妹「お兄ちゃんもうダメだよう、ナナおかしくなっちゃう・・腰が止ま 第一幕


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 20:25:51.25 ID:Ydheui6G0
    (´・ω・`)

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 20:58:20.82 ID:ls/7Kxpz0
    兄「はぁ…はぁ…可愛いよナナ…」

    妹「…なんてゲームやってんのよ」

    兄「フヒッ!?」

    妹「キモ…しかも私と同じ名前だし…」

    兄「いや…あの…」

    妹「こっちこないでよ気持ち悪い」

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 21:02:59.58 ID:ls/7Kxpz0
    兄「あの…妹…」

    妹「……キモ」

    兄「さっきのはその…」

    妹「近寄るなって言ったでしょ」

    兄「……ごめん」

    妹「あーあ、兄貴がこんなキモイとか最悪」

    兄「…ごめん」

    妹「謝るより先に出てけ、キモイ」

    兄「……」

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 21:06:41.56 ID:ls/7Kxpz0
    兄「メール…? 妹から…」

    妹『さっきのゲームの子、私に似てなかった?
     まさか私に欲情してるとか? やめてよキモイ』

    兄「……」

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 21:11:36.83 ID:ls/7Kxpz0

    兄「おはよう…」

    妹「……キモ」

    兄「……」

    母「あら? どうしたの兄? なんか暗いけど」

    兄「いや…なんでもないよ…なぁ妹?」

    妹「話しかけるな…キモイ」

    兄「……」

12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 21:29:39.70 ID:ls/7Kxpz0
    兄・妹「行ってきます」

    妹「…なんでついてくるの」

    兄「え…だって同じ学校だから行き先も同じ……」

    妹「…それくらい分かってたよバカ」

    兄「?」

    女「あ、兄くんと妹ちゃん!」

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 21:33:33.86 ID:cD/+qQ8d0
    兄「蝉が鳴くぅ~wwwwwwwwww」

    妹「ちくしょうとぉ~wwwwwwwwwwwwww」

    兄「蝉が鳴くぅぅぅ~wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」

    妹「は?キモ」

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 21:35:34.71 ID:ls/7Kxpz0
    兄「おはよう女さん」

    女「おはよう! いつも女って呼んでって言ってるじゃん」

    兄「それはさすがに…」

    妹「……」

    女「妹ちゃんもおはよう!」

    妹「え? あ、おはようございます」

    女「相変わらず可愛いねぇ! 兄くんの妹とは思えないわ」

    兄「だよねぇ…」

17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 21:41:17.15 ID:ls/7Kxpz0
    妹「…兄さん、ちょっと」

    兄「な、なにを…」

    妹「女さんは先に行ってください、すぐに追いつきます」

    女「おやおや~兄妹で秘密の会話かい?」

    妹「まぁそんなところです。ねぇ兄さん?」

    兄「あ、あぁ…」

19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 21:47:46.52 ID:ls/7Kxpz0
    兄「…何の話?」

    妹「ちょっと兄さんを虐めるのもいいかと思いまして」

    兄「…やめてくれ」

    妹「兄さんは昨日の一件バラされたらどうなるでしょうね?」

    兄「! 何がしたいんだよ…」

    妹「兄さんには私の奴隷になってもらいます」

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 21:55:16.30 ID:ls/7Kxpz0
    兄「奴隷って…」

    妹「昨日のことバレてもいいんですか?」

    兄「……」

    妹「証拠が無くても身内の証言ですからねぇ」

    兄「…分かった」

    妹「素直な兄さんは嫌いじゃないですよ。では行きましょうか」

    兄「…ああ」

    妹「奴隷がなんて口利いてるんですか」

    兄「…はい」

    妹「よろしい」

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 22:00:57.34 ID:ls/7Kxpz0
    女「遅かったね、何の話してたの?」

    妹「今朝、兄さんがノックもせずに私の部屋に入ってきたんですよ」

    女「それはダメだよ兄くん! 女の子の部屋にいきなり入るなんて!」

    兄「あ、ああ…ごめんな妹」

    妹「反省してるみたいだからいいですけど」

    兄「今度から気をつけるよ」

    妹「そうですよ? その人が中で何してるか無いんですから」

    兄「くっ……」

    女「?」

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 22:07:06.05 ID:ls/7Kxpz0
    妹「では私はここで」

