴき共、これでも飲んどけ。3人とも、悪いが布団持ってきてコイツらに被せといてくれよ」
シン「ア゙…ズミバゼン……」
レイ「モウジワゲナイ゙…」
刹那「了解した。だが、お前ももう休め。またぶり返す」
ニール「わかってるって、んじゃな」←頭わしわし

キラ「うーん、気力だねぇ」
ティエリア「無理をしてるとわかっていても、立っている姿を見て安心してしまうとはな…」
アレルヤ「僕達が心配してるって、お見通しなんだろうね…敵わないよ」


397 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 20:56:50 ID:???
>>396
ニール「つーかよ、お前らン所の病人は無事なのか?」
キラ、ルナ「「あ。」」


アスラン「・・・・・・(←もう魂抜けて死神の所に出張中)」 
ラクス「シンが一人シンが二人シンが三人ぐっへひひwwww(←熱でイッちゃってる)」


398 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 21:06:58 ID:???
>>397
アスラン「∞正義が、∞正義が肩こりが辛いと・・・肩のパーツをメンテナンスして(うわごとブツブツブツブツ」
ラクス「頭はヒートアイランド心は桃色わたくしはピンクそしてシンは食べ頃の可愛い赤目子兎(うわごとブツブツブツブツブツブツブツブツ)」
キラ「Σうっわ何この居間の熱気は!?」
ルナマリア「Σ二人の熱でサウナ状態!?」
シン「ヒュー…ヒュー…」
キラ「Σシンもヤバいぃぃぃ!?」


399 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 21:30:53 ID:???
キラ「アニュー!アニュー!!!!!!」←隣に駆け込んだ

アニュー「…先に言っておくけど…あまり自信はないわよ?」
キラ「それでもお願い!!!!!」
ppppp←体温計
アニュー「アスランさん45度…ラクスさん48度…シン君42度…とても人とはorz」
キラ「うん……ちょっと流石に僕も引いた……」
アニュー「とりあえず氷枕を。この体温じゃすぐに無くなっちゃうだろうからじゃんじゃん作っておいて」
ルナマリア「はい!」
アニュー「あと加湿器と空気清浄機はフル稼働して。これだけ高熱だと逆に解熱剤は打てないわ、栄養剤だけ注射しておくわね」
ラクス「わたくしはシンの注射をうけtゲッヘッヘッヘッヘッヘwwwwwww」
アスラン「ソノエイヨウザイハカミニキクノカ」
アニュー「ま、まるでゾンビ…(((((;;;;;゜Д゜)))))ガクガクブルブル」


ライル「アニュー早く戻ってこねぇかなぁ…」←二次感染防止の為に付いていけなかった


400 :通常の名無しさんの3倍 [sage] :2009/11/15(日) 22:53:06 ID:???
男子B「風邪が辛い…。」
女子A「もう、薄着してるからよ?ほら氷枕。」
男子B「サンキュー。」



ヨウラン「ドちくしょうギリギリギリギリ」
ヴィーノ「名前も無い奴に負けたエクエク」
ヨウラン「俺達も風邪ひくか!幸い学園組でまだ元気なミレイナがいる!きっと看病に来てくれる!」
ヴィーノ「『ヨウランさん、ヴィーノさん大丈夫ですかぁ?私がお注射してあげますぅ』とかなんとか!」
ヨウラン「よーしまずは上半身裸だ!」
ヴィーノ「おーっ!」



 
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。