arenaスクール水着まとめ@wiki -ARN-75W/スクール水着/競泳水着
合計

スクール水着や競泳水着などスポーツウェア・スクールウェアを学販・衣装用問わず豊富な品揃えで格安販売。メール便・センター留め可。


洋ロリ 美少女 ロリ

メニュー

リンク集は下です↓

アンケート ARN-75Wと言えば?
選択肢 投票数 投票
RED[赤] 47
ABL[青] 162
GRN[緑] 25
NVY・NNV[紺] 191
BLK[黒] 26
ARN-75Wにあったら良い色は?
順位 選択肢 得票数 得票率 投票
1 イエロー 19 (26%)
2 ホワイト 13 (18%)
3 ピンク 10 (14%)
4 オレンジ 9 (13%)
5 グレー 9 (13%)
6 臙脂色(えんじいろ) 9 (13%)
7 パープル 3 (4%)
その他
投票総数 72

リンク

コスプレ・水着系個人サイト

  • ぶる~・ま~だ~
  • Maniax Suger
  • Aomi World
  • Costume labyrinth
  • @Fetish
  • amateur I

コスプレコミュニティ

撮影スタジオ

競泳水着

コミュニティ
ショップ
価格比較
特注
水着改造

DVD販売

コスプレ衣装販売

グラビアサイト






DVD

デジタル写真集

CURVE(Maiko Vol.5)

CURVE(愛)

CURVE(Mizuho)

CURVE(Ai & Risa)

CURVE(Chisaki)

撮影に役立つ書籍、雑誌

PING送信プラス by SEO対策

撮影テクニック

撮影テクニック


自分用備忘録も兼ねています。

  • 撮影用レフ板を使えば、ある程度暗くてもモデルの顔を明るく出来るほかプロの様なライティングで撮れる。
  • ストロボは直接当てない
  • クリップオンストロボを使用できる場合は ディフューザー などを使用する
  • クリップオンストロボで部屋の天井が白い場合、天井バウンスすると自然なイメージに。バウンス出来ない場合はレフ版を使う
  • スク水は質感を出したいならやはり濡らすべき。光沢感を出す場合は光を斜めから当てる。
  • 水の場合表面には残らないのでローションやオイルの併用も有効。また水の場合は流しながら撮る。
  • 部屋の中で撮る場合、窓際でレースのカーテンなどをバックにして撮ると柔らかいイメージに
  • ストロボで光源の位置を変えたい場合は、ライトスタンドを利用してワイヤレス発光するか、モノブロックストロボを使う
  • 露出は明るめにすると良い感じになる場合が多い(露出補正+0.7以上)
  • 縦位置で撮る際、陰が気になる場合は L型ブラケット を利用してストロボの光軸をレンズと合わせる。

露出

露出とは、一定の要素で決まる写真の明るさ。
人間にとって自然に見える露出を適正露出と呼ぶ。
殆どのカメラには露出補正という機能があり、女性を撮る場合はプラス補正(0.7~1.3程度)するのが基本で、
肌を白く写すことが出来る。

露出計

前述の露出を自動的に決定するために使われるのが露出計で、内蔵露出計と単体露出計に分けられる。
  • 内蔵露出計
    カメラに内蔵されている露出計。反射光式と呼ばれ、被写体に反射してレンズに入ってきた光を計測する。
    詳細は割愛するが被写体の色によって補正が必要になる。
  • 単体露出計
    露出計として販売されている物。入射光式と呼ばれ、被写体に当たっている光源自体の光を計測する。
    反射光式と違い補正が必要ない。

露出補正

カメラの内蔵露出計は仕組み上、全てのものがグレーになるように露出を決定するため
白や反射率の高いものが画面内にある場合はプラス補正、黒や反射率の低いものが画面にあるとマイナス補正が必要になる。
設定オートで雪を撮ると暗く写ることが多いのはこのためである。

ホワイトバランス

同じ光でも、光源によって色が異なり光源の種類によって自然に見えるように補正が必要になる。
これをホワイトバランスといい、誤った設定で撮ると特定の色に被り不自然になる。
最近のカメラはオートで撮っても優秀だが、複数の光源が混じっていたり、オートで撮ると不自然になる場合は
プリセットといって、撮影する光源で白やグレーなどの無彩色の物を撮ってその色を基準に設定すると
撮影時点から補正することが出来る。

