MHFの歴史 > MHF-G.1~



MHF-G1 2013年4月17日

ここからMHFの各アプデに付けられていたサブタイトルが付かなくなる。
アップデート概要(中間リファイン等も含む)はこちら

ギウラスがアプデ前に語ったのは「どれほどのお客様が大挙して訪れるか分からないのが怖い
ギウラスが後に語った「MHF-G1は100点中5点」 ……要はそういうことである。
原因はよりによって目玉要素のG級。システムのあまりの糞っぷりでMHFの評価が暴落してしまった。
クッキー・蟹・ポカラ丼オンラインG級武器の「G1の黒歴史」を見ていただければ如何に悲惨な状態だったのかが分かるだろう。
この影響は凄まじく、秘伝書や剛チケ実装の比ではないほどの引退者を出しPCサーバーは後に統合されることになるほどであった。
(なお、統合自体は以前と違って技術力の向上によって可能になっており、更にPS3・Wii Uでサービスを展開するのに併せ、たとえG1の大失敗が無くとも行う予定であったことが後に明らかになった。)

また、先行テストをやったにも関わらず、お約束の開幕早々不具合多発で緊急メンテが起こってしまう。
特に360版はPC版には無い独自の不具合が多数発生し、約1週間ほどこの不具合に悩まされることになり、その後発生した不具合も含めると2週間近く不安定な状態が続いた。
+  360版で当初多発していた主な不具合とその対策
結局G1中の緊急・臨時・延長メンテナンスの合計時間は17時間30分にも及んだ。


F.5の目玉であった覇種連続迎撃戦の褒賞もアプデ同日配布された。
結論から言えば武器・防具共に産廃(ボウガン系は使えたが作成難易度からやっぱり産廃)。
武器は後にG2で大きく見直され実用性が大きくUPしたが、防具はG3現在何も手を付けられていない。

初週から大コケの様相を呈したためか、行き当たりばったりとも言える小手先リファインラッシュが始まる。
まずは4/24、SRP関係のリファインが実施される。詳細はココ!
また持ち込みで20000HRP/SRPのボーナスが付く「ギルド特別推薦状」50枚のプレゼントも開催された。

更に5/8まで、プレミアコースのHRP/SRPが3倍(秘伝書コースも乗せればこれにW特典の1.5倍がかかって4.5倍)になるキャンペーンと、ネカフェでHRP/SRP4倍キャンペーンを開催。
このため適正レア度を満たした状態でHCクエにネカプレ秘伝で挑むとSRP144倍というドラ○ンボールもびっくりの超インフレ状態に。

5/1、パッケ武具とプレミアムキットが上方修正された(防具のスロ数上昇など)。
これに伴ってか、5/29までの期間中にG.1パッケージ+新作プレミアムキット購入(4種の内購入した種類数に応じて増量)でいろんなアイテムを貰えるキャンペーンを実施。
また、エクスカリバーも上方修正された。
この発表の直後に、G級狩護防具にG級防具の固有特殊効果が乗っていることが発覚(不具合自体はアプデ直後からあった模様)、5/22に修正されることが発表された(後に復活したのだが)。
更に「ブーストタイム」実装。詳細はココ!を参照。

結局ゴールデンウィーク中にG級システムに関するアナウンスは何一つなかった。
運営レポートによると、連休中の惨状から「小手先のリファインではダメだ」ということでG2・G3に繋がるのだが……
この対応が批判されたためか、この後の各種リファインに関するアナウンスはかなり早く、積極的に行われている。

4/30、特別レシピのシジルを作れる生産券が貰えるイベントコードが公開された。コードはGSIGILPRESENT1
2014年4月30日まで有効なので暇があったら入力しておこう。SP武器やHCチケみたいに延長されるような気もするが
翌日5/1には全秘伝書所持プレゼントのG級防具(の生産券)が配布されたが、こちらも覇種イベ報酬同様どうしようもない産廃であった。

5/2、360版でまたもフリーズなどの不具合祭。
「サーバー機器の故障」というガチの事故、その為おそらくは360版で初であろう「ロールバック戻します」が……
+  その後の顛末

5/1~5/15 MHF-G初の狩人祭。
祭典武具にG級武具が追加される。生産と強化は従来とは異なる素材を使う。のだが……
ちなみに大量常駐となった育成クエストはベルキュロスもしっかりと含まれている……が占有0設定。
もう占有システム廃止モード?

G級新モンスターの受注可能ランクが引き下げされた関係か、シクレにも容赦なくG級クエが登場。
流石に(この時点では到達者が少ない)GR2やGR3クエは無かったが、GR1-2で挑めるポカラドン(フロクエ)・Gクックが登場。
ポカラドンに至ってはなんとオーラスに再来し、この時点の負け組(4鯖は例のごとく蒼組)非G級ハンター全員お葬式。
ちなみに4鯖に至っては3つのボーナス全てにおいて最終シクレ対象だった蒼組が負けており、しかもボーナス3種の合計点差は蒼組がこの最終シクレで取った分よりも更に多いという異常事態、血塗られた蒼組の歴史に新たな1ページを刻んでしまった。
その一方、2鯖がこのポカラドン(とボーナス3種)で逆転するという新たな2鯖www伝説を打ち立てている。
また、日曜日朝に 予想の斜め上を行く演習ファンゴ99魂 、朝から牡丹鍋とかwww

5/15~褒章祭、ここで祭典の熱気の常軌を逸した要求数が判明する。詳しくはココ!
G2で二段階に分けて改善されたが……
ちなみにこの祭では白秘伝防具用のHC素材救済となるフルフル変種の勝ち組クエストがあったことを申し添えておく。

5/15~5/22 集え! G級ハンター!!の第3弾が開始。
このイベントクエストの報酬の内1つは後日の第4弾に関連するアイテムであった。

5/17 プロデューサー/ディレクター版 開発運営レポートが公開。
上述の悲惨な状態だったG級システムに関して、根本的かつ0から作り直すレベルの改修が行われることが判明。
更にMHFの歴史上初めてアップデートのナンバリングを前倒し・再定義することが明らかに。
MHF-G2以降とそれまででG級の内容が全くといっていいほど異なるのはこれが理由である。

そしてココでまさかの名言「G1はゲーム内のデータ動向から言えば、数字としては正直かなり良い状況です。」が爆誕。
一応、MHF-Gの葬式ムードを認識している発言もあったのだが「現状が分かっていないのではないか」と批難された。
ちなみにその後の動画版レポートで数字が良かったのはゴールデンウィーク前までで、それ以降は悪くなる一方であり、
6月下旬にはアプデ直後より2~3割程度稼動が落ちたことが明らかになる。
流石のギウラスも「数字がどんどん悪くなっていき危機感を覚えていた」と言わざるを得ない状態であった。

MHF-G1リファインアップデート 2013年5月22日

リファイン内容はココ!の後半を参照。

5/22~6/19 集え! G級ハンター!!第4弾開催。
第一弾&第二弾と、第三弾の内容・報酬をミックスしたものとなっている。
ヒュジキキも同じようにやれば良かったのに……

このアプデに合わせて、先述のG級狩護防具におけるG級防具誤認現象を初めとした多数の不具合が修正された。
しかしながら新たに発生した不具合も多数。
+  主な内容
これらについては後日修正されたのだが、1つだけ不具合に挙がったが「仕様」になったものがあった。
いや、下位や上位をきっちりやってるハンターならこれが仕様であることは一目瞭然だったのだが……詳しくはココ!
ちなみに、一部クエの説明文や「鬼に金棒」の重複配置など、まだ修正されていないものも存在する。
もちろん例のゴスロリ大宝玉も修正されてないんだろうね

5/29~6/19 MHF-G 2度目の狩人祭。「燃やせ!フロンティア魂」
シクレが全てMHFオリジナルモンスターのクエに限定されており、入手魂数は49魂or99魂。
勝ちクエはグや上位ザムザのレア素材が出やすいクエや、赤秘伝のHC素材が出るものが配信される。
ちなみに赤秘伝クエの相手は覇種並みと名高いフルフル奇種である(前回の白秘伝フルフルと対になっている)。
なお今回も例によって占有0設定である。
余談だが珍しく画像に糞鳥がおらず、シクレにも登場しなかった。代わりにアフロの糞鳥がG級から唯一登場している。
ちなみにこのときも批判があったためかは不明だが、G級モンスはこれ以降シクレに登場していない。

2日目の朝には覇種パリアプリアが登場。99魂とは言え、覇種の中でも特に強いアイツ(ソースは覇種連続迎撃戦における初週の成功率(パリア覇種が最低ランクであった))。
新規どころかベテランすら悲鳴をあげ、朝シクレとは言え全鯖殆ど稼げていないという事態が発生する。
そして火曜日夜にも登場、しかもオーラスがこれより遥かに容易な剛ベル(塔)99魂であったため、朝シクレで逆転劇が起こった鯖が少なくないようである。そして血塗られた歴史がまた……

前回の例から皆が楽しみに?していた日曜日朝シクレは、ただの下位ゴゴであった。
だが驚くなかれ、なんと99魂設定である
下位ゴゴは低SRやHCソロでも0ラスタ瞬殺が可能であることから脅威的な回転率を誇り、発見が早かったことや継続可能性も考慮すると伝説のノロイダマを越えるアホシクレと言えるだろう。

祭り中に入魂絡みではないイベクエは無いと思われていたが、6/5からベテランシリーズ「想い出の香り」が配信される。
ここではフォワード.5プレビュー期間にファミ通に掲載されておきながら、今まで全く配信の気配が無かった「トリートシリーズ」が遂に登場。ぶっちゃけ忘れてたのでは……
7/10までの1ヶ月間開催だが(通常ベテランシリーズは3週間)、これはG2アプデが7/10に行われるためである。ボッタクリシリーズのネタがなくてよかったですね

6/7、急遽「特別開門!秘伝防具への扉!」を開催。
G級秘伝防具実装を前に、いくつかの項目ごとに武器魂を全11種バラマキというある意味豪華イベ。
条件や詳細は該当記事を参照されたし。

そして褒賞祭開始とともに「教官からの『贈り物』&『贈り者』」と称して以下のイベントを開催。7/10まで。
  • 『贈り物』 - 剛種防具(各部位ランダムで1つ)と剛種討伐の証(3枚×5種類)のバラマキ
  • 『贈り者』 - シリアス5にフルレイストHS+エクスカリバーの『お助け狩人G』が登場。一時ラスタ契約用に常駐している。
公式ラスタのステコメが「私と一時契約して一人前のハンターになってね♪」と、どっかのアニメ臭がする

今回の褒章祭から祭りポイントで交換できるHC素材が増え、下位HC素材の必要ポイントが下がった。
ちなみにNポイント交換についても5/22から品揃え追加と下位HC素材のポイント緩和が行われている。

6/20 MHF-Gの小説「モンスターハンター フロンティアG① 紅き猟団、棘茶竜の谷へ」が発売される。
漫画の次は遂にラノベに進出ですか……アニメ化はまだですか?^^ え?DT?
ちなみにお約束のように武器のイベコが付いている。

