@ウィキモバイル > PC版はこちら
@wiki検索

ネ実 MHF-G @ wiki

トップ | メニュー | メニュー(右) | ページ一覧 | タグ一覧 | ウィキ内検索
▼下へ[8]

大剣


身の丈程もある、対飛竜用に作られた剣。MHを象徴する武器でもある。
重さに任せて相手を叩き斬ったり剣を盾替りにしてガードすることも出来る。
操作が極めて簡単で、ヒットアンドアウェイに特化している。
その性質と攻撃力のため、どんな敵にも渡り合える汎用性を秘めている(ただし、決定的に得意といえる敵もいないが)
また手早さが売りの抜刀斬りと、破壊力重視の溜め斬りを使い分ける事が出来る。
溜め斬りは性質上、睡眠と相性が良い。睡眠倍化+溜め斬りでとんでもないダメージを与えることも可能(肉質はちゃんと見ような)
ただし敵が横に少し動いただけで攻撃が外れたり、敵の体の隙間に入って外れる事が多い。

如何にも鈍重そうな武器であり、実際抜刀時の動きはかなり遅い
そのため抜刀斬り→(横薙ぎ)→回避→納刀→抜刀斬りという戦術が基本。
ただし本気で火力を出すためには張り付いて要所要所で溜めを当てる必要があるため先読みと状況判断能力も大切になってくる

また、中間補正と中腹補正が混同されがちだが、
「斬り方補正」(近接武器共通)と「刃部補正」(大剣太刀のみ)の2種類があり
斬り方補正は緑ゲージ未満の場合に振り始め→中間→振り終わりと補正がかかるもので
刃部補正は大剣太刀で中腹部分かつ切り方補正が中間だった場合モーション値に5%の補正がかかる。
切り方補正は斬れ味緑以上なら気にする必要はない。

G1での上方修正を受け近接武器では(秘伝書等の特殊条件を除けば)双剣に次ぐ火力となった。
溜め払いループなどを活用してどんどんダメージを稼いでいきたい。双剣にはない高い打点も魅力の一つ。
ただ、高い効果を見込むなら弱点をある程度的確に狙う必要がある。
そのため、ハンマー・弓ほど優先度は高くないがホストを取ったほうが良い結果が出る武器種ではある。


注目スキル

基本的な剛力スキルや斬れ味レベル+1、耳栓風圧系保護スキルのほかに大剣に有用なスキルの紹介
基本的に大剣はスキルの自由度が高いため、自分のプレイスタイルに合わせて装備を作ろう
スキル考察についてはここも参考にしてみよう

大剣の攻撃の要中の要、溜め斬りの溜め時間を短縮することができるまさに大剣のためのスキル
大剣使いならだれもが付けるスキルと言っても過言ではない。
しかしながら下位上位では集中をつけることができるG装飾品を作ることができず、
環境が整っても集中スキルの優先順位が最下位であることが災いし、
有用スキルを充実させた結果枠から外れて付けられないこともあるが仕方ない
そのときはその時でできる自分のベストを尽くそう
余談だが天ノ型では一切機能しないため表示がグレーアウトになる。

大剣のガードは斬れ味を消費してしまうが、これをつけることで本来斬れ味を大きく消耗してしまう攻撃(ノックバック有の攻撃)に対し、
斬れ味消耗を抑えてくれる可能性がある。
ガード斬りの場合+2まで発動させると大抵の攻撃を斬れ味消費なしで受け止めることができるようになるため、
余計な斬れ味消耗を防ぐという観点では便利なスキル。
無論ガードを基本的に使わない(又は、威力値や削りダメージが高すぎて使えない)場合は不要。

