※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

公式
http://www.google.com/intl/ja/ime/
Google Japan Blog: 思いどおりの日本語入力 - Google 日本語入力
http://googlejapan.blogspot.com/2009/12/google_03.html
公式フォーラム
http://www.google.com/support/forum/p/ime
簡易まとめ(テンプレ相当・単ページwiki(編集可))
http://www21.atwiki.jp/1c9a233bf32780504f8c/

Google 日本語入力 がベータ版から正式版になりました!
Google Japan Blog
http://googlejapan.blogspot.com/2010/12/google.html
Google Developer Relations Japan Blog
http://googledevjp.blogspot.com/2010/12/google.html


関連:
Google日本語入力 サジェスト14候補目
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/software/1321614791/
※ソフ板はMacの話題OKですが、MacOS固有の問題は、Mac板のほうが圧倒的に専門性が高いです

  • インストーラが要求しなくても、インストール後は一度再起動してみましょう

前スレ: 適宜前スレいれてください


>>1 ここまで

ライセンス→共通のもの 特に商用不可とは書いてない
http://www.google.com/accounts/TOS
セットアップの直リン[ライセンス等に同意してください]
ttp://dl.google.com/japanese-ime/GoogleJapaneseInputSetup.exe (参考のみ。単体利用できません)

とりあえず試したい人用

GoogleUpdate非同梱版の直リン [ライセンス等に同意してください]

ttp://dl.google.com/japanese-ime/0.9.248.0/googlejapaneseinput.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/0.10.288.0/googlejapaneseinput.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/0.10.289.100/googlejapaneseinput.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/0.13.521.0/googlejapaneseinputinterim32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/0.13.521.0/googlejapaneseinputinterim64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.0.556.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.0.556.0/googlejapaneseinput64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.1.770.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.1.770.0/googlejapaneseinput64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.2.825.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.2.825.0/googlejapaneseinput64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.3.974.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.3.974.0/googlejapaneseinput64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.5.1109.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.5.1109.0/googlejapaneseinput64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.6.1221.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.6.1221.0/googlejapaneseinput64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.7.1277.0/googlejapaneseinput32.msi ←Windows8をサポートした安定版
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.7.1277.0/googlejapaneseinput64.msi ←同上
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.10.1380.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.10.1380.0/googlejapaneseinput64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.11.1515.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.11.1515.0/googlejapaneseinput64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.12.1590.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.12.1590.0/googlejapaneseinput64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.13.1641.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/1.13.1641.0/googlejapaneseinput64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/2.17.2320.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/2.17.2320.0/googlejapaneseinput64.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/2.17.2400.0/googlejapaneseinput32.msi
ttp://dl.google.com/japanese-ime/2.17.2400.0/googlejapaneseinput64.msi

※上記URLは古い場合が多いのでGoogleDeveloperBlogにアクセスすれば最新版のバージョンが確認できる。
http://googledevjp.blogspot.jp/search/label/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E5%85%A5%E5%8A%9B
※GoogleUpdate非同梱版は、良くも悪くも、GoogleUpdate が含まれないので、保守は完全自己責任
※インストールは、.msiを入れただけでは未完了。 GoogleIMEJaTool.exe -- mode=post_install_dialog を実行すること。 インストール完了後にダイアログが出るようになってた@0.9.248.0

▼各種辞書
辞書セットエディタ・拡張郵便番号辞書
http://sites.google.com/site/wxgfansite

▼公式ヘルプにあるけど特によくある質問
  • 64bit対応してる? →2009年12月15日にベータ版が64bit版のインストールにも対応しました。(対応した事以外の変更点はなし。32bit版使ってた人は今のところインストールしなおす必要なし)
  • Social IMEみたくオンラインなの? → Google 日本語入力はネットワークに接続されていない状態、すなわちオフラインで動作します。(ブログより)。Google側で作成された辞書がPCにインストールされる。
  • でも、変換サーバがどうとか出てきますけど? → かな漢字変換サーバーというやつで、PCにいっしょにインストールされるため、外部への通信は必要ないんです。