そして6/19~またしても狩人祭。
今回は久しぶりの(?)ポイント&証3倍設定、もちろん熱気も3倍ですよ^^
熱気→紋章クエは新しくゲリョスが追加された。
この祭以降、覇種やG級のシクレは存在せずシクレ対象クエのランク分布はおとなしくなったが、
Gで全季節に展開された旧フリークエスト(F5まで季節と時間が「出発時の季節と時間」となっていてワールドの季節によって有無が異なっていた物)から下位ディア亜種が投入されるという予想外の展開に。
そして恒例のアホシクレ大方の予想を覆し月曜朝に、内容は団クエザザミ99魂。今度は蟹鍋かよ
ちなみにまたしても(夜シクレを取っていたにもかかわらず)4鯖蒼組が負けている件について

6/28 動画版レポ公開。
G1の統括があるため動画の時間は過去最高レベルの長さとなっている。
同時に、運営レポ動画版後半の植田佳奈嬢とギウラス、キモトとのトーク時に
過去にバランス崩壊を招いたラファ、超速射を考えたのがキモトであることが判明。

7/3~7/10 褒章祭。
……だがしかしポイントが3倍になっていない不具合発生。補償は「褒賞祭1週間延長+その延長分で3倍設定の祭ポイントのみ追加受け取り(設定ミスで増えていなかったポイントと、順当に3倍になっていた証については正規の期間中に受け取ること)」となった。
そして予想の斜め上を行く(当初の)褒賞祭終了(アップデートメンテナンス開始ともいう)6時

なんだかんだ言いつつも4年以上の間ネットカフェで最も遊ばれているという事実が判明
これを記念したアイテム配布など、6周年記念イベントが7/3から順次開催。
F5時点でHC派生が確認できてたヒプノック劇場マダー?
また、7/6・7/7にG2先行体験会が東京と岐阜で行われた。

MHF-G2 2013年7月10日


本来はG1.5に相当するアップデート(GR5~8の解禁)であったようだが、先述したようにG1の酷評を受けてG級システムの全面改修を行うなどにより大型アップデートに格上げされた。
現行のG級クエストのベースがこのアプデで作られている。
ちなみに夏の時期のアップデートでシーズン番号が与えられたのはシーズン8.5(2010年)以来のことで、(フォワード以降もネ実的には慣例で付けられていた)「.5」が付かない物となると2008年のシーズン3.0以来である(2009年がシーズン5.5、2011年はF1中間、2012年はF4中間)。

G3前にギウラスが語ったところによると「50点ぐらいの評価はいただけたかなと思う(G1は5点)」

また、G1アプデの時と同じように、TwitterでG級覇種武器が公開されていく。
性能は7/5に明かされた。しかしながら……
またG級覇種武器読み仮名クイズが開催されたが、どう考えても間違いようがないドドンガ・マインスが出題されたw

ちなみに、GF防具の緩和及びGX防具の実装によってGF装飾品をG1で大量に作った人涙目……と思われたが、
流石に今回はアプデまでの期間が短すぎるということでGF装飾品を使ってGX防具を生産するレシピがG2の間限定で追加された。

今までのように開幕早々緊急メンテという事態は免れたが、いつも通りちらほら不具合が出てくるのであった。
とは言え、人間が作ったプログラムの塊だからバグ0はありえないし、それに昔のような重大バグは無い分マシになってはいる。
以下のことから7/12に修正のため臨時メンテナンスが行われることに。
+  主な内容

ハメが不可能なG級HCモンスの存在によって、難易度毎の防御力減算(G1からあった。詳しくはココ!)要素が急速にフィーチャーされる。
具体的に言ってしまうと既存防具(秘伝・覇)やG秘伝の即死オンラインであり、当初懸念されていたG級秘伝防具オンラインという事態は発生しなかった。
ちなみにこの減算補正は純正G防具・GX防具でもきついという声が多く、8/14のアプデで若干緩和された。

7/17~極限征伐戦開催。
極限征伐戦についてはココ!を参照されたし。
第1回は悲惨な設定であり、批難が殺到したためか7/24の開発・運営レポートで調整が行われることが発表された。
ちなみに19日に、天嵐への導き大量配信が行われた。
しかしながら当初公式HPでしか告知しておらず気づかない人多数。更に極征クエの問題点が発覚した後だったため、極限征伐戦の不満に対するガス抜きだという非難が殺到しただ火に油を注ぐ結果に。

7/17~7/30 狩人祭 MHF-G初の勝ちネコとなる。
7/24の入魂祭から、6年目にして遂に保有魂数の上限が99魂→200魂に引き上げられる。
また、7/24よりG級★5新モンスター「氷獰竜ギアオルグ」が解禁された。
初登場記念としてギアオルグは常時シクレ状態の50魂、また勝ちネコということでシクレは事前発表となったがその中にはゴウガルフも剛種でエントリーされていた。
しかしながら、MHF-G初の勝ちネコだが7/30昼時点で1億5千万魂ほどと2億には程遠く、
結果的に1億7千万魂という勝ちラオ(1億8千達成褒賞)も配信されないという結果に終わった。
なお、公式発表とは別に公式FacebookでHRPたっぷりクエスト褒賞の投票が行われたのだが、こちらも1億8千万魂での配信が選ばれたため結局配信なし。
…せっかくの勝ち猫に水を差したんですが、もうやらないって言ってませんでしたっけ?

8/1 カプコンネットワーク・カンファレンスで、 MHF-GがPS3とWii Uに移植される ことが正式発表。
Xbox 360鯖の運営で経験を養えたことと、環境が整ったことから移植に踏み切ったらしい。
サーバーはPC・360鯖とは別に、新規に専用サーバーが設けられる。
PS3版は11/20、Wii U版は12/11にサービス開始予定(どちらもOBTがこの日から1週間で、この期間内は無料開放とのこと)。
なお、PS3とWii Uの時期の差は操作デバイスやネットワークサービス基盤の違いが理由と思われる。
後述の通りG3アプデのあとにサービス開始となる。
なお利用に関しては、ログイン時のユーザー識別用の情報としてPSNアカウント(PS3)やニンテンドーネットワークID(Wii U)を利用し、課金についてはそれらと連携させたCOGアカウントを使用する方式となる。
PC版MHF-Gなどで使用しているCOGアカウントがあれば、それをPS3やWii Uでの課金にも使えるということである(簡単に言えばCAPがこの3プラットホームで共有)。
ちなみにビギナーズパッケージも同時に発売される(購入しなくてもダウンロードでプレイ自体は可能)が、
今回は装備品コードについては各ハード限定で他ハードへの使い回しはできない模様(なお、どちらのハード版もスペックは同じでデザインだけが異なる模様)。
また、課金項目についてはNコースを含めて360版と同等になる予定とのこと。
なお、PS4発売が近いこの時期だというのにPS3でサービス展開することに踏み切ったのは、恐らくPS4向けの開発環境が十分と言えるほどには整っていないこと、PS4ではPSNのネットプレイがPSNアカウントに有料のPlayStation Plusを登録しないと利用できないというシステムになっているからと思われる。

8/7 小規模リファイン実施。詳細はこちら

8/7~8/14、第2回極限征伐戦SNS連動討伐イベント同時開催。
上述のリファインと極征自体のリファインで挑みやすくなった模様。
SNS連動討伐は最初24時間で75%オーバー(最終局面突入)という結果を叩きだし、翌9日の14時時点で討伐達成によりフル褒賞となった。
基準値は非公開であったが、初回更新時点で75%オーバーという結果から運営による結果操作ではない……と思いたい。

8/14 ★6及び新モンスター「アノルパティス」解禁。
また、G級モンスターの攻撃で受けるダメージを緩和する調整と、元気のみなもとの効果調整、
更に異常に多かった闘獣の顎の個数下方修正が行われた。詳細はこちら
そして、人口減少によって新規ユーザーがパーティが組みにくくなったことが理由で、G級区を除いたワールドが幾分か減らされた。
人口調査では、同時に過去最低数のアクティブ人口15000を記録。

8/14〜8/28 狩人祭
今回の目玉は、今回限定の祭P交換素材(ブリッツFXの必要HC素材や、G級準レアなど)とストレガGシリーズ。
しかしながらストレガGは8/7時点で既にストレガHCから強化という形で入手可能(実は「ストレガHC→G強化に必要な素材がない」という不具合でありG3アップデートで修正)、★6解禁により今回から直接生産も可能となる。
また、後述のPC鯖統合の日程からPC鯖の2鯖と3鯖名義での最後の狩人祭となる。
下位クエ99魂(今回は演習ギザミ)8万差のリードからラス前黒ミラで100万オーバーの差を付けられる4鯖蒼組など、ある意味定番の伝説が……ところで2鯖wwwは?

8/21 初の運営手作りの運営レポート動画版が公開。
8/1の他ハード展開発表時に一切触れられなかったPC版/360版の課題と対策について触れられている。
人口はG1から減少傾向、特にHR/SRハンターの離脱傾向が強いと言う発言がでている。
PC版ではその対策として、6年目にして遂に「サーバーの統合」が行われることが発表された。
ちなみにG2で更に人口が減ったから急遽行うことになったわけではなく、
フォワード.5の時点でPC鯖は人口減傾向にあった(これはネ実でも当時指摘されていた)ことから準備だけはしていたらしく、
G1でお察しの結果になったため6月頃には既にG3アプデの前に統合する計画を立てていたようだ。
ただし、先述したようにG1の影響がなくても統合は予定されていたとも言われている。
このレポ上でギウラスから売上は順調に推移しているの言葉が出る。
後のインタビュー等から察するに「G1の売上減少速度に比べればマシ」という意味らしい。

8/28 極限征伐戦第3回。
本来隔週のはずだが、やはり課題が多いためか1週間おいての配信となる。
詳細はココ!