麻痺や睡眠の復帰時を除きPTメンバーと不干渉状態になるスキル
大剣の場合、主に攻撃範囲の広い薙ぎ払いと吹き飛ばし効果のある斬り上げに対し、仲間を巻き込んでも問題ない状態にするためのスキルとなる。
薙ぎ払いと斬り上げを交互に出し続け定点攻撃する「デンプシー」と呼ばれるスタイルもPTメンバーに迷惑をかけずに行えるようになる。
また、嵐ノ型の溜め4を使用する場合などは立ち回りが劇的に変わる場合がある。
G級ではいたわり+3しか機能しないが発動がやや困難であるため地ノ型を使う人も多い。

大剣は手数の少なさから自発的に状態異常を狙うことは難しいが、ソロの場合など睡眠大剣以外で睡眠溜めを狙いたい場合に有効。G装飾品のみでは審判マイナスがあるため+3に持っていくのはやや難しい。

肉質35以上の部位を攻撃すると肉質+5でダメージ計算される。
基本弱点狙いの大剣にとっては有効なダメージ増加源となりうる。
ただし発動難度はかなり高い。メラギナス烈種素材を使う烈種武器で自動発動するのでそれを利用するのも手か。

こちらもG級スキル。溜め切りの威力を上げることができる・・・のだが、スキル発動難度と比較して
威力上昇が微弱という難点がある。
玄武・剣王Gや各種GX防具に付いているスキルなので、発動できるなら底上げにはなる、という程度の気持ちで。

GGより、大剣のガード切りのガードポイント有効時間を延長する効果が付与される。
現在よりも強引にガード切りを放つ立ち回りが可能になると思われ、天・嵐ノ型では有効なスキルになりそうである。
なお、地ノ型では意味がない。

MHF独自のアクション(HR1〜使用可能)

詳細はこちらこちらを参照。

スタミナ25を消費して、発動中は怯み、転びはもちろん吹っ飛び状態すら無効化する。
モンスターのかち上げ攻撃だけは普通に喰らってしまうが、味方のかち上げは無効化される。
ダメージ軽減等は一切ないため多段ヒットや大技で死ぬ危険はあるが、多少のダメージを負っても確実に溜め切りを当てたい場合などに。
なお状態異常や風圧・咆哮・耐震は普通に喰らってしまうため、これらの保護スキルの代用にはならない。

ガードボタンを押しながらアイテム使用ボタンで発動。
ボタンを押している間剣を地面に突きたて、ガード性能が1段階強化される。
また、ノックバックなしで攻撃をガード可能。
他の強ガード同様モーション中は常にスタミナを消費し続けるが、攻撃のガードではスタミナを消費しない。
剣を地面に突き立てたタイミングからガード判定が開始されるため発動までに若干隙があり、槍の強ガードと違って
背面は普通に攻撃を受ける他、移動もできないのでタイミングには注意。
また、ガードからの派生のため嵐ノ型では使用不能。
余談だが突き刺しにも判定があり、モスぐらいなら一撃で倒せる。

薙ぎ払いと切り上げも納刀状態から直接発動できる。
後述の溜め切り上げでも出来るため、フィーチャーウェポン発動時は抜刀派生で確実に会心付き溜め切り上げを放てる。
ちなみにクラシック操作の場合は普通に抜刀攻撃を薙ぎ払いと切り上げに置き換えるだけでいいが、
携帯機操作の場合、横は通常移動中に縦斬り、縦斬りはダッシュ中に縦斬り入力に変わっているので注意。

攻撃後、ガードボタンを押しながら同じ攻撃ボタンを押せばフィニッシュになる。
威力的にはそれぞれの攻撃の2倍程度はあるのだが、いずれもかなり隙が大きく、フィニッシュの名の通り
回避にしか派生できないため使い勝手は良くない。
薙ぎ払いフィニッシュ以外は縦攻撃なので、薙ぎ払い派生で味方を巻き込みたくないが溜め3まで出せないような状況などに。
なお縦斬りフィニッシュはコンボ完了までが長く、その間回避行動がとれないため注意。

秘伝書(HR500〜入手可能)