    女「じゃあね妹ちゃん」

    妹「また後で……兄さん」

    兄「……」

    女「いい子だねぇ」

    兄「…そうだな」

    女「? なんかあった?」

    兄「…ちょっとな」

    女「私でよかったら相談に乗るよ」

    兄「いや、まだ大丈夫だから…」

    女「辛かったらいつでも言ってね」

    兄「ありがとな…」

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 22:15:03.69 ID:ls/7Kxpz0
    女「おはよう!」

    兄友「おはよう女ちゃん…と兄」

    兄「何そのとってつけたような言い方」

    兄友「実際そうとしか言いようが無い」

    兄「ひどいな…」

    兄友「朝から可愛い女の子二人もはべらせてるお前がむかつくからな!」

    兄「さわやかな顔してなんてこと言ってやがる」

    兄友「妹ちゃんと女ちゃん可愛いじゃねえか。顔良し性格良し」

    兄「性格ね…」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 22:21:59.20 ID:ls/7Kxpz0
    兄友「なんだその顔は? まさかあの二人じゃ満足できないと言うか!」

    兄「そうじゃないって…」

    兄友「じゃあ何が不満なのだ」

    兄「……別に」

    兄友「くっ…このリア充が」

    兄「! メール…」

    妹『奴隷さんへ 昼休み私の教室まで来て下さい』

    兄「」

27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 22:25:06.64 ID:/JxMUe+W0
    妹はん口調変わってますやん

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 22:34:53.53 ID:ls/7Kxpz0
    >>27 奴隷さんに対する口調ってことで

    兄「…来ました」

    妹「遅いですよ、昼休み始まってから五分経ってます」

    兄「…すみません」

    妹「仕方ない人ですね。では飲み物を買ってきてください」

    兄「は?」

    妹「聞こえなかったんですか? 飲み物を買ってきてと言ったんです…奴隷さん」

    兄「…分かりました」

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 22:44:20.42 ID:ls/7Kxpz0
    兄「…買ってきました」

    妹「さすが兄さんですね、私の飲みたい物がちゃんと分かってます」

    兄「……」

    妹「あれ? まだいたんですか?」

    兄「え……」

    妹「もう帰っていいですよ。ご苦労様でした」

    兄「……はい」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 22:54:49.40 ID:ls/7Kxpz0
    妹友「さっきの人って妹ちゃんのお兄さん?」

    妹「うん、そうだけど?」

    妹友「どうしてここに来たの?」

    妹「罰ゲームなの。負けた方がジュース奢りって」

    妹友「ふーん、仲良いんだね」

    妹「うん、えへへ」

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 23:00:48.69 ID:ls/7Kxpz0
    兄「なあ兄友」

    兄友「ん? なんだ?」

    兄「妹の奴隷になりたいか?」

    兄友「是非」

    兄「冗談だ」

    兄友「冗談だったの!?」

    兄「本気だったの…」

    兄友「でもなんで突然そんなこと聞くんだよ?」

    兄「…だから冗談だって」

    兄友「ふーん?」

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 23:06:17.93 ID:ls/7Kxpz0
    兄友「やっと学校終わったぁー!」

    兄「さて帰るか」

    兄友「今日はどっか寄らねーのか?」

    兄「悪い、妹が待ってるんだ」

    兄友「…羨ましいっ!」

    兄「…俺もできることなら変わりたい」

    兄友「なんか言ったかー」

    兄「いんやなにも」

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 23:38:03.40 ID:ls/7Kxpz0
    兄「お待たせしました!」

    妹「また五分遅いです…これは罰が必要みたいですね」

    兄「そんな…!」

    妹「何か文句ありますか? 奴隷さん」

    兄「いえ…何も」

    妹「そうですか、では帰りますよ。荷物を持ちなさい」

    兄「了解しました…」

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 23:45:13.43 ID:ls/7Kxpz0
    妹「ただいま」

    兄「……」

    妹「さてと…誰にバラしましょうか」

    兄「やめっ…!」

    妹「冗談ですよ。私はまだ兄さんで遊びたいですから」

    兄「く……」

    妹「何してもらおっかなー……あ、そうだ」

    妹「足、なめてください」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 23:52:06.22 ID:ls/7Kxpz0
    兄「なっ」