また、アニバパッケ2013が発売。今回の目玉?はシャンティエンを立体的に再現したブックスタンド。でかい。
装備は「ラヴィエンテ」をモチーフとした3色のGS防具となっている。原色・狂暴期の色に加え黒色の装備がある。まさかな……
しかしながら特典装備アイテム総数が36個でありながら、G強化券に交換できる特別交換券の付属枚数はたったの25枚と発表されている(10枚パック1つでは足りない)。さすが鬼畜○○(3~5文字)、やることが汚い。

そしてあの黒いG級モンスターが「緊急依頼」として登場。
当初はG級のUNKNOWNと呼ばれていたのだが……

また、あのマラソンクエが逆走クエとして復活
今回はクリア回数(前回と違いキャラ数ではないため、1人で複数回クリアしてもそのクリア回数が全て反映される)に応じてリアル懸賞の当選枠が増えるという、よくわかんない褒賞である。
なお今回は持ち込み不可のため、前回のように爆弾持ち込みという手段は通用しない。
結果的には火曜日集計で最高ランクの5万回(200個)を達成。もっともスリッパが欲しい人にとって本当の戦いはこれからである。

9/3 シジルが無限に作成できるバグの情報が流布され、大騒ぎに。詳しくはココ!
対応として、9/4の定期メンテ時にシジル作成を一旦ストップ、その翌日の臨時メンテにて修正するという形となる。
が、9/4の16:30~17:00にまさかの緊急メンテナンス。内容は『新規キャラのデータセーブが正常にできていないバグの修正』。恐らくシジルストップと入れ違いで発生してしまったと思われる。
この後2週間は大規模なBAN祭になり、運営レポートでも註釈が振られるほどであった(この註釈は以後のレポートでも存続している。BAN祭自体は10/23発表分で終息した模様)。

9/5~9/24 PS3版の先行体験テストの応募が始まる。
テスト実施期間は10/1~10/7、その後行われるオープンβや本実装時にはデータを引き継げないので注意。
応募はPS3(PlayStation Store)・PC・スマホから可能。
参加特典はベータナイフ【呂】。先行期間中にHR17にすることと、「COG ID連携」(COG IDとSony Entertainment Networkアカウントを連携させること)を行うことで入手できる。
更にオープンβにキャラクター登録したり、本サービス開始~2週間以内にHL登録することで更なる特典を入手可能。

9/6~9/11 各種G級HC素材をクエストで入手可能な「四方の理」シリーズが初配信される。ランクは★5まで。
G級HC素材に対する天嵐への導きのようなものだが、救済()と言われるほど確率が低かった導きに対し、こちらは基本報酬5%と十分救済と言える内容になっている。まぁ導きのHC素材合計出現率(2+2+1%)と変わらないのだが

9/11~9/18 上述の通りPC鯖の統合実施。
基本的な流れはシーズン10終盤に統合が行われた360版とほぼ同じだが、スタンプの統合やキャラクター追加権の販売に関してなどの仕様の違いがある。
また、そもそもデータ量が圧倒的に違うためか、1週間の空白期間が発生することになった(統合は9/11朝の時点でのデータとし、完了後の9/18にPC鯖の全キャラでブーストタイム発動フラグが立った状態となることが発表されている)。
これによって2/3鯖がID変更等で大きく影響を受けることとなるため、2/3鯖のみ対象のお得なクエストが配信される(この辺も360版での旧5鯖と同様である)。
内容は極秘依頼やたっぷりに相当するクエストなので全SR999ハンター以外は恩恵がある……はず。
猟団名や追加キャラクターがどうなったのかなど、詳しくはココ!を参照してほしい。

統合期間中にデータが引き継げないことを逆手に取って全コース無料開放やHRP・SRP・GRP77.7倍などのイベントを開催
上述の通りここでいくらHRPや素材を集めても9/18には元通りなのだが、期間内のプレイに対していくつか特典が発表されている。
ちなみにXBOX360版にも一部恩恵がある。というか幻ドラと赤ラーは実質XBOX360版にしか恩恵がない
また、期間内に有効だった各種コースについては補償することが発表されている。

PC鯖移行の最中である9/12にMHG及びMH3(共にWii)のオンラインサービスが終了、続いて9/14はMH4発売。
パッケ版は相変わらず難民、そしてDL版の配信やオンラインサービスもサーバーダウンを起こす程大人気。
ちなみにギウラス曰く「目下最大の脅威は某14ではなくMH4」らしい。
オンラインサービス展開中のMH3G(Wii U経由の3DS版・Wii U移植のMH3GHDとも)とMH4はどちらもオンラインが無料なので、有料オンラインが現存するモンハンはFのみとなる。
……だが、MH4ではチャットでの暴言や改造ギルドクエストが横行しており、そういう意味でもMHFの方がプレイヤーの民度が高いと言えるのも事実である(後にWii U版の人口が圧倒的に少なくハードの年齢層と明らかに不一致だと素人目にもはっきりわかる形でも明らかになっている)。
※ちなみに、無料オンライン環境を提供しているのは任天堂でありカプコンではない。つまり、任天堂が自腹を切ってサーバー運営をしているのでネットプレイ無料が実現しているのである。Fと違って本家は各種コースが無く、プレイ人数が多くないとサーバーの維持の意味が無くなっていき、費用に直接響いてしまう。つまり、本来ネットプレイ無料化は非常に難しい事なのである。

9/18 サーバー統合完了。
ログイン鯖が混雑してまさかのディドゥーンボンオンラインが発生。
懸念された人口の戻り具合についてはそこまで極端な減少はなかったが、やはりセーブ無し期間が1週間開いたのとMH4の影響は少なからず出ているようである(人口調査では統合前より1000人ぐらい減少したとの報告がある)。
なおサーバー選択では、1鯖がPC版で360版は4鯖という扱いである。G3でも振りなおされておらず、また後述するようにこれで空きになった2/3鯖の名称はPS3/Wii Uに引き継がれていない。
ちなみに、統合における直接的なトラブル(キャラクターやアイテムが消えた、猟団が無い、など)は報告されていない。ただし、2/3鯖から移行されたキャラの一部データ移行漏れによると見られる共通イベントコード再使用という珍事が発生している。
さらに、データベース量の増大によって「集計」の処理に多大な負荷がかかってしまい、翌週以降トラブルが多発することとなる。

この日より、G級最後のランク「G★7」解禁。レビディオラ等が登場する。
また、G級武器の強化レシピ(100%・60%両方)の素材が緩和された。
量・質共に凄まじい緩和であり、G級武器に関する仕様は5ヶ月目にしてようやく確立することとなる。
更にHC素材とG級HC素材(GR6まで)が全種類祭ポイント&NPで交換可能となり(祭ポイントに関しては、厳密にはリファイン後の狩人祭からとなる)、必要ポイント数も緩和される。
流石に、この日から解禁されるGR7HC素材は未狩猟で交換されると言う事態を起こさないためリストには追加されていないが。

更にHR1~999、SR1~499のハンター向けに「報酬ブースト」を実装。
詳細はアプデ概要を参照のこと。
ちなみに部位破壊・捕獲報酬枠が16を超えるとコース特典報酬が出ない不具合が判明(ちなみに、デイリークエストの黄金体験ガルルガで部位破壊・捕獲報酬枠が16を超えるとアナザーターゲット(背中の棘破壊)の剛種チケットがサブB枠の末尾(このクエストはサブターゲットがないため、サブ枠は最後の枠に剛種チケットがあるだけとなる)に出現する現象も確認されている)。
メンテナンス終了前に告知が入ったため、今回はちゃんとテストしたようであるが。10/16に修正された。

また、PC鯖のデータベースが1つになって量が増大する関係からか、定期メンテ時間が6時間になった。
課金コース関係の時間もこれに伴い見直し(延長)される。
ちなみに狩人祭は、従来は初日だけ16時にも集計が行われていたのだが(公式サイトでは16時時点の集計を17時に発表)、18時に一度集計される形(サイトでの発表は19時)になったようである。
また、360版においてはNコースで得られるNポイントの実質レートがPC版の半分を割るという事態に(1口当たりの基本有効期間よりメンテ補填想定延長分の方が長くなったため)。
もっとも最近は延長だらけだったが……という声が出るのを予想していたのかは不明だが、9/25に度重なるメンテの延長や臨時メンテ実施のお詫びとして、100Nポイントを共通イベコで配布することが発表された。

9/19、TGS情報として細かい時期は未定ながら2014年中にPS Vitaでサービス開始決定
サーバーはPS3と共用なので(データや課金システムは共通、ただしワールドごとに「PS3/Vita混在可」もしくは「PS3専用」の設定がされる模様)、PS Vita向けの環境が整い次第すぐ開始されると思われる。

PC鯖統合後早速、9/20に臨時メンテ発生。
主だった理由として挙げられているのはPC鯖統合直後のディドゥーンボンオンラインだが、
どう見ても本音はアクラ★レシピのキーが原液になっていることだろう(本来は絶結晶の模様)。
さらに原液と絶結晶の売値が逆というトンデモ不具合もあった。
しかしながら後ほど確認された素材設定やアイテムボックスの位置から、間違っていたのはレシピや売値ではなく、素材の入手率そのものであったようだ(つまり本来の設定では原液の売価や、★レシピの素材は間違っていなかった)。
素材入手率を弄ると不公平なことになってしまうので、素材の価値を見直したようだ。
また、統合イベの赤ラーおよび幻ドラを中心に起きていた(この他、Fコ無料開放のない箱鯖でデカ猪が防御600程度で体力100から即死という報告も)、大型モンスターの攻撃力がいつもより高い時がある不具合もいっしょに修正とのこと。

9/25 第4回極限征伐戦開催。対象はG級最強のモンスターと言われているディスフィロア
だがしかし、上述したとおりデータベースの集計処理が爆発的に増大した結果、ログイン障害やゲームから強制切断されてしまう、あるいはロールバックでデータが巻き戻ってしまう不具合が9/25の22:30頃~23:30に発生。
この補償に関しては、9/25の17:00(メンテ終了後)~23:30の間に一度でもMHF-Gにアクセスしたアカウントに対して500NPと元気のみなもと×5が配布されることが決定。
…しかしながら、10/1・10/5にも同様の不具合が発生している(原因は異なるが起こったことは全部データベースの処理増大による過負荷)、これらに関しても後日(10/9と10/16)上記と同じ補償が実施された。
ちなみにG1時にあった箱鯖のロールバック事件同様、巻き戻りで再入力できなくなったイベコは個別問い合わせ対応となる。
おそらく今回も生産強化した武器や素材に関しては「お手数ですがやり直していただけますでしょうか」というお返事が来るのだろう。
集計処理がデータベース負荷を引き上げている原因であったため、毎週の運営レポートの恒例である「武具の使用率ランキング」「クエストの受注ランキング」は(何故か360鯖も含めて)集計停止となった。

9/26 MHF-Gとのコラボ企画始動。今回はまさかの「オリジナルテーマソング」である。
テーマソング「セクレアール」を歌うのは歌手・声優の坂本真綾さん。ちなみに日本語ではない独特の言語で歌われている。
元々はただのテーマソング(コラボ企画)だったのだが、その前に導入する予定だった「歌姫」が、G1の大コケの影響で開発に躊躇している内に先に楽曲が上がってきてしまい、急遽「歌姫」と連動させたという逸話が先行体験会で語られている。

既に廃人御用達状態で不人気だからか、9/27~の公式狩猟大会では賞品に限定防具が追加された(HCまで強化可能)。
なお、今回から猟団対抗の入賞は上位200団(組にボーナスがあるのは30団)に、個人と魚の入賞は上位500人に拡大。

そして運営レポートにおいて通称黒デュラといわれていたG級UNKNONWの名前が「ミ・ル」であるとサラッと暴露されてしまった。
次週の運営レポートでアイルーが必死の釈明をしている。ちなみに黒レイアにも正式名称があるらしい。

10/2 入魂祭。PC鯖統合後初の、そしてG2最後の狩人祭である。
しかしながら上述の通り10/5に障害が発生し、今回は入魂祭期間真っ最中ということもあって祭りポイントが勝ち組負け組関係なく2倍になるという補償も行われた。
そして遂にあの蒼組の伝説に終止符が……?
なお、今回の祭では予告もなく剛テオがシクレ対象に含まれていた(ちなみにオーラス朝シクレにも登場)。また、アホシクレが恒例の日曜朝枠はアイルー1匹49魂とおとなしめであった