ライティング

写真撮影では構図やピントも重要だが、なによりもライティングが重要。
例え携帯のカメラで撮られた写真でも光の使い方がうまければ非常にうまく見える。
以下でそのテクニック、道具を解説する。

光の向き

撮影する際、被写体に当たる光の向きによってイメージが大きく変わる。
常に光の向きに気を付けることで被写体の魅力を引き出せる。
  • 順光
    被写体の正面から当たる光。平面的なイメージになる。
  • 斜光
    基本となるライティング。被写体の斜め前から当たる光、
    45度の角度からの光は被写体の顎の辺りに影がでるので立体的なイメージになる。
  • 逆光
    被写体の後部から当たる光。正面は暗くなるが髪を光らせることで斬新なイメージに。

影は被写体を立体的に見せるが、濃すぎたり不自然な影はあまり好ましくない。
目立たせない為には後述するディフューズなどがあるが、光源の位置を調節することで
ある程度は自然に見せることができる。

光は直進する性質があるが広がりながら進んでいくため、
手軽に影を薄くするには光源を被写体から出来るだけ離す。
同様に被写体と影のでる場所との距離も離すことで影が薄くなる。

人工光源(ストロボ)

  • クリップオンストロボ
主に一眼レフカメラの上部に取り付けて使用するタイプ。
カメラ内蔵のストロボより大きな光量が得られる。
発光部の角度を調整出来る物が大半で、これを利用した天井バウンスができる。
コンパクトカメラでも、スタンドに取り付け内蔵ストロボに合わせて発光させる(スレーブ発光)といった使い方も可能。

  • モノブロックストロボ
電源部と発光部が一体になったストロボで基本的にスタンドに取り付けて使用する。
クリップオンタイプよりも大きな光量が得られるため、商業写真などで一般的に使用される。
アンブレラ(傘)やソフトボックスを使うことで光を柔らかくし、より自然に撮影できる。
ワット数によって価格が異なるが、概ね2万円ほどから手に入る。
モノブロックストロボ一覧

レフ板

ストロボを使わないライティングの基本となる物。
片面が白や銀色をした板で、光を反射させて被写体に当てる目的で使用する。
自然光の場合でもモデルの斜め下から光を当てることで顔が明るくなる。
固定にはスタンドが必要になることが多いが、片手で持つことで一人でも撮影できるサイズの物もある。
レフ板一覧

ディフューズ・バウンス

ストロボの光は自然光の様に広範囲に降り注ぐ光源と違い、一点で強く発光する。
このためそのまま撮影すると被写体の後ろに強い陰がでたり、光沢が強調された不自然な写りになったりする。
これを解消するために行われるのがディフューズ・バウンスと呼ばれるもの。
ディフューズは半透明な紙(トレーシングペーパーなど)などに光を透過させる。
バウンスは天井や、レフ板などに光を反射させその光を被写体に当てる。
どちらも陰を薄くしたり、光を柔らかくする効果がある。
それでも陰が気になる場合は、光源の位置を出来るだけ高くし陰を下に落とすようにすると自然に見える。

天井バウンス

普段我々が見ている自然光は上からの物なので、室内でストロボを使用して正面から光が当たる状態だと違和感を感じる。
このためストロボ撮影を行う場合は、光を柔らかくする目的も含めて天井に反射させて発光すると自然に見える。
これを天井バウンスといい部屋の天井が白い場合に有効。色の付いている場合は反射光がその色に被るので注意。

ディフューザー

クリップオンタイプのストロボで前述のディフューズを行うためのもの。
発光面に被せるタイプ、本体に取り付けるタイプなどがある。
ルミクエスト という製品が有名。

アンブレラ・ソフトボックス

  • アンブレラ
    前述のバウンスを天井のないところでも行うための物。レフ板でも代用できる。
    素材がしっかりしているため一般の傘より高価で、概ね5000円ほどからある。
    モノブロックストロボには普通アンブレラを固定する部分が付いている。
    またクリップオンストロボでアンブレラを使うためのアダプタも販売されていて、
    ライトスタンドに取り付けて使用する。
  • ソフトボックス
    バウンスを行った後、前面に張られた半透明の素材でディフューズを行うもの。
    ストロボとセット販売されていることが多い。
    アンブレラでも前面にトレーシングペーパーなどを貼ることで同様の効果が得られる。

