解熱剤について

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

解熱剤について


 インフルエンザ様の症状でも判断がつかない時やタミフルがない時、解熱剤で辛い発熱症状を和らげることができます。
解熱剤はインフルエンザの疾患時に服用してよいものであるかどうか、よく確かめてから服用しましょう。
特に、児童に用いると脳症を引き起こすとされる成分もあり、充分注意が必要です。
 インフルエンザにはアセトアミノフェンが主成分のものがよいとされています。
また、ジクロフェナクナトリウム又はメフェナム酸の使用群は避け、非ステロイド系消炎剤の使用は慎重に行ってください。(ソース(厚労省)
簡易検査で陰性であっても、インフルエンザではないと断言できませんので、推奨されている解熱剤を用いておいた方が良いでしょう。
 医薬品は使用上の注意・用法・用量を守って正しく服用しましょう。

絶対に使ってはいけない解熱剤

  • ボルタレン(処方)…ジクロフェナク
  • ポンタール(処方)…メフェナム酸

推奨される解熱剤


禁忌ではないが推奨でもない解熱剤(小児には×)



漢方薬(麻黄湯)について


  • 漢方薬を用いて症状をやわらげるのも一つの手段です。特に、最近メディアで麻黄湯がとりあげられました。
  • しかし、漢方も薬ですので、無闇に飛びつけばいいものではありません。
  • 漢方は見立て(診断)を行い、「証」を考えて服用する必要があります。
  • 漢方にも副作用はありますので、「証」を理解し、自分の証に合うかどうか確かめてから服用しましょう。

麻黄を避けるべきとされる人・症状

  • 高血圧や心臓病、脳卒中既往など、循環器系に病気のある人
    (心臓や血管に負担をかける交感神経刺激薬のエフェドリン類含有)
  • 腹部症状のある人(お腹の調子が悪い、下痢・嘔吐など)
  • 排尿障害、甲状腺機能亢進症のある人
  • 老人、高齢者
  • 発熱・発汗症状が出ている状態
  • 痰が出る状態
  • 虚証・裏証(虚弱、病中・病後の衰弱期)

麻黄が適するとされる人・症状

  • ぞくぞくとした悪寒・関節痛(ごく初期症状)
  • 体力のある人
  • 普段全くの健康体で、若い人


ご意見フォーム

  • このページに関するご意見・ご指摘は、こちらへどうぞ。 -- (備蓄まとめ人) 2009-09-02 17:36:57
名前:
コメント:

すべてのコメントを見る


以下は@Wikiによる強制表示広告です。

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。