    妹「また聞こえなかったんですか? 私の足なめてください」

    兄「ふざけるな! 誰がそんなこと…」

    妹「命令しているのは私です。奴隷は黙って従いなさい」

    兄「ぐ……」

    妹「順調な高校生活終わらせたくないですもんね?」

    兄「わかり…ました…」

    妹「ふふ…それでいいんですよ…」

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/01(土) 23:59:56.26 ID:ls/7Kxpz0
    妹「ほら…妹様の足ですよ?」

    兄「……」

    妹「ほらどうしたんですか? 早くなめなさい?」

    兄「…失礼します」

    妹「ふふ…実の妹の足をなめてるなんてとんだ変態さんですね」

    兄「あむ…ちゅる……」

    妹「そう…指の間まで丁寧に吸い取りなさい?」

    兄「分かりました…ちゅるる…」

54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 00:09:05.18 ID:IxNiHWJQ0
    妹「ふふっ、兄さん?」

    兄「んぐっ…はい?」

    妹「妹の足をなめていてどうしてここが大きくなっているんですか?」

    兄「こ、これは…!」

    妹「まったく…ゲームに興奮したり妹の足に興奮したり忙しい人ですねぇ」

    兄「……」

    妹「だから気持ち悪いんですよ? わかってます?」

    兄「……」

    妹「誰がなめるの止めていいって言いましたか」

    兄「すみません……ぺろ…んむ…」

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 00:17:32.01 ID:IxNiHWJQ0
    妹「……ふふん」

    兄「んん…!? 妹、なに、を!」

    妹「なんだかビクビクしてますねぇ? 踏まれて気持ち良いんでしょうかここ」

    兄「い、妹…やめて、くれ…」

    妹「兄さんは黙って私の足なめながらおちんちん踏まれてよがってなさい」

    兄「あぐっ…ほんとにやめ…て…」

    妹「足で踏まれて気持ち良いだなんてつくづく気持ち悪いんですね?」

    兄「そんな…ことっ…!」

    妹「そんなことあるんですよね? この変態」

58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 00:29:09.24 ID:IxNiHWJQ0
    兄「ううっ!」

    妹「あれ? 変態って言ったらここが反応しましたね」

    兄「してな、いぃぃ…」

    妹「どこまで気持ち悪ければ気が済むんですか」

    兄「ぐぅっ……あむ…ちゅ…」

    妹「んっ…それに足をなめるのも忘れないと…」

    妹「もういいですよ、イってください」

    兄「ばっそんな強くしたら…!」

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 00:36:44.08 ID:IxNiHWJQ0
    兄「出るって…!」

    妹「…やっぱり止めますか」

    兄「え…?」

    妹「なんですか?」

    兄「あ…いや…」

    妹「まさか私の足で射精したかったんですか?」

    兄「ち、ちが…!」

    妹「……変態」

    兄「……」

    妹「足がべとべとなのでお風呂に入りたいですね」

    兄「…沸かしてきます」

    妹「私がお風呂に入っている間に夕飯の用意をしておいてね」

    兄「…わかりました」

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 00:46:14.78 ID:IxNiHWJQ0
    兄「…どうぞ」

    妹「どうして夕食が二人分用意されているの?」

    兄「え…それは俺の…」

    妹「奴隷と夕食を共にしろと?」

    兄「…今すぐ片づけます」

    妹「冗談よ」

    兄「……」

    妹「あ、そうそう」

    兄「なんでしょう?」

    妹「今日からオナニー禁止ね」

    兄「……はい」

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 00:54:08.16 ID:IxNiHWJQ0
    兄「股間が痛い…出せなくてズキズキする…」

    兄「妹のヤツ…一体いつまで……」

    兄「……寝よ」

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 05:34:50.27 ID:IxNiHWJQ0
    兄「おはよう…」

    母「おはよう兄。なんか疲れてるみたいね」

    兄「母さん帰ってたんだ…」

    母「あ、そうそう今日も帰り遅くなりそうだから二人でご飯食べてね」

    兄「えっ…」

    妹「おはよー」

    兄「!」

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 05:43:32.46 ID:IxNiHWJQ0
    兄「着替えてくる」

    母「あら…妹ちゃんおはよう」

    妹「おかえりお母さん。昨日は遅かったね」

    母「妹ちゃん知ってる? なんだか兄が疲れてるみたいなんだけど」

    妹「……多分色々と溜まってるんだよ」

    母「あのくらいの歳の子はそうなのかしらねぇ」

    妹「兄ちゃんのことだから一週間くらいで直るでしょ」

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 05:54:44.46 ID:IxNiHWJQ0
    兄「はぁ……」