自作

ソフトボックスは市販のクリップライトなどを使って自作することが出来る。ボックス自体は段ボールなどで
ディフューザーにはトレーシングペーパーやクッキングシートなどを使うと良い。
光量は少ないが工夫次第で様々な使い方が出来る。

多灯ライティング

ストロボを複数台使用したライディング。
スタジオ撮影では2台以上のストロボを使い撮影されている場合が多い。
例えばグラビア写真ではモデルの瞳に光源が映り込んでいるので、注意して見ると光源の方向や数がわかり勉強になる。

キャッチライト

上で解説した、瞳に光源が写り込んでいる状態のこと。
ポートレートではキャッチライトによって被写体の表情が生き生きとし、女性はかわいく見える効果がある。
通常のストロボ撮影ではなにもしなくても写りこむが、天井バウンスの場合はアダプターを使う必要がある。

三脚

室内での撮影は手ぶれ対策の為三脚が必須となるが、コンパクトカメラの場合は大がかりなものは必要なく、
小型の三脚で十分である。また、 ゴリラポッド という、どこにでも巻き付けて使える三脚は足場の無いところでも使えるので便利。

水中撮影

一部の防水カメラを除き、多くデジタルカメラは防水ではないので水中撮影では
ハウジングと呼ばれる防水ケースが必要になるが、これはダイビングなどでの撮影を目的としているため
水深3m程度のプールではオーバースペック(深くなるにつれ水圧にも耐える必要があるため)。
そのため簡易防水ケースというものが販売されている。
防水ケース一覧

撮影場所

着用の着用場所参照。

デジタルカメラの画素数の豆知識


多くの人が勘違いしているが、画素数が多い=高画質ではない。
下の表にもあるように、CCDのサイズが小さいままで画素数のみを増やすと様々な弊害がある。
このことはメーカーも当然知っているが、高機能化によるコスト上昇や価格の問題で小さくをせざるを得ない。
多くのデジタルカメラは素子のサイズが1/2.5インチだが、1/1.8インチ以下の製品も一部存在する。
新しい高画素の製品より、画素の少ない旧製品の方が画質が良いこともあるので、サンプル画像などでよく検討することが必要。
なお、これについてはCCDのサイズが小さい方がいいと主張する人もいる。


CCDのサイズ  大   小

ダイナミックレンジ  広い  狭い
レンズの要求解像度  低い  高い
ノイズ  少ない  多い

画素数   多い   少ない

実解像度 高い  低い


画素数が多いと、理論上の解像度は上がるが
レンズに要求される解像度も上がるので、コンパクトカメラに搭載されているようなレンズだと
逆に解像度が低下して見える。安いカメラほどレンズも良いものではないのでこれでは本末転倒。
逆にCCDのサイズが小さくても、良いレンズを使っていれば解像感の高いものもある。
つまり、入れ物(画素数)が良くてもそれを生かせていないと言う話。
また、CCDのサイズが小さいと一画素が受ける光の量が少なくなるため、感度が低くなる=画像が暗くなる。
そのため、その分画像処理で明るくする。するとノイズも乗りやすくなるのでこれをノイズリダクションで誤魔化す
結果ディテールのないのっぺりした画像になる。

一眼レフデジタルカメラとコンパクトカメラの大きな違いはここにあり、
一眼レフカメラはコンパクトカメラより遙かに大きな素子を使っているため、
ノイズも少なく解像感の高い高画質の画像になる。

余談だが初期のプリクラは解像度を低くすることでディテールを目立たなくし肌を綺麗に見せていたという。

ダイナミックレンジは表のようにサイズの大きい素子ほど広いが、富士フィルムのように画素を斜めに配置することで一画素当たりの面積を増やしこれを改善した製品もある。
※ダイナミックレンジ
素子が明暗どの程度の明るさまで感じとることができるか。白飛び、黒つぶれのしやすさ。
富士フィルムは「スーパーCCDハニカム」という名称でこれを克服したCCDを開発している


  • 申し訳ありませんが、link_ref プラグインは提供を終了し、ご利用いただけません。

  • SEO
  • loading
  • arn-75w

競泳水着セール品



合計: -
今日: -
昨日: -

取得中です。