▼よくある質問
  • 常駐するプログラムは? → GoogleIMEJaConverter.exe(変換エンジン)、GoogleIMEJaRenderer.exe(レンダラ)、GoogleIMEJaCacheService.exe(キャッシュサービス)
  • GoogleUpdate.exeも常駐する? → 最近のGoogle Updaterはタスクスケジューラーで定期的に実行されるようになってるので常駐しない
  • hannkaku nyuuryoku sika dekimasenn><
    • 愛用しているアプリケーションで入力できない。 → CUASを有効にする。
      • 「詳細なテキスト サービスをオフにする」のチェックをはずしてください。
      • 「詳細なテキスト サービスのサポートをプログラムのすべてに拡張する」をチェックしてください。
  • Avast!が怒ります → 誤認識の可能性、あわてずに修正を待て
  • ユーザ辞書は、独自形式(テキスト)のほか、MS-IME形式とATOK形式も読み込める。
  • 辞書インポートしたけど候補に出ません → インポートするファイルをエディタ等で開き、文字コードや品詞を適切な物に変換してください。
  • ユーザ辞書の書き出しもできる。shiftjisに切り替え忘れて、受入側で問題が出ても、適宜変換するだけ。
  • サジェストが面白すぎて仕事に使えませんwww → サジェストをOFFにできるよ。
  • 重さは、まあ、耐えられなくはない程度。
    • メモリはスワップも含めると50MBくらい必要
    • OS起動後の、IME初起動時は、エンジンが立ち上がるのにちょっと待たされる
    • ユーザ辞書が大きいと、けっこう待たされるとの報告あり。
    • どうしても重いと思う人はトレードオフになりますがサジェストをOFFに
  • Windows版のユーザデータ位置 - アンインストール/再インストールでも保存されるようですが、適時バックアップを。
    • XP: %USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Google\Google Japanese Input
    • Vista以上: %USERPROFILE%\AppData\Local\Google\Google Japanese Input
  • Windows2000については、TSF/MSCTFのランタイムを入れると、TSF対応アプリではどうにか動作する模様
  • ことえりの辞書をインポートする方法は?
    • まずことえり辞書をテキスト化、そのあと「","」をエディターでタブに変換
      あとは品詞をMS-IMEのものに変換すればMS-IME辞書テキストとして読み込ませられるよ!
  • インストール後、立ち上げると「変換サーバーの起動に失敗しました。新しい Google 日本語入力を利用するためにコンピュータを再起動してください。」と出ます。><
    • 下記フォルダのアクセス権を確認しましょう。通常は親から継承されており、Administrators,SYSTEM,ユーザ名が登録されフルコントロールになっています。フルコントロールになっていなければ、ユーザー名のアクセス権限にフルコントロールを与えてください。
      WinXP %USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Google\Google Japanese Input
      Vista以降: %USERPROFILE%\AppData\LocalLow\Google\Google Japanese Input
      http://www.google.com/support/forum/p/ime/thread?tid=18adf907eb8d1d31&hl=ja

▼セキュリティ関係
IME関係は、しばしば高い権限で動作するため、セキュリティ情報には常に留意すること(特にオフラインインストールした人)。
Vista以降では、UAC権限昇格中は、ぐぐるIMEに自重させる、といった設定も可能。

▼優劣関係
  • ATOK等に搭載されている、シソーラスや外部連携などはない。
  • MSIME等にも搭載されている、IMEパッドはない。 → v1.1.770で「手書き文字認識」という形で実装された。
  • システム辞書の語彙数は圧倒的で、web上に十分回数出現した語彙なら、専門用語辞書を買ってくるまでもなく変換できる可能性が高い。
  • オープンソース版は Mozc (http://code.google.com/p/mozc/)。 ただし辞書データは別物。

▼既知の問題など
  • JaneでShift+アルファベット入力をしても二文字目以降が英字にならない
  • Ctrl+SpaceでAAlistが展開されない (JaneだとAAListは直接入力なら展開される)
  • Ctrl+Backspaceが機能しない (かな漢字変換の確定を取り消す技)
  • 無変換キーの動作が標準と違う
  • タスクトレイに入れることができない
  • Windows2000では、TSF非対応アプリでの使用に難あり
  • PeerGuardian2をインストールしてあるとPG2がクラッシュする場合がある (Recover PeerGuardianすると治る)
  • ATOKにある文脈を解析して言葉を誤用している警告を出してくれる機能がない
  • ファンクションキーに辞書を割り当てる機能がない
  • [Alt]+[カタカナ ひらがな]キーでローマ字入力←→かな入力が切り替えできない。

▼変換キー割当て
785 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/12/03(木) 23:30:29 ID:a9JVTxzh0
いったんキー設定をエクスポートして、下記の行を追加

IMEオンはDirectInput Henkan IMEOn
IMEオフはPrecomposition MuHenkan IMEOff

この書き換えたファイルをインポートすればOK。
上の例は変換でON、無変換でOFF。
両方ともHenkanに設定すればトグルで切り替えできるみたい。

74 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/12/04(金) 12:46:45 ID:EXFcWMGI0
↑これの応用で、
Conversion Muhenkan ConvertToHiragana

↑この行の下に

Conversion Muhenkan ConvertToFullKatakana
Conversion Muhenkan ConvertToHalfWidth

↑この2行を追加すると無変換キーの動作がMSIMEのように
「ひらがな→全角カタカナ→半角カタカナ」になる。
半角スペースはTabに変えてね。


品詞一覧(GoogleJapaneseInput-0.10.288.0)
  • 名詞
  • 固有名詞
  • 人名
  • 組織
  • 地名
  • 名詞サ変
  • 名詞形動
  • アルファベット
  • 記号
  • 顔文字
  • 副詞
  • 連体詞
  • 接続詞
  • 感動詞
  • 接頭語
  • 助数詞
  • 接尾一般
  • 接尾人名
  • 接尾地名
  • 動詞ワ行五段
  • 動詞カ行五段
  • 動詞サ行五段
  • 動詞タ行五段
  • 動詞ナ行五段
  • 動詞マ行五段
  • 動詞ラ行五段
  • 動詞ガ行五段
  • 動詞バ行五段
  • 動詞ハ行四段
  • 動詞一段
  • 動詞カ変
  • 動詞サ変
  • 動詞ザ変
  • 動詞ラ変
  • 形容詞
  • 終助詞
  • 句読点
  • 括弧開
  • 括弧閉
  • 独立語


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。