    妹「奴隷が主人から逃げ出すとは関心しませんね」

    兄「妹…!」

    妹「妹じゃないでしょう? 妹様です」

    兄「妹…様…」

    妹「今日も頑張ってくださいね? よくできたら昨日の続きがあるかもしれませんよ?」

    兄「えっ…」

    妹「ふふっ…一瞬期待しましたね?」

    兄「し、してない!」

    妹「嘘つかなくてもいいんですよ? この変態」

    兄「……」

    妹「さ、頑張って働いてくださいね」

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 06:07:22.98 ID:IxNiHWJQ0
    兄・妹「行ってきます」

    女「あ、二人とも!」

    兄「女さんおはよう、最近よく一緒になるね」

    女「そうだね! きっとこれは運命なんだよ!」

    兄「はは…そんな大げさな…」

    妹「……」

    女「妹ちゃんもおはよ!」

    妹「おはようございます…」

    女「なんだか暗い? 可愛い顔が台無しだよ?」

    妹「そんなことないですよ」

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 06:09:00.25 ID:KRIGxa8VO
    ふぅ…

81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 06:21:11.83 ID:IxNiHWJQ0
    女「じゃあ私は用事があるから先に行くね!」

    兄「あ、うん」

    妹「……ふぅっ」

    兄「ひゃぁっ!? な、いきなりなにを!」

    妹「耳に息吹きかけただけでひゃぁとか言っちゃって…ふふっ」

    妹「奴隷なら主人が第一、その他は不要です。何楽しそうに話してるんですか」

    兄「…すみません、妹様」

    妹「昨日の続きは無しにしようかな?」

    兄「…そうですか」

    妹「残念そうにしませんね」

    兄「別に残念じゃありませんから」

    妹「強がっちゃって…」

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 06:31:25.39 ID:IxNiHWJQ0
    妹「では私はここで」

    兄「はぁ……ん? これは…手紙?」

    兄「ハートのシールで封…あぁ、ラブレターね……ってええっ!?」

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 08:51:07.85 ID:IxNiHWJQ0
    兄友「死ね」

    兄「お前に相談した俺が馬鹿だった」

    兄友「チッ…中はなんて書いてあるんだ?」

    兄「ちょっと待ってくれ…えっと兄さんへ……」

    『兄さんへ 突然のお手紙すいません。
     私はあなたが好きです。とても好きなんです。
     あなたのことを思うと夜も眠れません。主に自慰のしすぎで。
     学校であなたを見かけるたびに、緊張と興奮で心拍数があがります。
     放課後、屋上で待ってます。』

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 08:59:48.75 ID:IxNiHWJQ0
    兄友「カオス」

    兄「なんかひどい文だな…」

    兄友「かなりヤバそうな感じがするのは俺の気のせいか?」

    兄「いや、気のせいじゃないと思う…」

    兄友「まぁ頑張れよ」

    兄「…お前もついてきてくれ」

    兄友「やだよ。なんで友達が告白されるの見なきゃいけないんだよ」

    兄「なんか怖いんだけど…」

    兄友「知らん」

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 09:08:31.74 ID:IxNiHWJQ0
    兄「また妹からの呼び出し…」

    女「お、兄くんではないか」

    兄「あ、女。なんか顔赤いぞ?」

    女「あ…これは…」

    兄「風邪でも引いた? 保健室行くか?」

    女「だいじょうぶ、だいじょうぶだから…」

    兄「辛かったら言えよ?」

    女「うん、じゃあ放課後にまた!」

    兄「ん…放課後?」

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 09:18:21.75 ID:IxNiHWJQ0
    兄(なんか女と約束してたか…?)

    妹「遅いですよ兄さん、六分の遅刻です」

    兄「…すみません」

    妹「さっき兄友さんから聞きました。ラブレターを貰ったとか?」

    兄「あの馬鹿…」

    妹「以外とモテるんですねぇ兄さんは」

    妹「もちろん断りますよね?」

    兄「……」

    妹「あなたは私の奴隷なんですからね」

    妹「恋愛なんてしてる暇ないですよ、私に仕えてるんですから」

    兄「…わかってます」

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 09:25:53.52 ID:IxNiHWJQ0
    妹「ならいいです」