10/1~10/7 PS3版先行体験テスト実施。 oi 祭とかぶってるじゃねーか 紀伊店のか
ちなみに後半(10/4~10/7)は全員開放となり、先の抽選で落選した人もこの期間中であれば参加できた(こちらもID連携+HR17で正式サービス後の各種特典フラグ成立)。
なお、この際に支給された品目は防具(PS3パッケージ特典をHSで、更にG強化券10枚付属)とアイテムのみで武器は含まれておらず、360版の時に比べるとおとなしかった(それと別に、当初からHR100で剛種武器/防具支給であった)。
なおPS3の先行体験テストは基本的にG2相当の環境で開催されたが、この当時のPC版や360版には既にあった報酬ブーストはなかった(HRP30倍設定であったが、表示内容から報酬ブーストとは別枠の設定)。

10/9~10/23 猟団に入ろう!キャンペーン実施。
G3で猟団コンテンツが一部リファインされるのを記念してということらしい。
上記日時中にログインしており、かつ10/23の集計時点で一定人数以上の猟団に所属しているとやたら豪華なアイテムが入手できる。
プレゼント配布の最低人数は4人~なので自演猟団でも安心?だが、人数が多いほど報酬が豪華になる上入手も早くなる。
PC鯖は統合で猟団数も相当なことになっているので、統合再編が進む……かもしれない。

10/12・10/14 福岡と東京でG3の先行体験会実施。
が、福岡については参加者が足りず締め切りを延長して募集が行われることとなった。
今回はどちらの会場にもギウラスが来訪。
あ、あれ? mystさんは…?→あまりに憎まれすぎたのが祟って別ゲーの担当にされちゃいました
※ちなみにギウラス自身も別ゲーの公式ツイートに登場している。

10/15 12:00~10/16 5:00、G3前夜祭実施。
その内容はHL無料開放と剥ぎ取り回数+1(非G級ハンターは報酬ブーストで元々存在している物だが、この期間中は特別にG級ハンターも対象。G3以降における後述のブースト祭の原点とも言える?)、残念ながら課金獣の再来は無かった。
ところで、アップデートメンテナンス開始5時って左遷されたmystによる最後のドケチ攻撃なんじゃ……
しかしながらハンゲ民はまさかのハンゲメンテとの重複でメンテ開始2時という更なる嫌がらせを受けることに

MHF-G3 2013年10月16日

元々G2とされていた物が、先述の事情で番号が振り直された物。
当初(感謝祭のアップデート計画で公表されていた物など)は半年に1回のアップデートで行く予定だったが、結果的にはG1→G2→G3と3ヶ月スパンでの大型アプデになってはいる。
なおMHF-G4(当時の呼称)は半年後の2014年4月予定だが、12月と2月にアップデート(後述のG3.1とG3.2)が実施される。
喰血竜バルラガル、輝界竜ゼルレウス実装などのアップデート情報はこちら

ギウラス曰く「新武器種登場のG4に繋げるために絶対に落とせないアップデート」らしい。
しかしながら「G3で100点満点の評価をいただくのは難しいだろう」とも言っている。まぁG1が5点・G2が50点ならね・・・

開幕は、朝5時から始まったアップデートメンテナンスが2時間延長という予想通り斜め上の事態発生。
18:00にログイン可能となったが、ハンゲームアカウントだけがログインできないというトラブルがあった(19:00前後に解消)。
その他にもバグレツアロワナ(ホルクがバクレツアロワナしか持ってこない不具合)や、
歌姫のストーリーで要求されたアイテムを渡せない不具合などが発生し、翌日臨時メンテに。まあいつものことです

10/23~10/30 上記の度重なる不具合&ロールバックのお詫びということで、報酬ブーストの効果がUPする。
G3から報酬ブーストの効果をフレキシブルに変更してくるようになった(後述の「報酬ブースト祭」も参照)。

10/23 第5回極限征伐戦開催。今回は久しぶりのシャンティエン
歌姫の歌がレベル上昇に大きな恩恵があることが判明しアビ叫喚のスタートを切った。
更にシャンが使ったアイテムを元に戻してくれるという大盤振る舞い……な訳はなく恒例の不具合である。
これによって「極征クエスト」の配信を10/25の16:00まで停止、10/25 14:00~16:00に臨時メンテでアップデートが行われることになった(ちなみに修正内容の中にはHC一撃必殺でフリーズするという現象もある)。
上述したが、この週は度重なる不具合&ロールバックのお詫び期間中、である。
お約束の補償は剥ぎ取りの極意×20個というちょっと意味がわからないしょぼいもの。
ただし「極征戦のために各種コースを入れていた人が居るかもしれない」という理由で、
期間内に各種オプション課金を入れていていた「G級ハンター」に3日間クーポンが配布される補償もある(当初物理的に極征をやれない非G級ハンターにまで補償があるかのような記載だったが、後に訂正された)。
しかしながら、第4回ぐらいから極征に挑むハンターが激増したためか配布処理が間に合わなかったのかは不明だが、配布完了の告知がされたのは補償配布の翌朝のことであった。
ちなみにこの辺の告知ページがごちゃごちゃしているのだが、告知ページ上は
  • ページ自体はG3アップデート直後のレジェンドラスタ不具合に対する物になっており、同ページに10/23極征と11/23メンテ延長分が追加されている。
  • G3アップデート直後のレジェンドラスタ不具合は12/10 19:00より補償クーポン配布開始。
  • 10/23極征分は12/18に配布が行われたがその告知は翌朝になってから。
  • 11/13メンテ延長分は12/25に補償クーポン配布。
となっている。

10/23~11/13 G3初の狩人祭実施。
今回から新G級防具「コンセルG」が作成可能となる。
トリートシリーズの色違い・かつGR7防具なので人気が出そうだが、生産には勝ち組クエストで今回から追加される素材も必要になるため、ストックしている紋章だけでは生産できない。汚いな流石汚い。
久しぶりの試練占有復活、やはりベルキュロスは定番だった。
そして今回も、それっぽい予告もなしにバルラガル(剛種)がシクレに登場。しかも前回の剛テオ同様オーラス枠にも登場した。
余談だが、入魂祭開始の10/30より先述の「セクレアール」がiTunes等いくつかの音楽配信サービスで配信開始となっている。シクレ発見祈願とか言うな
また今回も予告なく剛バルがシクレに登場、しかも前回同様オーラス水曜朝にも登場。
ちなみに恒例のあの枠は演習ゲリョス99魂であったが、それと別に下位ゴゴ24魂の枠が存在しておりそちらの時間帯では護符による疑似ソロ20秒帰還(ラスタ類を連れていても護符の効果は無効化されない)が流行……?団ディアでやった人もいるとかいないとか
そして某蒼組は2連勝。呪いは解けたか……

その祭の最中である11/1、PS3版の先行体験テストフィードバックレポート公開
「HR30/40の公式狩猟試験がかったるい」など、あまりにあまりな内容でPC/360ハンター達が首をかしげることになった。
+  主な内容

11/5~11/11 Wii U版先行体験テスト実施。 oi PS3の時ほどじゃないけど やっぱり祭にかぶってるじゃないか 紀伊店のか
PS3の教訓を活かしてか、最初から先行体験テスト用のゲームプログラムが全ユーザー向けに配信される形である(メンバーシップの制限がないだけで360版と同様の方式)。
ただしソフト自体はPS3同様オープンβや正式サービスにも引き継がれる(いつものようにプレイデータは先行体験テスト終了後消去される)。
なお先行体験テストの段階ではUSBキーボードには対応していないとのこと。
しかしながらいきなりゲームが出来ないバグが発生し緊急メンテに。さらにはゴールデンタイムの人口調査は1000人をなんとか越えると言うレベルで早くも爆死臭が漂う。

11/6~11/13 スペシャルデイリーウィーク。通常1日1回のデイリークエストが、1日3回受注可能になる。
また、極限征伐戦も配信。……しかしながらディスフィロアの尻尾が1回しか剥げないという謎の不具合発生。
緊急メンテが1時間ほど行われるも結局直せなかったようで、前回の二の舞にならないようにするためか、メンテ延長ではなく報酬ブースト設定変更でG級ハンターの剥ぎ取り+1という補正を加える対応が行われることになった。
この結果、ディスフィロアの本体のみならず他のモンスの剥ぎ取り数が無条件で+1されることになる。前回の剥ぎ取り極意補償は何だったのか
そして今回もメンテ開始によるイベント終了が水曜朝5時。

11/8、「現状課金でのみ提供しているG級狩護防具は、あえて非課金のG級防具より性能を抑えている」「以前から課金防具の性能については要望があったが、まずはG級クエストの報酬やG級武具の素材を緩和しG級武具を作りやすい環境を作ることを優先した」という、基本的な課金のみでもできるコンテンツを大事にするという意外な姿勢が明らかになった。
まあG1での設定内容が、課金のG級狩護防具を後回しにしてでも基本コンテンツのG級武具をなんとかしなきゃならないほどの大失敗だったとも言えるわけだが。
それでもG2中盤に起きたあの事件同様、「廃課金者だから優遇するということのない姿勢」という意味では評価してもいいんじゃないかな。
※G3でのGP実装は「G級狩護防具の種類を増やしてほしい」への回答の1つなのに対し、こちらは「課金防具を高ランクのG級クエストでも使い物になるようにしてほしい」という要望への回答である。
そして、G級武具の緩和がひと段落ついたことや課金防具をパーツ運用しているユーザーが多いということで、G級狩護防具の上方修正が行われることが明言された。

11/13 シーズン番号が進むほどの規模ではないがそれなりに規模の大きいアップデート実施。詳細
PS3版βテストのフィードバックを受けて、HR30の公式狩猟試験はエスピナス、HR40の試験はノノ・オルガロンとなる(付随してノノの受注可能HRが41に引き下げられる)。
どちらも初心者からすれば十分強敵で、尚且つノノは元々HR61のモンスターである。
パラメーターは試験相応になっているが、肉質や動きが変わっているわけではないので、ある意味肉塊だった2頭に比べ手強いことには変わりない。
しかもシェンガオレンはイベクエで迎撃拠点クエ配信
古参「ぶっちゃけ、クエストの目的地を変更する(対象モンスターは変えず迎撃拠点でのクエストにする)だけで良かったんじゃないの?」
また先述のG級狩護防具上方調整が早速実施され、以前不具合として修正された「G級狩護防具にG級防具の効果が乗る」という現象が正式仕様として復活した。
そして、Fate/Stay Nightとのコラボ第2弾がゲリラ告知&実装。今回は男性はギルガメッシュ、女性はライダーである。
第1弾と時期が違うためか、GPまで強化可能&G級スキルも備わっている。

なお、この日はアップデート(時間的にそれなりに大掛かりな内容?)のために5時からの11時間メンテナンスだったのだが、終了予定35分程前に不具合が確認され、1時間延長。半日間メンテナンスとなる……はずだったが、更なる不具合が発覚(主に課金アイテム受け取り関連)。
今までの事例から慎重に行う事になったため、メンテ時間が更に延長され、一時終了時間未定となる
結局メンテは20:00で終了。15時間のメンテナンスとなった。流石に朝にはならなかった
ちなみにこのメンテナンスで修正された不具合の数は(メンテ前に公表されていたものが大半だが)35件を超える。多いってレヴェルじゃねーぞ!