秘伝書の仕様に関してはこちら
秘伝防具についてはこちらを参照のこと。

天の型


モーション中にガード判定(ガードポイント)がある薙ぎ払い攻撃。
ガードに成功した場合に体の中心に赤い光が収束するエフェクトが発生し攻撃の威力が上がる。
また、ガード能力が強化され、スタミナを消費しないほか一部攻撃を除いて斬れ味の消費と削りダメージも無くなる。
ガード不能攻撃についてはガード性能+2でガード可能になる(削りダメージはある)
味方からの攻撃をガードしても何も起こらないが、爆弾には反応するので小タル爆弾を置いて
自分でガードして火力を上げる荒業も存在する。

天ノ型では溜め切りが一切使用できないため、よく考えて型をチョイスすること。
言い換えれば嵐ノ型を取得すると天のメリットは強ガードを使用できるぐらいしかなくなる。

ガード切りモーション値(G1)
ガード回数0:46(薙ぎ払いより少し高い程度)
ガード回数1:102
ガード回数2:149
ガード回数3:204(補正込みの溜め3・溜め3切り上げより高威力)
見ての通り基本的にガードを1回以上成功させることが前提の威力となっている。
残念ながらガード3回までが威力UP上限の模様。
またこの型では集中の効果がないためスキル表示では灰色になる

ちなみに剣王スキルがある場合、普通にガードした場合に本来落ちるはずだった切れ味の量が回復する。

G級武器のシジル「ガード切り」で、ガードに成功した場合のガード回数ポイントを1増やすことができる。
このシジルは重複可能なので、2個付けると1回のガードでガード回数:3の威力が出る。

嵐の型


斬り上げで溜め攻撃が可能。
普通の切り上げも威力こそ同じなものの専用モーションとなるため切り上げ・薙ぎ払いデンプシーが実質不可能になる。
また、切り上げシジルも無効化される。

斬上げ(56)
溜斬上げ1(84x100%)
溜斬上げ2(102x110%)
溜斬上げ3(142x120%)
溜斬上げ4(180x130%)
溜斬上げ5(102x110%)-自動溜め解除-

上記の通り、溜めすぎると溜め2相応の威力になる。
大剣技【剣王】があると、溜め切り上げ4〜溜めすぎまでの時間猶予が伸びる(つまり威力が落ちにくくなる)

天の型は溜め攻撃が無いため、溜め攻撃とガード切りを両立したい場合は嵐ノ型一択となる。
ただし、斬り上げ攻撃からわかるとおり、味方を巻き込むと大惨事なのは相変わらず。
前方〜右と後方に打ち上げ判定があるので基本的にこの型の選択はいたわり+2(+3)をつける前提が必要となる。
ちなみに薙ぎ払いデンプシーを併用したDPSは地ノ型と大差ないため、いたわり+3が必要なG級では
その分を火力スキルに回して地ノ型で運用する人も多い。

秘伝スキルの補足

回復量は、業物スキルが無かった場合に本来減少するはずだった切れ味量の半分、となっている。
なので業物スキルを発動させていても回復量が減ることはない。
また、上述した通りガード切りは本来通常ガードで受け止めた場合の切れ味減少量の半分が回復する。

この効果は集中スキルと重複する。
上記の通り溜め斬り上げの猶予時間の延長もあるため、重複して溜め4を出しづらい、なんてことはないので安心。

上へ[2]


トップページ
ページ一覧
ウィキ内検索
ホットワード
タグ一覧
ページの先頭へ[2]
ページの下へ[8]
友達に教える
PC版はこちら









新着ゲームの事前予約 - 予約@ウィキ
[新着ゲーム]神獄のヴァルハラゲート
[新着ゲーム]トランスフォーマー ULTIMATE ALLSTARS
[新着ゲーム]オオカミ姫
PCで@ウィキに新規登録


直前のページはの戻るボタンで


@ウィキモバイル [0]