    兄「…失礼します」

    妹「あ、あともう一つ」

    兄「なんでしょう?」

    妹「これを飲んでください」

    兄「…なんですかこれ」

    妹「体に害はないんで大丈夫ですよ」

    兄「そういうことじゃなくて…」

    妹「しっかり仕えてればそれなりのご褒美くらいあげますよ」

    兄「だから…」

    妹「もういいです、下がりなさい」

    兄「……はい」

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 09:34:30.69 ID:IxNiHWJQ0
    妹「ちゃんと飲んでれば放課後ごろには効果がでてるはず…」

    妹友「お兄さんまた来てたね、なんだか嫌そうな感じだったけど」

    妹「今日の家事当番だからだよ」

    妹友「へぇー、いいなぁ家事のできる男の人」

    妹「でしょ? えへへ」

99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 09:43:34.14 ID:IxNiHWJQ0
    兄「うぐぅ…」

    兄友「どうした、タイヤキが食いたいのか?」

    兄「さっき妹にもらった薬飲んでから変な感じが…」

    兄友「調子悪いのか? なら保健室行けよ」

    兄「薬飲んでから変になったような…」

    兄友「よくわからん奴だな」

    兄「ま、寝てれば治るか」

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 09:49:55.09 ID:IxNiHWJQ0
    兄友「今日も学校終わったー!」

    兄「…そういうことか」

    兄友「どうした? 屋上いかないのか?」

    兄「ああ…そんなイベントもあったな…」

    兄友「モテる男は羨ましいぜ!」

    兄「うっせ彼女持ち…」

    兄友「昼より調子悪そうだぞ?」

    兄「そんなことないって…」

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 10:32:30.03 ID:IxNiHWJQ0
    兄「にしても…妹のやつ」

    兄「精力剤なんか飲ませやがって…」

    ガチャ……バタン

    ?「来てくれたね」

    兄「え? お、女?」

    女「あはは、私で驚いた?」

    兄「まさか女だとは…」

    女「けっこうわかりやすいモーションかけてたと思うんだけどなぁ」

    兄「そうだったのか…」

110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 10:39:17.27 ID:IxNiHWJQ0
    女「男の子に名前で呼ばせるなんてそうないでしょ」

    兄「うん、まぁでも……えぇ?」

    女「信じてくれないの?」

    兄「そうじゃないって、ただ…」

    女「ただ?」

    兄「俺のどこが良かったのかと…」

    女「どこだろうね?」

    兄「はい?」

    女「よくわかんないけど好きです、私と付き合ってください」

    兄「……」

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 10:50:17.71 ID:IxNiHWJQ0
    兄「えっと……ごめんなさい」

    女「あちゃぁ…振られたか」

    兄「ごめんね…」

    女「どうして私はダメだったのかな?」

    兄「……」

    女「自分で言うのもなんだけど容姿はけっこう悪くないと思うよ?」

    兄「うん…それは俺も思う」

    女「じゃあなんで?」

    兄「……」

    兄(言えない……エロゲやってるのばれて妹の奴隷だなんて)

    女「……どうしても言えない?」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 10:58:15.46 ID:IxNiHWJQ0
    女「私のこと嫌いなの?」

    兄「違う、むしろ好きの方向ではある」

    女「じゃあ…!」

    兄「……」

    女「…わかったよ、言えないならもう聞かない」

    兄「…ごめん」

    女「でも、言えないなら諦められないな」

    兄「え? んんっ!」

    女「ん……ふぁ…私のファーストキスの味はどう?」

    兄「あのいやもうなにがなんだか」

    女「明日からまたよろしくね!」

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 11:11:18.23 ID:IxNiHWJQ0
    兄「あれは断れてないよな…」

    妹「ですね」

    兄「なっ」

    妹「なんでここにって顔ですね。よく顔にでる人ですね兄さんは」

    兄「見てたのか…」

    妹「私は断るように言いました。なんでキスなんかしてるんですか?」

    兄「それは…」

    妹「この奴隷は主人の言うことも守れないんですか」

    兄「すみません…」

    妹「そんなにバラされたいんですか?」

    兄「…やめてください」

    妹「まあいいです、明日会ったらちゃんと断ってくださいね?」

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 11:24:16.27 ID:IxNiHWJQ0
    兄「おい妹…なんであんな物飲ませたんだよ」