11/14 従来防具の使いまわしデザインになっているG級防具(レウスGシリーズなど)について、
(当時の呼称における)G4以降デザイン変更が可能になったので、それについてのアンケートが実施されることになった。
ちなみに設問は「デザイン変更を希望する・しない」の2択のみというシンプルすぎる内容になっていた。
結果は97%ものユーザーが「変更を希望する」との回答であり、MHF-G4(当時の呼称、後にGGと呼称変更)にて既存モンスG級防具のリデザインが行われることが確定した。

11/13~11/20まで、報酬ブーストのHRP・SRP・GRP・ゼニー(非G級のみ)・Gz入手倍率がUPする。
G級ハンターは実質誰プレに近い感覚になる(ただしGクエで難易度を下げるとブーストが適用されなくなるので注意)。

11/15~11/20 天嵐&四方配信。G★6、7のクエストも登場したが、種類は少なめ。
リストアップを見る限り、★1~5のは烈種武具を意識しているようだが・・・?

11/13~12/4 狩人祭。
事前に言われていた通りPS3では暫くは狩人祭が行われない、というかこのスケジュールでは物理的にPS3版は開催不可能(入魂祭初日=PS3オープンβ初日)。
入魂祭と剛種ゼルレウスの解禁がダブっている上、ボーナス試練中に剛種チケットが足りなくなった場合の救済として、入魂祭中に「激流と猛毒」が配信される。
つまり……常時シクレ状態か、それともまたしてもシクレ投入(激毒配信がフラグ)か!?
→いざ蓋を開ければなんと開幕の初日夜に登場(後述)

11/20~11/27にPS3版、その2週間後の12/11~12/18にはWii U版のオープンβ実施。
この2機種の正式サービス開始はPS3が11/27、Wii Uが12/18となると思われる。
これによってMHF-Gのサーバー数は最終的に4つ(PC・XBOX360・PS3/Vita・Wii U)となる。
しかしながら、アカウントが乱造し放題なPS3版や、メーカー的なイメージで客層が低年齢化しそうなWii U版のプレイヤー民度は未知数。

なおPS3版のサーバー番号はP1となり、結局2/3鯖は空席のままとなった。その上猟団・同盟・ラスタ掲示板のPS3鯖用のURLではworld=5となっている。実は第6の鯖!?
※余談だが、PC版がworld=0、360版がworld=3である。それぞれ+1すると1/4になり各プラットホームのサーバー番号と一致している。
恐らくWii U版もサーバーW1/猟団・同盟・ラスタ掲示板URLでworld=6とかそんな感じになると思われ……(後述)

……そのPS3版の立ち上げにあたりマイページと掲示板のメンテナンス(しかも当初の予定より1時間延長)が行われたが、当のPS3版はマイページが立ち上がっていないという事態に。
そしてワールド選択画面の不具合過密ワールドでの切断現象ID連携後音量設定が0になる等、翌日早速臨時メンテナンスという事態に。PS3版でも前途多難である。
というか、当日マイページ立ち上げられなかった時点で翌日の臨時メンテが決定してたとかだったら嫌な話である
また、PS3版ではサービス開始を記念したPS3版限定の10大イベントが開催される。
先述したように、しばらくはPC/360とは別に独自のイベント配信を行うと思われる。
……あれ、360版の時はそんなことなかったのになぁ

11/20、遂に剛種ゼルレウスが解禁。
そしてPC/360ではこの日から入魂開始の狩人祭においてゼルレウスが開幕シクレを飾るという事態に。
初日夜の時点で勝っていた組は苦難の道を歩むことになる。……あれ、4鯖で開幕ゼルレウス引いたの蒼組なんですが
そして日曜日はお約束の日曜朝(今回はエッグドリーム)→ゼルレウス→撃退オディバ99魂とまさかの朝昼晩全て99魂という大判振る舞い。しかしながら今回はあくまで普通の祭である。
そして火曜夜……第1回古龍祭以来の禁じ手となる剛ゼル99魂発動。その前後には撃退オディバ99魂が登場していたが、剛ゼルの火力により夜時点の勝ち組(当然ながら某蒼組を含む)は絶望に包まれた。
一方、PS3版では開始32時間でゼルレウス討伐を達成する強者現る。当初はこれを記念して12/11にPS3版の全ハンターへみなもと20個プレゼント開始と発表されていたが、後に12/4~のPC/360版も含めたHR3以上の全ハンターへの火属性太刀プレゼントとの同時配信に変更された。

11/27~12/4 褒章祭、またこの日から烈種ゼルレウス解禁。
極限征伐戦がまさかのシャンティエン・ディスフィロア両登場によって広場はカオスな事に。
ちなみに懸念されていた烈種ゼルレウスのごめんなさいオンラインは無かった。

11/29、Wii U版の先行体験テストフィードバックレポート公開
半数以上がHR17未到達・平均HR16・クエストクリア回数平均15回・平均プレイ時間3時間半程度と、何かと爆死臭が漂う統計データが出た。
「ゲームの内容やイベントがよくわからない」という、Wii Uのユーザー年齢層の低さを臭わせる意見もあり、その意味でもWii UとMHFは合わない気がしなくもない。
その点もあってか、PS3の時のようなぶっ飛んだレベルの要望はなかった模様。

12/4~12/11 報酬ブースト祭実施(PC/360版のみ)。報酬ブーストの効果が拡張され、GRPやGzも増え剥ぎ取り回数も増える。
また、フォワード時代に行われていた「5の付く日にHRPたっぷりクエスト配信」が「3の付く日&第3週末はHRPたっぷりデー!」として帰ってきた。初回は12/13・20~23の配信、12/30と1/3は年末イベントに含まれるらしい。
クエスト内容については旧来のたっぷりクエ準拠と思われるが、若干HRPが上がっていたりする。
一方その頃PS3版では、PC/360では11/6~11/13に開催された「デイリークエスト1日3回」を開催。

12/4よりHR50試験(ミラボレアス)が弱体化(PC/360/PS3共通)。
理由は例によってPS3絡みだが、今回はユーザーからのクレーム要望……ではなく、
実際のプレイ状況から「難易度が高すぎる」という懸念が生じた、とのこと。
ミラで詰んでいるPS3民が意外と多いのだろうか……
しかし、この件についてはPS3版に限らず、PC/360鯖でも凄腕以上のハンターの加勢が無いと難しい、と言うのは前からあった(武具の関係で拡散祭以外ではまともに戦えず、攻撃を喰らえば即死という状態だったため)。
ちなみに弱体化されたのは主に攻撃力で、タフネスはあんまり変わっていない。時間さえかければ撃破できるといったところか。
また、PS3版はこの日よりカプリンク対応。

12/5~12/11 Xbox Liveの「オンラインゲームプレイ人数&プレイ時間ランキング2冠」を記念して、PC/360でHRPたっぷりクエスト&GRP&Gzたっぷりクエスト配信。
GRPたっぷりはポカラドン、Gzたっぷりはファルノックである。

ここまで、某所の管理人が嘆くほどのPCサーバーのスルーっぷりから来る批判を予見していたのは不明だが、
同日TwitterでギウラスがPC版に限定して「グラフィック向上」を検討しており、年末の運営レポートで報告予定であることを発表した。
「PCはPCでハードの良い所を引き出せるよう頑張りたい」とのことらしいが、スペックの影響をを考慮して、まずは影響が出にくいモンスターの画質向上からやるらしい。

12/6、Wii U版公式サイトで「ファイアーエムブレム 覚醒」とのコラボが発表される
今までのようにプレミアムキットとしてのリリースとなることが考えられるが、Wii U版限定である。
※なお、「ファイアーエムブレム 覚醒」自体はMHF-Gより1年半前に出た3DSソフトである。

12/11、Wii U版オープンβ開始。これに伴いPS3版も限定イベントクエスト追加
サーバー名W1は予想の範囲内だったが、猟団・同盟・ラスタ掲示板のURLが予想の斜め上を行くworld=8(当初直では飛べなかったが後に修正された模様)。
しかしながらいきなりクリスマスイベントサイレンスブレイカーの配信でWii U民迷走開始。
そして、PS3を上回る29時間でゼルレウスを討伐する(=HR100↑にする)豪の者現る。

一方その頃、PC/360ではXbox Liveオンラインゲームランキング2巻記念第2弾として天嵐&四方大量配信と闇猫団再臨
また、「おかえりなさいメゼポルタ・ハンター帰還キャンペーン」が開催される。
対象となるのは9/18~11/27の期間中一度もログインしておらず、なおかつHR100↑のキャラを持つアカウント。
期間中のHLコースが無料となり、ログインすると大量のギルドの推薦状が貰える。
また、キャンペーン終了時にG級ハンターになっているとG強化券16枚が貰える。
これに加え、360版での対象者は12/25までにHL購入(パッケージのクーポンではダメ)で後日500円キャッシュバック(1/30に受け取りページ稼働開始)。
なお360版の500円キャッシュバックは初回購入の人も対象。

更にPC/360/PS3/Wii U共通で「Devil May Cry」とのコラボが行われることも明らかになった。
それを記念して、シリアス5に悪魔狩人ダンテが登場。一時契約ラスタとして借りることができる。
ちなみにスキルは扇射+3・弱点特効・一閃+2・豪放+3・剣術+2・見切り+3・体術・回避性能+1。どういうことなの・・・
そしてこのDMCキット+その他カプコンゲームコラボキット2種類以上(過去の購入分含む)で最高16000NPプレゼントというカプコン30周年キャンペーンも開催。
余談だが、Wii U版ではまだオープンβ期間中にもかかわらずこれだけは既に販売を開始している。

この日の運営レポートで、剛バルおよび剛ゼルの証に枠内倍付け(非G級ハンターの場合報酬ブーストにより1枠当たりの素材量が2倍になる。一部のアイテムは対象外だが、剛種証はこの当時はこの2体のみ対象と設定されていた)が乗っていたのは意図的であったことが判明。他の証にも対象が拡大された。
それよりPS3&Wii U版のドクドク怪鳥に乗せてあげなさいと小一時間。
でもってエスピナス各種の肉質が化けているので翌日臨時メンテ。おいおい。
PS3版のようにWii U版でもマイページのサービスを開始するために何らかのメンテナンスをする必要があって、その理由付けのために仕込まれたバグだったとかだったらマジで超絶嫌な話である。
Wii U版はこのメンテから誰アシ開催カプリンク対応
ちなみにこの日は夕方より360のシステムアップデートも入った

12/11~12/25 狩人祭(PC/360版)
今回はディール(赤いメラン)がG級防具対応になる。
ポイント交換はG級採取のレア素材。G級武器強化の隠れた壁であるイカリオオマグロも交換できるぞ!
なお、勝ちネコではないが褒賞祭は2週間とのこと。ところで熱気3倍祭りはまだですかね

MHF-G3.1(2013/12/18)