    妹「あれ…ああ、薬のことですね?」

    兄「なにがしたいんだって…」

    妹「主人は奴隷の管理もしっかりするものだと思いまして」

    兄「何が言いたい…」

    妹「昨日出してなくて苦しいでしょう?」

    妹「あの薬のせいもあって今すごく辛いんじゃないですか?」

    兄「…別に」

    妹「辛いんだったら私が処理しますけど?」

    兄「……」

    妹「辛くないならいいですね、では帰りますか」

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 12:23:59.33 ID:IxNiHWJQ0
    兄「いい加減にしてくれよ…!」

    妹「反抗するんですか? バレてもいいと?」

    兄「そんな言葉だれが信じるか!」

    妹「証拠もありますから」

    兄「なっ…!」

    妹「ほら『はぁ…はぁ…』」

    兄「……」

    妹「部屋が隣なんですから結構前から気づいてましたよ」

    兄「くそっ…」

    妹「諦めなさいよ」

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 12:37:55.15 ID:IxNiHWJQ0
    妹「ほんとダメな人ですねぇ」

    妹「妹の足に興奮したり」

    妹「妹に奴隷にされて喜んだり」

    兄「喜んでなんかない!」

    妹「こんなに勃起させた人が言う台詞じゃないでしょ」ぎゅっ

    兄「や、やめ…」

    妹「やめてほしいんですか? こんなにビクビクしてますけど」

    兄「ここ学校だって…」

    妹「学校じゃなかったらしてほしいんですか?」

    兄「そうじゃ…あうっ!」

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 13:04:32.06 ID:IxNiHWJQ0
    妹「奴隷の体調管理も主人の仕事ですからね」ぐにぐに

    兄(昨日のと薬のせいでもうヤバい!)

    兄「出るっ…!」ビュルッ

    妹「ふふ…あれ? もう出しちゃったんですか?」

    兄「はあ…はあ…」

    妹「早漏なんですね兄さん」

    兄「も…やめ…」

    妹「やめていいんですか? まだこんなにおっきいのに」ぐっ

    兄「うあ…!」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 13:20:05.60 ID:IxNiHWJQ0
    PSPすっごい不便

    妹「嫌なら抵抗すればいいじゃない。女が男に力で勝てるわけないんだから」

    兄「ぐ…うう…」

    妹「何もしないってことはして欲しいってことですね?」

    兄(体に力が入らない……俺は本当は妹に…?)

    妹(まあ薬のせいなんですけどね)

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 13:23:51.39 ID:G4lxnmLJ0
    PSPってwwwwwwww
    携帯かipod(touch/phone)の方がいいような…
    DSiでもいい方か?

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 13:34:06.03 ID:IxNiHWJQ0
    妹「下着脱がしますよ…」

    兄「う……」

    妹「うわぁ…もうこんなに大きく…」

    妹(想像してたのよりデカい…)

    兄(妹が俺のを……)ピクッ

    妹「あ……見られて興奮してるんですか?」

    兄「違う……」

    妹「……変態」

    兄「く……」ビクッ

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 13:46:14.40 ID:IxNiHWJQ0
    ケータイの規制がなければ…

    妹「ほら…変態って言われて喜んでる……気持ち悪い」

    兄「もう…やめろよ…」

    妹「うるさいですね……あむっ」

    兄「うあっ!?」ビクンッ

    妹「んむ…じゅる……あんまり味しませんね、少し苦いかな?」

    兄「なにしてんだ…!」

    妹「なにって…兄さんのベトベトなおちんちんを綺麗にしてます」

    兄「なんでそんなこと…」

152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 13:57:36.90 ID:IxNiHWJQ0
    妹「口答えしないでください…んっ…ちゅう…」

    兄「あ…うああ……」

    妹「ふふ…気持ち良いんですか? 切なそうな声出して」

    兄「ぐっ…くう…」

    妹「ぺろっ…ちゅむ……ほら、正直に言いなさい?」

    兄「き、きもちいい…です…」

    妹「認めましたね?」

    兄「は、はい…」

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 14:06:35.04 ID:IxNiHWJQ0
    妹「れる……ちゅぱっ…何がどう気持ち良いかしっかり言ってください?」

    兄「い、妹の口の中があったかくてきもちいいです…!」

    妹「よく言えました。また出していいですよ? あむっ…じゅる…ちゅうう」

    兄「ぐっ…またっ!」ビュクッビュルル

    妹「ん!? んっ…んくっ…」

    兄「ばっお前なに飲んで…」

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 14:14:11.92 ID:IxNiHWJQ0
    妹「ん…二回目なのにずいぶん濃いの出しましたね…」