Gナンバリングで初めての○.○表記。パートナーが実装された。
ギウラス曰く「木本Dにあんなことやこんなことをして快く引き受けてくれた事で念願のコンテンツが実装できた」とのこと。
なお、当初は育成要素の内のPR(パートナーランク)と武器熟練度はパートナーがクエに居ないと入手できない仕様であり、クエに居なくても(同行設定のみで)入手できるようにしてほしいという要望が多かったようで、翌週25日のアップデートで改善された。
結局12月は毎週アップデートが入ることとなった。

アップデート初週は狩人祭の入魂祭であったが、土曜夜~日曜昼の集計が正しく行われないという不具合発生。
ただし発生も解決も両組時間中だったため大勢に影響はなく、この時間帯のシクレもきちんと配信された。
ちなみに今回は剛種枠がキリン、日朝アホシクレ枠が演習ガウシカであった。
が……最終日オーラスシクレ終了直後の時間になるであろう8時に定期メンテナンス開始
最後の最後に入魂に影響が出てしまうこととなり、それが主な原因というわけでもないようだがオーラス剛キリンをもってしても例のチームにとっては無理ゲーな展開であった

また、12/20 14:00~12/24 14:00まで先述の2冠達成キャンペーンの第3弾としてTwitterで「モンスター狩猟時のあるある」をテーマとしたキャンペーンを開催。
指定のタグ「#MHFあるある」を検索するとクエスト中に限らずいろいろな場面のあるあるが出てくるのはご愛敬w

2013/12/25~メゼポルタ迎春祭、しかしながらいきなりメンテ延長で不安がよぎる展開に。
限定イベントの中には特定の武器を生産することで防具が入手できる物があるが、指定武器のラインナップが玉石混合(使える物もあれば使えない物もあったり、ネタ物まである)。
また、PS3/Wii U公式では猟団に入ろう!キャンペーン開催。1/15より4ハード共通の狩人祭開催となるため、それに向けた所属促進キャンペーンとなる。
なおWii U版についても早ければPS3と同時期から行われることは運営レポートやファミ通インタビューで明らかになっている。

嫌な予感が的中したのか、歌姫サイドストーリー「万が一のために」においてゲーム進行に支障をきたす不具合が発生。
夜に同ストーリーの配信が停止され、その2日後ラヴィエンテ関係の不具合も発生したため緊急メンテ実施。

12/25、動画版運営レポート(第13回)配信。
G3.2で登場するメラギナスの紹介や、新武器種「穿龍棍」のギミック公開などが行われた。
なお、「穿龍棍」は「コンボ系」「ガード可能」といった面で既存打撃武器(ハンマー、狩猟笛)と差別化が図られているようである。どう見てもトンファーな事には突っ込まないであげましょう……実際、後の運営レポートではマジでトンファーと言ってたし。

また、次回アップデートがG4ではなくGG(ダブルジー)と銘打たれることも判明。
以前から「こんなことを言うとハンターの皆様に怒られるが、G4を真の意味でのG1にしたい」とギウラスが考えていたことの現れか、ここで公開されたGGのロゴでは後ろのGは「GENUINE」を兼ねているデザインとなっている。
※ただしPS3版直前インタビューによると「新しい武器種の実装もありアップデート名が特別な物になる可能性もあり、その場合G4という名称はその次の物に繰り越されることになる」とのことなので、GGの次がG4になるようである。

そしてまさかの「オトモアイルー」と思わしきアイルーが登場、しかも運営やる気満々である。
元々MHP2G発売時(シーズン2.0時代)にも「MHFにもオトモアイルー(のようなもの)が欲しい!」という要望はあった(その結果として生まれたのがラスタである)。
PS3民のトンデモ要望である可能性も否定はできないが、実は1月に既にフラグ自体は立っていたのである
覚えている人がどれだけいるかは不明だが……

大型チャネリング実施でPC版のログイン方法が増えるとされていたが、運営動画レポで語られていた2013年中の実現はなかった模様。
ギウラスの発言から、かなり大規模なところと提携するつもりだったようだが……。

2014年1月8日 極限征伐戦のモンスター追加。シュレイド城にあの古龍が満を持しての再臨となる。

1月15日~2月5日 2014年初にして、4ハード共通で最初の狩人祭となる。
久々の熱気&証3倍祭り。今回から新しいヴォーラシリーズ(G級武器)が追加される。
ちなみにG3.1では2回目にして最後の狩人祭でもある。
PS3版とWii U版では初めての狩人祭になるため、ルーキー支援ブログも久々に更新されたのだが・・・
入魂祭の説明記事が終了1日前って遅くね?

1/15~1/22 「報酬ブースト祭り」により報酬ブーストの効果が上昇。今回はランクP(各種経験値)に対してのブーストとなる。
SR500オーバーもSRP3倍、G級もGRP/GSRPがそれぞれ3倍という恩恵がある。
また、突然の襲撃家具屋とドクドク怪鳥など新規向け?のイベントも多く、特に立派な得物をお持ちで。はHC強化素材クエストを追加して配信期間延長。
デイリークエストも3回受注できるが、目玉が覇種撃退上等!シリーズしか無く空気だったのを危惧してか、1/17に急遽G級のデイリー(年末年始に配信されたもの)が追加された。
また、1/16から珠玉の素材シリーズも再配信。
ちなみに家具屋とドクドク怪鳥は4/9までの長期配信となり、G3新規アイテム販売のアイテムコード有効期限から生じた「GGのリリースは4/9」という説に更なる信憑性を与えている。
※ちなみに、公式サイトでは目立った告知がされていないがSP武器プレゼントおよびHCチケットプレゼントのコード有効期限も4/9になっている。ただG級昇格記念シジル生産券のコード有効期限とは矛盾しており、共通コード3つセットで期間延長となるか、もしくはコードの有効期間としては終了するが以後は入口のガイドからイベント報酬という形で受け取る(HR3でもらえる太刀生産券のように、有効期間を無期限にしてHRを受け取り条件とする)形に変更されて継続する可能性が……(後述)。

1/15~1/22、3/1に第1回穿龍棍テストプレイのため開催される「熟練ハンターからご意見をいただく会」の参加者募集。
こちらはクローズドの体験となっており、カプコン東京支店にて実際に穿龍根を試し、
その意見を直接開発スタッフへ伝えられる20歳以上(学生不可)かつ全秘伝書を所持している(キャラは分散していてもよかったとのこと)ハンターアカウントを持つ人が募集対象となっている。
参加時の交通費は支給(定額)で、更にHL・EXコース1年分のクーポンをもらうことが可能。要は「1年分のHL/EXコースという給料が貰えるデバッグアルバイト」のようなものである。そういったことから、今後も同様のイベントに継続して参加できることも選考対象に含まれている模様。

狩人祭に続き、G級期間限定クエスト配信についても1/22からPS3/Wii U版でも配信されることになり、これでコンテンツ面で4ハード全てが同等になったことになる。
極限征伐戦シャンティエンディスフィロア
つまりPS3/Wii U版でもディスフィロアに挑めるのだが・・・

PS3/Wii Uでは初の狩人祭となったが、それらの機種でのプレイヤーに配慮したのかそれまであった剛種シクレはなくなり、クエストのランク帯はかなりおとなしくなった模様。ただし、日曜朝のアホシクレ99魂枠は健在、それどころかPT組めばかつての下位ゴゴを更に上回る烈種級の展開となった
その一方、7日目昼を終えても1回枠が確定しない事案も発生(7日目夜にここまでの登場回数が1回だったもう一方であるゲリョス2頭クエがやっと2度目の登場)。運営がゲリョス2頭クエをHC可能クエと認識していなかったという説も!?
そして7日目夜にやっとゲリョス2頭クエが2回目の登場となった結果、某鯖某組はやはり負けている。既に運営からも見放されていると言ってもいいレベルである。

2/2 本来HC化不可能なクエスト(HCマークが無く、モード切替ができない)で特定の操作を行うことでHC化できる不具合があることが判明。
昨年起こったBAN祭りの再来を防ぐためか、公式曰く「ログ調査にて「本来HC化できないクエストをHC化している」ということは調査可能です。」とあり、不具合を利用した場合BANもありうると予め予告している。
上記の結果かは不明だが、2月中盤以降の永久停止者は1月と比較して多かった。
なお、元々HCマークがありモード切替が可能なクエストはこの不具合とは無関係。

MHF-G3.2(2014/2/5)

G3.○最後のアプデの予定。
新モンスター「メラギナス」(剛種、烈種対応)とそれに関連した新属性・新スキルが追加される。
2013/12/20にプレビューサイトが立ち上げられた。

アプデ初週からいきなり狩人祭の登録祭。
メラギナス登場初回であることからシクレに入ってることを想定した激毒配信+最近ご無沙汰の勝ちネコを期待する人たちを尻目に通常祭での開催、その一方でまさかの棘眠配信
さらにいきなり報酬ブースト祭も実施。前回同様、HRP/SRP/GRP/GSRPがそれぞれ3倍。
また、本アップデート後よりSP武器およびHCチケットのプレゼント方法が変更された(イベントハウスは終了し広場入口のガイドから受け取る形に)。
余談だが、既に対象HRに到達して受け取っていた人はシステム変更の影響で……気になるなら運営に報告しておきましょう。問題ないと言われるだろうけど。

開始早々「肉球コイン系のクエストに出発するとフリーズ」で緊急メンテ。
360版のみこの他に「旧バージョンのDL版に限り、メラギナス出発時や武具工房のグラフィック確認時にもフリーズ」という現象があったが、これも同時に修正された。
この他に弓の曲射で弾丸節約術の効果が逆(未発動時(未装備時含む)に消費せず発動時のみ消費する)という不具合もあるが、これは翌週のメンテで修正。
なおこの不具合はシジルBAN事件や前週のHC不可クエHC化現象と違い「行っても処罰の対象にはならない」と明言されている。
先の事件で心配になった人は「特定の操作によって有利な影響がある不具合は危険」と認識しておくといいだろう(今回の場合は「曲射を使うだけで起きる」という意味では確かに「特定の操作をしないと起こらない不具合」ではあるのだが、影響はビンの消費量のみであるため問題にしていない、とも言える)。

2/12 烈種メラギナス解禁
入魂祭と丸被り。そして激毒配信によりシクレフラグは立った。
そして予想通り剛種99魂がきたのだが、まさかの2回連続占有時間帯で組によっては87魂に……
箱鯖蒼組は例の如く犠牲者であり、7日目夜集計時点で1077魂の僅差ビハインドながら引いたのが上位ラージャン、そして翌朝のオーラス紅シクレは案の定メラギナス……
しかしながら、やはり入魂合計では逆転されたもののボーナス3種で僅差の再逆転で勝利という結果に。 八方手を尽くしても紅の勝ちにできなかったとかだったらマジで究極超絶イヤな話である。
また、日曜朝には演習卵が再登場

2/14運営からのバレンタインチョコMHF-GGのプレビューサイトがオープン。

2/19~2/26 メモリアル記念イベントとして四方の理や天嵐への導きが配信される。
また極限征伐戦と被っちゃうんですね分かります
更にまたまた報酬ブースト祭(ただし開催については事前公表されている)。今回はGzも2倍になる。
なお、極限征伐戦はディスフィロア&ミラボレアス。MHF-Gと、初代モンスターハンターのラスボスが同時登場となる。

2/29~狩人祭
2/19の運営レポートにて、GGまでに勝ち猫が最低1回は行われることが明らかになった。
が、今回は普通の祭り。
しかしながらまさかの極限征伐戦と同時開催。(シャン・ディス共に15魂が設定される)
シクレで極限征伐戦が来てしまうのだろうか・・・と心配されたが、結局それはなかった。
なお、極征かぶりだからかかどうかは不明だが占有0設定である。シャンとディスはある意味育成ベルと同じポジションになるのだろうか?