    兄「あんなの飲むなよ…」

    妹「主人のすることにいちいち口出ししない」

    兄「すみません…」

    妹「それに…二回出したのにまだ元気そうじゃないですか」

    兄「これは…」

    兄(精液飲む妹がエロかったとは言えない…)

    妹「さっきの私見てまた興奮したとか」

    兄「え!? あ……」

    妹「……馬鹿」

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 14:21:38.05 ID:IxNiHWJQ0
    兄「ほんとすみません…」

    妹「…私のせいだよね」

    兄「申し訳な…え?」

    妹「私のせいでこうなっちゃったんだから私が収めなきゃ…」

    兄「お、おい妹…なんで服を…」

    妹「あんまりスタイル良くないけど…」

    兄「やめろって妹…!」

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 14:30:34.99 ID:IxNiHWJQ0
    妹「どう? 私の裸…」

    兄「あ、ああ…綺麗だ…」

    妹「そう…? 胸とか小さいけど……よかった。じゃあ…」

    兄「待てって…! なにすんだよ!」

    妹「なにって…セックス…だけど?」

    兄「兄妹でそんなことしちゃ駄目だろ!」

    妹「お兄ちゃんは私としたくない?」

    兄「し、したくない…」

    妹「嘘つき」

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 14:31:55.11 ID:cWalf/VvO
    ふぅ…

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 14:35:27.42 ID:lap0ytipO
    >>165
    ちょw

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 14:38:23.54 ID:IxNiHWJQ0
    兄「そんなこと…俺は!」

    妹「お兄ちゃんのここ、さっきより大きくなってるよ」ぎゅっ

    兄「はぐっ…!」

    妹「そんなにそそる? 学校で…妹とセックスするの…」しゅっしゅっ

    兄「はあ…うぐっ!」

    妹「私も…お兄ちゃんのなめてたらびしょびしょになったの…ここ」

    兄「妹…それだけは…」

    妹「挿れるね…」

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 14:41:49.75 ID:+zJbcH8y0
    おい馬鹿続けろ








    続けてください

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 14:44:22.43 ID:IxNiHWJQ0
    妹「ん…痛っ…!」

    兄「おい妹…まさか」

    妹「はじめて…だけど?」

    兄「なんてことしてんだよ…! 早く抜け…!」

    妹「余計な口答えしないでくださいっ…」

    妹「はっ…ぁん……全部入りました…」

    兄「う……」

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 14:51:17.35 ID:IxNiHWJQ0
    妹「うぅ……」

    兄「痛いんだろ? しばらく動くなよ」

    兄(動かれると俺が不味い)

    妹「奴隷ごときに体の心配をされるとは…ふふっ、大丈夫ですよ」

    兄「無理するなって」

    妹「大丈夫だって…お兄ちゃん」

    兄「この状況でそれは…」

    妹「あっ…中で大きくなったよ…」

181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 14:58:33.77 ID:IxNiHWJQ0
    妹「動くよ…」ズッ

    兄「うあっ…!」

    妹「ふあっ、んっ…お兄ちゃん、気持ち良い?」

    兄「…正直ヤバい」

    妹「よかっ、たっ! あぁん!」

    兄「むっ…ちゅう…ぺろっ」

    妹「あっ、おっぱい、吸っちゃやぁん!」

    兄「うん、それ無理」

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:18:06.16 ID:IxNiHWJQ0
    兄「はむ…ちゅっ…かりっ」

    妹「あぁんっ! ちくびかんじゃだめぇ!」

    兄「妹のおっぱいがおいしいから…」

    妹「おにいちゃんもうだめぇ…!」

    兄「わっ馬鹿…! そんなに腰動かすな!」

    妹「だってぇ…! 私もうおかしくなりそうだよぉ!」

    兄「俺もヤバいって!」

191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:25:41.09 ID:W6+UI7QbO
    ふぅ・・・



    妹態度変わりすぎだろ、不自然極まりない

193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:27:18.66 ID:p1rFq9huO
    >>191 抜いたからってテンション下がんなw

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:30:19.54 ID:clYZczpYO
    ふぅ…









    この駄作め

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:31:26.63 ID:IxNiHWJQ0
    兄「動きすぎだって…! ここもうぐちゃぐちゃだぞ?」

    妹「そんなこと言ったってぇ…もう腰が止まんないよぉ…!」

    兄「ぐうぅ…出そう…」

    妹「はぁあ…私も…もうイっちゃう…!」

    兄「わっ馬鹿足絡ませるな!」

    妹「出して! 全部出してぇ!」

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:39:14.36 ID:IxNiHWJQ0
    妹「イくうっ…!」