2/25 同じCOGタイトルである「鬼武者Soul」のPS3版がサービスを開始。
しかしながら、鬼武者Soulのあまりの重さにアビ叫喚となるPS3民多発……?
MHFでは限定コラボ防具のプレゼントキャンペーンも開催された。
ちなみにCOG内でのキャンペーンであるため、特典を受け取れるのはPC版(COG垢)/PS3版/Wii U版の3つに限定される。余談だが、PC版とPS3版は別枠であり双方から特典をゲットすることも可能であった。

2/27 初となる、救済クエストに関する詳細を公開するという追記が行われた。
終わりなき襲撃側は新規のことを考えてか、報酬が何なのか?というのが大雑把に書かれており、
G級装飾品側はどの部位のHC素材=GXの場合、どの部位のGX珠なのか?がわかりやすいようになった。
また、同時に2/28から剛種防具救済イベントが開始されることも告知された。

3/5~入魂祭。今回も報酬ブースト祭がある(剥ぎ取り+1が新たに追加)。敵によっては切断した尻尾含めて剥ぎ取りきれませんって
先述の極限征伐戦の他、ホワイトデーイベントも同時実施。
過去武器&親方/HC素材クエがアビオルグ討伐クエで祭のアビ試練も討伐とか、極征占有防止と見られる占有0設定とか、祭と同時開催となるイベントを問題なく進められるようにちゃんと考えられるようになったようである。
いやマジでなんで前回の祭で占有時間帯にメラギナスのシクレを置いたのかと小一時間問い詰めたい。
余談だが、PC版ではこの日セキュリティソフトのGameGuardがアップデートされ、
特定の手順を踏むことでMHF-G起動後にもブラウザのGoogle Chromeを起動させることができるようになった。
(それ以前はシステムの関係上競合してしまい、MHF-Gを起動するとChromeが起動できなくなるというケースが発生することがあった)
そしてアホシクレ枠には猪が再来
余談だが、例の鯖では約3年ぶりとなる紅組災難があったようである

3/12~ 3週間連続でイベント「双頭襲撃戦」が配信される。
これはMHF-GGで実装される、「最凶の極限征伐戦」に備えたものらしく、
イベクエではあのアスールシリーズのGX防具を作成可能。
3/12より「超難関クエスト」と銘打たれた「双哭招く終末」が配信される(3/19と3/26にクエスト追加であり、この3つとも配信終了は4/2)。

また、なんと PCサーバーとPS3サーバーが統合される ことが3/12の運営レポートで明らかとなった。プラットフォームを跨ぐ統合は初となる。
2014年にサービス開始されるPS Vita版との兼ね合いについては、「PC鯖&PS3鯖&Vita混合のワールド」と「PC鯖&PS3鯖のみのワールド」が用意されるとのこと。
ちなみにギウラス曰く、 最終的には360鯖もWii U鯖も全て1つに統合するつもり とのことである(時期未定)
統合作業期間は4/16~4/23。PC鯖とPS3鯖が1つになった状態でMHF-GGを迎えることになる。
前回(2013年9月)のPC鯖合併同様、この期間中の両鯖でのプレイは4/23以降のデータに反映されず、期間内の特定のクエストのクリアに対して後日褒賞が与えられる形になる。

3/14~3/19、サーバー統合発表の火消しか、はたまた目ぼしいクエがミ・ル2頭クエしかない事を誤魔化すためか、それともホワイトデープレゼントなのか突然G珠&天嵐への導きが配信。
G珠側はバルラガル、天嵐側は黒グラが新たに追加されている。

3/19、ブースト祭で各種経験値3倍・ゼニー3倍・Gz2倍・剥ぎ取り回数一律+1回(非G級ハンターは標準の1回と合わせて+2回となる)。
また公式一時ラスタとハリセンネコが久しぶりの登場。ハリセンネコはアスールGの強化素材くじを用意しているので、余ったイベント限定素材をつぎ込むのもあり(ちなみに3種とも20個ずつあれば全10個生産可能)。
非G級でも別イベのくじで防具がもらえる……かもしれない。
そして待望の勝ちネコ開催!!今回は180M魂のG級ハンターにも獲得素材数2倍・報酬枠追加+1や、220M魂のG級秘伝への導きシリーズ(史上初の剥ぎ取り希少素材救済クエ)が目玉といえるだろう。非G級ハンターにとってはしょぼい気がしなくもないが

その一方、双頭襲撃戦では歌姫の祈【錬】によるGRP修正値がマイナスになるという不具合発生
緊急メンテナンスで暫定対応としてGRPの一部がギルド狩猟委任状(G級用の推薦状)での払い出しに変更された(4000→3000+狩猟委任状5枚……って6倍近くになってるじゃねーかっ!!)。
※GGパッケージでは100枚で40万GRPとされており、1枚当たり4000GRPである。つまり5枚で2万GRP分の予約が入ることになる。

3月21日 第2回穿龍棍テストプレイ開催。
いわゆるアプデ前の先行体験会のような感じだが、会議施設(ベルサール秋葉原)が会場となっており
募集人数も240人と1回の場としては過去最高レベル。真の意味でのMHF-Gにしたいと言う気持ちの高まりを感じられる……か。
ただの体験会ではなく、ここでのアンケートを元に実装時段階での穿龍棍の設定が最終的に決まる。募集期間は3/3まで。
なお、さりげなくGG新フィールド&新モンスの体験会も同時に行われる。
……いざ行われれば「他の武器種とのバランスが気になる」という意見が多く、4月中旬にもう一度バランス調整会を開催することに。

選ばれし者が穿龍棍を試していたその頃、進撃の巨人とのコラボが発表される
最初に公開された防具情報では、さすがに立体機動装置での超機動は再現できなかったとある。
GS/GPで移動速度UPにはなるんですかね?

3月26日~入魂祭。
19日に発表されたスケジュールでは、過去にぶっ飛んだ火力を発揮したシクレの中では剛ゼル(当時と同じ物)と衝撃ノノ(現在は針穴珠GクエとしてHR41~・個体選択可能な形になっている)が再登場と発表されている。
ザムザ「日曜朝はソロで気短の護符持って来やがれぃ!!」
……ところが、開始となる26日にHC黒(もちろん魂なし、さらにシクレ時間帯でもお構いなし)黄金体験(デイリーなので回すとそれだけモス99魂に行ける回数が減る)が発表され、ただでさえ非G級にとっては1.4億の極秘依頼シリーズより上に魅力的な褒賞がなくかったるい一方でサボればG級ハンターに恨まれること必至な状況に拍車がかかる事態に。
ちなみにデイリーは3回受けられるので1日1回ぐらいはモスを選んでもいいんですよ?
しかしながら日曜昼集計時点で1.95億、月曜朝時点で2.4億入魂を突破(過去最高レベル)し、フル褒章が月曜朝時点で確定してしまった。
ちなみに日曜早朝集計時点では1.3億ほどしかなく、実に6500万近くの魂がザムザさんで稼がれたことになる。(実際には通常入魂等があるので、ザムザのみではないが)
ザムザさんマジ宝蟹。

決算前最後のダメ押しか、3/31までの期間限定で特別シジル生産券が販売される。
初の課金シジル、かつ生産レシピに挙げられた効果しか出ない仕様になっている・・・が、
効果枠は3枠固定ではなく、発現する能力も攻撃力補正や会心率など基本的なもの(超速射やスタン値などは出ない)で、
おまけに生産券11枚(11回しか回せない)で3000CAPと驚きのお値段。
ちなみに久々に1枚無料配布があるので受け取って回してみるのも一興。

3月31日 今までのカプコンの決算では「好調」として扱われていたMHFが、2013年度は軟調に推移(爆死)したことで
カプコンの営業利益が当初予想を下回る主たる要因となったことが名指しで明かされた。
(ちなみに今まで大量引退を引き起こしたとされる事件は多くあったものの、決算でダメ出しされたのはこれが初である)
G1の各種大事件で相当な傷を負わせた事は想像に難くないが、
利益損失の主たる原因として挙げられている「CS機に進出したものの、ユーザーが思ったほど獲得できなかった」というのは、
実際にWiiU鯖の開幕から爆死ムードを見れば明白である。
PS3鯖もWiiU鯖に比べると遥かに多いとは言え、G1で人が減った箱鯖と同等というのはやはり少ないと言わざるを得ない。
これらの事から、コンテンツのバランス云々より、ユーザー層の見極めに失敗したと言えるか。
(要は、MHFを長く続けるオンゲであると認識している人数の違いだろう)
今後もシンガポールなんかでサービス開始が予定されているが、利益が上がらなかったら即座に切る事に定評のあるカプコンのこと、その前にサービス終了にならないかが心配なところである。
また、MHF以外のオンラインゲーム事業自体も不調だったようで、2014年はオンラインゲーム事業の見直しが行われることになった。

4/1昼の剛ゼルシクレ3度目の終了直後よりXbox 360のシステムアップデート配信開始 4/1ですがアップデート配信はマジです
事前に把握していて入魂後アップデートのためにログアウトする者もいれば、最後の1回が長期化したり終了後他のことをやっていたりしてアップデート着弾により強制的に落とされる者もいた……ようである。

  • HL60日/90日が割引率UPにより値下げ。60日が2660円→2520円、90日は3780円→3570円
  • プレミアム・アシスト・秘伝書 - 単品はそれぞれ980円→1000円に値上げ、プレアシセットは1780円→1800円に値上げ
  • Nコースは2000円/16時間(基本10時間+メンテ想定6時間)と価格・有効期間ともに変更され……アレ?240NP?(以前は5時間(+6時間)で240NPであり、10時間分として計算すると480NPとなるはず)
  • プレミアムキットの内、2400円の物は2880円に値上げされる替わりにG強化券5枚付属
また、これに関連してスパ4系キット3点の統合(単品3種は販売終了、全体では3800円→3000円に値下げ)と、アージェ単品販売終了&ガイド娘系5点セットのリリース(5種類セットで5000円)が予告されている(販売終了は3/31 18:00、新バージョンのリリース時期は未定(GGと同時期?))。
またこの日以降、サーバー負荷軽減のため「手持ちキャラが全員HR2以下で、なおかつ3年前のフォワード.1から現在まで一度もログインしていないアカウント」のキャラクターデータが随時削除される。(同一アカウントで一度でもログインしていれば削除はされない)
削除対象はHR2以下なので猟団の維持等は無関係(そもそも維持に使う場合はログインしているため削除対象ではない)であるが、使用していないアカウントを持っている人は一応留意しておくとよい。
ちなみにCOG(旧ダレット)アカウントの場合は昨年初頭にパスワードがリセットされてるので再設定から行うことになる。