    兄「ぐっ、締め付けが…で、出るっ!」
    ビュルルッドクドクッビュッ

    妹「ああ…ん…すご…いっぱい出てるよ…」

    兄「なっ…止まらねぇ…!」

    妹「ふあぁ…まだ出てる…」

    兄「う…あ…今までで一番出てるぞ絶対…」

    妹「はあ…お腹の中いっぱいだよお…」

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:41:01.33 ID:wLKX6ATtO
    おめーらこんなの見てるなんて、馬鹿じゃねーの
    さっさと外出て働け



    にしても部屋がイカくせぇ

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:41:51.65 ID:X+XMERy70
    >>197
    同志よ
    どうしよこのイカ臭いの

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:42:42.25 ID:bPiiqJcp0
    文字で抜けるとは、人間ってすげぇ

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:43:18.57 ID:tx6J3AlTO
    文字で射精してしまった…

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:48:15.73 ID:MUZvDoDt0
    ふぅ・・・

    いつもより沢山出た俺は変態か?

202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:49:37.74 ID:X+XMERy70
    >>201
    俺と同じくドMの素養があると思われる
    もう3回抜いた

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 15:53:37.83 ID:IxNiHWJQ0
    兄「妹…抜くぞ」

    妹「ぁん……」

    兄「うわ、垂れてきた…」

    妹「はぁ…お兄ちゃん気持ち良かった?」

    兄「ああ、すっごく……」

    妹「?」

    兄「ごめんなさい」

    妹「どうしたの急に?」

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:05:30.09 ID:IxNiHWJQ0
    兄「こんなことになってしまい深く反省しています」

    妹「ああ、そういうこと」

    兄「しかも中で出したし…」

    妹「今日は安全日だったと思うから大丈夫だよ」

    兄「それでも…」

    妹「私がしたかったからいいの! 口答えしない!」

    兄(あれ? 妹可愛くなりすぎじゃね?)

    妹「まあ責任は取ってもらうけど」

    兄「へ?」

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:07:58.55 ID:+8yQ8alW0
    ふぅ・・・

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:10:53.09 ID:ujww5gt30
    おまえら抜きすぎ。ぬきすぎるとあたまがわるくなるって昔は…ry


    …さてゴミ箱に溜まったティッシュ片付けてくるか。

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:12:37.10 ID:vkeRetY50
    ふぅ・・・


    こんなの全然興奮しないし

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:14:07.58 ID:NQP/tSSJ0
    お前らアホ?どのへんが興奮すんだ?w



    ちょっとティッシュ片付けてくる。

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:15:28.64 ID:IxNiHWJQ0
    妹「女の子のはじめて奪ったんだからねぇ?」

    兄「それはもう…すみません」

    妹(実は安全日ってのも嘘だし)

    兄「何か言った?」

    妹「いえ何も」

    妹「というわけでお兄ちゃんには一生奴隷になってもらいます!」

    兄「どういうわけっすか…てかまた奴隷…ん? 一生?」

    妹「そ、そう! お兄ちゃんなんか一生私の奴隷やってなさい!」

    兄「……」

    妹「ど、どうしたの」

    兄「…お前、可愛いな」

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:21:15.07 ID:/EdwRt+0O
    俺はSSでは寸止めを楽しむタイプ

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:24:24.12 ID:IxNiHWJQ0
    妹「い、いまさら気づいたの? こんなに可愛い子がいつも傍にいたのに」

    兄「うん、まあ」

    妹「~~! ば、罰として帰ったらもう一回してもらうから!」



    女「……」

    女「寝取りっていいよね!」

    おわり

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:26:02.45 ID:X+XMERy70
    女www
    >>1乙

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:27:09.89 ID:OFjpk4vv0
    >>1乙
    よかった!!!

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:27:58.39 ID:u9J8zlz70
    ふぅ

    終わったなんて俺は信じないぞ!一応1乙

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:28:43.05 ID:IxNiHWJQ0
    女どうしようか…
    妹がSで女がMの予定だったんだけど

223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:29:12.21 ID:ZU29PE5W0
    >>222
    第2部の幕を開くのだ

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/02(日) 16:30:08.94 ID:BEXXdB+j0
    良かった
    正直女との話はいらにあ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。