これらのこと、及び勝ちネコの集計が積み重なったためか、当日は10:00~19:00と9時間に及ぶメンテナンスとなっている。
ギウ「メンテ開始前倒しよりはいいですよね?」某鯖某組「当たり前だ!!(昨年12月のことを思い出し青筋立ててドヤ顔)」
※ちなみに、勝ちネコなので無関係だが鯖内では勝っている。
なおメンテナンス自体は19時でほぼ予定通り終了したが、360版のみ新価格のマーケットプレースへの反映遅れから課金関係のみ22時過ぎまで続いた
※全プラットホームとも本メンテ中は全ての課金が販売休止となっていたが、360版のみ反映遅れから購入関係だけメンテが延長されていた(ゲームへのログインや購入済の物の受け取りについては他プラットホームと同様に19時より可能であった)。

メンテ明けからは報酬ブースト祭。先述したとおり勝ちネコの褒章でG級ハンターも報酬枠・報酬数が増加する(ちなみに期間限定クエスト発表の時点で既に公表されていた)。
G級秘伝への導きは翌週なので対象外だが、グの部位破壊サブクエと初登場になるレビの部位破壊サブクエが配信される。
また、入魂数が2.2億を大幅に上回っているという理由から、「呑竜のなわばり」の追加配信が決定。
褒章の追加は水を差すからしないとあれほど……と言いたい気持ちもわかるが、「入魂祭中にネタを増やしたけどそこまで行けなかった昨年8月」と違い、今回は「予定の最高レベルを大幅に越えたため、褒賞祭開始時点で急遽追加」である。
それに元々HRハンター向けの褒章が少なかったし(そう言えばラオもいなかったね)、多少はね?
ちなみにG級ハンターも報酬枠増加+1枠当たりの量が倍になる(はず)なので、古龍素材が少ないとお嘆きの方はドンちゃんをいじめるのも一興かと。
なお、入魂数は3億にこそ届かなかったが2.94億と過去最高の入魂数であった。
P1鯖とW1鯖の入魂数を抜いたPC/360の入魂数合計は約2.3億とG2時の前回を大きく上回っているが、
勝ちネコが最も盛り上がった(と思われる)第50回の2.7億や、G1直前の勝ちネコで到達した2.6億にはまだまだといったところである。
ちなみに猟団ポイント5倍が不発ったため翌日昼より急遽6倍に引き上げられている

4/9 褒賞第2弾としてG級秘伝への導き(剥ぎ取り希少素材救済)、H&GRPたっぷりクエスト、ゼニーたっぷりクエストに加え、
同じく大幅に超えたということで入手せよ!G級装飾品(金レイアが追加されている)が追加。
更に、目指せ!G級ハンターイベントクエストがこの1週間常時配信される。
また、イベントが今週で終了するためか、G級昇級、及び秘伝開眼奥義推進イベントとしてプレミアムコース3倍、報酬ブースト(ランクポイント3倍)が行われる(プレミアムコース3倍は翌週のプレイ内容も残る360版とWii U版のみ延長された)。
なお、PC&PS3鯖は来週となる4/16から統合期間に入るため、実質G3.2最後の1週間となる。

なお、今日(アメリカ現地時間の4/8)をもって、マイクロソフトがWindowsXPのサポートを終了するため、MHF-Gの必須環境からXPが除外されている。
いないとは思うが、XPの人は注意。

4/11 映画「テルマエ・ロマエII」の公開を記念してコラボ大剣イベントの再配信が決定(4/23~7/30)。黄金のG級派生追加が発表されている。
また、公式TwitterでGGのアップデート内容に関するクイズが4回に渡って開催されるが、
賞品(Amazonギフト券。GGパケ買う足しにして下さいね^^)が正解の3000円×5人に対しボケ回答は5000円×3人って……

4/12 穿龍棍の最終調整会が行われる。
これは先述の体験会で「(使い勝手が良すぎて)他の近接武器種が全部要らない子になってしまうのではないか?」という懸念が多く挙げられたことによるものである。
こちらは3/1に選出された人+若干の新規(3/31まで募集が行われた)で行われる小規模なものになるとのこと。

4/13  日曜日であるにもかかわらず IS〈インフィニット・ストラトス〉とのコラボが発表される。
Fate第1弾以来の4武器種同梱キットとなる。先述の進撃の巨人キットと違い、こちらは翌週の発売となる模様。

4月16日~4月23日 この期間はPCサーバーとPS3サーバーの統合移行期間であるため、両サーバーのゲームデータは保存されない。
そのため2013年9月のPC鯖統合期間同様、特別なイベントを配信(PC/PS3版限定の物と、360/Wii U版も対象の物がある)+PC/PS3版は全コース無料となる。
また、フィーチャーウェポンは全開放、デイリークエストは専用の物となる模様。
箱とWii Uはデータ残るのに・・・という前回の反省を元に?どの鯖にも恩恵があるデイリーとなっている。フィーチャーは仕方ないね。
詳しくはココ!を参照。

ちなみに、G1でズタボロになったり某14・某10・某4が襲来したりしながらも、
ネットカフェのオンラインゲーム稼働ランキングにて、5年連続第1位を達成したことが判明(株式会社テクノブラッド調べ)。
これに伴いネカフェでお得なキャンペーンが行われる予定とのこと。

4月22日 GG前夜祭。
内容は18:00~メンテ開始直前の23日5時まで、1時間毎に4個1組計12セット48個のイベントクエストが配信され、
正解のクエスト内で特定の条件を満たすと入手できる「お宝」を見つけられたクエスト数に応じて、
デイリー4回・報酬ブースト祭り・RPとスタンプが3~6倍という褒賞が23日以降発生する、というもの。
データが保存されないが故に人が減っているPC/PS3鯖(PC鯖は前回ほど悲惨ではないが)、そもそも人が少ないW1鯖と不安要素だらけの状況での開催となった。
データも残り人数もそれなりにいる360版にかかるプレッシャーが懸念されていたが、序盤こそ出遅れ気味の傾向はあったものの最終的には逆に全12枠制覇一番乗りという結果であった。
その後少し遅れてPS3版も全12枠制覇となったが、終了10分前になっても制覇が確認されなかったPC版とWii U版……
残り5分というところでPC版もやっと制覇するも、イベント終了の6時時点での公式サイトはWii U版の最終枠だけ未発見状態であった。
だがしかし、驚愕の事態が発生する。 イベント終了後の最終更新で、なんとWii U版も12枠制覇達成。 自キャラを送り込んだ運営スタッフ超絶滑り込み達成乙です
フルコンプリートしやすいよう仕込みがされていたという説もあるが真偽のほどは定かではない。

余談だが、GGバージョンとして更新された紹介ムービーにおいて、狩人祭のところでWii U版の入魂数が360版の入魂数をも上回るという超絶盛りまくりモードになっている。
oi いくらなんでも盛りすぎだろ 紀伊店のか
ついでをいうと、PS3版も360版を上回っているという不自然な作りである。
※PS3版およびWii U版でも開催されるようになった2014年の4回全てにおいて、実際の入魂数にはPC版≫360版>PS3版≫Wii U版という関係が存在する。

MHF-GG 2014年春(2014年4月23日)

当初はG3という名称だったが、G4→GGと名称が2度変更されている(経緯はここまでの物を読み返してほしい)。
PS3版とWii U版では初の大型アップデートとなる。

ギウラス曰く「こんなことを言うとハンターの皆様に怒られるが、真の意味でのG1にしたい、という思い」だそうである(この発言はまだ本アップデートがG4とされていた時の発言だが、先述したようにGGのロゴで2つ重なったGの一方に「GENUINE」が重ねられている)。
また「新武器種実装もあり特別なタイトルを付ける可能性があり、その場合はG4の名称はその次のアップデートに与えられる」とPS3版開始直前のインタビューで語っていたが、やはり分かりにくいためか、 それとも縁起担ぎか、 GGの次はG5ということになるようである。
先述の決算のこともあり、最初の正念場と言えよう。GG失敗したらMHFはどうなるのだろうか

同日、MHF-Gのオリジナル・サウンドトラックが発売される。
今までサントラはパッケの付属品でしか入手できなかったが、今回初めて単体での発売となる。
対象曲はMHF-G1~MHF-GGまでの追加曲及び、過去のサントラに収録されていない曲(上位峡谷BGMやオディバトラスのBGMか?)となっている。
また、特典として狩猟笛「英雄の証【第一楽章】」が付属。あの曲(今度は本物。え、昔はって?そりゃ、ねぇ……)を吹ける。G級以前でも使える唯一の奏属性武器か。
ちなみに同日からiTunesでも配信されるらしい。まぁイベコは付いてないんだろうけど

なおこの日から利用規約が若干変更される
ネ実的に影響がありそうなのは、第2章第9条の23
当社またはポータルサイト運営会社が会員に対して伝えた、
会員個別の環境、設定、その他の状況等を加味した不具合の改善方法を、第三者に公開すること
か。
元々は「当社またはポータルサイト運営会社への問い合わせ内容、またその回答内容などについて公開、掲載などをする行為」が禁止されていたが、
具体的にどんな内容を公開することがOUTなのか明記されるようになった。

以降はMHFの歴史/MHF-GG~を参照のこと。

総評

  • 以前から3/3rdからの持ち込みと思われる物がいくつかあったが、今回それが顕著に
    本家から何も輸入させてもらえないと言われていた頃が嘘のようだ
    ただMHFはMH2ベースであるためMH3以降と根本的なUIが全く違うため、完全に同じという訳ではないが。
  • とにもかくにもG1での設定が大失敗レベルであり、G2・G3ではその挽回に運営もユーザーも右往左往することとなる。
    ただし過去に問題になった要素とは異なり、リファインのスピードやその姿勢(基本的に非課金コンテンツ自体の見直しが優先された)など旧来よりは改善されている部分も多い。課金だから対応が早かったケースも多々あるが
    • PS3版サービス開始直前のインタビューでも「G1当時は新コンテンツの出し方やバランスが悪かった」と語っており、また事あるごとに「実際にプレイしてテストしているのか」と突っ込まれることがあったことにも言及している。
  • F4で勃発した秘伝絶対主義がほぼ瓦解。
    現在でも一部武器種の秘伝依存が問題視されているが、棲み分けという点では十分成功した方と言える。
  • 部位破壊・属性など、従来軽視あるいは無視されていたMHの要素がG級の存在で再び着目されるようになった。
    捕獲は相変わらずだが
  • プラットフォームの増加やサーバーの統合など、ユーザー交流やユーザー層に影響のある事件サプライズが多かった。
    また、ギウラスが初めて「全プラットフォームのサーバー統合」に言及している。
    XBOX360版のローンチ時にはPCと360版の統合については消極的な発言をしていたが、これは当時のユーザー層の違いの他、マイクロソフト側の意向を受けていたため。